小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災へ心をひとつに
2011年03月11日 (金) | 編集 |
被災地のみなさま

国内最大の甚大な大地震、大津波の被害に遭われ、
大変な状況であることをTVで知り、
今も、つぎつぎに報道される情報に
ただただ胸が詰まる思いです。

ライフラインが寸断されて、
厳しい寒さのなかで、
家を失い、家族の安否もわからずに、
続けて起こる余震にも心を休める
いとまもないことと思います。

いまはどうかそばにいる人、
ご近所の方々と互いの安全を確保して、
助け合って、困難を乗り越え、無事でいてほしいです。

私も、仙台に仲良くさせてもらっているサバイバーの方が
いますが、安否がわからないままです。

でもきっと、無事でいて、
そして自分のことをほったらかして、
目の前にいる困っている人、不安に怯える人に、
手を差しのべているだろうと信じています。



各携帯会社には、災害伝言板及び、災害ダイヤルが
設置されてあります。
通信各社の災害用伝言板へのリンク


私も多数の安否を心配している人がいますが、
数日は通信手段も正常にならないと思います。

それぞれの使い方は、やってみるとシンプルなので、
被災地に電話をかけたり、メールをするのを極力控え、
上記の災害時サービスを利用されてくださるように、
私からもご協力を呼びかけたいと思います。


そして、消防に携わる一人として、
すぐにでも現地に駆けつけて、応援に
行きたい気持ちがあっても行けないのが
悲しいです。

消防、警察、自衛隊、行政、報道、医療機関のみなさんは、
自分の家の状況も、家族の安否もわからないままで、
災害対応に奔走されています。

どうか、2次災害の被害に遭わないように。
そして、みなさんの家族や大切な人が、無事でありますように。

今はこのブログでこうして思いを綴るしか出来ないですが、
災害ボランティア、募金、支援物資の供与など
私にも、そしてみなさんにもこれから出来るなにかがあるので、
その機会を待ちたいと思います。

帰宅困難者のみなさまも、ケガをされませんように。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。