小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「岩手・宮城内陸地震」によせて
2008年06月14日 (土) | 編集 |
「平成20年岩手・宮城内陸地震」の被害に遭われた方々へ
慎んでお見舞い申し上げます。

私(しろ~)も、一消防人として、胸を痛めています。

すぐにでも、救助・救援へ駆けつけたいという気持ちでありますが、
そうもいかないのが悔しいです。

私たち消防等の組織に属するものたちは、大災害の時、
自分の家庭のことを放り出して現場に向かいます。

自分の家族の安否を心配しながら、現場で救助活動をしてるのです。

救助活動をされてるみなさま。

二次災害に遭われないように、そして、家族の元へ帰れるときまで、

ケガの無いように。

そして、被災地のみなさま。

余震が続き、不安であると思います。

一日も早く、地震の不安から立ち直れるように。

そして、元の生活に戻れる日まで、協力しあって、

みんなが災害を乗り越えれますように。

そして治療にあたる医療者のみなさま。

不眠不休の闘いとなるでしょうから、どうか、体調を壊されないように。

私も、入院中に地震に遭った事があります。

小児科にいる子ども達は、不安を感じていると思うと

心が痛みます。

どうかどうか、みなさま。

笑顔になれる日まで、頑張って乗り越えてください。


SMILEDAYS一同より。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ほんとにそうですね。
こんばんは。
ぶぇぶぇです。
こちらにコメントするのは初めてでしたね。

今朝の地震では、神奈川も揺れました。
久々に朝寝してたら、
窓に飾ってあった、大きなチャイムっていうのかな、
めったなことじゃ鳴らないやつだったのに、
大きな音がなったので、侵入者かと思いました、、

どれだけ大きな地震だったんだろうと思うと、
本当にお気の毒です…。
しろ~さんの言うとおり、ほんとにね。
救援活動・医療活動をされている方、被災された方が無事に、元の生活に戻れますように。。
2008/06/14(土) 23:45:53 | URL | ぶぇぶぇ #-[ 編集]
あっ、ぶぇぶぇさん
いらっしゃいv-410
初コメですね。うれしいですv-398
まぁ、記事の内容が内容で、
素直に喜べないとこもありますが…。

また、遊びにいらしてくださいねv-411

2008/06/14(土) 23:51:00 | URL | しろ~ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。