小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レジリエンス
2011年05月28日 (土) | 編集 |
どもども、しろ~です。

先日の記事の中で、一部抜粋して書かせていただいた

久留米大学病院の小児科の先生方の同門会誌に

Iせんせいからの推薦をいただいて寄稿をさせていただきました。

会誌は毎年発行されているようですが、

今年は レジリエンス がテーマということでした。


さっぱり意味がわかりませんでした。


そこで、ネット調べてみました。

簡単に行って良いものかわかりませんが、

簡単に言うと

困難を乗り越える力=レジリエンス(resilience)

つまり、逆境からの回復力みたいなものでしょうか。


災害などで生態系が破壊されても、乗り越えて

回復していくことも、レジリエンスと言われるようです。


Iせんせいが推薦してくれた理由がなんとなくわかる…。


ということで、書いた本人が自分のブログにも載せてみようと

思い、今日は掲載いたします。


はっきり言って、長文です。

覚悟して読んでください。







「僕と白血病~病いを生き抜くエネルギーへと変えていく~」

1984年、私が小学校1年の秋に、急性リンパ性白血病と診断された。

当時の白血病の生存率は2~3割であり、3年間もの化学療法が必要と告げられ、

家族は絶望感に打ちひしがれた。


当時、世の中の多くの人が、がん=死という捉え方をしている時代で、

大人のがんであっても告知は困難だった。

「志郎にちゃんと告知しないと、乗り越え難い病気なんだよ!」と

二十歳の兄は告知をしたがらない両親と大ゲンカをして説得し、

私に告知することを決意した。


兄は私と同じ目線になって、「お前の病気は、“白血病”と言って、

治療をしないと死ぬ病気だ。これから3年間、痛い検査や、強い薬を使う。

「頑張れるか?」と、目を潤ませながら言った。

私は「死にたくない!」と抱きついた。


化学療法の過酷な治療が始まると副作用は心身を蝕み、

毛の抜け落ちた容姿を見ず知らずの人に馬鹿にされ、

心は度々傷ついた。


両親や見舞い客たちの悲しい視線や、お世話をしてくれる

医療者が病室の前で悲しげにため息をつくのを見てしまったり、

病棟の仲間の容態が悪化したり、亡くなっていく毎に

ますます不安を募らせた。

ついには自分も死ぬのではないかと眠れないようになった。


母はそんな私を見て、仲間の亡くなったときの様子を

私が受け止められるように、ウソをつかず丁寧に

話してくれたが、死の恐怖は拭いきれなかった。


しかし、ある方から「大丈夫だよ!必ず治るよ!」と

真剣に励まされたことをきっかけに、死にたくない!から、

生きていきたい!という気持ちが生まれた。


それからは、病気との向き合い方がネガティブなものから

ポジティブなものへと変わり、自分が仲間や医療のために

貢献できればと思うようになった。


経験の浅いドクターに骨髄穿刺の練習していいよ!

なんて言うこともあった。


そして、3年間の治療を乗り越え、小学校にようやく復学した。

ところが、病気の影響からイジメに遭い、度を過ぎる悪戯は

高校を卒業するまで続いた。


社会人になっても、白血病だったことが就職や恋愛などの

人生の大切なところで私を何度も苦しめた。


「なぜ白血病が治った? こんなにも苦しいのに今もなぜ生きている?

 生きていて俺に一体何が出来るんだ?」悶々と悩み、

鬱になった時期もあり、生きる事への希望を失いかけた。


でもある日、知人から、『病気で悩んでいる人がいるから

会って話をしてもらいたい』と連絡をいただき、

一緒にお会いすることになった。


警戒する様子を見せていた相手の方に、

自分の闘病の話をさせてもらった。 すると別れ際、

『今日は、お話ができてうれしかったです。


健康な人から何を言われても、私にはイヤミにしか聞こえない心に

なっていましたが、あなたと話していたら、

こんなにも気持ちの通じる人がいたんだとわかって

心が楽になったし希望が持てました。

私も自分の心と自分の病気にちゃんと向き合います。

今日は本当にありがとう』

そう言われて、私は心の底から嬉しさがこみ上げてきた。


この出来事を通し、私も再びネガティブな自分から

抜け出すことができ、それから病気で悩んでいる方々に

積極的に話をするようになった。


おかげで、白血病を縁とした多くの出会いがあり、

私は次第に生きていることへ感謝できるようになった。


自分の宿命は、自分にしか果たせない使命に変えられる!

そして、病気そのものが不幸なのではなく、

病気と向き合おうとしない心の弱さが自分を不幸にしていたのだと

気づくことができた。


私は現在、小児がん経験者として

久留米大学病院の小児がん経験者の会

SmileDays(スマイルデイズ)で活動している。


“情熱と行動の九州男児”を名刺の肩書きに、

積極的に小児がんの仲間たちとの対話に

多くの時間を費やしている。


心の変化で病気が生きる糧に変わること、

今の悩みがいつの日か自分にしかできない使命に変わること、

そして、その自分の変化がまわりの人達へと良い影響を与えていくことなど、

今日までの自分が体験して学んだことを時間の許す限り

仲間たちと熱く語っては、自分自身も元気を補充している。


「一生懸命に生き抜いて、出会う人へ希望や勇気、

笑顔を贈りなさい、そして生きた証を1つでも多く残すんだよ!」

今は、白血病がそう言ってくれているようにさえ思える。

白血病の体験は私に大切なことをたくさん学ばせてくれた。

大切な出会いを与えてくれた。

私の生涯を充実した人生へと導いてくれる存在になった。


おわり。





この文を寄稿するにあたり、添削やアドバイスをくれた

友人の文才Yさんに感謝です。


ありがとう。









スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
人生研究会(名前検討中
白血病は 治るのかなぁ?
しかし 病気でイジメラレタ というのは 悲しすぎる事実ですね(うまく書けない) 弱いもの いじめする人は 弱い奴だったりするわけで~ だからといって 強いもの?いじめると社会どうなるか?強い人は いるのか?根本的に いじめを 嫌う僕です。
いじめは 進歩はないですね。後退が多いと思う。アドバイス~
人生は 不思議ですね。死と直面する時 人生とか~ 生きた証とは~未来とは~ 優しさという 恩返し~ 優しさの見せ方
優しさの受け取り方~
人に優しくされると 嬉しいですね。本当の意味で 人に 優しくされる人とは~ この辺で~
2011/05/28(土) 19:38:02 | URL | (村石太)&ゆき #KLpyz.bs[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。