小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ明日から・・・
2010年11月20日 (土) | 編集 |
こんばんは。Iせんせいです。


明日からの「第4回 小児がん関係者の日韓国際交流」

を前に、その他もろもろ・・忙しすぎて、ボロボロです。

(ボロボロの中身も、記事にしようと思ってはいるものの、
ぜんぜん書く時間が持てなくて、ごめんなさい。
もう少しお待ちくださいね~!)


韓国語の勉強も進んでいないし、

憂鬱な気持ちだったのですが・・・


日韓交流のことを思い出すうちに、

初心に戻ったような、さわやかな気持ちが出てきました。


そうなんですよね・・・・

今回で、4回目の日韓交流(今回はお迎えする側)なのですが、

第1回は、約3年前のソウル・・・


遅れていった私は、朝食会場のレストランで、

しろ~くんがわからなかった!

そう・・・・、師匠の細谷先生に聞かれて、

あの人は、別の団体です!と言ってしまいました

何しろ、10年ぶりくらいの再会でしたからね・・・


そして、できて約半年の

このブログに、どっぷり浸かりだしたのも、

この第1回の日韓交流のときから・・・


いろんな意味で、大きな変化をもたらしてくれた

ソウルでした。


初心のような、曲がり角のような、

大きな大きな節目を作ってくれた、日韓交流の始まり・・・


毎年毎年、いろんな出会いがありますし、

参加者一人一人にとって、

なにかのきっかけになってくれるような、

そんな気がしています。


今回、韓国からおいでいただく35人の中の

15人は小児がん経験者!(サバイバーです)

中には、プロのマジシャンもいて、

入院中の子ども達に、マジックを披露してくれる機会もあります。


参加する一人一人にとって、

かけがえのない交流、

一日一日となりますように。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。