小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*続* おくればせながら・・・
2009年02月11日 (水) | 編集 |
ご無沙汰しております。
なおちゃんです。

1月31日に福岡大学病院にて行われました
支部会のご報告をさせていただきます。
ご報告がホントに“おくればせながら…”で申し訳ない限りです

福大病院「みらい」のブログにも掲載されておりますように、
大変充実した会となりました。
関係者の皆様、大変お疲れ様でした。

詳細を記載することはできませんが、
個人的な感想として書かせていただきたいと思います。




第1部では、福岡大学病院小児科の安元佐和先生より
「子どものアドボケイター(支援者)として-家族と医療者に大切なこと-」
というテーマでのご講演がありました。


キーワードは“病院におけるチャイルドライフ”


病院におけるチャイルドライフとして先生が挙げておられたものは…

○家族との関わり(重要!きょうだい支援)
○心理的プリパレーション
○遊びの重要性
○教育の重要性(院内学級の充実)


中でも入院中の患児にとって“遊び”を保障することは大変重要で、
遊びは子どもの不安を取り除くことができ、
遊びによってニーズの発見にもなり、
治療のアプローチ方法のきっかけにもなると話されていました。

ニーズ発見のできる遊びってどんな遊びなんだろう??
アプローチのきっかけになる遊び?!

と、個人的に少々気になりましたが、
その遊びのスペシャリストはやはり…チャイルドライフスペシャリスト

福大病院にはこのチャイルドライフスペシャリストに匹敵するような
スペシャルな保育士さんがかなり昔(S51年)からいらっしゃいます

病院の紹介では、運動会、お祭り、芋掘り、クリスマス等…
毎月病棟内で行事が行われているとのことで、
子どもにとって必要な“遊び”“楽しみ”が病棟全体で大切にされていました。

また医師、看護師、看護助手に限らず、
臨床保育士、臨床心理士、院内学級教員が福大病院にはいらして、
多職種による子ども中心のチーム医療が行われていました。


個人的な感想として・・・
先生のお話の中で、心理的プリパレーションのお話がありました。
心理的プリパレーション(心理的準備)は、
検査を受ける前の説明等が行われているということでしたが、
子どもにとってこの事は大変重要なことだと思っています。

子どもであってもきちんと説明してほしい!
嘘はつかないでほしい!

心理的プリパレーション。
「処置や検査が必要なことを説明し、
実際の手技を教えて、理解・納得してもらう。
子どもの年齢に応じて人形やおもちゃ等を使って説明すること」
こんな専門職が病棟にいてくだされば、
医療者との信頼関係も作りやすくなるだろうし、
きっと痛い治療でも子どもは前向きになれるのではないかと思います。


先生のお話を聞いていて、
治療以外に心理的側面から常に子ども、ご家族と関わってくださる、
子どもの成長を手助けし支援していく専門職がいらっしゃるということに驚き、感激しました。

また、もっと多くの病院で多職種による
子ども中心のチーム医療が行われる日がくるといいなと、
福大の紹介を聞いていて本当にうらやましくさえも感じた講演でした。




第2部の小児がん経験者を囲んだ講演交流会では、
「小児がん経験者の現在と未来~笑顔の日々を目指して~」というテーマで、
スマイルデイズのメンバーと福大で治療した経験者(各2名)が演者として、
治療中、また治療を終えてからの様々な経験、体験を通じて感じたこと、
考えてきたことについてそれぞれ講演されました。
また今回の特徴として、演者が発表するだけでなく、
ご家族、経験者からの質問や相談に応じながら進めていくものとなりました。

何度かこの支部会に参加させていただいている中で、
テーマとして「告知」に関する内容が多く取り上げられています。
経験者の講演内容としても、どのように告知を受けてきたか、
それぞれの思いや体験等を発表していました。

この度は経験者がメインでそれぞれの闘病体験や思いについて講演し、
また講演後には会場から進学、就職について、
長期フォローアップや晩期合併症等の質問や相談が挙げられました。
治療後の体調はもちろん、患児の心理・社会的な問題など
現在の小児がん経験者が抱える問題そのものでした。

その場ですぐの解決は難しくても、
会場内で問題を共有できたことに意味があり、
今後に繋がっていくのではと思っています。
またこの度は、告知というテーマから
“治った後”という次の段階へと検討することができ、
様々な問題はあるけれども、
小児がんを取り巻く環境の変化に
“時代は変わったな~”と個人的にうれしく思いました。



ご報告は以上です。
長々とスミマセンでした。。



記;なおちゃん



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
これこはこれは
どうも、無精者の講演者です。
未だに書けてません。

頑張らなくては・・・
2009/02/11(水) 23:03:12 | URL | OimO #3un.pJ2M[ 編集]
どうもどうも
早速のコメント、ありがとう。

何だかダラダラと、まとまりなくてスミマセン。。

OimOくんの追記、楽しみにしてますよ(^-^)
2009/02/11(水) 23:26:50 | URL | なおちゃん #KGAhWzec[ 編集]
なおちゃん、ありがとう。
なおちゃんの記事って、
本当にわかりやすく、きちんとしていて、
ステキですねv-398

私も、続続編をがんばりま~す。
2009/02/11(水) 23:39:05 | URL | Iせんせい #Lga8IBmI[ 編集]
お疲れ様です☆彡
Iせんせい、コメントありがとうございました。

続続編e-78、楽しみにしていますねe-68
2009/02/12(木) 00:11:40 | URL | なおちゃん #KGAhWzec[ 編集]
なおちゃんへ
記事にするのがとても大変だったでしょうね。
お疲れさまでした。
ありがとうv-237
あなたの記事を楽しみにしてる
方がいますので、またよろしく
お願いしますね。

…ボスの犬、キミもね。

2009/02/12(木) 23:36:55 | URL | しろ~ #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。