小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8.6 ヒロシマ 8.9 ナガサキ
2008年08月06日 (水) | 編集 |
6月29日の記事で、長崎へいった時に原爆資料館へ訪問しました。
と書いた記事を、みなさんは覚えていますでしょうか?

今日、8時15分。 ヒロシマへ原爆が投下されてから63年を迎えます。

原爆投下については、みなさまにもそれぞれ意見があると思います。
わたしは、被爆した方々の原爆症や、白血病の症状についての資料や、
写真に目を通すと、自分と重なる部分をとても感じます。

善悪の判断基準。

とても判断が難しいことだけど、人を幸福にすることが善。
不幸にすることが悪。と考えるならば、戦争は悪しき事でしょう。

原爆が悪いという前に、いのちを軽視する戦争そのものが最も悪く、
それを引き起こした人も、戦争を正当化させようと扇動した人も、
大きな悪に呑まれたのだろうな…、と。

広島の原爆資料館へはまだ行ったことがありませんが、
長崎の原爆資料館に行ってきました。

IMG_6810_512.jpg

記念館の中に入り、展示ブースの
中に入った瞬間から、私は言葉が出てこなくなりました。

焼け焦げ、爆風でねじれた大きな鉄の柱、崩れた天主堂の残骸。
ねじれたビン、永遠に針の止まった時計、後世に残された惨状の写真。
焦げた亡骸の横にたたずむ少女。
死んだ弟を背負ったまま直立している少年。

生と死がいつだって表裏一体であること。
生きてることが当たり前ではないということ。
人の不幸の上には、正義も、善もないということ。

それらを、ひとつひとつの展示物、いや、
悲しい歴史の残骸たちが私の心にたくさんの
事を問いかけてくれました。

展示ブースから出る間際。

私は、深く頭を下げて手を合わせました。


私はその後、爆心地の近くに今も残る、片足だけが残った
鳥居のところに行きました。

IMG_6808_512.jpg

この鳥居は、63年の月日、人々の苦しみも、悲しみも、儚さも、
弱さも、そして強さもずっと見てきたんだな…。
と、静かにたたずむ鳥居を眺めながら考えたのでした。

IMG_6806_512.jpg天主堂

IMG_6812_512.jpg千羽鶴

今でも、紛争やテロで、そして理不尽で身勝手な事件の被害で
多くの方が毎日亡くなっています。

一日でも長く、
平和な時間が続くように。
争いが治まるように。
そして互いを思い合えるように。

そう、考えさせてもらった貴重な体験となりました。

3日後、長崎も63年目の節目を迎えます。


長崎に投下された原爆の第一目標は、小倉でした。
でも、煙幕と厚い雲に阻まれて、第2目標の長崎に
投下されたのです。

前日の1945年8月8日、北九州の八幡はたくさんの
B-29爆撃機が襲来して、大量の焼夷弾を落としていき、
街は大勢の犠牲者を出して、焼け野原になっていました。

その焼夷弾で焼かれた街の煙が、そして雲が、
皮肉にも長崎へ原爆を投下する理由になってしまったのです。

8月8日北九州(八幡)の大空襲。

私には、身近にそうした実体験を話してくれる方がいて、
その怒りや、悲しみを私も胸に刻みつけています。

8月8日は、皿倉山には大空襲の犠牲者を弔うために、
山に大きな八の字の明かりが灯されます。

年月が経っても消えない戦争の爪痕、心の痛み、悲しみ。
戦争が終結しても、まだ心の中で終わってない人たちも
いることを感じます。

みなさまも、今日はいのちについて考えてみませんか?


※途中で追記させていただきました。
  
記:しろ~
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
毎年のように・・。

戦争とは、人が作り出した『最大のエゴ』だと考えるOKAっPIKI。
この日ばかりは、見たい番組を見ずに戦争関連の番組を見るようにしています。

世界では様々な理由で戦争が行われています。場合によっては、名前が変わることもありますが、
人が人を殺めるのには変わりありません。

人が作り出した戦争。人と人とが憎しみ合う『悲しい呪縛』が、一つでも多く、
この世からなくなる事を切に思います。

(差別や偏見、そして戦争。これらは人の心が映し出す、人間のもう一つの姿
なのかもしれないですね)
2008/08/06(水) 08:56:26 | URL | OKAっPIKI #-[ 編集]
最近よく考える事・・・
私は、戦争に関心があって
それに関係したテレビとかは必ず見るようにしてます。
悲しい事に、今でも戦争・紛争がたえません。
私たちにできることは、過去にあった事実を知って、
しっかりと受け止める。
そして、悲しくて悲惨な現実しか生まない戦争を
二度と繰り返さない。
それに尽きると思います。
戦争で亡くなったたくさんの方のためにも、
戦争のない、平和な世界を創っていかなければ
いけないと、強く思います。
2008/08/06(水) 23:45:44 | URL | あやか #-[ 編集]
皆さん、暑中お見舞い申し上げます。

お久しぶりです。

まずは、6月12日の支部会に参加していただきありがとうございました。
おかげさまでとても盛会だったとおもいます。

翌13日から上海に行ってました。

そして2週間余りで、吉井町と上海の日中交流のため、中学生の引率で紅一点、8月1日から4泊5日で上海に行って、体重を気にしながら美味しい物をたらふく食べてきました。

Ⅰ先生から体重計を頂いて2キロ減量してますが、外見はほとんど変わりません。

更なる減量に挑戦。


さて、いのちについて。

戦争は人間が人間ではなくなりますね。

17年前、中国の瀋陽を訪れ、戦争博物館に行った際、「高橋さん! この先の部屋は観ないほうがいいですよ・・・。」と、中国人の友達に言われました。

そう云われると、観たくなるのが私の性分。

その部屋に入って、展示されている写真や道具を見ているうちに吐き気がしてきました。

本当は思い出したくありませんが、みなさんに報告します。

写真の一枚。
大きな木にいっぱい縄でぶら下がっているのは首から上、それも子供や女性に老人。
地面の上には切り落とされた死体が沢山横たわり、両側に日本刀を縦に構えた無表情な日本軍兵士が直立不動しているものでした。

考えてみれば、兵士は私達の父や祖父となるような人じゃないか・・・と、残忍な日本軍の行為に、とてもショックを受け気分が悪くなったのと、戦争の被害になった人へ申し訳ないおもいで苛まれました。

毎年、広島と長崎から世界へ平和は唱えられますが、私はここで見た写真と拷問の機材を思い出し、非人間となる悲惨な戦争の怖さを訴えます。

書き込んでいるうちに気分が重たくなりました。

2008/08/07(木) 00:41:53 | URL | ビッグママ #-[ 編集]
事実を受け止める。
ビッグママ。お久しぶりです。
ありがとうございました。
原爆は一つの事実に過ぎず、
他にもたくさんの事実があるってことですね。

あやかちゃんのいうように、
事実を正確に知ることの大切さを思いました。
二度と不幸なことを繰り返さないために。
2008/08/07(木) 01:07:51 | URL | Iせんせい #-[ 編集]
みなさま、コメントをありがとう。
それぞれの戦争についての思いを聞かせていただき、
ありがとうございました。

来月、私は鹿児島の知覧にある陸軍特攻基地へ
視察に行く予定です。

ここでも、戦争の生み出したさまざまな悲しい
事実を知ることになると思いますが、目を背けず、
しっかりと胸に刻みつけてきたいと思います。
2008/08/07(木) 07:21:26 | URL | しろ〜 #-[ 編集]
今伝承しよう
しろ~さん、毎日暑い日が続いていますがお変わりありませんか?

今日9日は長崎原爆の日ですね。
本当は北九州市に落とされる予定だったことを考えると、なおさら戦争をくり返してはならないと思います。
小倉でも、今日平和記念式典が行われます。

小学2年生の孫をつれ広島に旅行したとき、原爆の恐ろしさ、戦争の無意味を目で確かめなさいと資料館に連れて行ったのですが、さすがにこみ上げてくるものがあったのか見ていられなかったようです。
また少し成長してから訪ねたいと思います。
2008/08/08(金) 09:47:25 | URL | Sunflower_man #Zk/lHUeI[ 編集]
明日は
ナガサキ の 日 ですね。

ビッグママのコメントを読んで、
大学時代の心理学の講義を思い出しました。

月曜の1講目 
地下鉄サリン事件の一年前に受けたその講義では、
情報操作による 洗脳の恐ろしさ
を たくさんの映画を題材に、
(逆洗脳?)と感じるほど、繰り返し教えられました。
 
その中のひとつに
『赤いコーリャン』
という 中国の映画がありました。

日本兵の残虐な行為に
とても ショック を受け
なんとも やりきれない気持ちとともに
戦争の惨さを 心に刻み付けられた
映画でした。

しかし、この映画。
それでもなお
日本に入る際、 カット されているシーンが
結構 あるそうです。

国も情報操作をする

ということを、再認識した講義でもありました。


伯母たちの体験した戦争
伯父から聞いた戦争
近所のおばあさんに聞いた戦争
戦後50年位まで 放送されていた
被爆された方の語る戦争

しろ~君が 来月行く
知覧にある 特攻隊の資料館
てけてけも 何度か
両親に連れられて 行ったことがあります。

家族へと宛てた 
とても10代・20代と思えないような
達筆な字の 手紙達

本音を語れない時代

そこには 家族の幸せを願う言葉と
母への思慕が 綴られていました。

教科書や国が語る戦争
そして 
戦争を語る 肉声 を
知るものとして
戦争の恐ろしさを
次世代に しっかり 伝えていきたいです

追記

最近
お仕事で パキスタンに住んでいらっしゃる方に
聞いたのですが、

かの国では 
テロの脅威 は あるけど
日本の様な 
肉親 や 家族 を 殺したり
動機の分からない犯罪 は 無い

らしいです。

その 善し悪し というよりも
いのちの尊厳を 伝えること が
どれだけ 大切で 難しいことか
考えさせられた言葉でした。



2008/08/08(金) 23:19:03 | URL | てけてけmt. #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。