小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマートムンストンを知らない方へ
2008年03月30日 (日) | 編集 |


スマートムンストンとは、小児がん経験者の子ども達を対象としたサマーキャンプで、
病気を経験してきた、そして自分の病気について理解している(病名告知を受けている)
子ども達が全国各地から集まり、仲間と一緒に様々な経験や体験をしながら交流を
深めるというもので、毎年開催されています。



キャンプスタッフ(主催者)の医師の名前の頭文字から、
細谷亮太先生の(聖路加国際病院副院長・小児科部長)の『細(スマート)』、
月本一郎先生(済生会横浜市東部病院こどもセンター)の『月(ムーン)』、
石本浩市先生(あけぼの小児クリニック院長)の『石(ストーン)』で、
ちょっと短くして「スマートムンストン」。参加者の命名です。

『病気とたたかってきたみなさんに集まってもらい、自然の中で思いきり楽しみながら、
病気について気になっていることを話したり、
日頃悩んでいることを語り合うことで、スッっと肩の力を抜いて、
ちょっぴり大人になって元の居場所に戻ってもらおう』という事を主旨としています。
 
参加しているのは
小児がん経験者と、
報道関係者(新聞記者、キャンプの様子を動くアルバムとして残す為の撮影スタッフ)、
医師、看護師、保育士、ソーシャルワーカー、そしてボランティア。
近年では、初めは経験者として参加した子ども達が、
ボランティアスタッフとして参加しています。

スマイルデイズメンバーは2001年(確かこの年くらい??)に
行われたキャンプをきっかけに、毎年キャンプに参加するようになりました。

スマートムンストンについて、興味のある方、参加を希望したい方、

当ブログの2007年6月29日の記事を参考にされてください。




ボランティアに限らず、参加者として キャンプに参加してみたい方
申し込みをご希望の方は、当ブログまでメールでお知らせください。
申し込み方法を個別にお知らせいたします。

 今年も7月下旬に山梨県清里高原にて第11回の
スマートムンストンサマーキャンプが開催されます。


※今年のボランティアスタッフは4月10日が〆切り必着です。







スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。