小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜も笑顔も満開だよ~その1
2011年04月10日 (日) | 編集 |


どもども、しろ~です。

花ちらしの大雨が降りましたが、

桜も踏ん張ってくれて、北九州はこの週末

桜満開で~す!

最初にお知らせです。

ブログの背景を期間限定で桜バージョンにしています。

そして、気づいたらずいぶんとあれこれ更新してない
ところがあるので、今月はどんどんブログの中身を
いじります。

お楽しみにしてくださいww


そして

久留米大学病院の小児科ホームページがリニューアルしました!

新しい病棟の写真なども見れますし、Drブログもありますので、
ぜひご覧ください

んで、もうひとつ!

4月8日

ビッグママの長年の構想と行動でついに!

小児がん経験者の自立支援を目的とした青果店“夢創園”(むそうえん)が

福岡市中央区春吉にOPENしました!


おめでとうございます!

お店の様子などは、後日記事にさせていただきます!





4月8日 朝は大雨で、夜は晴れ。


この日、しろ~は久留米で1日中用事がありました。



早起きして久留米大学病院へと行く予定なのだが、

朝から大粒の雨。


JRで行こうと思っていたのですが、
病棟へのプレゼントなどがある荷物が大きいので、
車で行くことに。

午前中は、年に1度の長期フォローアップ外来。

簡単にいうと、Iせんせいに
「メタボに気をつけなさい」って言われるための外来受診ww

高速を走っていると先のインターから2区間分
(15km)も事故による渋滞との案内が。

インターから一般道に降りるが、高速の渋滞の影響で、
こちらも混雑していて、病院への到着は大幅に遅れました。


外来受診の受付を済ませて、小児科外来の待合室へ

採血や検尿を済ませ、33歳の九州男児は、
こどもたちに混じって待合室で渋く腕組みして
アンパンマンのビデオを見ながら待つこと1時間。

名前が呼ばれて診察室へ。

今日は、「しろ~くんのお父さんですか?」って
言われませんでした。

採血の結果、私のC型肝炎は昨年のデータと比べても
比べものにならないくらいに悪化しているようで…

今年はやっぱり治療せんといかんかな~と考える。

でも、中性脂肪とコレステロール値は正常でしたww


午後1時からは、毎年恒例

久留米大学医学部の新1年生のオリエンテーションでの

小児がん経験者としての登壇がありました。

Iせんせいの司会のもと、

しろ~と、ビッグママ、そして

スマイルデイズの新・男子サブリーダーのUくん

の4人はステージで熱く、医学部の1年生に語りました。


Iせんせいからは、

「医者は、医師である前に一人の人間だと心に刻んでほしい」

「医学部にいるうちに献血や骨髄バンクのドナー登録も経験してほしい」

「100%後悔のない人生って難しいけど、出来る時に、出来ることを

一生懸命にとりくんでください」との話や、


ビッグママからは、

亡くなった娘さんとの闘病の日々のエピソードのことや、

小児がん経験者たちと向き合った活動の原動力が、

亡くなった娘さんが残してくれた私の仕事だということ、


Uくんは、緊張しまくって、手や足や口も震わせながらも、

治療や後遺症と向き合ってきて辛かったけど、

一生懸命に生きているという思いについて語ってくれました。



そして、私は

兄からの告知や、自分の病気をしっていた故の病気への恐怖や

死への不安をどのように乗り越えてきたのかという話


会話ではなくて、相手の心を理解して、自分の心を相手に

理解してもらえる、そんな対話のできる医療者になってほしい

ということや、

医療の現場が進歩して、病院は新しく、大きく、そして、

さまざまなケースに対応できる力を持ち、

病気への細やかな治療方法が確立されて、

新薬もどんどん世に出て、

小児がんだって治る時代になってきたけれども、

病気に対する不安や、死を恐れる人間の

“こころ”は、何十年、何百年経っても、

まったく変わらない。


医療の中心には、その“こころ”が大切だという話や、

病気を患った当事者も、家族も、そして、携わる医療者も、

皆が“病”に向き合い、苦悩しながら、成長をしている。


病そのものが不幸なのではなく、病を不幸なことだと捉える

“こころの弱さ”こそが不幸を生み出してるということ。


私が病気になり、今日まで苦労しながら過ごした日々の中で、

さまざまな人との出会いを作ってくれて、

ハンデを乗り越えるなかで生きる喜びを感じて、

充実した日々を生きるための価値観や行動力を身につけ、

自分の宿命を自分にしかできない使命に変えたい!

という強い心を“病”から育ててもらったということを

熱く、つばが最前列の学生の顔に飛び散るくらい

一生懸命にお話をいただきましたww



オリエンテーションの終わった後、

一人の学生さんが声をかけてくださいました。

家族が血液の病気をしていて、自分が医師を目指したきっかけも、

その家族の病がきっかけのひとつだとのこと。

「そのような経験をしてきて、医療の世界に一歩を踏み出した君だからこそ、

君じゃないとできない仕事がこれから待ってるよ、頑張ってね!」

とエールを贈らせてもらいました。

2時間のオリエンテーションも、あっという間でした。

新1年生のみなさん、頑張ってね!

IMG_1195_640.jpg
オリエンテーションの会場の様子


長くなりましたので、今日はこのへんで。

次回へ続く。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
おはよう
おはようございます
フォローアップ外来受診お疲れ様ですv-411
医療費控除獲得のため、通院の際は公共交通機関の利用をお勧めします(笑)
(確か特急料金も該当します(笑) 詳しくは税理士さんなどに相談してくださいね)
長期フォローアップ外来、元の病院との縁が途切れている場合ってどうしようと思い、地元のG大学病院でも対応してくれたらいいなと思いつつ結局そのまま職場の健診のみでスルーしたりしていますが・・・
(でも、ここ最近要精密検査ばっかりでちょこっと不安になっていますv-404)
まあ、近所の内科での再検査ではもう少しやせて、様子を見ましょうねと言われる位ですv-388
しろ~さんも、しろ~さんのおじいさまですかと言われるようになるまで続けてくださいね(笑)
では、九州からの元気の発信楽しみに待っていま~すv-411
2011/04/10(日) 10:04:09 | URL | にゃおたん #taSY0CwU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。