小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ(*^-^)ノ~
2008年03月17日 (月) | 編集 |
なおちゃんです。


私がスマイルデイズと、もうひとつ所属している「血液疾患患者の会 フェニックスクラブ」という会があります。
当ブログにもリンクを貼らせていただいているので、機会がありましたらご覧下さいm(_ _)m


全国組織のこの会は、年間、全国各地で交流会が行われています。(交流会を開催希望している会員の方が、会報を通じて交流会をお知らせして、希望する会員さんが参加する形です)

定期的に送られてくる通信では、その交流会のお知らせや疾患に関する勉強会、学会のお知らせ、会員の方々の近況等が載せられています





実は、このフェニックスの代表者であるNさんには、今回ののぞみ訪韓団報告書の印刷にご協力頂きました


今回の報告書の印刷をどうしよう(印刷会社に依頼するとコストもかかるし・・・、印刷機は自宅にないし・・・、大量だし・・・)と行き詰まっていたところ、“ハッ!!”と思い浮かんだのが、フェニックスでした


“毎月送られてくるフェニックス通信。全国に発送している大量の会報の印刷はどうしているんだろう??”と考え、個人的な知人でもある代表者のNさんに速攻連絡

事情を説明すると快く引き受けて下さいました
本当にうれしく、Nさんの人柄に感激しました(*^_^*)


今回無事出来上がった報告書を、Nさんにも後日お渡しする予定です






さて、話しは戻り、本日そのフェニックスクラブより“フェニックス通信”(定期会報)が届きました。


その中でみなさまにお知らせしたい内容があったので掲載させて頂きたいと思います


私の人生の大先輩(まだまだお若いです(^^;))でとっても尊敬している、大谷貴子さんという方がいらっしゃいます

彼女は1986年に慢性骨髄性白血病を発病し、HLAがお母様と適合し、骨髄移植をされました。また、日本初となる骨髄バンクを設立をされた方で、現在は全国骨髄バンク推進連絡協議会会長として、また当事者として、“いのちの重み”を伝える活動のため全国を奔走中です。

詳しくはインターネット等でご覧下さい。たくさん出てきます



貴子さんもフェニックスのメンバーです
今日届いた会報には、大谷さんをモデルとしたドラマが放送されるとのお知らせがありました


大谷さんの書かれた最初の著書である“霧の中の命”がドラマ化されるそうです。



放送は・・・
3月26日 東京系列で放送されます。
主演は内山理名さん。




会報によると~「内山さんは美人すぎてドラマの放送後は町を歩けない・・・という感じです」とコメントされているようです(^^;)
全く問題ないし、貴子さんはお綺麗なのに~(^-^)


これまで大谷さんや骨髄バンクを題材とした番組を見る機会は多くありましたが、これもまた楽しみです 




DSCF2312_256.jpg







スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ありがとうございました
フェニックスのNさんのご協力で、
のぞみ訪韓団の我々にとってステキな
文集がこのほど完成しました。
本当にありがとうございました。

これからも、なおちゃん共々、
SMILEDAYSをよろしく
お願いします。






2008/03/18(火) 05:12:31 | URL | しろ~ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。