小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽえむ
2008年11月18日 (火) | 編集 |
こんばんわ しろ~です。

小児がん学会の報告もしたいけど、帰ってからも
忙しくて、まだまだ時間がかかりそう。


さて、今日は詩を掲載させていただきたいと思います。

さっそくですが、ぜひ読んでみてください。

       



前に進みたくても進めない
足が前へと進まない
そんな時は誰にだってある
どんだけ目をこすったって
見えない時は見えなくて
落ち込んで
泣きそーになって
ちょっと休憩する


しばらくして顔を上げたら
目の前の景色は変わらないかもしれないけど
あれ?何か幻想的やん?
って思えるかもよ?
目の前にあるのも後ろに続いて来てるのも
紛れも無い私の人生
今がどうであっても変わらない今は無いし
変われない自分じゃない

だったら私を信じてあげよう






辛い時 泣きたい時
誰かがいてくれる
何も言わなくても
じっと側にいて支えてくれる
何気ない事でも
優しい笑顔で和ませてくれる
そんな存在にどれだけ救われるか
どれだけ暖かくなるか
感謝してもしきれない気持ちが
溢れて また泣いて
私はやっぱり幸せ者だって気付かせてもらう

嫌になる事はたくさんある
自分を責める事もよくある
でも、そうじゃなくて
少しづつ 少しづつ
元気を与えられる側になりたい








いかがでしたか?

この2つの詩を書いてくれたのは、小児がん経験者ではありません。

作者は、Akariさんといって、“心の病”と向き合ってる方です。
私の家のちかくのすぐそのへんに住んでる方です。

初めて読ませていただいたときに、
私の胸の中に、いろんな記憶が甦ってきました。

ぜひ、ブログで紹介させてください。

そうお願いしたら、にっこり笑顔でこの詩をくださいました。


小児がん経験者の仲間たちの中には、
“心の病”を患う方たちが、少なくありません。
一時的な短い期間の方も、長く続く方も、波があって、
良いとき、悪いときが繰り返す人だっています。

私も、過去に“心の病”を患っていた一人でした。

Akariさんとの対話で、相手の方の“心の中の痛み”に触れて、
お話を聞くことや、お互いに笑顔が出るまで対話をすることが
重要なのだと学びました。

最近、映画“パッチ・アダムス”を観たり、
いろんな方との対話をするなかで、
大事な共通点があることに気づきました。

「相手に笑いを求めるのではなく、自分が笑いを与えること」

わかっているようで、わかってなかったな…。

そんな気持ちになりました。


寒さが増して、しかめっ面になりがちな今日このごろ。
笑顔がぎこちなくないか、鏡の前で要チェック

明日私と会って、何人の人が笑顔を見せてくれるかな…


Akariさん、ありがとう。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
共感できますね
私にもこの詩のような情況が
あったような気がします。

私も、
10代の頃は憂鬱になったりもしたけど、
なんとか乗り越えられました。

20代前半は激動の時代だったし…

やっと今になって落ち着いて
周りが見えるようになってきたかなv-361

P.S.
1日平均1万歩はきついなあ~
やっと5千歩くらいで~す。

やっぱり、Iせんせいに
持って行った
体組成計のっていただけばよかったかな~
とこそっ~と思ったにゃおたんでした。
2008/11/18(火) 21:41:34 | URL | にゃおたん #taSY0CwU[ 編集]
素敵な詩
しろさん^^

素敵な詩呼んで共感し感動し涙も少し流し

幸せな気分になりました。

相手に笑いを求めるのではなく自分から笑いを与えることですね。

最近あんまり笑わなくなったけど

一つ勉強になりました。


話変わりますけれど

いつかしろさんに会える日を姫も楽しみに待ってます^^
2008/11/18(火) 22:45:12 | URL | #-[ 編集]
にゃおたんさんへ
私の今日の歩数は、今の時点で、14650歩v-237

なかなかのものでしょう?

エレベーターに乗らない!っていうのはどうでしょうか?

2008/11/18(火) 23:22:17 | URL | Iせんせい #-[ 編集]
しろ~さんありがとうございますm(_ _)m
やっぱりこちらできちんとお礼が言いたかったので書かせて頂きました(>_<)

日々色々な事を考え自分なりに悩んではいますが、私も、本当にこの病を克服し、いつかあなたのように支える側になれる日が来る事を信じて、今はちゃんと向き合って、生きていきたいと思っていますo(^-^)o

いつも言葉足らずで、少し素直では無い私ですが、いつもありがとうございますm(_ _)m
2008/11/19(水) 00:34:51 | URL | akari #-[ 編集]
みなさんへ
にゃおたんさんへ

治療後、数年も経ってから心に痛みが出てくる。
小児がん経験者の方々の話を聞くと、
そうしたケースが多いようです。
なぜでしょうね。

地域や、社会、人間関係の中で、
居場所が無かったり、親の愛情のギャップに
とまどいがあったり、同じ歳の友達との価値観の
違いについて行けなかったり…。
そういうのが、要因なのかな?


姫さんへ

詩を読んで、心に伝わるものがあれば、
作者のAkariさんも喜んでくださるとおもいます。

姫さんのお子さんも、大きくなる中で私たちみたいに
心を患う時もあるかもしれません。

でも、この経験こそが、自分と一生懸命向き合ってる
大事な作業の一つだったと振り返れば思います。

姫さんと、お会いしたいのは、私もですv-398
お茶でもしながら、じっくりとお話がしたいですねv-273
きっと、その日は遠くないv-398

akariさんへ

詩の提供、改めてありがとうございました!
いつも素直じゃないあなたに、こうしてお礼をいわれると…。
気持ち悪いです(ウソよね~ん!)

あなたの詩は、誰かのこころに温もりを与えることができる。
以前からそう思っていました。

詩は、書けるときにしか書けないでしょうけど、
書き続けてほしいですね。
あなたの言葉も、人を励ますことができるのですから。


ボスへ

詩へのコメントは…??


2008/11/19(水) 00:48:38 | URL | しろ~ #SFo5/nok[ 編集]
おはようございます。
そうですね、

私たちの子供時代は、
心の痛みは、気合いで…とか
言われた時代でもありました。

まあ、私はたまたま陰からの
いろいろなかたちでの支援があったので、
こうして生きてこられたのかなv-361
(単に鈍かっただけかも…)

Iせんせいへ
昨日は、
エレベーターやエスカレーターなる文明の利器は、
視界に入ってこなかったのですv-388
(職場にはそんな便利な物はなかったりします。
年に数回ほしいと思うときはあります。)
2008/11/19(水) 06:54:55 | URL | にゃおたん #taSY0CwU[ 編集]
笑顔の種は・・。

心から笑顔になることは、とても難しい事だと思っています。

出会いと別れを紡ぐ楽しさ、そして辛さを知って、初めて笑顔になれると
21年かかって理解できたOKAっPIKIでした。

Akariさんとの出会い(詩)は、私達の笑顔の種になったと思います。

有難うございました。v-398
2008/11/19(水) 08:48:41 | URL | OKAっPIKI #-[ 編集]
最近
心の病気で、悩んでいる友人がいまして、(Iせんせいにも相談にのっていただいたりしたのですが)精神科、心療内科の先生にお話を聞きに行ったり、調べたりすることがあったんです。


学んだことは、(専門知識もありますが)自分が自分を好きであれば好きな程、他人も自分のことを好きになってくれる、ということでした。

自分を好きになるのって難しいですよね

akariさんの詩、
“頑張りすぎだよ”
って教えてくれてる


読んで、ほっ(o^o^o)とさせていただきました
2008/11/19(水) 13:49:31 | URL | TOM-TOM #-[ 編集]
ありがとうございます
皆さんの心のどこかに、そっとこの二つの詩が、いられる事が私にとって本当に幸せな事です

詩はずっと昔から書き続けてきましたが、自分を励ますだけじゃなく、ちっぽけな灯かもしれないけれど、誰かの心に、この灯をともせたらとずっと思っていました。

皆さんの声が私にとっての励みになります(*^_^*)
本当にありがとうございますm(_ _)m

また機会がありましたら、その時は、また、そっと覗いて頂けると幸いです(*^_^*)
2008/11/19(水) 17:23:51 | URL | akari #-[ 編集]
心の病
私も一時期、心を病んだ時期がありました。
3度目の流産(稽留流産)から離婚に至るまでの数年間。
母と姉、そして大切な友人に支えられて、今の私があります。
誰かがそうなった時、支えてあげられる人間でありたいと、今は思っています。
でも、思っていても難しいですけど・・・。
2008/11/19(水) 18:25:22 | URL | みぃ #-[ 編集]
いろいろと、思うこと。
一人ひとり、目の前の課題は違います。
苦労の内容も違うので、
それを経験してない人は、
その気持ちがわからないかもしれない。

でも、別の苦しみがあります。

共通しているのは、やっぱり笑顔かなv-398

笑顔って、コミュニケーションの一番の手段ですよね。
こちらに心の余裕がないと、真の笑顔はでません。

ずいぶん前のことですが、24時間勤務の急患センターで、
ズラッと並んだカルテを前に、
あせりまくって診察していると、
小さい子どもはどんどん泣き始めるのです。
すると、余計に診察に時間がかかって、
ますます、こっちはあせってしまう・・・v-388
途中で、自分の余裕のなさを反省し、心の中で詫びながら、
初めて出会う子どもたちの診察を楽しみだすと、
誰も泣かなくなりました。

子どもには、何でもすぐ見抜かれてしまいますね。

どんなにあせっていても、ニッコリ笑うことで、
よいコミュニケーションをとることが必要ですね。

2008/11/19(水) 22:57:49 | URL | Iせんせい #-[ 編集]
こんにちわ
忘れていたことを
改めて気付かされましたありがとうございます


私は今、高校の吹奏楽部で指揮をしていて
よくOBの先輩から私の音楽性の欠点を指摘されます。

誰かに注意をいただける私は幸せ者だとよく思います

しかし、注意を受けた後の私は『曲を直そう!みんなに伝えよう!』と言う気持ちが先立ち、笑顔を忘れ黙々と指揮をふってしまいがちになります

するとみんなの音に今の合奏を楽しくないと感じている気持ちが表れます。

結果、以前よりまとまらなくなります。


OBの先輩方には
楽しいだけが合奏じゃない
にこにこするのが指揮者じゃない

と指摘を受けますが
私は

合奏に楽しさがあるから
聞いてる人に楽しさが伝わる

にこにこ笑い指揮を楽しむ指揮者だから部員を楽しませることができ、楽しい合奏→楽しい音楽になると思っています

OBの先輩が言われたいことは『だけ』じゃだめだということだと思います☆

なので私は今
微笑みながらのスパルタです
2008/11/20(木) 11:56:25 | URL | まっつん #-[ 編集]
おひさしぶり~!!
長らく、放置しておりました(-_-;)
犬の世話で、パニくっておりました。
ごめんなさ~い。
素敵な詩だね。
共感して、すごく考えさせられました。
2008/11/20(木) 15:57:52 | URL | みわママです #-[ 編集]
まっつんへ
こんばんは!

指揮をする
まっつんの姿を見てみたいですねv-290

楽しいだけが合奏じゃない
にこにこするのが指揮者じゃない
と言われるかもしれないけれど

やっぱり
「笑」って大事だよねv-363

まっつんの笑顔は
ステキだし
なんか
ほんわかさせてくれる
そんな力があるんだよねv-344

自分が笑うこと
人が笑ってくれること
どちらも大好きですv-219

だから
ついつい
昨日も
落とし物を届けに行って
「さて、ここで問題です。
あなたの○○は、どこにあったでしょう。」
…なんて 
すぐに落とし物を渡さない
という行動に出てしましました。

ふざけすぎ!とお叱りを受けそうですが
ついついやってしまうのよね~

おいくつですかと
言われそうですが…

ときどき
まっつんの方が
大人だな~なんて
感じてました。








2008/11/21(金) 22:14:26 | URL | step by step #-[ 編集]
ええっ!?今ごろ!?
・・・と、突っ込まれそうですが(笑)、 
akari さん、素敵な詩を ありがとうv-398

たくさんの人や命に支えられている という 実感
治療中は 悲しい涙 以上に 
嬉しい涙 を 流していたな
と 思い出しましたv-410

Iせんせい と まっつん へ
笑顔っていいですよね~♪

自分も心がけているけど、
入院している子どもさんや、
付き添いのお母さん方、
そして 医療スタッフ の笑顔に
こちらも 笑顔を いただいている毎日です。

明日も たくさんの子どもさんと 笑いあいたいなぁv-410

実は てけt も 中学時代 は 吹奏楽部 でしたv-341 
皆の息がピッタリ合った あの瞬間の快感は 忘れられません(笑)

顧問の先生が熱心な方で、いろんな学校の先生や先輩が
タクトを振ってくれました。

やっぱり、気難しい(変な?(笑))先生よりは
音楽を楽しませてくれた先生の方が、
印象に残っているし、
私もまっつんの姿勢に共感するな~v-410

ちなみに
その先生を 思い出したので 書きますが、

6連譜から2分音符へのきれいなメロディーに、
「おなかすいたな~♪」という言葉をのせてくれたり(笑)、
豊か過ぎる表情に、笑いを堪えて演奏したり、
ラストをベートーベン風にアレンジしたり・・・
音楽の楽しさと、多様な可能性を 教えてくれた先生でしたよ♪

自分も聴く人も楽しませる音楽を
ぜひぜひ 奏でて響かせてくださいね☆
応援してます♪
2008/11/25(火) 19:48:55 | URL | てけてけmt. #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。