小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれはなんだ?鳥か??
2008年03月17日 (月) | 編集 |

しろ~です。
なおちゃん、記事の更新ありがと
なおちゃんのお話は胸に響くね


今日はほんとに心地いい春の陽気でしたね。
街ではコブシの花がもう咲いてました。

サクラの開花もあと少しですね。

川の土手には菜の花も咲いて、虫も飛んで、
ウグイスの鳴声も聞こえて、街ではバイクに乗る人が増えて
あらゆる生命が、冬を乗り越えて、躍動しています。

地元の皿倉山の頂上では…なんだありゃ

パラグライダーがたくさん飛んでました

パラグライダー

※ 各写真はクリックすると拡大します。
   もう一度クリックすると元の画面に戻ります。

皿倉山は、パラグライダーの第1回世界選手権が
開催された山でもあります。
ライセンスの上級者しか飛行を許可されないそうで。

いいなぁ~、俺も空飛んでみたい。
実は、パラグライダーのライセンスを取りたいと
昔からの夢があるんです

第1回世界選手権のおり、私は山頂でその時の
優勝者の方と少しお話したんですよ。
それがきっかけで、ライセンスを取りたいと思ったんです。
たしか、俺が中学生の頃だから、15年は経ってるな。

人との出会いが自分を変える。
自分との出会いが、相手の人生に影響を与える。

SMILEDAYSのメンバーたちも、それぞれがそんな
体験を持っている事でしょう。

そうそう、SMILEDAYSに参加したきっかけは
退院してから10年ほど経ってからのボスとの
再会でした。

あの時は、自分の将来をどうするか迷っていて、
久留米大学病院へ久しぶりに行こう
と思ったのでした。

当時は悲しい事や、辛かった事の記憶が
大きすぎて、行く気になれなかったのですが、
そこを乗り越えないと自分が前に進めないと
思って、勇気出して行ったんです。

病棟へあがると1度は看護士さんから不審者扱い?(笑)
されてしまって、I先生は帰りました。と追い返されて、
ボス(I先生)にも会えず、病院の中の売店を探して、
便箋と封筒とペンを買って、手紙を書いて、
医局を探すけどわからなくて、病院の中で途方に暮れてたら
通りすがりの看護士さんがいて、事情を説明してみたら、
「もう一度病棟へ持って行ってみては?」
と背中を押してくれて、「イヤな顔されるかも、行きたくねー」って
心中で思いながら再び病棟へ。

そしたらボスがいて、本当に久しぶりの再会となったのです。


求めて人に会う。
新しい世界へ一歩踏み出す。

勇気出して新発売の食べ物を買う(≧ω≦。)プププ

前へ前へ進めば、自分の環境が広がり、体験が増えて、
心の深さも広さも変化する。
心って変幻自在で、無限大の広さと深さを持ってるのに、
ついつい自分にブレーキかけたり、限界を感じるのよね。

最初に空飛んだ人、マジすげー。
今は、こんなに当たり前に空飛べるのはあなたのおかげ。
俺がこのブログを作ったのはボスとなおちゃんのおかげ。

いつも新鮮で充実した毎日を送れる事に感謝感謝。

そうそう、来月、久留米大学病院で、大学生の前でお話させて
いただくことになりました。

どんなことを話せばいいのかな~って考えてます。

今年は1月から濃い日々が続いてます。
いったいどんな1年になるかな~
俺はどれだけ成長できるかな~
そして、どれだけダイエットできるかな~ゞ(≧m≦●)ぷっ

最後に、ビンとノミの例え話を記しておきましょう。

ノミはジャンプするとおよそ2mくらい跳べるそうですが、
ビンの中に閉じ込めると、ジャンプするたびに頭を打つので、
次第にその高さまでしか跳べなくなって、ビンの外に出されても、
ビンの高さまでしか跳べなくなる…と、聞いたことがあります。

人間だって一緒。
外に出て、勇気だして新しいこと始めてみませんか?























スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
春ですね!
週末は福岡にもまして暖かい東京でした。
昨日は、朝から夕方まで...
長期フォローアップの会議に...

「晩期障害」は、どうやら「晩期合併症」
という言葉で、落ち着きそうです。
(先日の香森では「晩期障害」という言葉が
合言葉のように飛び交っていましたが。)

聖路加のH先生となおちゃんのボスのO先生に、
のぞみ訪韓団の報告書を渡しました。
私にとって、H先生との出会いは、とてもとても
大きなものでした。(もう、15年位前かな...)
でも、H先生にたどり着くのにも、
いろいろな出会があってのことだしね。


ほんとに、人生は出会いの積み重ねであり、
一人一人の歴史を感じる今日この頃です。

しろ~くんが再度尋ねてきてくれてよかった。
そのときに私がいてよかった。
血液を専門にしていてよかった。
そして、Smile Daysがあって、本当によかった。

...そう思えるから、続けてこれてるのだと思う。
人は一人で生きているわけではないからね。

私も、今年になって、そんなことをすごく考えています。
ほんと、「おかげさま」です。


ところで、4月8日、
久留米大学医学部の新入生オリエンテーションで
リーダーN,しろ~くん、ビッグ・ママに
お話をしてもらうことになりました。
新入生のモチベーションをあげるため、
7年ほど前から始まったものです。
(毎年、リーダーN,ビッグママ、テケテケさんに協力してもらってました)

おかげさまで、すごく高い評価をもらっていて、
担当の教授からも直々にお願いされてます。


私自身、小児科医になり、子どもたちの苦労を知って、
苦労をしてないことが、こんなにも恥ずかしいことだと わかりました。
 だから、
苦労をせずに育った若者に、
苦労をすることのすばらしさ、
人間としての成長、など、話して欲しい。
自分の誕生日は、感謝をする日だということを
教えて欲しい。
(いまだに、心がめげそうになると、2月3日の
しろ~くんの記事を読んでますよ。
もう、何人に紹介したことか!)

昨年は、感想を述べながら、泣き出した子もいて、
リーダーNは、とても喜んでましたね。

そんなあたたかい時間になればと思っています。
どうぞ、よろしく!!

2008/03/17(月) 22:05:48 | URL | I先生 #-[ 編集]
ボスへ
おはよう?ございます。
外はニワトリ様が鳴いてる時間になりました。

ボスの広報のおかげもありまして、ブログの
訪問者も増えてきたと実感してます。

私もぶろぐ村の病気ブログの中で小児がんや、
現在闘病中の方がいたら、ジョン・タケット君の
言葉や、自分の言葉をコメントにして、励まして
います。

インターネットが普及して、ブログが発達して、
距離を越えて同じ悩みを持つ人や、それを乗り越えた
人たちが交流できるのって、本当にスゴイって
感じます。

やっぱり、本を書いたほうがいいかな~(苦笑)


2008/03/18(火) 05:26:37 | URL | しろ~ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。