小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誕生報告と小児がん経験者の結婚のこと
2012年05月22日 (火) | 編集 |
どもども、しろ~時々シロップです。

当ブログをいつもご覧いただいている皆様へご報告です。

5月16日(水)21時34分に長男 奏斗(かなと)が誕生しました。
身長50センチ 体重3136グラム
産まれてからの診察で奏斗の体は特に異常なくスヤスヤと寝ております。

ツイッターやミクシーやフェイスブックでは先にご報告させていただきましたので、
たくさんの方から祝福していただき大変ありがとうございました。

ちなみにこの記事を打っているのは、産婦人科の病室で寝ている妻の横(今夜はここでお泊り)です。

出産当日の朝から入院した妻は、陣痛促進剤を投薬されて順調に陣痛がきたのですが、
元から骨盤が小さいかったことと、産道があまり開かず奏斗の頭が産道に引っかかったまま
(つまりシャンプーハット状態)
早くに羊水が流れてしまい、生理食塩水で羊水を補充しながら自然分娩で産まれるのを待っていました。

しかし、どんどん時間だけが過ぎていっこうに産まれず、妻は感染症で熱を出し、
奏斗も次第に心音が弱りはじめたので、やむを得ず帝王切開での出産となりました。

分娩室で私も1時間半ほど立ち会っていましたが、とても苦しい状態で長時間
頑張っていた妻の背中や腰をさすることしかできませんでした。

うかつにも「がんばれ!」って言ったら妻のパンチが飛んできそうでしたので、
それは心のなかで言うことにして…
もう少しの辛抱だよってしか言えませんでした。

さて、
これからも増加の一途を辿る小児がん経験者の仲間たちが結婚に悩んだり、
出産に挑む不安などを乗り越えていくために私たち夫婦の体験が少しでも
参考になればと思い、妻と話し合ってこの記事を公開することにしました。

妻のことはいままであまり事細かには書いたことがなかったのですが、
私の妻は3歳(1990年)で悪性リンパ腫を発症し、
化学療法(抗がん剤)と放射線治療を経験しています。

ちなみに私は1984年に白血病を発症して、
3年間の化学療法のみの治療をして寛解。

私が退院した1987年の秋ごろに、妻が生まれたというわけで、
歳の差がおよそ10歳です。

小児がん経験者の女性が健常なパートナーの方と結婚して出産を経験したケースや、
その逆に小児がん経験者の男性と健常な女性との結婚や出産のケースは聞いたことがあります。

でも、小児がん経験者同士の結婚で、こどもを授かった事例を私もいままで聞いたことがありません。
(公になっていないだけで、もしかすると前例があるのかも…)

妻との交際は一年半ほど。
私が会のリーダーで、妻は会計。
二人ともSmileDaysの組織運営に携わっている身ですので、
いろいろなことへの配慮から仲間内の誰もが知らないところでこそーっと交際していました。
結婚する日取りが決まるまで、Iせんせいも気づかなかったわけで。

私はあれこれとやってますが職業は消防設備士で平日が仕事。
妻は当時、洋服店の店員で週末はほとんど仕事。
二人が逢えるタイミングがなかなか無くて、デートはいつもSmileDaysのイベントや
大学病院での用事が終わったあとに妻の仕事が終わるのを待って、
妻が家に帰る前の深夜のわずかな時間。

私は毎日がとても忙しく、帰宅はだいたい深夜0時前。
毎日のように仕事や用事が詰まっていましたので、
ちゃんとしたデートって全然できていませんでした。

そろそろ結婚したいという彼女に私も結婚を意識はしていました。
ですが、私は休息がなかなか取れなくていつも体調を壊すまで体を酷使していましたし、
C型肝炎の病状がかなり悪化していることを自覚していたことと、
8年前の治療では寛解できなかった経験から今度も治療がもし失敗したら
肝硬変→肝がんに移行することを覚悟していました。

晩期合併症を互いに抱えている小児がん経験者同士が夫婦になることへ
私自身さまざまな抵抗や不安を大きく感じていたのが現実で、
結婚をしたいと言う妻に心身や経済的なことが落ち着くまで
今は気持ちが固まらないから、待っていてほしいというしかなく
結婚をしたいけど…という気持ちと、結婚して大丈夫なのか…?
という板挟みの中にいました。

※小児がん治療時の薬や放射線等の影響が数年~十数年を経て身体障害や、
心機能、内臓やホルモン分泌異常等へと影響が顕れる症例
詳しくは、当ブログのカテゴリー“晩期合併症など”
または、
がんの子どもを守る会の発行資料 晩期合併症↓
http://www.ccaj-found.or.jp/wp-content/uploads/2009/03/leaflet16.pdf
をご参照ください。


私がこのような活動を始めた頃に結婚しないの?と聞かれた時、
“逆に例えて聞きたいけど、事故や故障で修理歴があって、少々調子の悪い車と
いまのところ何も問題ない車とあなたはどちらを選ぶ?”と聞き返したことがあります。
どちらも先の事はわからない。寿命が来るまで走ってくれるのか、
事故や手の付けられない大故障で廃車になることもあると思う。
でも、私の心の中にある正直な思いはよほどの理由がないと、
前者は選ばれないし、そのような思いを受け止めてくれる相手との
出会いや、そこから結婚へと至る過程は並大抵じゃないんだ!
と話したことがありました。

ちょっと、話がそれましたが…

そんなときに、昨年の10月10日に妻からの電話で「妊娠しているようだ…」
と聞いた時、正直驚きました。

翌日に産婦人科で検診を受けて妊娠3ヶ月と判明しました。
さかのぼってみると…
奏斗を授かったことに気づいていなかった私達はやっとの思いで約束した
遠くの大型遊園地でのデートで二人して絶叫マシーンに乗りまくってました。笑

結婚のことを話してるときに悩んでいたのが、私も妻もそれぞれ主治医たちから
生殖器への異常はないと言われていましたが、結婚してもこどもを授かることが
できるのか半信半疑でした。
しかし、私たちを結婚させてくれたのは奏斗を授かったおかげでした。

妊娠が判明してから5日後の10月16日に入籍をして結婚式場との打ち合わせをしたり、
結婚のあれこれを準備したりしてる矢先の11月6日。

二人で私の家から妻の実家へ帰るため高速道路を走行していたら私の前方で横転事故が発生。
その事故のために緊急停車した別の車に私の車はよけきれずに追突。

少しお腹の大きくなった妊婦の妻を乗せていたので、あまり速度は出していませんでしたが、
とっさに助手席の妻への衝撃は避けたいと思い左にハンドルを切り、
50~60キロくらいで運転席側だけを激しく前車にぶつけて停まりました。

衝突の瞬間、自分の死を覚悟しました。そして、妻とお腹の子だけは助かればと…

エアバックの火薬で白煙が立ち込める車内で、激しい衝撃を受けて意識が薄れていく…
ことはなかったので、隣に座っていた妻へ「大丈夫?ケガはない?」って聞くと、
妻は「お腹が痛い…」と訴えてきました。
シートベルトがきつくお腹に食い込み衝撃を与えてしまったのでした。

続々通り過ぎていく後続車に身の危険を感じて、妻を抱えて車外に避難。
自分も体のあちこちに痛みを感じていたけどそれどころじゃない。
外に出ると最初に横転した車から出火して炎上中。
爆発の危険があるとあたりは騒然。
すぐに駆けつけたNEXCOと警察の対応で消火されて、
だれも犠牲になることはありませんでしたけど…

事故の地点からとにかく妻を抱えたまま追突した相手の方と一緒に遠くまで走って逃げました。

妻を安全なところに寝かせて消防に連絡を取り救急車の手配をするも高速の出口に近く、
管轄の事情ですぐに来れない場所とわかり、たまたま近くにいて駆けつけた
パトカーの警官へ事情を話し、料金所の出口を出て一般道まで運んでくださいと依頼。

警官もすぐに対応してくれて、私は妻とともに救急車で病院まで運ばれました。
救急車の車内で妻の手を握りしめて、とにかく母子ともに無事であることを祈りました。

検査の結果、お腹の子は無事でしたが妻は飛んできたガラス片で顔に小さな切り傷を。
私は頸部むち打ちと腕と足に打撲を負い、どこへ行くにも一緒だった愛車を失いました。

いつもどおりの忙しい日常に加えて、ケガの治療や結婚式の準備、事故の示談交渉と、
恐ろしく激務な日々が結婚式を終える頃まで続きました。

とにかくたくさん車で走る私は車の保険だけは手厚くしていたので、
事故処理もいろんな事が結果的に良い方向へと進みました。

ようやく結婚式を終えて、事故処理も終わり落ち着き始めたころに
今度は自分の体の異変に気づきました。

思うように体が動かず、倦怠感と微熱と気分の悪さを感じ血液検査をしてもらうと
予想していた以上に肝機能が過去の経験にないほど悪化していました。

今も私は週4日仕事をしながら、毎週通院をしてC型肝炎の治療を継続中です。
その中で、妻が出産を終えて母子が退院をしたらこれから子育てが始まるのですが、
私たちの心にはたくさんの不安があります。
でも、同じくらいに希望も夢もあります。

小児がん経験者が病気の経験をしたことのない方と等しい生活や生き方を…
というのは人によって個人差が大きいですが、私たち夫婦が小児がん経験者として代弁するならば、
理想であって、決して簡単ではありません。

でも、苦労をたくさんしてるだけ、私たちが感じるもの、
観るもの、聞くことはとても深くて、広いものだとも思います。

過去は変えられない。
でも、未来は変えていける。

とても濃く、波乱ばかりの私の生き方ですが
“どんな困難も投げ出さなければ乗り越えられる…乗り越えられない悩みなんてない”
ということを奏斗の誕生や妻の頑張りから改めて教わりました。

どんな家庭でも“まさか”を乗り越えることで家族の絆やひとりひとりの心が磨かれていると思います。


私たち家族も今日がめでたしでも、また明日から新しい日々がはじまる…。
前に進む勇気を失わないで、新しく訪れる毎日をひたすら懸命に笑顔で生きること…
それが私たちの目標です。


長男 奏斗です。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/05/22(火) 19:15:31 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。