小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病と死から何を学ぶのか
2010年09月10日 (金) | 編集 |
情熱と行動の九州男児 しろ~です。


※↑みなさん、これが正式な私の肩書きですよ~。覚えてくださいね。


今日は、ちょっとマジメなお話。







数日前、一年ほど前にお友達になったAさんから

話を聞いてくれますか?って連絡がありました。


Aさんは、看護師さんです。

Aさんは、友人のBさんと向きあっています。

Bさんは、余命がわずかな末期がんの方です。


Aさんは、仕事としてではなく、プライベートの時間で

Bさんのことを気にかけて、毎日連絡をとっています。



Aさんも最近、病気をして危ない目に遭い、乗り越えたばかりで、

Bさんがどんな状況で、どんな心情なのかが想像出来るから、

心配なので、自分にできることをできる限りしているけど、

かえってそのことが余計なことをしてないかと不安になって、

どうしたものかという悩みを私に話してくれました。


Bさんは肉親がいなくて、Aさん意外に頼れる人もいない。


Bさんは、Aさんとのメールのやりとりが心を

癒してくれているとAさんに言っています。


Bさんは自分の病状を知ってから、絶え間なく襲ってくる

体中の激痛と闘いながら、寂しさや、悲しさや、

なんで自分が!っていう怒りや、

死にたくないという自分の正直な気持ちと

まっすぐ向きあいながら、自分を見つめています。


そんなBさんに、Aさんは意味があって、

Bさんとの出会い、今の関係があるのだと感じて、

懸命に向きあっているのです。


私は、Bさんとのやりとりはありませんが、

Bさんと向き合っているAさんと向きあっています。

なんだか、変な感じですが不思議なご縁です。



みなさんは、自分の余命が宣告されたとしたら、

どのように残された時間を過ごしますか?

生きていることが当たり前になってると、

そんなことを考えもしないですよね。



明日、自分が死んだらということを私は毎日

心に浮かべています。

ネガティブなのではなくて、価値的に生きるために。


人は、自分がいつ、どこで、どんな死に方をするかを

知るよしもありません。

突然の病死、生きることを諦めた自殺、

事件に巻き込まれたり、不慮の事故で亡くなる方…

命の数だけ、生きざまと死にざまがあります。


ずいぶんと以前にもこのブログのどこかで書きましたが、

病気で余命がわかってるというのは、自分の死をみつめて、

残された時間を大切に生きるための貴重な機会を与えられた

のだと私は思うのです。


病気を患い、死と向きあう本人も、その人を見守り、支える

家族や、友人、医療従事者だって、見つめている中心は、

病であり、死であります。


亡くなった方の病や死から、関わり続けて残された人は、

自分自身の生き方をみつめて、自分の命と向きあう姿勢が

間違っていないか確認し、誤っていれば修正して、

正しいのならば、いままでよりももっと強く命を輝かして、

生きるために歩み進まないといけないのだと私は思います。


今年も、今日までの間に親しかった方、友人、先輩方と、

たくさんの方とお別れをしました。

そのみなさんは、会いたくてももう会えません。

声を聞きたくても、聞けません。

でも、私の心のなかに思い出と共に活き活きと甦ります。

そして、そのたびに心に浮かんだ顔に、生前に出会えたことへの感謝と、

今日もオレ、ガンバって生きてますよ!って、心のなかでそっと

報告をしています。


病に苦しんでいるBさんとの縁。

私もAさんも、この縁が自分の成長に、生きるために、

とても大きな糧になると感じ、目をそらさないで

向きあおうと決意をしています。


Aさんと知り合えたこと、そしてそのつながりでBさんのことを

知ることができた縁に感謝です。


最後に…

今日のこの記事が、みなさんの心に残っている先に亡くなった方を

思い出すきっかけとなって、前に進むための糧になれば幸いです。







スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
私だったら…
余命宣告されたら…自分がしたいことをしたい!自分がお世話になった人たちに感謝の気持ちを伝えれたら…って考えるなぁ~。
 自分の家族が余命宣告受けたのが3ヵ月…言われ…3ヵ月…本人に伝えるべきか?ってすごく家族間で悩みました。ロスの過程で受入る時期になるまでを想像すると…3ヵ月の間に余命を受けとめてやりたいことを見いだせるか?って考えると3ヵ月では…厳しい…という結論の結果本人には伝えず…看取りました。本人が望んでるだろう…思われること…会いたい人にサプライズ装って会いに来てもらったりしたけど…果たしてそれで良かったのか?良かれ!と思ってやったことが…果たして本人にとっても良かったことだったのか?と未だ考えます。本人はおそらく自分の余命は分かってたのか?唯一家族で医療従事者の私に二人きりになると…残される家族へのメッセージを話したり…「ガンなんでしょ?」…って問いかけたり…周囲には言わないことを私には言ってたけど…医療従事者として…家族とか患者さんとか友達とかそれぞれの自分からの関係として接し方、考え方って変わっていくように思う。 病院勤務してた時って今みたいに本人へ告知することって殆ど無くて…家族が希望するよう…病名を嘘つきとおして…日に日に弱っていく患者さんを最期は看取り…エンゼルケアーをして…家族に面会させる前に私はいつも一人残り「頑張ったね。辛かったね。これからは安らかに眠ってね」って頭を撫でて…私なりのお別れをさせていただき家族へ引き渡してました。ずっと患者さん看てると家族のように感じることも多々ありました。
 久留米大の小児科病棟で出会ったNちゃん…彼女は亡くなる3ヵ月前に私にくれたメール「私はあと3ヵ月だけど頑張るよ!」 私は彼女が余命3ヵ月とは知ってたけど…彼女が私に会いたいって言ってたことを私は聞いてたけど…いざ…どんな顔して彼女に会っていいのか?どんなこと話したらいいのか?思うと会えず…会うチャンスはあったのに会えず…彼女が亡くなったときに…もう二度と会えないのに…なぜ会わなかったのか?って今でも後悔してる。 彼女がくれたキーホルダーが彼女が亡くなった日に無くなり…。彼女のメールの3ヵ月…彼女が亡くなり…自分の余命に気付いてたのかな?と今でも疑問は残るけど…彼女との出会いは私の今の仕事(献血)を出会わせてくれたすばらしいNちゃん…忘れない。
 長くなったけど…看護師してると…難しいと思う場面沢山ある。相談もちかけられたとき…一人の人間として答えるべきか?看護師という立場として答えるべきか? 難しい…。私も持病持ちだけど…今の職場には看護師でも…病気の経験者や今でも闘病しながらナースしてる人も数人居るけど…お互いナースだから分かるだろう…知識あるだろう…って思ったりするけど…やはり健全なナースには分かって戴けないことも多々あり…そこもまた難しいと思う。 この仕事を続ける上で命の大切さを伝えれたら…って思ってます。気が向いたら血液センターの献血をよびかけるプチ有名な話『アンパンマンのエキス』もしくは『ありがとう!っていっぱい言わせて!』で検索してみてください。←私も仕事中にこの記事に涙が出ました。←困ったナースデス。
2010/09/15(水) 01:35:33 | URL | あん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。