小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も放送されています
2008年07月03日 (木) | 編集 |
昨夜はしろ~さんから記事の依頼がありましたが、寝てしまいました。
しろ~さん、腕痛いのに書かせてスミマセンネ
いつも気まぐれな私をお許しください


さて、今更ですが・・・。



昨夜の出来事です。


自分の部屋でゴロゴロと過ごしていたら、しろ~さんから連絡が

「TV付けて、NHKの教育番組みてみぃ~。」
「知ってる人が出てるから。」


つけてみると細谷先生が、目に涙を浮かべて語っておられました。


途中からでしたが、内容を見ていると
昨年も放送されていたシリーズ。

確か昨年の今頃も知人から“放送があるよ”と緊急連絡があって、
見た記憶があります。
そう、このブログでも去年の今頃、お知らせした形跡が
(2007年7月11日の記事をご覧下さい。)


今年は放送日、内容、日にちをちゃんとチェックしましたょ




NHK教育テレビ 知るを楽しむ
  午後10:25~10:50(本放送)

 人生の生き方
    “子どもの命みつめて 細谷 亮太”



【講座内容】 
 ◆第1回 「治せない病との出会い」

    放送日;7月2日(水) 
     再放送;7月9日(水) 午前5:05~5:30
 
 ◆第2回 「病と闘う子どもたち」    
    放送日;7月9日(水)
     再放送;7月16日(水) 午前5:05~5:30

 ◆第3回 「親の悲しみと向き合う」    
    放送日;7月16日(水)
     再放送;7月23日(水) 午前5:05~5:30

 ◆第4回 「サヨナラの向こうに」  
    放送日;7月23日(水)
    再放送;7月30日(水) 午前5:05~5:30

 
   詳しい内容は番組ホームページをご覧下さい

   




 細谷先生は、このブログでも紹介しているのぞみ訪韓団の“団長”でもあり、
1月に行われた日韓の国際交流の際にご一緒させて頂きました。
 また、毎年行われている小児がん経験者のためのサマーキャンプ
“スマート・ムン・ストン”の代表の先生でもあり、キャンプに参加した時には
度々お世話になったりと、現在はお会いする機会も増えています。

先生と初めてお会いしたのは、約10年前。
このスマイルデイズがまだできたばかりの時です

私がスマイルデイズの皆さんと初めて顔合わせをしたその日は、
九州で支部会が行われ、その時に初めて細谷先生ともお会いしました。



細谷先生との出会いは、先生のいくつかの著書でした
初めて読んだのは「君と白血病」。
「チャーリーブラウンなぜなんだい」。

そして「川の見える病院から」と出会いました。
この本のあとがきにある
 

ひとりの子どもを ひとりの人間として 
どこまで大切にできるかが、ほんとうは一番大切なことだと思っています。


という先生のお話に、
“こんなに病気の子どもの事を大切に考えてくれる先生がいるんだ”と衝撃を受け、
何度も何度もその箇所を読み返して、感動したことを覚えています。



今回の放送では、その“川の見える病院から”に出てくる
本の主人公の子ども達のお話が、何度か出てくることと思います。
是非ご覧下さい。




記;なおちゃん
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
放送必ず見ますね^^
昨日の放送は見れませんでしたが次回から必ず見ますね!
2008/07/03(木) 23:39:19 | URL | #-[ 編集]
私も…
しろ~くんからの情報のおかげで、
私も最後の10分ほど見ることができました。

涙目の細谷先生(師匠)を見ながら、
私が、師匠と出会って間もない頃、
「こどもと読書」に連載されていたエッセイをコピーしてもらって、
東京で泣きながら読んだあの瞬間を、なつかしく思い出しました。

そのエッセイ集が、「川の見える病院から」になったんですよね。

どのお話も、心が温かくなるのだけれど、
あっ、そうかv-237と、納得できたのは、
「プロフェッショナル・アティチュード」という章でした。
お葬式で泣いてしまって、言葉が続かなくなり
「こんなんじゃ、プロとして失格ですね」という師匠に、
チャプレンが「いいえ、プロとは明日のために
ちゃんとご飯が食べられることですよ。
大丈夫でしょう?Hせんせい!?」  というところ。
(頭で覚えている範囲なのですが、だいたいこんな感じだった)

これには、本当に勇気づけられましたねぇ。
「あっ、そうか、私も大丈夫だ~っ」て。

医局をごそごそ探したら、以前まとめて購入していた
「川の見える病院から」が、3冊あったので、
1冊は、勉強熱心な1年生の学生さんにプレゼントしようと思いました。
あと、欲しい人、手あげてね。


追伸;
なおちゃんの記事を見て、再放送があるのを知っての外来での会話。
私   「わ~、再放送があるんだ。よかった!」
OKAっPIKI「え~、朝5時か、5時はつらいなぁ。でもがんばろう!」
私   「。。。私は録画するよ (もちろん)」
2008/07/03(木) 23:40:52 | URL | Iせんせい #-[ 編集]
ボスへ
『川の見える病院から』は、私もなおちゃんから
借りて、全部は読めなかったけど読みました。

ひとつひとつのエピソードを読むたびに、涙が出てきました。

ボスも、このブログにエッセイを書いたらいいのにぃ~。

そんな時間は無いか…v-356

2008/07/04(金) 00:23:30 | URL | しろ〜 #-[ 編集]
再放送
私も記事を書いていて、再放送の時間に少々戸惑いが・・・v-356

この時間はさすがにムリだぁ~って思いましたが、
OKAPPIKIくんなら大丈夫そうだよねv-375
いつも朝早くからおにぎりをたくさん食べているOKAPPIKIくんv-411
昨日の再放送。頑張って見てみてください。


本のできた経緯、初めて知りましたe-420
I先生ありがとうございましたe-68
本棚奥にしまっていましたが、
久々に読んでみようと思います。

2008/07/04(金) 00:28:32 | URL | なおちゃん #-[ 編集]
10年ぶりに…
今日はとっても
嬉しいことがあったので、
ブログでお知らせしようと思っていたら
H先生の記事が…

私の嬉しいことはv-344
そのドクターに関することv-344

宮崎に行っている
てけてけmtさんに
思い切って
とっても私的な
お願いをしました。

それは
娘がお世話になった
ドクターを探してもらうことi-41

てけてけmtさんは
快く引き受けてくださって
(本当にありがとうございます!)
見つけてくださったのですv-344

娘が亡くなって
その後、
会いに行ったのですが、
地元に帰られていて
お礼も言えず

10年間
ずぅーっと
気になって…

結婚されると言われていたので
下の名前しか手がかりが無く
あきらめていました。

今日
てけてけmtさんから
v-5が入り
宮崎の方にいらっしゃるとのことv-237
娘のことを伝えていただいたら
覚えてくださっていて…

ああすればよかっただろうか
こうすればよかっただろうか
…と今も思っていらっしゃるとのことv-22

治療中は毅然と
そして、優しく
ユーモアもあって
娘も大好きでしたv-354

亡くなったとき
深々と頭を下げられ
「助けてあげられなくて
ごめんなさい。」と
おっしゃったのを
今でも忘れられません。

今も小児がんの子どもたちのために
がんばっていらっしゃるとのことv-290

きっと
H先生やI先生のように
子どもたちに
寄り添う素敵な
ドクターになっておられるのでは
ないかと思いますv-353

いつか
お会いできたらいいな~

てけてけmtさん
つないで
くださって
ありがとうございました<(_ _)>






2008/07/04(金) 21:17:50 | URL | step by step #-[ 編集]
いえいえ
返信が遅れてごめんなさいv-436

それにしても、不思議なご縁でしたねぇv-410

娘さんも大好きだったということですが、
そうだろうなぁv-398と頷ける、素敵な先生ですよ。
2008/07/04(金) 21:39:17 | URL | てけてけmt. #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。