小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小児がん学会に参加して その3
2008年12月17日 (水) | 編集 |
前回の続きです。

11月16日(日)

前日、深夜まで飲んで、騒いで、泣いて笑って話したわりに、
すっきりとした目覚めでした。

あっ…、今日がチェックアウトの日だった。
なんて思いながら、荷造りをしてホテルのフロントへ。

みんな同じ時間のバスで出発するらしく、
フロントの前には、ようやく見慣れた仲間たちの
顔がたくさん集まっていました。

朝から、あいにくの雨

私たちの“今日で終わり&お別れだぁ~”ってちょっと
淋しい気持ちと、重なって、どんよりとした空模様でした。

幕張の学会の会場に着いて、私はシンポジウムの会場に
入りました。

IMG_3756_640.jpg
会場の様子

が、翻訳機を持っても、何を言ってるのかわかるけど、
聞くのに疲れるので、会場から退場し、
1階に特設されてる“小児がんの子どもたちの絵画展”を
観に行きました。

会場の中には、国内、海外から様々な個性あふれる
カワイイ絵、色彩の鮮やか絵、モノクロの絵、
シックな絵、版画、切り絵などがありました。

ひとつひとつをじっくりと観ていて、絵を描いたこどもたちの事や、
克服した子も、星になった子も、絵を書いた時のその想いや、
病気へ立ち向かう小さな体に、大人よりも強く、たくましい、
強い心で前向きに、自分と向き合う姿勢が絵からにじみ出ていて、
いつのまにか、私の目には大粒の涙がどっと溢れてきました。

泣いてしまって、恥ずかしくて一度会場から立ち去ったのですが、
あとで戻って、寄付をして、絵画展の作品が収められてる本
をいただきました。

今も、この絵画展の本、たびたび開いて読んでいます。

そして、医学書のコーナーを見に行きました。
あまりの本の多さと、専門書の金額の高さに
驚きました
私は、ここで細谷先生の著書を1冊だけ購入しました。
本人が会場にいるから、サインをもらおうかと思ったりも
したのですが、またの機会にします


さて、小児がん経験者のブースに顔を出すと、昨日まで私と
なおちゃんが座ってたところに、FTとオークの木のメンズが
二人でちょこんと座っていました。
私もそこに混じって、昨夜の2次会の話や、小児がん経験者の
男同士でしか理解出来ない悩みについての話で盛り上がって、
楽しいひとときを味わいました。


あっという間に午前中のプログラムが終わり、
お昼ご飯を食べて会場に戻ると…???

昨日まで無かった?(それとも気づかなかったのか…)
私たちのブースの並びに、当ブログで以前ご紹介した
日本クリニクラウン協会のブースがありました。

ブログとメールでの交流をさせていただいたので、
ご挨拶に伺うと、私にメールをくださったSさんが
いらして、新たな試みを計画しているなどの話を
聞けて、うれしい出会いとなりました。
サイトを見てみる↓
日本クリニクラウン協会


また、その隣のブースのメイク・ア・ウィッシュの方にも、
ご挨拶したら、SmileDaysのブログをたまに見てますよ~
って言われて、とてもうれしかったです
サイトを見てみる↓
メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン


今回、学会の会場では、ブログを見たことがあるという方、
実は、ちょこちょこ見てる方、常連さん…と予想外に私たちの
ブログの存在をご存じの方たちがいたことに驚きました。

また、初めてお会いした方でしたが、“がん情報サイト”を
運営されてる方ともお話ができ、わたしたちのブログも
ご存じとの事で、リンクをする約束をしたのでここでご紹介しますね。
こちらのサイトです↓
(財)先端医療振興財団「がん情報サイト」


また、私たち小児がん経験者とその家族が加入できる共済
(しろ~は今年9月に加入しましたよ~)
ハートリンク共済の代表者の方(しろ~名字が同じ方でした)
とご挨拶をして、意見交換などをさせていただきました。
こちらのサイトです↓
ハートリンク共済


こうして、挨拶や、お話をしているうちに、学会の全プログラムが終了。
私たちは、せっせとブースを片づけて、会場をあとにしました。

しろ~となおちゃんは、飛行機が20時頃の出発便だったので、
しばらくの間、最寄りの駅でFTのメンバーの方々を中心にお茶
しばき、談笑をしてから時間を潰しました。

帰りも途中まで同じ電車に乗り、最後まで見送ってくださいました。
FTのみなさん、ありがとうございました

さて。

空港についてお土産を買い、搭乗して、離陸。

機中では窓ぎわだったので、雲と雨で霞んだ空の
上から、眼下に見える都市の夜景を眺めながら、
私はいろいろと考え事をしていました。

「町の灯りの中に、いまこの瞬間にいろんな人々の命がある」

楽しく食卓を囲む家族。

仕事に追われてまだ帰れない人。

仕事を終えて、乾杯してる人。

救急車で運ばれる人。

恋人と楽しくデートしてる人。

いまから出勤の人。

不安を抱えて寝れない人。

人に騙されて、泣いてる人。

誰かを励ましてる人。

偽物の笑顔でやり過ごす人。

本物の心の強さで勇気をだしてる人。

困難と向かい合って行き詰まってる人。

愚痴を聞かされてうんざりしてる人。

いま、病気と闘ってる人。

いま、生まれた命。

いま、星になった命。


私は、いつも夜景を観るたびに、町の灯りが
人の命の輝きに見えるのです。


そしていまこの瞬間…。

飛行機が揺れるたびにビクついてるのは俺。

となりでは、揺れる機体にまったく動じないで寝ている
なおちゃん…。

あなた、やっぱり大物やわぁ~。

話を戻して…。
東京、名古屋、大阪、京都…の上空を飛ぶ飛行機は、
たくさんの命の輝きを私に見せてくれました。


私は、すべての命が、自分がこの世に生まれた意味を知り、
背負う運命をマイナスにではなく、プラスに変えて、自分に
しか出来ない使命に変えて生きれたら、きっと、もっと人生は
豊かになるはずと。

そう思いながら、北九州へと帰りました。


この学会の3日間で私が学んだ事はとても大きかった。

今回お会いした方々との出会いも、とても大切だった。

そう思えた貴重な3日間のご報告でした。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
命の輝き

同じ病気でも、その人の生き方が違えば、生き方に違いが出てきます。
我々の幸せって何だろう?、など口には言わなくても、ほとんどのサバイバーが
考えたことのある疑問ではないかと思います。

OKAっPIKIがお手伝いしている長期FAはこのような疑問の解決や悩み
解決の糸口になる必要があるのではないかなと思っています。

我々の命には必ず意味があります。その意味を探しながら、
人生を楽しまないといけませんね。v-398
2008/12/17(水) 08:53:46 | URL | OKAっPIKI #-[ 編集]
ここでも・・。

24001番だった・・。ここでも1番違い・・。無念!v-406
2008/12/18(木) 08:24:08 | URL | OKAっPIKI #-[ 編集]
長い1日が終わった~!!
しろ~くん。
 小児がん学会の記事が、1ヶ月で完了するなんてv-405
 やるね~!

 ハートリンク共済。
 私も医療者として家族プランに入りましたよ。
 
 小児がん経験者は、治療が終わって7年経ったら加入可能なので、
 すぐに入ることをお奨めします。
 現段階では、内服していると加入できないので、
 良い時期に入っておいてもらいたいと思うのです。

 家族プランの加入者が1000名を越えると、
 晩期障害などで投薬中の経験者も、加入可能となる見込みです。

 なので、みなさんのご協力をよろしくお願い致しま~すv-363
 (家族プランに加入して~!!ってことです)


さて、このところすっかりご無沙汰していましたが、
実は、今日はた~いへんな1日でした。

 朝カンファ、教授回診、学生講義、
 病院機能評価の訪問審査の最終日
 県庁の方とミーティング
 機能評価の総評を拝聴
 小児科の「1年のまとめ」での血液、病棟の発表・・・

そして、明日東京の班会議での発表原稿をようやく送り終え、
やっと一息つきましたぁ~v-398
(なんだか、診療以外のことばっかりだよぉ~!)

明日は飛行機の中で、たまってる記事を書く予定です!

日曜日の夜にはアップするつもりなので、
みなさんご期待くださいね。




2008/12/19(金) 22:13:56 | URL | Iせんせい #Lga8IBmI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。