小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兄弟(姉妹)の支援を…
2011年06月10日 (金) | 編集 |

どもども、しろ~時々シロップです。

祝16万アクセス!
いつもみなさま、ありがとうございます!




シロップの訪問で仲良くなったRちゃん。

先月、お誕生日を迎えたので、

誕生日前日に伺って、バルーンをたくさんプレゼント
IMG_1514_640.jpg
シロップ作

まだ起き上がれなかった彼女が寝たままでも

見えるようにベッドの足元に飾りました。


合方のマルコさんみたいに、

DCF00561_640.jpg
マルコさん作

バルーンだけで、こんなのを作れたら、

もっともっと喜ばれるだろうけど、

今の僕にはこれで精一杯。

でも、Rちゃんには、喜んでもらえました。




もうひとつ、サプライズで、

Rちゃんの小さなお鼻に合うようにミニサイズの

クラウンノーズ(赤い鼻)を

ソフトプラスチックでシロップが手作りで作って、

一緒にプレゼントさせていただきました。


Rちゃんに渡すときに、


「Rちゃん、この鼻にはシロップが魔法をかけてるの。
 
 君がこれをつけていると、君の顔を観たみんなが

 笑顔になる魔法をね。 つけてごらん

ってお話をしてつけてあげました。


っと、そこへ、3人の看護師さんが時間差できたのですが、

みなさん、Rちゃんの鼻を見て、爆笑してくれました。

(さくらじゃないですよ、本当に笑ってくれて私もビックリ!)


Rちゃんも、魔法のかかった鼻を気に入ってくれて、

しばらく外さなかったそうです。




そして、後日。

病棟へ訪問したら、

ご家族が来てるので、面会室(デイルーム)に

いますよとお聞きして、そちらへ。


Rちゃん、車イスに座っていて、

以前よりも体も動くようになってて、

とてもビックリしました。


Rちゃんは双子の姉妹。

お姉ちゃんも名前はRちゃん。

…ややこしいくなるけど。


お姉ちゃんのRちゃんは、

礼儀正しい、おとなしめの女の子。


入院している妹のRちゃんは、お母さんいわく、

いたずら好きな、やんちゃな女の子。

まるで昔の俺みたいだ…



ご家族のみなさんが揃ったときにお会いできて、

ママさんも気さくな方ですが、

パパさんもノリの良いパパさんでして、

ご家族がそろうととても賑やかで、

短い時間でしたが、一緒に過ごせて楽しかったです。


わたしがパントマイムをすると、

お姉ちゃんのRちゃんが

マネして練習をしてました。



過去の記事で書きましたが、

私が、パントマイムと出会ったのは、

入院当時に観ていたTVがきっかけで、

TVで観たパントマイムをマネして練習し、

練習の成果をジャイアンのリサイタルのように

他の小さい子たちに強引にみせてました。


たいくつな病棟での闘病生活を楽しく過ごす、

自分なりのひとつの工夫でもありました。


パントマイムの練習のコツをRちゃんに伝授しながら、

そんなこと昔のことを思い出しました。


シロップのちびっ子弟子さんたち

少しずつ増殖してます。


私と縁をしたこどもたちや兄弟たちが、

10年くらい経って、大人になって、

自分たちが出来ることを通して、

病棟のこどもたちが元気になれるような活動を

してくれるといいな~と期待をしています。


Rちゃんのご家族との別れ際、

Rちゃんも淋しそうにしてましたが、

お姉ちゃんのRちゃんの目を見ると、

それ以上に

淋しそうにしていた目をしてました。


お姉ちゃんのRちゃんの目をみて、

帰り道、あらためて患児の兄弟(姉妹)の支援も

必要だとほんとに痛感し、

自分にできることはないだろうか…と

考えながら帰りました。


しかし、今の私には打つべき手立てがありません。

そして、やることが増えすぎていて、なにかを削らないと…

新しいことを始めるための心身のキャパシティを、

私はいま、正直持てていません。


いったい、どうすればよいのかな…と悩ましい。



私がとても関心を寄せている活動のひとつ

病気のこどもの兄弟(姉妹)を支援する活動

↓しぶたねさんです。

しぶたねのたね


しぶたねさんの活動のように、

福岡でも協力をしてくれる方が

いてくれるといいのにな…。





スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
拍手へコメントをよせてくださった方へ
拍手へコメントをよせてくださった方へ

コメントをありがとうございます。
兄弟(姉妹)への取り組みは、国内でも
まだまだ始まったばかりですが、
小さくてもひとつひとつの取り組みが
つながっておおきくなってほしいですし、
兄弟としての傷みを知った当事者たちが、
支援のぬくもりの中で育っていけば、
自分たちがされて嬉しかったことを
きっと、未来で自分たちから後輩たちへと
つなげていってくれると信じています。

2011/06/17(金) 00:44:59 | URL | しろ~時々シロップ #SFo5/nok[ 編集]
こんにちは!
ごぶさたしてます。バルーンとってもすてき!です!すごいですねえ(@@)

しぶたねをご紹介くださりありがとうございます~。
きょうだい支援の活動はまだまだこれからというところで、支援グループの数もとても少ないですが、みなさんが思っておられることよりももっと小さなこと、ささやかなことが、たくさんのきょうだいさんの笑顔を生み出しています。

例えばお医者さんがちょこっと声をかけてくださったり、
例えば妹のところに来ていたお兄さんがパントマイムを見せてくれたり☆
自分の名前を読んでくれた人がいた、ということがその子の未来をずっとずっと支えることもあります。
きょうだいさんを笑顔にする魔法はみなさん使えますので(o´艸`)ぜひぜひきょうだいさんににっこり微笑みかけてあげてください。
2011/06/27(月) 18:36:44 | URL | ひさも #MMIYU.WA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。