小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地方行政と企業と私
2010年01月22日 (金) | 編集 |

こんばんは。 昨日から嘔●下●症になってるしろ~です。
ちまたのちびっ子たちの間では流行っているようですね。
私はもう回復傾向にあります。ご安心を。

さて、今日のお話。





先日、福岡県‥ではない別の地方の県議会議員さんと懇談をしました。
小児がんへの関心の深い方で、私が以前に差し上げたゴールドリボンを胸につけて、
いつもお仕事をしてくださっています。

先日お会いしたときに、

某議員:県で小児がんをテーマにアクションを起こしたいのだけど、
    いまどんなことが問題なのですか?

しろ~:晩期合併症、就労、生命保険加入などいろいろありますが‥
    地方行政に取り組んでいただけるとしたら‥



私(しろ~)からの提案

今も小児がんと闘っている人が全国でたくさんいて、多くの方が
亡くなっていた数十年前と比べて、近年、治療成績が向上して
小児がんは治る!と言われる時代になった。

小児がん生存者(サバイバー)もしくは、小児がん経験者と言われる
治療を終えて生きている元患者たちの人数は日を追うごとに増えています。
しかし、助かる人が増えてきたことで、新たな問題がどんどん出てきています。

私のように、普通の人と変わらないまでに社会復帰を果たしている人もたくさんいます。

しかし、一部の経験者には、身体障害者手帳や、療育手帳など交付対象とならない程度では
あるものの、体力の無さや、低身長や筋力の低さなど身体的苦労や、臓器や内分泌の機能低下
などで悩んでいて、生活や就労に困窮している仲間もたくさんいます。
健常者と障害認定者の間にあって苦労している人にも目を向けてほしい。

日本の社会の仕組みでは手の行き届いていない社会困窮者たちは、
小児がんに限らず、大人のがん、その他の疾患にも同様にあるはず。

景気悪化、少子化、高齢化社会ということもあり、国は税収減、
地方行政も同様に財源に苦しんでいる。

私たち小児がん経験者の支援を税金による補助などで負担することに、
国や地方は素直に首を縦には振れないのが実状でしょう。

保障の枠組みを増やす!という発想では無く、働きやすい環境を
整備して、私たちが自立しやすいように、そして、税金を少しでも
地方や国に収められる様に変えてほしい。

その為に、

当事者は就労が困難だけど、でも少しでも働きたい!と生の声をあげ

行政がその言葉を受けて環境を整え

地元企業が理解を持って雇用に協力し、企業は利益を上げて

雇用された労働者の所得が増えることで当事者は税金を納める側になり

地方行政は税収が増える

この地方行政と地元企業と当事者の環境整備ができてほしい。

この仕組みを国に働きかけてもなかなか環境が整備されない。

だったら、地方行政がパイロットプロジェクトとして
モデルケースになって国を動かすさきがけになればよいのでは?


‥と、浅はかな知識と熱意でお話をしました。

しかし、その議員さんは主旨を理解してくださって、行動に移すべく、
翌日からさっそく資料集めに奔走してくれているとのことです。
どこまでできるのかはわかりませんが、少しでも形になることを願っています。


明日、福岡県のがん対策に関するタウンミーテイングが開催されます。
私たちスマイルデイズのメンバーも集って参加します。

一人の声からだって国の仕組みを、行政のあり方を、国民の心を変える力に
なりうることを過去の歴史は証明しています。

一言が、笑顔を作ったり、泣かせたり、怒らせたり、悲しませたり、
人を幸せにも、不幸にもする。

声って、言葉ってとても大切。

私も、タウンミーティングへ出席します。

明日は一言に全力を注ごう。

私のために。 仲間のために。






スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。