小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハト ポッポ~
2008年08月26日 (火) | 編集 |
どもども、今頃に夏バテぎみの しろ~です

暑さに慣れてきたと思ったら、もう朝晩は涼しくなってきましたね。
日が落ちると、虫の鳴き声もたくさん聞こえてきて、秋が近いのを
感じています。


とくに鈴虫の鳴き声は、少し冷たくなった風の音といい感じでコラボしてます。

少々気の早いコスモスがいくつか咲いてるのも見つけました。
コスモスが満開になる頃が楽しみです。

さて、今回は夏の終わりのこの時期に、ぜひお話したいことが
ありましたので、記事にさせていたきます。

ちょうど、このくらいの季節の出来事だったと思うのですが、
ちょっぴり切ないお話を今日はしましょう。




今から、10年以上前のこと。

私は、高校への通学にJRを利用していました。

乗り換えで、駆け込んで飛び乗った快速列車。

息を切らして、吊り輪につかまった私は、呼吸が落ち着くのを
待ちながら、車内を見渡しました。

わりと座席にも空席がまばらにあって、次の駅に着いたら
座席に座ろうかな。なんて、思っていたとき…。

「キャー!」

どこからともなく、悲鳴が聞こえてきました。

「なにごとだっ!?」って、思いながら、悲鳴のする方に目を
やると、私の顔に向かって、何かがこちらに飛んできました。

とっさに頭をかがめると、その“何か”は、私の頭上をかすめるように、
飛びながら、近くの座席の背もたれのうえに着地しました。

ハト です。

駅から列車が出る間際に、車内に迷い込んできたようです。

そこにいた誰もが

「なんで車内にハト?」

って顔をしていました。

ハトは、豆鉄砲を食らったようなオドオドした様子で、車内を
あちらこちらへと飛び回って逃げています。

飛び回るたびに、車内からはさまざまな悲鳴が聞こえてきます。

そこへ、一人の壮年が無言でテクテクと私の横を通り過ぎて、
座席の手すりにとまったハトの背後にそろ~っと、両手を胸の
前でかまえてハトににじり寄っていきました。

そして、次の瞬間!

ハトをナイスげっとぉー!!!
一発でハトを捕まえたおっちゃんに、車内のみんなが驚いた。

「おっちゃん、すげっー!!
っていう感動の気持ちが車内のみんなに波紋のように広がりました。



すんなり捕まえれた安堵感と、達成感に満ちたおっちゃんの背中には、

まるで、大きな仕事を成し遂げた、プロジェクトX ばりの熱い魂をもった
男のオーラのようなものを私は感じました。

そのおっちゃんは、真剣なまなざしと声で、次の課題に取り組むべく、

「お姉さん、そこの窓を開けて!」
って、言い放ちました。

目の前に座っていた若い女性は、そのおっちゃんの一言に少し動揺しながらも、

「あっ、ハイっ!!」

って返事して、すばやく窓を開放しました。

おっちゃんはハトを捕まえた手を、窓ぎわにもっていき、

そのハトをキレイな青い、自由な空へと羽ばたかせるために、

窓の外へハトを放り出しました。

おっちゃんの手からハトが離れた瞬間、車内のみんなが、

「よかったね

って、思ったその瞬間!!」



「ぷゅああアアぁあぁぁぁぁぁぁぁ~ん!!」

って警笛音とともに、その窓の方を特急列車が轟音ですれ違いました。

車内のみんなの時間が一瞬止まりました

「今のハト、もしかして…」
特急列車が通り過ぎ…。

豆鉄砲を喰らったハトのように、みんなの顔には、不安な表情が
浮かんでいました。

「もしかして…はねられた????」

誰も、口には出せないけど、みんながそう言いたいのが痛いほど
伝わっていきます。 私もそう思いました。

窓を開けた女性は、硬い表情でなにも言わず、窓を閉めました。

ハトを捕まえたおっちゃんは下を向きながら、無言で、手を払いながら、
自分の座席に戻っていきました…。


そして、車内は何事もなかったかのように…、
いや、通常の列車の中よりももっと静寂に満ちたように、
静まり返ってしまいました。



あのハト…、ポッポッ(列車)にはねられたのか?
それとも、自由の身になれたのか…?

その真相は、ハト自身と、通りすぎた時に突然、
対向列車の窓から飛び出してきたハトを見たであろう、
特急列車の運転士しか知らないはず…。



夏の終わりの、ちょっと切ないお話でした。

※ノンフィクションです。




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
小学生の頃
地元の私鉄に乗っているとき、1匹のネコが乗車してきたことがあります。首輪のなかったことから野良ネコでしょう。
ネコが乗車してきた駅から同様に乗車してきた人は「人や通過電車を怖がることもなく、当たり前のように電車を待っていた」と話していました。
ネコは人の多い場所から離れるように、そそくさと連結部分へ・・・そこで揺られながらおとなしくしていました。
私が降車する駅のひとつ前近くでネコは歩き出し、当たり前のように降車して改札のある階段を下りていきました。
それを見て「動物も遠くに行くときには電車を使うんだ・・・」と思ったものです。

ハトのように飛び回られては困り者ですが、人間が便利と思うものを動物も使うのは「共生」のひとつなのかな、と思いました。
2008/08/26(火) 15:05:13 | URL | hermit #SFo5/nok[ 編集]
皆の平穏な日常にチョッと辛めのスパイスをプレゼントしにシロー君のもとに鳩はやってきた。
鳩はね、平和の象徴なんだ・・・死ぬわけないさ・・・とびったってるさ・・。
少なくとも君のハートの中には鳩が飛んでるだろ?

BY店長
2008/08/26(火) 15:22:07 | URL | しろ〜くんへ #pP5hfLs2[ 編集]
hermitさんへ
電車に乗るネコ、すごいですね(゜Д゜)

信号待ちをちゃんとするイヌすごいと思うけど、hermitさんのネコの話にはかないませんね(>_<)
2008/08/26(火) 21:47:56 | URL | しろ~ #-[ 編集]
店長へ
今回はいつもおもしろい記事を書いてる、ピンクガーネット店長の記事の雰囲気を参考にしてこの記事を書いたんですよ~(*^_^*)

ピンクガーネットの記事の更新を楽しみにしてまーす(・∀・)
2008/08/26(火) 21:52:50 | URL | しろ~ #-[ 編集]
hermitさんの
コメント読んで、
スタジオ・ジ○リの「耳をすませば」
を思い出しましたよ(笑)
現実にそんな猫がいるんだぁv-405
面白いですね~


しろ~君、ご無沙汰っv-222
久しぶりにブログ覗いたので、
あちこちにコメント書くね~♪

鳩はてけtも無事だと思います。
はらたいらに3000点かけてもいいです。
2008/08/27(水) 22:21:36 | URL | てけてけmt. #-[ 編集]
ハトポッポ
みなさん、こんばんわ
自分もハトは無事に飛び立ったと思いますv-521
ハトさんも必死に飛び上がったでしょうe-282

と、数年前、北海道旅行にて、
低空飛行のカラスを轢いたことのある(普通轢かれるか?)
自分が言っても説得力ありませんが。。。。v-399
2008/08/27(水) 22:45:02 | URL | にゃおたん #taSY0CwU[ 編集]
てけtへ
はらたいらに3000点…。

ミソジデイズのてけt は、クイズダービーを
リアルタイムに見ていたのね。

わくわく動物ランドとか、クイズ100人に聞きました。
とか。

今の20代には、わかるまいっ(ノTДT)ノ ┫:・'.::・┻┻:・'.::・

2008/08/28(木) 00:26:30 | URL | しろ〜 #-[ 編集]
にゃおたんさんへ
カラスは頭がいいはずだけど…v-356
たまに、鳥さんはドジるんですよねv-388

私が高校の授業中に、窓際の席に座っていたら、
真横のガラスに大きな音で「バーン!!」って衝突音が
聞こえて、ビックリしたことがあります。

窓の外を見たら、小鳥が窓にぶつかって、
首の骨が折れたみたいで即死してました。

授業のあと、何人かで埋葬してあげました。

人間の作ったもののせいで、鳥さんたちにも
自然界ではありえない事故が発生するのですね。

2008/08/28(木) 00:36:02 | URL | しろ〜 #-[ 編集]
しろ~くんへ
そうそう、水曜スペシャルとかね~(笑)

(密林とかに謎の生物がいるとかいう
噂を聞くか 作るかしては
怪しげな現地案内人v-508と一緒に探検して
結局見つからない番組でしたv-535


鳥がガラスにぶつかるのは、
実家でもよくあったなぁ。v-390
運が良ければ 脳しんとうで済むのもいたけど。

しかし あの鳥たちは
なんで、人間の家の中に
突っ込もうとしたんだろう?v-521

・・・度胸試し?度胸試しなのか???
彼らは自分のなかの漢v-519
確かめようとしていたのかっ?v-406 

・・・と、少年○ャンプ系の
妄想はさておき、

まぁ、しろ~君の言う通り
自然界ではありえない
不幸な事故なんでしょうねv-388
ごめんね、鳥さん達・・・
2008/08/28(木) 20:00:38 | URL | てけてけmt. #-[ 編集]
しろ~さんへ
こんばんわ
とりさんは、勤務先のビル(ちなみにガラス張りです。)にも時々衝突して、すごい音がします。(そのままどこかに飛んでいくのと、死んでしまうのが半々くらいです)
とりさんには、ガラスが見えないという話も聞いたことありますしv-521
でも、自分が轢いたとりさんは、何を考えて超低空飛行で車の前を横切ろうとしたのだろう…v-409(バンパーに当たってしまいました。後ろに車もいたので、出てきたのが人間でなければそのまま行くしかなかった)
幸いまだ人身事故は起こしていませんが、運転気をつけないといけないですね…(物損は数回、ヒヤリハットは数知れず…)v-388

ちなみに、自分も、まんが日本昔話、クイズダービー、8時だよ全員集合のコースでリアルタイムで見ていました(なつかしいなあ)v-390
2008/08/28(木) 20:38:36 | URL | にゃおたん #taSY0CwU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。