小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年11月21日 (水) | 編集 |
こんばんわー!
珍しく続けて更新してます(笑)
私の大好きな福岡県の某海岸を撮影しに出かけたら、めったに見れない様な夕焼けでしたので、写真を皆さんにも見ていただきたくて、掲載しました。
この日は、すごく立派な夕日も撮れましたので、後日その写真も載せますね

津屋崎海岸

※写真はクリックすると拡大されます。
※拡大した写真をクリックすると、元の縮小サイズに戻ります。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
僕はたぶん今年で2年目ぐらいでしょうか??笑

骨髄検査を何回もやっているけれど、適合するものがまだなくって、移植はしてしません。

あと、抗がん剤の治療で脳に腫瘍みたいなのができちゃって、それを摘出する手術をしたら、右体が全く動かなくなってしまいました。

こんなのって有り何でしょうか??笑
2007/11/23(金) 22:46:40 | URL | 奏多 #.kNTwpIA[ 編集]
奏多くんへ
奏多くんへ
返事が遅くなったけど、君がいま経験していることは、人からみていて、感じること、君の事を知ることができるのは、重い病を患っているという表面的な事実だろう。
真実は、君自身にしかわからないと思うけど、
奏多くんにしかできない使命が必ずあるということを病気が教えてくれているですよ。
自分だけが経験した事だからこそ、自分にしかわからない、自分にしかできない事がこれから先、君が生きる中で必ず出てきます。

自分の使命がなにか?という事は、生きる中で、その瞬間瞬間に存在するのです。
だから、いつも探しつづけなければいけません。

病気は、まっすぐに死を見つめさせて、生き抜く事の大切さを様々に教えてくれます。

ある人が、私にこう言ってくれたことがありました。
『病気になったという事は負けではない! だけど、病気によって、自分自身の弱い心が自分を支配したら負けになるんだよ』ってね。
だから、どんなにつらくても、めげそうになっても、自分自身の弱い心には負けてはいけませんよ。

奏多くん、私とブログ上でこういう話をするのが嫌でなければ私はかまいませんが、当ブログのメールフォームからメッセージをいただければ、メールでのやりとりもできますよ。
考えてみてくださいね。




2007/11/29(木) 02:11:14 | URL | しろ~ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。