小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のすきなもの・・・尊敬する人No1
2008年09月26日 (金) | 編集 |
こんにちは~!Iせんせいです。

好きなもの(人)をテーマに、書いてみようかな、と思ったとき、
真っ先に浮かんだのは、この方でした。

でも、いろんなタイミングで、
ビールの話題になってしまったり、
ムネリンになってしまったり。。。

た~いへん失礼いたしました

今日は、まぎれもなく、私の人生の中で、
もっとも大きな出会いのひとつとなった「師匠」のことを
書きたいと思います



その「師匠」とは

細谷亮太先生です。

現在、聖路加国際病院の副院長で
スマートムンストンキャンプの スマートにあたる人、
。。。まあ、この領域ではあまりに有名なので、
説明する必要もないと思いますが。

私が初めて、細谷先生にお会いしたのは、1989年6月。
(うわ~っ、もうすぐ20年になりますね。)
当時、私はまだ、一般小児科のトレーニング中で、
東京の府中にある病院に出張していました。

そこに、久留米大学で担当していた白血病の子のお母さんから連絡がありました。

「再発を繰り返して、治すのは無理、と言われたけれど、納得できない。。。
東京であるがんの子供を守る会の相談会で、細谷先生に相談したいので、
先生も一緒に来て欲しいの。」
と、涙声です。

まだ、血液・腫瘍を専門にしていたわけではありませんでしたが、
研修医のときの経験で、その道に進むことは決めてましたので、
私も一緒にがんの子供を守る会に出席することにしました。

当時は、守る会の総会に出席する人は今ほど多くなく、
相談会場もひとつだったように思います(今は10会場近くありますよね)。
たった一つの相談会場には、いろいろな状況の方が集まっておられました。

治療中や、骨髄移植の前後の子どもをもつ親御さん
子供を亡くされた方。。。

ひとりひとり、自己紹介と相談の内容を話すのですが、
久留米から来たお母さんの悩みはとても深刻です。
細谷先生は、「会が終わって、個人的にお話しましょうね」
といわれ、会終了後に少し話をしたものの、
すぐに会場を閉めなければならない時間になってしまいました。

すると、「浜松町まで送りますから、車の中でお話しましょう」
と、お母さんと私を自分の車に乗せ、話を続けることができました。

浜松町に着いて、細谷先生と別れた後、
「やっぱり難しいんだな~。でも、話を聞いてもらってよかった。
東京に来た甲斐がありました。」と、つぶやくお母さん。

私は、といえば、このような相談会に参加したのも初めてだったし、
初対面の人を、自分の車にひょいと乗せて話を聞いてくれる医師の存在に、
ビ~ックリして、お母さんを気づいながらもポカーンとしていたように思います。


それから3年後、細谷先生に久留米に来てもらって、
講演していただく機会がありました。

たしか、

・学生対象の講義、
・医師対象の講演会、
・家族対象の講演+相談会

と、2泊3日で、たくさん講演してもらい、
空いた時間に柳川の川下りにご案内したように思います。
いろいろなことについて、たくさん、たくさんお話しすることができました。

『ひとりの子どもを ひとりの人間として、
どこまで大切にできるかが、一番大切なことだと思っています。』


というのは、現在、細谷先生がよく口にされる言葉ですが、
当時から、とても暖かく優しさあふれる講演で、
私は涙でいっぱいになりながら、「この先生についていきたい!」と、
強く思ったものでした。(いえ、師匠として!ですよ)

加えて、とても食いしん坊で、やんちゃな子どもみたいなところがあって、
その人間性にも、大きく惹かれたものでした。

それから、ことあるごとに、細谷先生に相談。。。
そういえば、ですが、失恋したときにも、話を聞いてもらったな~!
と、今まで大変大変お世話になっています。


細谷先生の数々の著書は、私の心のバイブルですし、
師匠との出会いがなかったら、とっくに私は辞めてるだろうな。
と、一緒に働いていた経験もないのに、真剣に思います。
本当に、感謝、感謝です。



今年は、がんの子供を守る会の40周年記念でもあり、
小児がん学会の会長を細谷先生が努められます。
11月15日~16日、幕張メッセで、
「がんの子どもと家族を支援する公開シンポジウム」が
予定されているので、みなさん、奮ってご参加くださいね。


10月24日の久留米での日韓交流の会にも、お忙しい中、
ちょっとだけ参加していただけるとのこと。
本当に、ありがとうございます。
そして、これからも、
いたらぬ弟子と、それに続く若者たち、頑張ってる経験者たちを
よろしくお願いいたします。

細谷先生に出会って、もうすぐ20年。
当時、40台になったばかり?だったなんて信じられませんが、
いつまでもお元気で、ご活躍を心からお祈りしています


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
様々な所でご活躍中・・。

H先生と初めてお会いしたのは7~8年前のスマムンキャンプだったと思います。v-47

初めてスマイルディズ以外の小児がん経験者と会うこととあって、かなり緊張していた時、
気さくに話しかけてくださったのが、東京のビックママと呼んでいる守る会の
ソーシャルワーカのKさん、そしてH先生でした。v-409

その後、テレビ、本などでH先生はすごい先生だった事に気づきビックリv-405
そして我らがボスの心の師匠と聞いてなおびっくりv-405

今も守る会と同様にスマイルディズのメンバーと交流を持ってくださっているH先生・・。
ボス、そしてH先生のように子供達の事を本当に愛してくれる小児科のドクターが増えてくれると、
子供達の笑顔が増えていく気がします。v-398

これからも宜しくお願いします。v-410

Kさん、そしてH先生、10月お会いできるのを楽しみにしておきますv-411
2008/09/26(金) 09:16:55 | URL | OKAっPIKI #-[ 編集]
H先生
こんばんは
自分がH先生のことを知ったのは、
去年ぐらいに、
たまたま図書館で手に取った本が
きっかけというという、
大変もぐりなものですv-402
(その後、購入した本はいっぱいありますが…)

しかも、守る会の存在も、つい最近まで知らなかった…v-388
10年早く知っていたらまた違った道を進んでいたかも…
(まあ、存在感ない方なのであんまりかわんないかv-388)

でも、H先生の本を読んで、
自分の当時の環境が本当に恵まれていたんだなあと…
(本人はそれまでそれが当たり前のことだと
思っていたv-402鈍感男なので…)

自分は、T大病院だったので、
当時小児科外来では
B先生(今は別の大学で教授になられてます。)に
診てもらっていました。
(というか、B先生の名前しか覚えてないe-263)
(ただ、
眼科メインでかかっていたためか、
比較的あっさり治ってしまったためか、
あまりB先生の
印象には残っていなかったようでしたと…
守る会のSWの方を通してお聞きしました。)
でも、B先生は
一般向けのものはあまり書かれてないようですが、
H先生同様、すごい先生だったんだなあと…思います。

と、ここはH先生の話でしたね…
11月のシンポジウムは参加したいなと思っている
にゃおたんでした。
(話をできればいいなとひそかにおもっている)
2008/09/26(金) 23:19:59 | URL | にゃおたん #5R71vJQ.[ 編集]
細谷先生のこと
私が細谷先生と初めてお会いしたのは、日本ではなく、
本年1月の日韓国際交流会のときでした。
ひと目見て、この先生、フツーのオイチャンv-208だ!
って、思いましたv-398

いえいえ、非凡な存在の先生なんですけどv-356
なにが言いたいかと言うと、すごい先生なんですけど、
心が丸くて、優しくて、だけど鋭さが目の奥にあって、
ボスが言うみたいにやんちゃな感じもあって、
食いしん坊なのもこの目で見た!!
だけど、医者であるという肩書きを感じさせず、
一人の人間として、相手とと向き合ってる姿勢に
私は惹かれました。

スマートムンストンでは、コイバナしてるところに
乱入して、ニコニコv-410しながらみんなの話を聞いてくれました。

まだ2回しかお会いしてませんが、とても素敵な先生です。
もちろん、ボスもねv-398

続編を楽しみにしてます!


2008/09/26(金) 23:37:12 | URL | しろ~ #-[ 編集]
みなさん、コメントありがとう!
ほ~んと、師匠の存在は大きいですし、
このブログを読んでくださってる方も
みなさん細谷先生のファンなんだなv-398
って、この記事への拍手の多さに あらためて思いました。

いつまで経っても、師匠の足元も見えてきませんが、
実は、最近、細谷先生をうらやましがらせた瞬間があったのです。
(せんせいは、いいな~って)

・・・それをここに書きかけたのだけれど、
ちょっともったいない気がしてきたので、
続編にしよ~っと。v-397

そのうち書きますね。
お楽しみにぃ~!!
2008/09/27(土) 01:16:11 | URL | Iせんせい #-[ 編集]
ラジオに出ていました。
こんばんわ
事後報告になってしまいましたv-388が、
本日('08/10/9)午前10時頃、H先生が、NHK第一に生出演していました。
事前に知っていれば、録音しときたかったv-406
たまたま、仕事で運転中に聞いていたので、最後まで聴けなかったし
もし、録音された方とかいたらいいなあと思いコメント記入しているにゃおたんでした。
(ちなみに今教育テレビでは、メイク・ア・ウィッシュの紹介番組を放送してたりします。)
と、何となく濃い一日でした…
2008/10/09(木) 20:15:43 | URL | にゃおたん #taSY0CwU[ 編集]
にやおたんさんへ
そーいうのあるある!!
このあいだも、NHKのドキュメントに
H先生が出てたのを途中から見て、
次の回を見逃して…。

再放送、しないかなぁ~。
2008/10/09(木) 20:55:20 | URL | しろ~ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。