小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徳島への旅
2008年09月30日 (火) | 編集 |
Iせんせいです。

今日は、先日、四国の徳島に行った話をしたいと思います。

今回の旅は、仕事ではありませんでした。
小児科に入局して以来大変お世話になって、
3年ほど前に急逝された恩師(Yせんせい;ムーミンのような先生)の
娘さん(Rさん)の結婚式に出席するためでした。

Rさんは、久留米大学医学部の出身で、
学生の頃からよく知っていました。
今年から、もともとの地元である徳島の大学病院で
小児科医として働いています。
本当は、久留米に入局して欲しかったのだけれど…。
でも、久留米に来てたら、この話はなかったかも・・・
 なので、よしとするか

優しくて、とても面倒見が良かったお父さんの
遺志を継いでくれたのもうれしかったですし、
いろんな苦しい経験を乗り越えて頑張っている彼女のために、
結婚式にも是非!出席したいと思いました。


徳島へは、以前行ったことがありましたが、
・・・JRで7時間くらいかかります。
なので、迷わず飛行機を選びました。
飛行機で1時間半前後・・・
でも、調べてみると・・、
やっぱり・・・、当然・・・プロペラ機・・・
もしや~  あ~、あの36人乗りだ~っ

その36人乗りのプロペラ機、
まだ、九州新幹線ができる前に、福岡から鹿児島まで
一度乗ったことがありました。

YSなどの大き目のプロペラ機には何度か乗ったことがあって、
ぜんぜん大丈夫だったのですが、
あの36人乗りは~~
(失礼、SAAB340という正式名称があります)

ゆ~らゆ~らと揺れて、乗ってる間中、生きた心地がせず、
身体の緊張が抜けることなく、椅子にしがみついてました。
ただ、比較的低いところを飛ぶので、
落ちても大丈夫かもぉ という変な安心感はあります。

座席は、通路左に1席、右に2席。
一番後ろの席に窓がないのに驚きました

福岡から鹿児島までは、直線距離で200km、
今回の徳島までは、その倍の400km!!!です。

天気も悪いようだし、もう、どうしよう

前日から、緊張しました。



そして、当日。
午前中の教授回診後、バタバタと仕事を片付けて、
福岡空港を目指しました。
朝からどんよりと曇ってましたが、少し日がさしてきました

搭乗手続きをすると、私の座席は、2B・・・
前から2列目の通路側です。
そして、搭乗が始まりました。

これから乗る36人乗りプロペラ機_640


座席につくと、なに 2列目には窓がありません

窓がな~い!!_640


1列目は非常用座席で、その関係からか、2列目に窓がない・・・
良かったような、悪かったような。。。


小さな乗降用の階段が収納されると、
ものすごい音をさせてプロペラが回りだし、
滑走路を走るのもなんだかフ~ラフラしています。

そして、離陸・・・・
あらっ、思ったほど揺れないじゃない
しばらくは、余裕で新聞読んでました。

ベルト着用のサインが消えると、
たった一人の客室乗務員さんが後ろに行ったすきに、
非常用座席のところから、写真を撮りましたよ
(義務感に燃えたIせんせいでもありました)

飛行中。。。_640


鹿児島行きのときに比べると、結構上空を飛んでるようです。
雲の上ですよね。

雲の上をとんでるよ~!_640



約1時間の飛行時間のうちの最初の40分は、予想より平和でした。
でも、その後は・・・・

まるで、空中ジェットコースターのようです。
心の中で、「ひゃ~っ」と、叫びながら、
ひたすら耐えました。
窓がなくて、どのような状況なのかもわからず・・・、

これがいつまで続くんだ~よぉ~!!
と、かなり苦しくなった頃、ようやく到着しました

おお~!無事着いた~

空腹を感じるような気もしますが、
なんとなく、胃がスッキリしません。
1泊することにしておいて、良かったです。
・・・1日に2回もこの飛行機に乗るなんて、
 体力的にも、精神的にも無理だと思いますから。


預けていた荷物を受け取り、待合室に出ると、
バスのチケットの販売機が目に入りました。
そばにいた係員に、「何時の出発ですか?」と聞くと,
「えっ?バスの発車時刻?みんなが乗ったら、出るよ!」
というお答え。
なんとも、のんびりした答えにビックリ。
でも、フライトの本数も少ないので、
考えたらと、てもリーズナブルですよね

とりあえず、乗車券を買ってバスに乗り込みました。
私の前に乗っていたのは3人ほどだったのですが、
東京からの便が着いたのか、どんどん乗り込んできます。
あっという間に、ほぼ満席の状態となりました。
そして、出発!
こうして、目的地に無事到着することができました



本題の結婚式~披露宴(翌日)ですが…

以前にもまして美しくなったとRさんと、
頼りになりそうな旦那様。

あ~、この姿、
Yせんせい、天国から見てますよね~


と、考えただけで、涙がどんどんあふれてきます。

スピーチを頼まれているのだけれど、大丈夫かな?
涙があふれてくると、声が出なくなってしまうので、
心配になりながら、ビ●●、ワ●●で、喉を潤します。

私の順番が来ました。
一番喜んでいるであろう お父さんの話をすると、
会場がシーンと静まります。
人だけでなく、動物、植物にまで愛情を注がれていたYせんせいでした。
そんなお父さんが大好きで、お父さんの遺志を継ごうと頑張っているRさん。
これから、二人で支えあって、いろんな困難に立ち向かって欲しいな、
と、心から思い、一生懸命にそう話しました。

二人のピアノ連だん まであって、
本当に、暖かいステキな結婚式~披露宴でした。
ご馳走もいっぱい(何カロリーだろう?考えるとぞっとしますが)で、
お腹いっぱい、胸もいっぱい



そして、今、帰りの飛行機の中でこの原稿を書いています。

今度は、窓がある座席ですが、夜なので、真っ暗です。
プロペラもみえません。

おおっと!そろそろ揺れが始まりましたよ~!

では、このへんで。

Good Luck






PS:ちゃんと、無事に帰りましたよ!


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
飛行機
おはようございます。

本題より、おまけ?の方が長い気もしますが、
おまけ?の方にコメントしますv-398

プロペラ機で、窓のない席は、
たいがい、プロペラ破損などの際、
破片が飛ぶ可能性のある範囲らしいですv-399
(もちろん補強とか入ってるので、
万一の時も大丈夫
とのことですが)

と、まだジェット機にしか乗ったことのないにゃおたんですが、
こそーっと、奄美か沖縄の離島を旅したいと思ってたりもします。
(この場合、小型機よりも船か…)

今回はカメラマンもいないので、
きれいなものを写さなきゃと
義務感に火がついてしまいましたか
きれいな写真をありがとうございます。

披露宴のご馳走のカロリーは
気にしてはいけません。
ここぞとばかりに、食べてしまいましょう
で、あとで体重計を見たくなくなると…

と、最近怖いもの見たさで体重計に乗ってます。
今日も増えた…体年齢もさらに+1歳年とってしまった
にゃおたんです。

これから頑張って自転車通勤するつもり(空模様次第)です。
2008/09/30(火) 06:33:55 | URL | にゃおたん #taSY0CwU[ 編集]
徳島
懐かしいですね。
私、何を隠そう、6年間徳島に住んでおりました。
もう、ずいぶん行ってないなぁ。
のんびりしてますか?
田舎ですからね~(^^;)
(でも私は田舎が好き)
2008/09/30(火) 08:38:48 | URL | みぃ #-[ 編集]
にゃおたんさんへ
あっ、そうだったんですね~v-363
プロペラの破片が飛びそうなところが、窓がないって

な~る~ほ~ど~v-389

って、よかった~。乗る前に聞いてなくてv-388

ムチャクチャ怖いじゃないですかv-363

あ~よかった~。


って、ことは、あの36人乗りに乗るときは、
前の方と一番後ろは、避けましょう!ってことですね。

今後、気をつけよう。。。
いえ、乗らずにすむことを祈ろうv-410


と、言ってるところに、
「伊丹ー福岡間も プロペラ機ありますよ!」
という声がv-356

「えっv-388、私、今度往復するよ」

も~し~や~v-409

10月11日打ち合わせのため、予定より早めに引き上げようと
伊丹→福岡の飛行機は~、
プロペラでした。。。。v-388

でも、今度のは、74席。この前の倍ですね。
なになに、ボンバルディア。。。って、
落ちないよねv-392、きっと。。。。
2008/10/01(水) 00:02:09 | URL | Iせんせい #-[ 編集]
みぃさん。
コメントありがとうございましたv-344

みぃさん、6年間って、大学。。。。?
あらっ、そうだったのですねv-398

もしかして、共通の知り合いとか、いるような。。。

なんだか、身近に思えてきました。
2008/10/01(水) 00:10:08 | URL | Iせんせい #-[ 編集]
Iせんせいへ
こんばんは、
すいません、知らない方がよかった雑学でしたね。
でも、写真を見ると前の方はもろプロペラの真横ですが、
後ろの方は、強度等の都合かも、知れません。
(窓をつけると強度に影響があるので、
それで補強を入れると今度は重量とコストがというように
結構大変みたいですv-391)

ボンバルディアも、まれに脚が出なくて胴体着陸とかあったりしましたが、
たぶん、改良やチェックが強化されているから大丈夫でしょうv-411
(以前、高知空港で胴体着陸した機体も修理できたみたいだし、
心情的な理由で国内で旅客用にはつけないで
訓練機にしたみたいですが)
飛行機は、制約された条件の中で最大限の安全性を考えて
設計・運行されてますので安心して空の旅を楽しんでください。

事故の確率も、自動車事故より低いし

と、なんか、小児がんの治療とも何となく共通することがあるような、
飛行機の雑学でした。
(なんか、夜中に目が覚めてしまったにゃおたんのコメントでした。)
2008/10/01(水) 02:56:52 | URL | にゃおたん #taSY0CwU[ 編集]
みなさんへ
にゃおたんさんへ

こんな遅い時間まで、コメントをくださるとは…。
ヨフカシデイズの仲間入りですね(笑)

プロペラ機の窓の件、初めて知りましたv-405
私も雑学は好きですが、にゃおたんさんはもっとすごいかも。
にゃおたんさん、恐るべし!v-398

みぃさんへ

いつも訪問してくださってありがとうございますv-398
うちのボスも、みぃさんも、たぶん同じ世代と私は推測しています。

これから、ボスとみぃさんのやりとりが楽しみです…v-398




2008/10/01(水) 03:03:00 | URL | しろ~ #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。