小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛行船の記事のあとがき その1
2008年04月25日 (金) | 編集 |

しろ~です
この前の記事に掲載してない写真があって、
もったいないのでコメントと一緒にご覧ください。

今回は、子供さんにもわかりやすいように説明文を書きました。

※写真は、画像をクリックすると拡大します。
 もとに戻す時は、拡大した画像をもう一度クリック!

IMG_5540_640.jpg

この飛行船は名前を“ニッセンスマイル号”と言います。
型式はライトシップA-60+(プラス)といって、
ライトの部分に2つの意味があります。
一つは“軽い”もう一つは、夜間にバルーンの内部に
1KWの電球を2つ点灯させて飛行するので、
明かりの“ライト”の意味があるとのコト。
通常、家庭で使われる電球が40~100Wですが、
1KWは100W電球の10倍。
工事現場で使われてるような、まぶしい電球をイメージ
するといいかも知れません。
夜間飛行する飛行船は、まるで飛ぶ照明器具のような
感じでしょうか。
OKAっPIKIが見た飛行物体は、もしかしたら飛行船では…。

飛行船の大きさは、全長が約40m、高さが約13m、幅が約11mです。
軽そうに見えますけど、およそ1400kgくらいの重量があるそうですよ。

300mほどの高さまで飛行できるとのこと。
ちなみに、約85km/hくらいまでスピードが出せるそうです

IMG_5484_640.jpg

こちらに並んでいるボンベはねずみ色で中身はヘリウムガスです。
みなさんはパーティーグッズなどで使ったことがあると思いますが、
声の変わるあのガスです。
気体の中では、水素の次に軽い気体です。
水素は、酸素と分子が結合すると燃焼(化学反応)するのですが、
ヘリウムは不燃性ガスです。
風船がフワフワ宙に浮くのは、中にヘリウムが入っているからです。

IMG_5501_640.jpg

飛行“船”というくらいですので、操縦席はキャビンというのが、
ふさわしいかもしれません。
計器類は、水平や高度、傾きを知る為のもの等が取り付けてあります。

写真には写ってませんが(撮りそこなった
座席の両サイドに車イスのハンドルのように舵があり、
コレをまわす事で上昇や下降をします。
そして、足元にペダルが2つ並んでいて、
左のペダルを踏むと、左に旋回。
右のペダルを踏むと、右に旋回します。
舵は、全てワイヤーで操縦席とつながっていて、
とてもシンプルな構造でした。

IMG_5570_640.jpg

こちらは、助手席。
日本の車とは逆ですね。
前に並んでいるのはラジオタイプの無線のようです。

IMG_5568_640.jpg

操縦席から外を見るとこんな感じ。

IMG_5505_640.jpg

かーごめ、かーごめ…ではなく、この方たちはグランドクルー。
飛行船が離着陸する時には、この方たちが必要なのです。
飛行船の前方にロープが2本あって、飛行中はそのロープを
垂らしています。

着陸の時は、グランドクルーが飛行船の前方にコの字に並んで、
このロープを掴んで、着陸を補助します。

IMG_5546_640.jpg

地上にいるときは、こうした支柱につなげて止めています。

IMG_5588_640.jpg

こちらは、佐賀空港の送迎デッキからの写真です。
手前のトラックと比較すると、大きさがよくわかります。

IMG_5589_640.jpg

これはおまけ。
送迎デッキの前は、有明海。
見えてる山は、島原半島で中央の山は雲仙普賢岳です。

IMG_5578_640.jpg

おまけその2
国産唯一の旅客機YS-11です。
2つのプロペラエンジンの飛行機で、昭和37年に初飛行して、
ほんと数年前まで日本の空を飛んでいたのですよ。
機内を見ることは現在できませんが佐賀空港に行けば、
YS-11を生で見ることができます。




いかがだったでしょうか

実は、佐賀に行く前に飛行船のことを
下調べをしておいたんです。
何も知らないより、知ってた方が楽しいですしね。
インターネットって、ほんとに情報を探すには、
便利なものです。

記事が長くなったので、皿倉山のことは

飛行船の記事のあとがき その2へ

と続編にさせていただきます。
お楽しみに



追記

ニッセンさんのホームページに、2007年の飛行船が飛んでいる
映像や、写真、飛行船ニッセンスマイル号の
ペーパークラフトをダウンロードできるコーナーがありますよ~。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。