小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のぞみ訪韓団3日目その5
2008年07月09日 (水) | 編集 |

忘れた頃にやってくる、のぞみ訪韓団もいよいよ大詰め。
帰国前夜のお話です。




私たちは夕食に“山村”というお店に向かいました。

このお店、ニューヨークタイムズだったか、ワシントンポストだったか、
もう忘れてしまいましたが、そういったメディアにも紹介されてる
お寺を改造した、精進料理を出すお店です。

しかも、サプライズイベント付き

私たちはお店に向かう途中、奇妙なロボットに遭遇しました。
 
IMG_3855_640.jpg
なんだ?コレ?

横にはTVで、このロボットの出ているCMが流れていました。

私たちは、ロボットと一緒に記念撮影もしました。

“山村”に着くと、お店の前には石の鉢に花が浮かんでいて、
とても綺麗だったのですが、なんか様子が変。

ハッ

水も、花も凍ってる

そりゃそうです。連日氷点下ですからね。

IMG_3858_640.jpg
凍ってます。

お店に入ると、ほんとに寺の造りでビックリ。

席の周りは、綺麗な照明がたくさんありました。

IMG_3874_640.jpg
うちにもひとつ欲しい…

目の前には、たくさんの精進料理が出されて、マッコリ(発泡酒)とビールが
とてもおいしい夕食の時間の始まりです。

乾杯の挨拶が済むと、みんな食べる食べる

いやーっ、おいしかったよ。

マッコリをボトル2杯分くらいと、ビールを一本くらい飲んだかな。

食事が出てから1時間ほどして、突然部屋の照明が消えました。

すると、音楽とともに、男性が現れて、なにやら書道のパフォーマンスが
はじまりました。

次々といろんな人が現れては消え、舞踊や太鼓の演技が続きます。

IMG_3990_640.jpg
ビューティフルです。

IMG_3997_640.jpg
ダイナミックです。
IMG_4029_640.jpg
もう、圧巻です

これらの演技が終わると、場内は拍手拍手

そして、トイレへと駆け込む人の渋滞発生。
(演技の間、席から立てなかったから)

男・女とも、トイレはひとつずつ。

私は、あるご婦人が我慢の限界を訴えていたので、

『男子トイレに入っていいですよ、私が見ておきますから』と

言うと、ありがとーって行ってダッシュで

駆け込んでいきました。

そこへ、扉を開けようとする白人の男性が1名。

私は英語が苦手なので『すとっぷ!れでぃー、いん!』って

言うと、その男性は『OK!』って言って、私と一緒に

トイレの前に向かい合って出てくるのを待ちました。

私が、その男性にジェスチャーで『ガマンできる?』って

聞くと、『イエス!』って答えてくれました。

そこへ扉を開けて先ほどのご婦人がすっきりした様子で、

『はぁ~、間に合ったぁ~。しろ~くん、ありがとう!』

って言って、出てきました。

私は、先ほどの男性に先をゆずり、紳士な振る舞いで

順番を必死に待ちました…

さて、お店を出てから、写真なんかを撮ってたら、

みんながなにやら屋台で買っています。

どうやら、ホットックのようです。

IMG_4065_640.jpg
えっ!まだ、食べるの

※ちなみに私は前日のロッテワールドにて、オモニから
  コレを食べさせていただきました。

みんなあれだけ食べてまだ食べてる

よく入るねぇ~、まったくって言いながら、

わたしは通訳のYさんに初日から食べたい!って言ってた

トッポギの屋台を教えてもらい、2000ウォンで買って

食べていました(人のこと言えない…

私たちはそれぞれ、最後のソウルの夜を見物しながら、

ホテルへと戻ることにしました。

帰り道、ビッグママやボスたちへ私からの提案で、

『私の部屋でみんなで飲みませんか?』ってお誘いしたら、

『それ、いいねーっ』ってことで、

ボスのおごりで、コンビニでお酒とおつまみを買い、

私とOimOくんの広い部屋が狭く感じるくらい、

総勢10名ほどの2次会が始まりました。

今回の旅の感想から始まって、意見が進むにつれて、

私たち経験者が今日までどんな思いで生きてきたか、

治療の中で、失った仲間へどう思っているのか、

病気へ対して、今は感謝してることや、これからの

あり方等々、数時間のお話があっという間に過ぎたと

感じたぐらい、内容の濃い話をいっぱいしました。

この2次会が、親の会(木曜会)、ボス、院内学級、

そして私たち経験者たちの連帯の輪を広げる重要な

出来事になりました。

今回の、訪韓で一番交流をもてたのは、他でもない、

私たち訪韓団メンバー自身だったと、今は思います。

そして、夜も更けて、私の部屋にはSmileDaysのメンバー

だけが残って、さらにさらに飲みました…。


私の部屋から、みんなが自分の部屋に戻ったあと、

私はろれつが回らないくらい酔ってしまい、一生懸命

感想文を書いてるOimOくんの背中を見ながら、

ゆっくりまぶたを閉じて寝ました…。

そして、翌朝…。


バスタブにお湯を張るのを忘れてた私たちは、

モーレツに乾燥してガビガビになった口を開けて、

“アアぁ゛~
って叫びながら、洗面台に駆け込みましたとさ…。

おしまい




次回、いよいよ感動のフィナーレ!

のぞみ訪韓団 4日目 最終回の巻へと続く…。




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ほんとに。
今回の韓国訪問は3泊4日で、
(私は、遅く行って早く帰るという、正味2日間だったけど)
時を一緒に過ごすこと、
顔を見ながら話し合いをすること、
の意義を改めて感じました。

この二次会がなかったら、
状況が今とはずいぶん違っている気がします。

ただいま午後10時25分
細谷先生の放送が始まりましたよ~
(あっ、去年の再放送なんだ)
うわ~っ、恐ろしく若い師匠の写真がぁ。。。
2008/07/09(水) 22:27:48 | URL | Iせんせい #-[ 編集]
ボスへ
今日、なべびよりの渡邊さんの個展を、
ビッグママと一緒に見に行きました。

ビッグママとの昼食の中で、それこそ3日目の夜の
出来事がいかに重要だったかを話したばかりでした。

こないだの夜なべ談義で、あの夜の
続きをしたかったとの事でしたが、
そういう話にあまりならなかったんです。

やっぱり、自分たちの心に変化をもたらすような
縁がないと、なかなかそういう話にならないの
かもねっ。っていうことで、次回は韓国からの
来福の夜に、もう一度やりたいですね。
と、お話をしてきました。
2008/07/09(水) 23:06:56 | URL | しろ〜 #-[ 編集]
あ~~~
あの夜の書いた感想文はまともやなかったやろな。

読み返したくないな。


でも、あの日の夜の部屋での話は日韓交流よりも深いものになった気がしてます。

あの夜があったから今こうしてこのブログに書き込みをしてる気がしてるOimOでした
2008/07/10(木) 01:25:59 | URL | OimO #3un.pJ2M[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。