小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久留米大学病院でのオリエンテーション その1
2008年04月13日 (日) | 編集 |

私たちは筑水会館という建物へ移動しました。

建物の立派な造りにちょっとビックリ

2階に上がると、講堂があって、
私たちはここでお話をするとのこと。

医学部1年生のみなさんは、
1階の別室にてまだ別の
オリエンテーションに参加中で
拍手や笑い声が聞こえてきます。

ボスとOKAっPIKIと私の3人は
「まだかなぁ?ちゃんと来るよねぇ?」
なんて言いながら
ビッグママとリーダーNを待ってると…。
キマシタ――。:+.゜ヽ(*′ω`)ノ゙。:+.゜――!!!

これで全員揃いました

再会して、あれこれと話していたら、
以前、ボスから紹介のあった、
●●新聞のS記者さんも
話を聞きにみえていました。

S記者さんと私がお会いするのは初めて。

実は、この記者の方と私の間に、
後になってビックリするような
サプライズがありました!
※後ほどね。

名刺をいただいてご挨拶を交わした
この時は、まだお互いに共通点が
ある事に気付いていませんでしたけど…。

さてさて、1日中オリエンテーションで
お疲れ気味の様子の1年生が
ようやく2階へ上がってきました。
※後2時間のガマンよ~。

講堂にみんな入ってステージへあがり、
着席。ステージのまぶしいライトに
私と、リーダーNはきっと、顔が
テカテカ
と光っていたハズ!

はじめにボスが私たちを紹介してくださいました。

今回、登壇させていただいたのは、
ビッグママとリーダーNとしろ~の3人。

OKAっPIKIは座席で今回は視聴する事に。

ステージの上から座席を見渡すと
ざっと80名くらいだったでしょうか?

最初にお話を始めたのはビッグママ。

ビッグママは著書の執筆や
様々な場所で講演等をされてる方なのですが、
私(しろ~)はお話を聞くのは初めて。
※部分的には聞いてましたけど。

ビッグママは、さすがに場慣れしている!って
感じるほどの堂々とした姿勢で話を始めました。

今日初めてお会いして、医学の知識がまだ
何も無い学生のみなさんにわかりやすい様に、
丁寧に、そして真剣に言葉を伝えようとする
心を私は感じました。

亡くなった娘さんとの思い出や、
闘病が始まってからの医師とのやりとり、
そして親子の間で交わした苦悩と愛情に
満ちた心のやりとりを私も真剣に聞き、
感動しました。

学生さんの方を見てみると…真剣なまなざし。

でも、長いオリエンテーションの最後の時間で、
疲れてしまって、アクビを必死でこらえてる人も。
でも感心感心
真剣に聞かねばっ!っていう
気持ちはちゃんとこっちにも伝わってきます。

笑ったりできない様な雰囲気が長く続くので、
辛抱してね~って、こっちも気をつかったりしながら。

ビッグママのお話が終わり、
ボスと、ビッグママを見ると
「なにしてるの、あなたの番よ!」
って視線を浴びて、
いよいよ私の番

私は、自分の濃い体験を15分くらいでお話するために、
あらかじめ原稿を作っておいたのですが、
話していると「ヤバい、ちょっと長くなってるかも」
って思い学生さんの方をチラ見してみると、
ビッグママのお話の時よりも、
もっとしんど~い雰囲気が。

やっぱりヤバい!なんて思いながらも、
原稿にそってお話は最後までしました。

私は自分の話していると男のクセに、
ついつい涙が出てしまいます。

ボスから、後になって
「しろ~くんの話の時は、すすり泣きしてる
学生さんも何人かいたよ」って言われたので、
ボスには
「それはきっと花粉症ですよ」
なんて冗談を言ったりしましたけど。

※私が現在まで体験したお話は、
別の記事にする予定があるので、
今回はごめんなさい。


私の番が終わり、
最後はメタボ…もとい、
リーダーNの出番。

いつもリーダーはこのオリエンテーションに
登壇しているとの事で、ぜんぜん動じない、
どっしりとした体重…もだけど雰囲気で口を開いて、
彼等に優しいおじ…お兄さんみたいに語りかけてました。

ビッグママと私の話を聞いてから、
何を話すかを考えていたそうで、
話しを始めると、さすが高校教師!
(ぁ、ナイショかね?)

学生さんの顔がパァ~ってあがって、
ニコニコな雰囲気に変わりました。
さすが“スマイルデイズ”のリーダー。
福岡吉本の方が適職だといつも思うのだが…。

話の内容は、S記者さんがリーダーの職場へ
取材に行き、その記事を読んだ街の人、教え子、
その親とのやりとりや、そろ~っと髪の毛を引っぱって
「カツラじゃない!」って試してきた教え子との事などを
通して、私たちはフツーなのだ。という話、
私たち経験者の立場の心情や、
周りの方にどうあってほしいか、医師になって、
みなさんにはどのようにしてほしいか。
という内容でお話をしていました。





長文なので、とりあえずここまで。
久留米大学病院でのオリエンテーション その2へ続く








スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。