小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月、8月の講演・研究発表会のお知らせ
2009年07月10日 (金) | 編集 |

しろ~です。
ご案内をいただきましたので転載して掲載します。






◆大阪市立総合医療センター 小児医療センター講演会
「痛くない、こわくない子どもの病院を目指して」
【参加無料・申込不要】

【日時】
平成21年7月11日(土)13:20~16:30

【場所】
大阪市立総合医療センターさくらホール(定員300名)
大阪市都島区都島本通2-13-22
地下鉄谷町線「都島」駅下車、2番出口から西へ徒歩3分
JR大阪環状線「桜ノ宮」駅下車、東出口から北へ徒歩7分

13:20 あいさつ 副院長・小児医療センター部長 原純一

13:30 第一部
座長 :  小児外科部長 中村哲郎
       さくら9階病棟 小林清美

★どんな子どもたちが入院しているの?
 小児内科部長 山田浩

痛みを感じさせない、こわがらせないための各分野での取り組み

1.処置時の工夫~DVDがあればガーゼ交換もへっちゃら~
  すみれ6階病棟 堀悠木

2.処置室の工夫~ここ、何するお部屋~
  さくら7階病棟 内田利恵

3.放射線検査・治療時の工夫~ようこそ秘密の地下室、ドーム室へ~
  すみれ7階病棟 西川美和子

15:00 第二部
座長 : 小児脳神経外科部長 坂本博昭
      さくら7階病棟 宮崎明子

子どものための緩和ケアとは?
英国ヘレン&ダグラスハウスの紹介と当院での取り組み
緩和医療科兼小児内科医長 多田羅竜平

ホスピタル・プレイ・スペシャリストって何をする人?
英国における歴史とその役割
小児医療センターホスピタル・プレイ・スペシャリスト 山地理恵

16:10 ディスカッション
16:30 閉会  感染症センター部長 塩見正司






◆第10回子どもの療養環境研究発表会

【日時】
平成21年8月2日(日)9:00~11:30

【会場】
あいち健康の森健康科学総合センター「あいち健康プラザ」プラザホール

【参加費】NPO子ども健康フォーラム会員:無料
会員以外:一般2,000円、学生1,000円(懇親会、抄録代含)
出席の為の事前申込は必要ありません。

プログラム
受付 9:00~9:30
9:30~ 9:45 主催者挨拶「10周年を迎えるにあたって」
 田邊穰(NPO子ども健康フォーラム理事長)
共催者挨拶「理想の療養環境を目指して」 
谷風三郎(あいち小児保健医療総合センター センター長)

9:45~10:15 研修報告
『ホスピタル・プレイ・スペシャリスト・ジャパン英国実習報告』
 田中久美子(あいち小児保健医療総合センター保育士)

10:15~11:45 一般公演 第1部(タイトルだけ少しご紹介…)
1.『れいチャンのMRI検査プレパレーション
(英国のHPS養成教育プロジェクト研修後の実践報告)』

2.『プレパレーションへの取り組み』

3.『手術室にかわいい友達がいるよ。手術室の天井には誰がいるのかな?』

4.『子どもを経験活性化させて自分らしく過ごせる時空間をめざした
「わくわくるーむ」の取り組み』

5.『子どもたちが安全に楽しく過ごせるためのプレイルームの環境調整』

6.『外来待合のプレイコーナーの整備~わくわくるーむの整備~』

7.『本の世界へレッツゴー!満喫・満足!あれ?もう診察時間!?』

続き・詳細はこちらのサイト↓の中に

第10回 子どもの療養環境研究発表会開催のご案内

PDFファイルがありますので、ダウンロードしてご覧くださいませ。





情報提供してくださった はなさん ありがとうございました!


こうした講演、研究発表会、イベントなどのお知らせを
私が情報収集して掲載するのはとても大変なので、
情報を提供していただけるとたいへん助かります
読者のみなさまからの情報提供は大歓迎です





スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。