小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日はアニバーサリぃ~
2007年06月03日 (日) | 編集 |
しろ~です。

今日は私の記念すべき誕生から11111日目です
※だからどうしたぁ~って、言わないでぇ~

リンクに張っているkeisan(計算サイト)にて、自分が今日まで
“何日生きてるか?”を計算できます。

毎日、充実した日々を送ることは、努力なしには難しいですし、
かといって、努力すれば思うようになるわけではなく、
自分の力ではどうしようもない事があったり…。
そんな時もありますよね。

私の好きな言葉のひとつに、
『良いことばかりが続くなんて事は、不思議な事と思いなさい。
 世の中は乱れていて、悪い事が多くて当たり前なのだ。』
というのがあります。
うーん、なんてポジティブなんだろう。
 
今日で11111日目迎える事を前々から
知っていましたが、私は今日までいったい何日を自分のためだけに使ったか?
何日、人のために動いたのか?何日、生き方を迷ったのか?等など…。


今日は、そんなことを考えてもみるわけです。

過去を振り返ると…

楽しかった出来事は、振り返ってもあまり残ってないこと。

人からされた冷たい仕打ちは、今も胸に傷が残ってること。

人の心を傷つけてしまったことが、今でも悔いに残ってること。

自分のコンプレックスに押しつぶされそうになって振り回されてたこと。

あきらめる事が当たり前になってしまっている自分になってること。

弱い心に支配されて、自分に自信が持てなくなってしまってること。

肝心なときに勇気が出せない、ため息のでるような自分になってること。

10代~20代半ばまで、けっこうネガティブだったんです。私。
※暗くなってごめんなさい

『病気が治っても、なんでこんなに毎日が苦しいんだ?
 なんで俺は今も生きてるんだ? 力がなくて何もできないじゃないか!
 俺にいったい何ができるっていうんだ!!…』

心の中で、毎日そう想い苦しみながら過ごしてました。

今思えば恐ろしいことですが、心が荒んでしまって、
私は自分の体を刃物で傷つけた時期もありました。

この頃は、正直言って、生きることに希望が持てなかったんです。


でもある日、私の知人から連絡があり、
『病気で悩んでいる人がいるから、あってほしい』と、その方の
ところへと連れて行かれました。

私は、最初にその人の顔を見て、『俺に触るな!』って目を
コチラに向けたのを感じました。

心が孤独になってしまった人なんだと思って、私は
開口一番に『病気が怖いですか?』って聞きました。

相手の方は『ハァ?』って拍子抜けして、驚いていましたが、
自分の今日までのことを順番に話してくれました。

向かい合っての対話は数時間になりました。

私も、自分の闘病の話をしました。

その方は、最後に私にこう言ってくれました。

『今日は、お話ができてうれしかったです。
 健康な人から頑張れって励まされても、
 私にはイヤミにしか聞こえない心になって
 いました。でも、
 しろ~さん、あなたと話してたら、こんなにも
 気持ちの通じる人がいたんだ。って、思えて
 心のつっかえが取れました。
 私も、自分と自分の病気にちゃんと向き合います。
 あなたは、私の希望です。』

そう言われて、私は心の底から嬉しさがこみ上げてきました。

その帰り道、連れて行ってくれた知人が口にしたのはこんな言葉でした。

『ずっと話を聞いてたけど、 あなたと、あの人だからできる
話なんだって感じて、話に入る余地が私には無かった。
病気や環境が違っても、通じ合えるんだね。
あなたを連れてきて正解だった』

私も、一人になってからこの出会いを振り返って、
自分にひとつ答えが出ました。

『ありのままでいいんだ。このままの俺でいいんだ。
 背伸びなんかしなくていいんだ。大したことが
 なーんにできないでも俺にしかできないことってあるんだ!』って。

私はその出来事で、ネガティブな自分から抜け出すことができました。

それから、いきなりポジティブになれたワケではなかったけど、
私は、それから積極的に悩みを抱える人の話を聞くことにしました。

一緒に悩んで、あげると苦しみが分かち合える。
相手も、心の痛みが軽くなる。
乗り越えたときは、私も心から一緒に喜べる。
自分が経験しない事も、自分の事のように体験できるという
事で、心の成長が早くなるんだなって感じて。

私は最近、目の前にいる人を笑顔にする!って心に決めて、
人に会うように心がけています。

相手がどんなに落ち込んでいても、暗くても、私がそれに引きずり
込まれなければいい。
反対に、私の心が楽観的だと相手も次第にそれにつられて
最後は笑ってくれるんです。

笑顔って大切です。
病気を乗り越える力にもなるって研究でわかってるほどです。

でも、笑えない世の中の事情がいつも私たちにはあります。
毎日、悲惨な事故や事件、自殺の報道を見ると私は、
ほんとに悲しくなります。

今、病気や飢えで、一日でも長く生きたいと願う人がいる現実と、
人を、命を大切にできない人、欲で人を不幸にする人がいる現実と
この世界にはそのどちらもがあることを実感します。

命を大切に…。この言葉

別に、スケールの大きなことではないと私は思います。

そばにいる家族や、愛してる恋人、大切な友人へ想う
愛情や友情が、もう少し広がって、すれ違う人、触れ合う人、
同じ乗り物に乗る人、職場で会う人、近所の人にまで
エゴを乗り越えて少し出せたら自分の心も豊かになって、
お互いに大切にできるのに…。

そう想います。

私には、辛いことや、悲しいことがたくさんありました。
でも、その経験が人のために役立つんだと実感できるようになって、
今はそのおかげでポジティブな自分になれました。

過去のつらいことや悲しいことを振り返れば、それらが心を
強くする材料になってくれていると、感謝しています。

まだまだありますよ。私の心に残っているもの。

さりげない温かい言葉が、私を支えてくれてること。

私の笑顔が、相手の顔にスマイルをメイクできること。

私の生きてる姿を見て、希望を持つ人がいること。

こんな私でも、私にしかできない使命があること。

そしてそれは私だけでなく、誰もが本当は持ってること。

命が、持ってる力はめちゃくちゃスゲーんだってこと…。



話がだらだらと、長くなってしまいましたね


次のキリ日は…15000日目かな…。

この日を迎えるときは、もっとたくさん経験を積んで、
よりポジティブに、より成長した自分でありたいと
願ってます

俺は何歳になってるかな?計算しなくちゃ


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。