小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C型肝炎治療 入院14日目~退院&仕事復帰【改】
2012年04月06日 (金) | 編集 |

どもども、しろ~時々シロップです。

前回の記事に加筆して、改めてUPしました。



3/31に無事退院しました。

3/30の金曜日の午後に3回目のペグインターフェロンを射たれて、

副作用でしんどい中、外界へと放り出される感じですね。


お向かいの仲良しになったおじさまも一緒に退院。

荷物をまとめて、退院の支度をしていると、

お向かいさんには奥さんと、二人の小さな女の子のお孫さんが

お向かいに来ていました。

“こりゃぁ!チャーンス!!”

シロップモードになりまして、

バルーンでさささっと、プードルを作ってプレゼント。

すると、奥様から“私にもなにかください!”とのリクエストに

お花を作って差し上げました。

お向いさんが先に退院したので、シロップはそのまま

もう2本お花を作りました。

2012_03_31_09_21_01_640.jpg
お世話になったナースとドクターへ


この入院を振り返ると…

2012_03_30_21_29_44_640.jpg
17日間の入院で食べたパンケーキは計30枚
※もうとうぶん食べなくて結構です。

そして、入院の請求書は…なんと9▲万円!!!!(17日分ですよ)

一本のインターフェロンにおよそ3万円

そして、飲み薬は…もう恐ろしい金額です。

C型肝炎治療の薬価は相変わらず高額です。

でも、国保の限度額認定証を先に手続きしていますので、

実際には、窓口で10万程度の支払いで済みました。

そして、この入院中とまったく同じ治療が8月末まで通院で続くのです。

毎週金曜日に通院。

朝、採血して、貧血や肝機能等のデータを見てから、

問題なければインターフェロン注射。

それから、3、4日は微熱と、頭痛と気分の悪い日が副作用としておこります。

実際に、退院後4/2(月)までは、ほとんどくたばっていました。


そして、昨日、4/3より、仕事に復帰しました。

一日仕事をそれなりに無理しないように気をつけてこなしてきましたが、

夕方頃はひざが笑っていました。

復帰2日目には、いきなりの高所作業でした。

まぁ、体力が落ちてるから心配だったけど、

安全帯をつけて作業するから安全たいっ!

…。

当分は、月~木のみ仕事する日々となりそうです。





【今回の入院のまとめ・改】

◆病院食から解放されたら、世の中の食べ物は味付けがかなり濃いと実感!

◆パンケーキは大好物!…でも、2週間続けて食べるとさすがに見たくなくなる…。

◆治療同意書の私が名前を書くところに、Drが間違えて記名していて、

 さらにその下の家族記入欄にも、看護師が間違えて記名していたので、

 ほほうっ! 自ら率先して治療されるとですな!!…と、ノリつっこみしてみた…


…というのは、さておき。


◆今回、とても感じて、考えたこと。

 “医療のヒューマニズムと笑顔”についてでした。

 医学生や看護学校での講演のとき、テーマのひとつとしてお話するのですが、

 医療者をはじめ、病院のスタッフはひとりひとりが“ひと”

 病院機能評価を意識しているのか、

 クレームやトラブルを恐れながら仕事しているせいか、

 スタッフの仕事ぶりに患者としてギクシャクとした隔たりを感じてならなかった。


 この病院は“電子カルテ”を導入しています。

 病棟には、ワイヤレスのネットワークが設置されていて、

 看護師さんたちは、ワゴンの上にノートパソコンを載せて、

 各ベッドを巡回し、患者から聞きとった情報をその場でカチャカチャと打ち込んでいきます。

 でも、顔は患者でなく、画面に向いている時間が長い。

 体温を計る2、3分の間でも沈黙が続く…。

 そうかと思えば、医療者と患者のパートナーシップの強化だとかの一貫として、

 薬や点滴、採血管などを使用するときに本人に名前を確認させるのだが、

 その行為そのものに“ヒューマニズム”を感じるかというとそんなことはなく…。

 若い看護師さんが多いというのもあるのかな…と思って観察してたけど、それも違う。


 お互いに笑顔を作ろうということにもう少し努力が必要なのかな?と思い、


 “んじゃ、俺からわかりやすくアプローチをしてみよう!”とアクションをおこす。

 まずは、看護師さんが巡回に来た時に名札を見て名前を確認して、

“看護師さん!”ではなく、名前で声をかけて話をする。

 
 血圧を測りにきたときは、加圧のタイミングに合わせて、

 マイムで空気入れられているように、足を徐々にあげてみてボケたり、

 採血のときは、トムジェリのように寝たフリや覚悟を決めてみたりして

 看護師さんが笑いながら仕事できるように工夫をしてみました。

 やってることは馬鹿げてますが…

 他にも、看護師さん髪型が素敵ね!とか、話し方が上手だね!とか、

 心配りがイイね!、珍しいボールペン持ってるねとか、

 なんでも話のきっかけにするのですが、基本は“仲良くしましょうね!”

 っていうアピールが伝わるように務めることが大切ですね。


※看護師長さんが巡回に来た時、私は別の患者さんたちが看護師さんたちの仕事ぶりを
 
 褒めていたことを伝えたら、師長さんはとてもうれしそうに喜んでいました。


そしてもうひとつ。


◆笑えるアイテム(マンガ)とか、webコンテンツ(私はyoutubeでお笑いをたくさん観ました)

 を可能な限り利用して、毎日笑顔で過ごせる環境を作りました。

 今は、スマホやノートパソコンがある時代なので重宝しました。

 “病気の治療に笑顔がとても大切”ということを身をもって改めて感じることが出来ました。



最後に…

入院中、たくさんの方からメールやお電話などでお見舞いいただきました。
この場をお借りして、御礼申し上げます。

大変にありがとうございました!

まだまだ治療は続きますが、これからも頑張ります!

今後ともよろしくお願いします。

しろ~時々シロップより
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
退院おめでとうございます。
無事に退院されたとのこと、良かったです。
安心いたしました。
春とは云え、まだ寒暖激しいおり、無理しないようにしてくださいね。
2012/04/04(水) 16:55:45 | URL | こうせい #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。