小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 I 先生おすすめの記事 その1
2007年06月03日 (日) | 編集 |


しろ~です。

先日、プロジェリア患者のアシュリーの
ドキュメントをTVで観ていて、
彼女の先輩で他界したジョン・タケット君の言葉に
すごく感銘をうけましたので、ご紹介したいと思いました。

プロジェリアは、10倍の速さで老化する病。
ジョン・タケット君はこの病気で15歳で生涯を終えた。

「人生はどう生きるかなんだ
長さは重要じゃない
こんな病気で僕って
何てかわいそうと思いながら
一生悲しいパーティーを
続けるのか
それとも前へ進み
人生を意味あるものにするか
僕は自分の命を最大限に生きたい」


わずか15年の短い生涯だった彼のこの言葉は、
メディアやネットを通して今もなお発信されています。
病と老化と死を真正面から受けきっていく
彼の生き様の中に、生命の輝きはあるんだな、
そして、これからも彼のメッセージが、
後世にわたって、人々の心に生き続けていくんだな。
と、俺は感じました。


俺も病気を通して、
大きく価値観が変わりました。

病気を克服した事について、人から「運が良かったのね」って
言われる事があるけど、運が良かったら最初から病気なんか
しませんよ。って言いたい。

人生はたしかに楽しい事ばかりじゃない。

だけど病気で、苦しい事や、辛い事を乗り越えていくと、
それが大きな成長の糧になることを改めて最近感じます。

当たり前の日常が、とても大切な時間であると気付いたり、
生も死も隣り合わせで自分のそばにあることを感じたり、
ささいな事が幸せで楽しめる価値観を得たり、
人の痛みがわかる優しい自分に変わったり、
深い感謝の気持ちが素直に出せたり…。

そして、成長した自分を通して、家族や、
また自分の人脈にも大きな影響を
与えていくんです。

勉強が追いつかなかったり、体力が無かったり、
コンプレックスも確かにありました。

だけど、それに負けてばかりな自分はイヤなので、
様々な事へ果敢に挑戦してきました。

そうした経験が、人の役に立ち、
自分の存在価値を高め、
人に頼られる自分へと変化を
もたらしてくれました。

病気をした経験に、俺は感謝してます。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。