小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私と白血病 その3(しろ~の闘病記)
2008年05月21日 (水) | 編集 |
前回からの続きです。


発病からおよそ1週間の間…。

それまでに、私の元に学校の先生や友達が数名お見舞いに来てくれたのですが、
今でも残ってる記憶の一つに、担任の先生がかわいいコアラのぬいぐるみを
私の元へ持ってきてくれました。

このコアラのぬいぐるみは、ボロボロになるまで、
戴いておよそ10年くらい私は大切にしていました。

先生は、私に笑顔であれこれ話しかけてくれるのですが、
先生の目の奥に不安げな悲しい何かを感じ取りました。

自分の病気が何かを知らない私は、先生の悲しい目の意味が
わかりませんでしたが、あとで母に聞くと、
先生は母から病名も状況も聞いてたようです。

そういえば、このあいだ母がこんなことを話してくれました。

母いわく
あの当時、私は、先生や看護士さんの振る舞いを見て、
しろ~がいま、どういう状況なのか、私がいまどんな
状況に立たされてるのかを探って感じていたけど、
ふとアナタの方に目をやると、アナタは私の目を見つめて、
私の心の奥にある感情を読み取って自分の状況を探っていたの。

子供は、親の目を見るんだ…って思った。

それに気づいて、私はあなたの前では意地はってでも不安な顔や、
そういう目をしないように気をつけた…。


さすが、母は強い。

子供は、大人の目の中を見るんだな…って、こんな話や、
先生の事を思い出して大人になった自分は痛感しています。

話がちょっと脱線しましたけど、ここで言っておかないとと思って。

1984年11月7日。

大雨の降る薄暗いお天気の中、病院の前で担任の先生に
心配そうに見送られて、私は早朝に救急車(ドクターカー)で
久留米大学病院へと搬送される事になりました…。

乗せられてすぐに眠った私は、高速道路をサイレンを鳴らして
走る車内で、突然目を覚まして泣いたことをまだ覚えています。

久留米大学病院に到着して、ストレッチャーに乗せられてどこかへ
運ばれる私は、不安と恐怖でただただ泣き喚いていました…。




私と白血病<ALL> その4(しろ~の闘病記)へ続く




当ブログを応援してくださる方へ

FC2ブログランキングに参加しています。応援の“ポチっ”をおねがいします。⇒

ブログ村の病気ブログにも参加してます。応援の“ポチっ”をおねがいします。⇒にほんブログ村 病気ブログへ

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
そういえば・・・
入院当初見舞いに来る家族や親族の目が、妙~にウルウルしてたけど、てけtは『検査入院』をすっかり信じ込んでいたので、(大学病院で検査するから、皆ビックリしてんのかなぁ?)と大げさなリアクションを面白がっておりました。
今思うと本当に自分ニブイ奴っちゃな~とガックリくるやら、付き添ってくれた母やお見舞いに来た人を茶化したことが申し訳ないやらです。
仲間の話を聴いてると、そのへんしっかりしてて、妙に感心してしまいますね。
まぁ、そんな呑気さも4・5日間程度でしたが・・・。

しろ~君の闘病記を読んでいると、色んなことを思い出せて、感慨深いものがありますです。
大人の目を読む子どもの目・・・日々の保育で本当にそうだなぁと感じていること。
肝に銘じなおしてまたがんばりますv-385

次回の闘病記&訪韓団、楽しみにしてます☆
2008/05/21(水) 21:03:49 | URL | てけてけmt. #-[ 編集]
てけtさん、いつもコメントありがとー。
うんうん、そんな期待を外さないキャラだと、私は思っていましたよv-389
そーいえば、アナタの闘病の話はまだ
聞いた事が無いっ…。
今度、聞かせてねv-398
2008/05/21(水) 23:43:33 | URL | しろ〜 #-[ 編集]
お久しぶり。

昨日【20日】は、原鶴温泉の花火大会。
屋形船から花火としゃれ込んだのはいいが、さむかった~。

花火大会の後は、毎年5月20日から鮎漁の解禁で「鵜飼い」が開始。
鵜は共稼ぎが通常。
夫婦で冷たい水の中を走り回り、折角捕まえた魚は鵜匠に吐かせられる因果な仕事です。
おまけに夜間作業ですよ。


しろ~君の闘病記を読んで・・・。
病気をバネに前向きに生きる皆はとても立派、誇りにおもいます。

教えてもらうこともいっぱい。

しろ~君の闘病記の中に自分たち親子を置き換えて感慨深くなりました。

辛い体験をしたおかげで、嬉しく感じる度合いが他の人よりも大きいと
今では、娘に感謝、感謝。


さて、韓国から10月頃に訪日の打診があってます。
これから話を進めていきますが、皆さんには随時報告していきたいと思っています。

それから、6月7日の夜なべ談義は何人くらい集まってくれるのかな?

「参加する人は手を挙げてくださ~い。」
2008/05/21(水) 23:48:34 | URL | ビッグママ #-[ 編集]
ビッグママへ。
鵜飼いは遡ると『日本書紀』に記述があるそうですよ。
風情があっていいですね~。  
春に志賀島の岸壁でウミウを見たのを思い出しました。

さて、6/7は私は参加します!
他は何人来るでしょうかね…。
もう一度記事を出してみますかね。

私の闘病記は、自分のことを書いていますが、
本質は闘病した経験者の方や、親のみなさんとも
共有できる部分があると思います。

これから、時々脱線したり、
話が前後したりもすると思いますが、
書き綴っていきたいと思います。

みなさまからのコメントが、励みになります。

いつも、ありがとうございますv-410
2008/05/22(木) 00:49:43 | URL | しろ〜 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。