小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病棟X'mas会~!
2008年12月23日 (火) | 編集 |
早いもので、今年もあと1週間で終わりですね。
クリスマスも間近に迫りました

今日は、去る12月13日の土曜日に、
小児科病棟で行われたクリスマス会をご紹介いたします。

私(Iせんせい)は参加できなかったので、
今年8月から週1回病棟に来てくれている 台湾からの留学生 
Leeさんに書いていただきました。

Leeさんは、九州大学の大学院で臨床心理士を目指し勉強中。
中国語、英語、日本語の3か国語が読み書き話せるという才媛!
(あ~、うらやましい・・・)
病棟では、子どもたちの人気者です。

Leeさんの可愛い日本語の文章を、できるだけ残しました。
( )は私からの追加説明です。
写真は、レクレーション係りの看護師Nさんにいただきました。






先日、病棟で楽しいクリスマス会を行いました。
(いつもイベントはプレールームで行うのですが、
クリスマス会のときだけは、エレベーターホールに
ステージを作って行うのが、昔からの恒例です)

まずは院内学級の皆さんが担当するビンゴ大会で幕を開けました。
Xビンゴ_640

皆さんがしっかりしていて、上手に場面をコントロールしていました。
練習の成果が見えましたね
手作りのプレゼントも用意してくれて、本当にありがとう

X会場ビンゴ_640
ドキドキしながら、ビンゴを期待していたわ


医学生の方は綺麗な歌声でクリスマス唄を歌い、
看護学生の方には面白いストーリを読んでもらいました。



マジシャンのおじさんは、
マジシャン!?
次々と“秘密な袋”から皆さんをビックリさせる道具を出しました。
「へぇ~へぇ~」「すごい~すごい」の連発でした。
(実はこのマジシャン、久留米市内で小児科を開業しているE先生です)


看護師さんの方が今年の大ヒットの“崖の上のポニョ”の唄を始めると、
満座がわっと歓声をあげました。
舞台の上に立っている看護師さん達と一緒に歌いながら、
仕草をしていました。

でも、一番のハイライトは男性ドクターが
赤いスカートとハイヒールを履いていて、
“のぞみちゃん”として登場する時でした。
赤いスカート・・・
(むむっ!あれは、病棟のNせんせいではあ~りませんか!?)
大人から、子どもまで、満座が爆笑していました



サンタ


次に、先生方が演じていたアンパンマンの小芝居は
皆さんの熱い目線を集めていました。
アンパンマン?

子供達は仮面をしている先生達の声で「○○先生だよね」と
楽しいそうに当てていました

最後は格好いいレスラーが、
アンパンマンと一緒にバイキンマンを倒し、
サンタのプレゼントを取り戻しました。
子供達は皆興味津々で見ていて、
「バイキンマン弱かったね!」などと互いにコメントを言いながら、
病室に戻りました。
Xスタッフ_640

さんた
(サンタ到来!プレゼントはなにかなぁ?)
(このサンタ、普段はメガネをかけているので、誰だかわからなかった!
 イメージがぜんぜん違うね


今回は先生方、看護師方と学生の皆さんの努力で、
子供達、兄弟児と親たちに沢山の笑顔をもたらしました。
本当にありがとうございました。






楽しい時間が持てて、本当によかったです。
ありがとうございました。

Leeさん、Nさん、ありがとう

来年も、楽しいイベントをたくさん計画しましょうね。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。