小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怖いお話…
2008年08月12日 (火) | 編集 |
闘病記の記事も長らく書いておりませんですが、
今回はしろ~の闘病記の
番外編です。

暑い夏の夜、背筋がヒヤっとするお話を

どーぞ、お楽しみください。


食事中の方、怖い話が苦手な方は、御遠慮ください…




あれは、私が大学病院の小児病棟の6人
入る大部屋に入院してたときのこと。

今は、昼間からでもカーテンを閉めてお隣との距離を
置いちゃう時代ですが、昔は同じ部屋のこどもを、
お互いの親が気にかけてくれて、何かあればすぐに
お母さんたちは対応をしてくれていたんです。

夜、消灯時間になっても、カーテンを閉めることは
よほどの事が無い限りはありませんでした。

付き添いは、母親が大部分を占めていましたが、
たまにお父さんが付き添いの患者さんもいました。

私の隣のベッドへ、一人の少年がお父さんの付き添いで
入院してきました。

入院して、すぐに彼と私はうち解け、仲良くなって、
日中はよく一緒に遊んでいました。

ある日の夜。

消灯時間が過ぎ、ほとんどの親も、こどもも寝静まった時間。

枕元に点灯してるオレンジ色の薄明かりが病室の中を
見るための唯一の明かりでした。


私は、昼寝しすぎたせいでぜんぜん眠れず、病室の中を
見渡しては、眠れない夜をつまらなさそうにやり過ごしていました。

ふと、隣の彼のベッドに目をやると、彼のお父さんが口を大きく開けて
仰向けで寝ていました。

そのお父さんの寝顔を見ていて、私はとんでもないモノを見ました…。



そのお父さんの顔に、なんとゴ○ブリが!!


それは、薄明かりの中でも、存在感ありありの黒光りを放って、
お父さんの頬をカサカサと動いています。


そして次の瞬間!!


お父さんの口へ突入!!


私は、声にならない声で

「あぁーっ!!入っちゃった!!!!

でも、その状況を、私は誰かに言えるような状況でもなく、
ただただ、その様子を固唾を飲んで見守るしかありませんでした。

「お願いだから、おじちゃん、口を閉じないで!

そう、祈るばかり。


そして、数秒か、数十秒か、それとも、数分経ったのか…。
私には、とても長い時間に感じました。

そのお父さんは、驚いて飛び起きる事もなく、ゴキ○リさんは無事に
(っていうか、お父さんは無事に…)お父さんの口から這い出して
どこかへと消えていきました。


私は、その夏の夜。

とても恐ろしい出来事の目撃者になってしまったのでした…。







今でこそ病院は、害虫駆除なんかもしっかりされてるでしょうが、
昔は夜な夜なそこら中にゴキ○リさんがいて、千羽鶴なんかを
飾っていると棲家にされてしまい、ときどきは千羽鶴を窓の外に出して、
ゴキブリさんたちを振り落としていたぐらいです。

あの少年、そしてお父さんは、元気にしてるかな…。


お話は以上。


※最近、こうした話はノンフィクションですか?
それともフィクションですか?
との質問をよくされます。
ええ、もちろん!!
ノンフィクションですとも!!


少しは、涼しくなりましたか?

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
あった、あった

懐かしいっスね。そのネタ。v-411

居ましたよね!ゴキちゃん。
OKAっPIKIが入院していた時は油ギッシュなゴキちゃんより小さいゴキちゃんが
多かったように思います。「あんた、いつ入り込んだ!v-405」てな具合に・・。

何処からともなくやってくるゴキちゃん・・。今も病棟で暗躍しているのかな?v-403
2008/08/12(火) 09:09:12 | URL | OKAっPIKI #-[ 編集]
寒いよ~!怖いよ~!
しろ~くん。たのむよ~v-404

今の私にとって、いろんな意味で寒すぎますよぉv-12
真っ青になりました。

朝から、顔を引きつらせていましたが、

長期フォローアップの外来で、このブログを紹介するときに、

「感動するのも、まじめな内容もありますし、面白いものも…。
ちなみに、今日の記事は、病棟のゴキの話で、
私は背筋が寒くなりましたけど…v-388

「あはっv-411、ゴキいましたね!」


まぁ、利用させてもらっているので、よしとするか。

今、入院中の子供たち、親御さんたちが、
うなづいてないことを祈りつつ。。。

・・・どうか、過去の話で終わりますように・・・v-421
2008/08/12(火) 14:24:57 | URL | Iせんせい #-[ 編集]
・・・

ボスにとって、笑い話にはならない記事でしたね。(立場上)

・・忘れてましたv-399

でも今も居るんかな?ゴキちゃん・・。居ないにこしたことはないんですが・・・。
v-403
2008/08/12(火) 14:52:24 | URL | OKAっPIKI #-[ 編集]
まぁまぁ
今から24年も前の話です。

さすがにいまどきはありえないでしょう(笑)
2008/08/12(火) 18:43:08 | URL | しろ〜 #-[ 編集]
怖い・・・
寒くなりましたv-12
私が入院してた頃はゴキブリ駆除がきてて、
病室では見かけませんでしたよ。
トイレにはいたみたいですけどv-356
2008/08/13(水) 07:12:13 | URL | あやか #-[ 編集]
あやかちゃん、ありがとう。
ふっ~っv-355

よかった~v-343

これで、ご飯がおいしく食べられますv-398
2008/08/13(水) 07:23:43 | URL | Iせんせい #-[ 編集]
アレは厳しいです・・・
20年以上前に入院していた際、物音で目がさめて起き上がると、羽と足を広げて黒光りするアレが顔にめがけて・・・
慌てて後ろに倒れこんだ拍子にベッドの鉄柵へ頭を強打し、痛みで身体を捻ったところ手術直後の傷口がパックリ・・・
それ以来、アレを見ると飛ぶ前に駆除するようになりました・・・v-399
2008/08/13(水) 16:24:29 | URL | hermit #SFo5/nok[ 編集]
hermitさんへ
なかなかすごい体験ですね。
笑って良いのか、悪いのか…(>_<)

hermitさんも私たちみたいな経験者さんですか?
2008/08/13(水) 18:12:38 | URL | しろ~ #-[ 編集]
笑っていただければ
何よりです(笑)
皆様のような大病を患ったことはないのですが(2ヶ月程度の入院経験です)、親類・友人に大病を患った人が多いため、色々と共感できる事や勉強の意味で、こちらを拝見させていただいています。
2008/08/13(水) 19:06:35 | URL | hermit #SFo5/nok[ 編集]
黒光りするアレも必死に生きているんですよね・・・・。


私が幼い頃、東京から兄嫁が甥っ子を連れてお盆休みに帰省してました。


昔、我が家は夜になるとアレが薄暗い電灯の下を我が物顔で脂ぎった羽を広げて勢いよく飛び交うんです。

それを見つけた甥っ子は、急いで帽子をかぶり、「ママ! あの虫捕ってー!」と、虫かごと網を持って、眠気も吹っ飛んだ様子。
そんな甥っ子の可愛かったこと!その甥っ子も今年38歳。

ゴキちゃんも、都会(病院)住む彼らはスマートだった。
我が家の住民に比べれば・・・。

それらのごキちゃんも、今日のエコ社会にどのように共存しているか・・・?

しろーくん  怖い話、ありがとう!
おかげで楽しかった想い出が甦りました。


I先生へ

体重は、日々努力をして2,5k落としました。
だが、何kになったかはまだ公表できません。

体重年齢は66歳になりました。
懸命に若返りに挑戦しています。



2008/08/14(木) 01:26:53 | URL | ビッグママ #-[ 編集]
hermitさんへ
お返事ありがとうございますv-410

コンセプトがハッキリしないうちのブログに、
参考になるものがあるのかな~?
って、思ったりしてしまいました(笑)

ブログの参加者(経験者や関係者)へ質問など
ありましたら、コメントや、ブログへメールを利用
してくださいねv-410

ブログの参加者の詳細は、カテゴリーの中の
“ブログの参加者について”を参考にしてくださいね。
2008/08/14(木) 15:10:20 | URL | しろ〜 #-[ 編集]
ビッグママへ
ビッグママ、ダイエットお疲れ様ですv-411
私は毎日仕事で、汗をいっぱいかいてるのに
体重が全然減らないことが悲しいです。

どんな生き物だって、必要とされて生まれてくるけど、
ゴキ●リさんたちは、いったい何のために存在するのか?

そして、なぜ。
人は、アレを怖がるのでしょうね?

気になります。
2008/08/14(木) 15:17:58 | URL | しろ〜 #-[ 編集]
しろ~さん、こんばんは!!
ある意味、心霊物よりも、恐怖を感じました(∋_∈)

自分自身にも起こりうる・・・いや、もうすでに起こったことがあるかもしれない、寝ている時のことだけにわからないのでマジ恐ろしいです(*○*)
2008/08/16(土) 02:43:30 | URL | 匿名さま #-[ 編集]
たぶん、自分のいた病院でも入院当時その恐怖はあったはず(自分は直接遭遇していませんが)v-12
当時、小児科病棟は、建物も古く、完全看護でもなかったので、子供が食べたいものを作ろうと配膳室が調理室的になっていたので、食料には困らないだろうし、温度・湿度も一定ですごしやすいですしe-263
まあ、もちろん今は大丈夫だと思いますが…
(家でもあまり見ませんし)

ただ、病院産のGは消毒されているから大丈夫という話を聞いたような、聞かなかったような…e-263
2008/08/23(土) 20:11:50 | URL | にゃおたん #taSY0CwU[ 編集]
う、う、う。。。(汗)
たしかに~
「無菌室にいるゴキは、消毒されてるから大丈夫!」
って、フレーズ、過去に使ったこと。。。。アリマスv-388
(それに対するコメントは、避けよう・・・)

この記事がでたあと、自宅マンションの外廊下に
大きなゴキがいるのを発見!(築12年、13階の廊下です)
私の部屋では見たことがないけれど、どこかで眠ってる。。
怖いですねv-394
2008/08/23(土) 22:10:07 | URL | Iせんせい #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。