小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無念…
2011年01月28日 (金) | 編集 |
~放送日決定のお知らせ~


1月31日(月)19:30~19:54まで

NHK総合 クローズアップ現代

小児がんの新たなリスク
 ~明らかになる晩期合併症の実態~










こんちくわ~、シロップです。

今度の日曜日に、久留米大学病院の新・小児病棟へ

相方のクラウン・マルコさんと訪問を予定していたのですが…


シロップ、A型インフルエンザを発症しました


ということで…


今回予定していた訪問は中止

と、なりました(泣)


病棟にいる子どもたちは

免疫のないこどもたちばかりですから、

感知するまで決して入ることは許されませんし、

わたしたちクラウンが、病棟に感染症を持ち込むことが

あれば、私たちの活動に最も大切な

“信頼”を失うことになってしまいます。



そういう事も注意して、感染症にならないように、

この2週間、毎日、こまめな手洗い、うがい、洗顔をして、

マスクも着用して、万全の予防に務めていたのに…。

まぁ、これだけ努力して、なったのだから仕方ないけど、

やっぱり、悔しいです。


インフルエンザ流行期の訪問計画は、

そもそもリスクが大きいので、

計画する方の認識も甘かったなと反省。


来年以降は、この時期の計画を控えるように

検討するよい経験だったと学ばせていただきました。




そもそも。

職場で、今週2人がインフルエンザで欠勤しました。

彼らも、昨日の私のように、

発熱するまで自分がインフルエンザになっていると

覚知しなかったわけで、私も含めて他の仲間と一緒に仕事してました。

たぶん、彼らからもらったものと思われる…。



それで、昨日のお昼、私も仕事中に悪寒におそわれ、

病院へ行き、インフルエンザの診断がくだりました。


聞いたときは、頭の中で

「あ~、やってもうた

そして、

「関係者のみなさまに謝らなければ…」

と、気分はさらに下降しました。




イナビルっていう新薬とタミフルとどっちがいい?

って、先生から聞かれ、もーろーとする意識の中で、

「あ、新しいもの好きなので、イナビルで…」って

オーダーしました。


イナビルは、小さい吸引ボトル×2本を、

薬剤師さんが立会のもと、その場で吸引しました。

それだけで終わり。

一回の吸引だけです。

で、あとは対症療法のカロナール(解熱鎮痛剤)と

合併症予防に、ジスロマック(抗生物質)を

いただいて帰りました。


熱さえでなければ、身動きは取れるし、食欲もございます。

まぁ、関節痛と、若干の倦怠感はありますけど。



とりあえず、早く完治させて、

仕切り直しの訪問日程を決めなければ。

まだ、確定ではないですが、

2月13日になるかな…。


せっかく、衣装も洗濯して、

あれこれと支度を整えていたのに。




およそ2週間延期になったので、

時間が延長した分、練習に取り組んで、

リベンジしたいと思います。



現在、福岡県はインフルエンザの流行が注意報ではなく、

警報レベルになっています。

まだまだ蔓延しそうな勢いです。


みなさんも、気をつけてくださいね。





スポンサーサイト
勝利へ導く!?シーフードカレー!!
2011年01月26日 (水) | 編集 |
こんにちは。
Y園からIせんせいです。


みなさん昨夜のサッカーは見られましたか

4年に1度のアジアカップ! 準決勝・・・日

このところ、なかなか韓国に勝ててませんでしたし、

延長戦終了間際に同点に追いつかれて、

P-K戦になったときには・・・

「あっ、いやだなぁ・・・(またかぁ?)

と、つい思ってしまったものでした


しかし、しかし、
若き日本代表のメンバーたちは、強いですね

見事、勝利~

韓国のPKを2本連続して止めた GK川島の、

「120分間フィールドの選手たちがあれだけ走って、
 自分が仕事をする番だと思った。」

というコメント。

見ていて、チームワークが感じられます。

みんなで支えあって一つのことを成し遂げる・・・

一番大切なことだと、今さらながら思いました。


この勢いで、決勝戦もがんばってもらいたいですね



さて、今日のY園のお昼ご飯は
「シーフードカレー」です。

昨年9月・・・
ホークスのパリーグ優勝の頃でしたから、4ヶ月ぶり。

ホークス優勝と
サッカーの日韓戦勝利と、

シーフードカレーは、なんか縁起がよさそうですね


昨日のお昼は、病院の職員食堂で食べたのですが、
いつものように、ビーフカレーを頼もうとすると、
新病棟に移転してはじめて、ハヤシライスがあったので、
ハヤシライスにしたのでした。
カレー続きにはならなかったな

違う種類のカレーを食べ続ける!というのは、
インドで経験していて、
少しもいやにはならなかったので
カレー好きのIせんせいは、ぜんぜん大丈夫ですけどね。


運ばれてきたシーフードカレー
シーフードカレー

ちょっとおしゃれでしょう

ご飯に、Iせんせいの大好きな
プリプリのエビと、
ブロッコリーが載せられていて、

別の器に、
ニンジン、玉ねぎなどの野菜
イカと小エビなどのシーフード
具たっぷりのカレー です。

やっぱり、辛くなくて、
とても美味しかったです。

他に
 和風サラダ
 プリン
 福神漬け
がついています。

さすがに、おなかいっぱいで、
プリンまではたどり着きませんでした。


しかし・・・

問題は・・・

今日のカロリー

トータルで1041カロリーだって

プリンをはずしても、900カロリー・・・・


どうしよう

それでもやっぱり、美味しいものを食べたい!
Iせんせいでした




そうそう、久留米の近辺は、
すごい勢いでインフルエンザが流行ってきています。

どうぞ、みなさん、お気をつけて~!!

大切なのは、
手洗いと、充分な休養、水分補給ですよ~





晩期合併症のドキュメントによせて
2011年01月25日 (火) | 編集 |
※下記告知、急遽、番組内容が差し替えられました。
放送日未定。





どもども、しろ~です。

体調はやや下降気味です。

風邪をひいてるわけではありません。

肩こりと手首の痛み…。

バルーンやウクレレの練習で、疲れ気味です。




さて、26日にNHKで晩期合併症についての

ドキュメントの全国放送がございます。




1月26日(水)19:30~19:54まで

NHK総合 クローズアップ現代

小児がんの新たなリスク
 ~明らかになる晩期合併症の実態~(仮題)


 
子どもが亡くなる病気で最も多い小児がん。

かつては不治の病とされていたが、医学の進歩によって、
長期に生存できる子どもも増えている。

しかし、命を取りとめても、抗がん剤や放射線に治療によって、
成長後に「晩期合併症」と呼ばれる重い後遺症や
障害を発症する実態が明らかになってきた。

推計10万人といわれる小児がん経験者。

厚生労働省が行った初の調査で、
およそ半数が晩期合併症に苦しんでいる事が分かった。

しかし、日本には、そうした患者を、
医療的にフォローしていく態勢はない。

晩期合併症と闘った
ある患者の生涯を辿りながら、
小児がんの新たなリスクにどう向き合うか考えていく。



…といった内容になっています。


私も、この厚生労働省の調査にほんの少しですが、
協力をさせていただいた一人です。


番組の内容を、観てみないとわかりませんが…



晩期合併症の諸問題が、ようやくメディアによって
注目をされるようになったということと、
過去にも何度か申しましたが、晩期合併症という
問題への取り組みが、日本ではまだ始まったばかりで、

小児がん経験者のみなさんにとって、
同じことが起こるということではなく、
晩期合併症に取り組んでいるドクターや関係者の方たちは、

「みんな困難を乗り越えて、一生懸命に生きてほしい」

という思いを込めて、晩期合併症と向き合っているということを
声を大にして、ここで申し上げておきます。



私も、晩期合併症を抱えて生きている一人です。

でも、みなさんがご承知のように、

私は、晩期合併症の病いを抱えていても、

このブログで綴っているように

活き活きと懸命に生き、充実した毎日を送り、

その中で感じたこと、学んだことを

こうして発信しています。


でも、10年前の私はこんなに強くはありませんでした。

苦しい毎日を送っていました。

死んでしまいたいとすら思うことも、

無かったのかといえば、ウソになります。


でも、くじけそうになっても、決して生きることを

諦めることはありませんでした。


だから今、こうしてみなさまのお役に立てているのだと

生きてこれたことに感謝をしています。


ちょっと話がかわりますが、私と一人の

高校生の小児がん経験者とのエピソードをご紹介します。




病気をするまでは、普通の高校生でした。

でも、病気になって、体が不自由になってしまいました。

とても、暗い性格になってしまい、

ほとんど言葉を発することもありませんでした。

しかし、いままで出来ていたことができなくなっても、

今からの自分にしかできないことを見つけてほしくて、

ボールを使ったジャグリングを教えてあげました。


飲み込みが早くて、すぐに3ボールの基本は出来るように

なりました。


それから、毎日練習をしてくれていたそうで…

ボールを落とすと家族が拾ってくれて、

コミニュケーションが生まれ、

次第に上達する自分に、自信がついてきたようで、

次に会ったとき、よくしゃべって、よく笑い、

とても素敵な顔になっていて、私も、とてもうれしく思いました。


んで、お手製のクッキーを私にプレゼントしてくれて。

とーっても、感動しました。




障害をかかえていても、頭髪などの外見に自信がなくても、

学習障害などで学校の成績に影響があったとしても、

それそのものが不幸なことではないのです。


困難を乗り越える勇気を失わないでください。

自分らしく輝くことができる希望を捨てないでください。


自分自身の命の弱さに心がくじけて、

勇気や希望を失うこと、それこそが不幸なのだと私は思うのです。


病や死は、懸命に生きるとは何かということを教えてくれていると

私は感じます。



今日1月25日は、高校時代の同級生Mくんが交通事故で亡くなった命日です。

今日みたいに、小雪の舞うとても寒い日でした。

Mくんの死は、

かつての闘病生活を思い出したくなかった私に、

突然に命が失われる悲しみを思い出させてくれて、

彼の死をきっかけに私がその日から自分の“死”を意識して、

毎日を懸命に生きるようになった大切なきっかけの日です。



話がそれまくってしまいましたが…




小児がんを経験した全国のなかまたちへ


一度きりの人生を、

病気に振り回されて悲しく生きるのではなくて、

命の長短は誰もが異なるけど、

面白くなければ、面白くして、

自分自身が嫌いならば、好きになる工夫をこらして、

命が輝いていなければ、ピカピカに磨いて、

心が冷えているのなら、松岡修造さんも驚くほどアツくして、

生きていることと、支えてくれた家族に“ありがとう”って

感謝できる素敵な人生にしよう。


ね。






九州男児、大都会に行く その後
2011年01月18日 (火) | 編集 |
どもども、情熱と行動に必要なお金の入った

お財布を忘れて東京へ上京してしまった しろ~です。


日曜日の夜の便で、何とか地元北九州に帰って来ました。


前回のお話の続き。




空港に到着後の予定では、12時に新宿で友だちと

待ち合わせをして、お昼ご飯を一緒に食べて、

それから、16時のスマートムンストンキャンプの

ミーティングに向かう予定でした。


羽田空港で、どうしようかとあれこれと考えて、

時間にはまだまだ早かったけど、お腹も減ったし、

新宿で会う予定の友だちに電話しました。


まだ寝ていたところを起こして、

開口一番に「助けて~!」っていうと、

「どーしたの?」って、寝ぼけた声でした。


事情を説明したら、急いで用意をしてくれて、

12時ごろに、羽田空港まで迎えに来てくれました。


「お腹すいたやろ?」って、気遣ってくれて、

お昼ごはんをご馳走してくれました。
DCF00392_640.jpg
ご飯たべていたら、嵐ジェットが着陸して、
レストランの中が盛り上がっていた。



ふだん、人助けをすることが多い私ですが、

このブログと、mixiにこの一件のことを

書いていたことで、たくさんの方から、


「千葉の親戚のところに頼んであげましょうか?」とか、

「警察に事情を説明して、身分証明をきちんとすれば、

お金貸してくれるよ」とか、

「パンツの中にお金を入れときなさい」とか、

「しろ~さんなら、なんとかなる!」とか、

心配してくれて、声をかけていただいた皆様の

あたたかい気持ちに、私の心はとても温かくなりました。


みなさま、本当にありがとうございました。


友だちからお金を借りることができて、

私は浅草橋まで行くことができました。
DCF00393_640.jpg
がんの子供を守る会 本部(浅草橋)

※実は、初めての訪問。



スマートムンストンキャンプのミーティングに

参加されている方々に今回の一件を話すと、

しっかり笑ってくれました。



ミーティングを終えて、徹夜明けの私は、

ホッとしたのか、クタクタになってしまい、

新宿のビジネスホテルにチェックインをして、

外でつけ麺のラーメンをいただいて、

DCF00397_640.jpg
坦々麺のつけ麺
ん~、九州のラーメンの方がやっぱり美味しい。



DCF00396_640.jpg
新宿の高層ビルの上に浮かぶお月様を眺めお散歩して、

ホテルに戻り、お風呂に入ったら、

電気もTVもつけたまま、布団に入りもせずに、

ベッドの上で朝まで爆睡しちゃいました。




翌日は、新宿駅周辺の小田急百貨店や東急ハンズなどに

立寄って、東京の言葉で品物を勧めてくる店員さんに

冷や汗をかきながら、東京のおしゃれ事情や、

クラウンの衣装や、小道具に役立ちそうなものが

ないかな?っていう視点で、一日かけて

あちこちでいろんなもの見物して来ました。


まぁ、お金がないので、見るだけでしたけどね(´Д`;) 




夕方に羽田空港に戻り、ターミナルビルでくつろいでいると、

私の乗る便についてのアナウンスが聞こえてきました。


「北九州行き○○便は、本日、北九州空港周辺が強風のため、

着陸できない恐れがあります。 着陸ができない場合、福岡空港へ

行き先を変更するか、もしくは、羽田空港へと引き返すことが

ございます。 あらかじめご了承ください…。」


…(ー△ー;;)

そんなことを言われたのは初めての経験でした。



保安検査を終えて、搭乗が始まるとあまりにも人が少なく、

機内には30人ほどしかお客さんがいなくて、私の席のまわりは、

誰も座ってなくて、なんだか変な感じ。


窓際の席を予約していた私は、今回の旅でおこったいろんなことを

回想しながら、ギラギラと輝く東京の夜景を眺めていて、

飛行機がゆれた拍子に窓に頭をぶつけました 。・゚・(ノД`)・゚・。




今回、ほんとにたくさんの方に心配をおかけして、

申し訳ありませんでした。

そして、真心をありがとうございました。


とても、うれしく思いました。

感謝です。



次、上京するのは、4月、5月、6月、7月と4ヶ月連続です。

お財布を忘れないように、気をつけます。

そして、博多通りもんを忘れずに買っていきます。



おわり。


P.S

今日、注文してたバルーンが届きました。
届いた数、およそ1000本。

1月30日の病棟訪問に向けて、練習がんばります。

IMG_0978_640.jpg






九州男児、大都会へ行く
2011年01月15日 (土) | 編集 |
おはようございます(*´∀`)♪

朝からブログ更新をするなんて、
珍しいでしょ(^O^)

情熱と行動の九州男児
しろ~です。

携帯からアップしてまーす(^-^)v

今日は、スマートムンストンキャンプの
(全国規模の小児がん経験者のキャンプです)
代表者ミーティングに参加するため、浅草橋にある

がんの子供を守る会本部

へと向かいます。

昨日は、朝8時から昼14時まで仕事して、
んで、21時から2時まで夜間作業の仕事して、
徹夜明けでの東京入りで、ややハイです。

まぁ、徹夜明けはよくあることですが。

飛行機は、北九州空港を出発して、
強い追い風に押されて、たった1時間で羽田に
着いちゃいました(≧∇≦)
上空12000mの景色は、眼下に厚い雲が一面に
広がっていて、遥か先には雲が作った雲平線
(聞いたことないけど)
が、果てしなく続いていて、
雲の上の世界の美しさに見とれて、
景色は眺める事が大好きな私は、
寝られませんでした。

羽田に着いた私は、
いま危機に瀕してます。

家にお財布忘れてきました( ^∀^)

もう一回言います。

家にお財布忘れてきました(o≧▽゜)o

はい、北九州の自宅にです(;A´▽`A


忘れなかった小銭入れには480円となぜかの20ウォンが入ってます。

ちなみに、羽田から浅草橋まで590円。

所持金は480円とゆかいな仲間たち…。

…………( ; -Д-)


まいったなぁ~。
空港から出られないや…(;´д`)


ただいま、アホな九州男児は羽田空港の
搭乗ロビーの椅子にクールに足を組んで
座りながら、まったりとした時間を潰してます。

どうする!?俺!
どうなる!?俺!!

みなさまの暖かくも冷ややかな応援コメント待ってます。

続く…。



たぶん…。
近況報告と Y園のメニュー!
2011年01月12日 (水) | 編集 |
こんばんは。

2011年になって10日以上過ぎましたが、
腰が重いIせんせいです

う・・・・ん・・・

忘年会、新年会・・・それがなくても
飲み食べ+寒くてあまり動かず・・・

すご~く、重たくなった気がする



まず、
いろいろとご心配、激励をいただいた
骨髄バンクのドナーですが、

やっぱり・・・
だめでした

投薬中の人は、ダメという決まり

ドナーに何か起こったら、
大問題となるわけですから、
そこはきっちりされています。
その意味で、とても安心なことです。

私自身はやる気満々だったので
とても残念でしたが、
仕方ないです

他の面で応援していかないとね




それから、
先週土曜日に、長い間グジグジしていた
左下の奥歯を抜いて、インプラントを入れました。

さすがに当日、麻酔が切れると痛くて痛くて
翌日には、ほっぺがぶわ~っと腫れてきて・・・

どうなることかと思いましたが、

3日後にはずいぶん良くなってきました

今は、ほっぺよりも、採血後の出血斑のほうが
目立っています


2日間は、うどんや雑炊で過ごしましたが、
もう大丈夫

インプラントの治療には、3~6ヶ月かかるということで、
粘り強くやっていかなきゃね。




1月11日は、成人の日でしたね。

SmileDaysでは、まっつんが新成人となりました

とても可愛い振袖の写メが送られてきたのですが、
ともだちと4人で写っていて・・・

えっどれっ   ・・・って、

母(Iせんせい)は娘(まっつん)の美しさに
びっくりでした

まっつんも成人式を迎えて、
これで、堂々と・・・一緒にのめる



Y園で成人したYちゃんも、
実は1歳の頃から大学で治療した私の患者さん。

Y園の「成人のお祝いの会」は先週でした。

赤い着物をきたYちゃん、
とても可愛くて、
苦労しながら成長したなぁ・・・・
って、大変感慨深く思ったものです。

これからも、少しずつ成長しながら
楽しい日々を過ごしてもらいたいです。



そして、Y園のお昼ご飯は、

すみませんね・・・
今回も2週分です。

まず、先週は「カレーピラフ」でした。
P1030388_640.jpg

カレーピラフ
ブロッコリーのスープ
マカロニサラダ
福神漬

気軽に食べられるメニューですし、
「作ってみようかな~!」って
思えるのがうれしいですね。


そして、今日は、「のり弁当」
P1030391_640.jpg

前回、昨年の6月30日に記事にしていましたので、
6ヵ月半ぶりの登場です!

やっぱり、Y園風ののり弁当は、
お皿に盛られていて、
ご飯の上に、きざんだのり、
きんぴらごぼう、竹輪
白身魚のフライが2切れ です。

前回の写真と見比べると、
前回あったタルタルソースがない~!

・・・のですが、
Iせんせいにとっては、こっちの方がヘルシーで
ありがたかったかな

今日のメニューは
のり弁当
花ふのすまし
パイナップル缶
福神漬

で、トータル743カロリーでした。

今日もおごちそうさまでした~

シロップinドリームサーカスで修行?
2011年01月09日 (日) | 編集 |

どもども、情熱と行動の九州男児的道化師 シロップです。
DCF00378_640.jpg




寒い日が続いていて、私の住む町の山も雪が解けずに積もったまま。


そんななかで昨日は、少しだけ暖かくなりましたので、

10:30~18:00ぐらいまで

現在、北九州公演開催中の、

※NHKの取材でお世話になりました。 

ドリームサーカス

※↑クリックしたら公式サイトがご覧になれます。


の会場に行きまして、ノーギャラで、

サーカスのお手伝い…になったかどうかは

わかりませんが、サーカスのお客様たちと遊んで来ました。


一日に3回も公演がありまして、会場の入り口で

お客様たちのお出迎えや、並んで寒そうにしているお客様と

おしゃべりしたり、記念撮影をしたり、子どもたちにジャグリングを

教えたり、ウクレレとマラカス&カスタネットでセッションしたりして。

DCF00371_640.jpg


公演が終わった後も、コロンビア出身の兄弟クラウンの

アラン&ペロロさんと一緒に大車輪っていう乗り物の

体験コーナーに並んでいる子どもたちと遊んだりして

昨日は、500人くらいだったかな?

たくさんの方と出会うことができて、

クラウンとしてのコミニュケーションのとり方を

学んで来ることができました。


反省点は…

名札がないので、名前を覚えてもらえない。
(作らなくちゃ)

衣装が薄くてそれなりに寒い。
(重ね着してたけどね)

メイクが乾燥して、顔が痛い。
(下地にワセリンをべっとりつけてましたけど)

手が寒さでかじかんで、ウクレレやバルーンが思うように扱えない。
(手袋やカイロで対応しないと)

知人の家族が来ていて、「しろ~くんだ!」って

思いっきり素の名前を言われてしまった。(笑)


と、長時間の屋外ならではの悩みも経験できました。



なぜ、私がこんなことをしているかというと、

ちゃんと理由があります。


昨年、病棟を訪問したときから感じていたことですが、

病棟の子どもたちや家族とのコミニュケーションは、

スマイルデイズのリーダーとしてお会いするときは

いたって問題ないと思いますが、

クラウンとしてお会いするときには

何ともいえない難しさを実感し、

クラウンとしてもっと場数をこなして、

クラウンとしての自分自身に慣れることと、

シロップというキャラクターをちゃんと構築しなくちゃ

いけないと反省していたからです。

過去の演劇の経験や病気の経験は役に立っていても、

クラウンとしてはまだまだ足りないことだらけです。




3回目の公演が終わったとき、

クラウン・アランが出てきて、

私のところにやって来て「もう、疲れた…」

とぼやいてました。


そりゃ、3回も公演に出演したら疲れるよね。



アランさん&ペロロさんとお会いするのは今回が2回目。

前回はしろ~としてお会いして、

今回はシロップとしてお会いしてきました。



ちなみに、ドリームサーカスのクラウン・アランさんは私と同じ32歳。

アランさん&ペロロさんは日本語が話せます。

アランさんは、日本人の美人な奥様と、2人の子どもさんがいるパパさん。

聞くと、奥様のお腹に3人目がいるそうで。


そして、なんと!アランさん綱渡りの世界記録保持者なのですよ。

アランさんの綱渡り演技はコチラ↓
※携帯の方はPCで観てね。



今回の北九州公演では、残念ながら綱渡りの演目がありませんが…。
この動画の最後に、クラウンしているアランさんの写真が出てきますよ。


アランさんたち兄弟は、コロンビアで100年以上の歴史がある

サーカス一家の出身で、子どものころから芸を磨いてきたのだそうです。


公演がすべて終わり、お客様もみなさん帰り、あたりは

すっかり暗くなったあと…

私とアランさんとペロロさんの3人で

少しだけジャグリングで遊びました。

ってか、遊んでもらいました。


サーカスの事務局に行って、

事務局長とオーナーにお礼を言って、

シロップはメイクも衣装もそのままに

車に乗っておうちへ帰りました。

おうちに帰ると、おふくろさんが

私の格好をみて、爆笑してました。


おわり。



収録終了&風邪ひいた
2011年01月05日 (水) | 編集 |

どもども♪

クラウン・シロップです。


リバーウォークで行われたNHKのロケは無事に終了しました。

北九州は、元旦からずーっとお天気が悪くて、

当日も気温が低くて、とても寒かったのですが…。


現地に着いて、下見をして、控え室に行って準備。


メイクはおよそ1時間で完了。

ズボンのポケットに、大切な友だちの写真を入れて、いざ会場へ。


会場の広場に行くと、下見のときには不安なくらい

人通りが少なかったのに、私をみつけた人たちが

どんどん集まってきました。


ってか僕じゃなくて、TVカメラがあるからかもしれませんが。


小さい子どもと、ウクレレで遊んでいたのですが、

どんどん子どもが集まってきたので、

今度は見栄えのいいバルーンをやってみると、

子どもたちから「風船ください」と次々に言われて、

作戦失敗。


子どもたちに並んでもらって、一人ひとりからオーダーを

聞きながら、風船を作りました。

「うさぎ」「イヌ」「クマ」

と子どもたちは優しいのか、発想がシンプルなのか、

簡単なものをオーダーをしてくれて助かりました。

しかし、子どもたちが並んでいる列の長さに焦って、

寒さで手はかじかんでしまって、風船を作るのに

かなり必死になってしまい、笑顔になってない時間が

長かったかもしれません


45分の持ち時間もあっという間に終わり、

ロケは無事に終了しました。



IMG_0890_640.jpg


IMG_0885_640.jpg



場数をふまないと、慣れないのもあるけど、子どもたちが

クラウンにとって、一番の先生ですよ、やっぱり。


がんばります。


んで、家に帰って、一眠りしてたら鼻水が。

どうやら、風邪を引いたようです。


いや~、朝からのどが痛かったのですが、

やっちまいました。


早く治しまーす。


シロップでした



今日は、我が家の家族が一同で観に来ていました。
ちょっと、照れました。




2011年書初め…かな?
2011年01月04日 (火) | 編集 |

みなさま、あけましておめでとうございます!

情熱と行動のめでたい九州男児 しろ~でございます。


年末年始もバタバタとしてまして、年の瀬は年賀状も書くことが

できませんでした…。


本年も、みなさまにおかれましては、

良い出会いに恵まれて、充実した幸多き年となりますことを

こころより願っております。






さて、お知らせいたします。


本日、1月4日。

北九州市小倉北区のリバーウォーク

(北九州市庁舎の近くのショッピングタウン)

において、14時から1時間ほど。


クラウン・シロップ♪

が神出鬼没します。

※なんか表現が変だけど、そんな感じです。



実は、私…

昨年の11月から、NHK北九州放送局のSディレクターさんから、

ドキュメンタリーの密着取材を受けていまして、

1月7日 金曜日 午前11:45~NHK北九州で

放送される“きたきゅうたいむ”(北九州市内とその近郊でのみの放送です)

という番組で、小児がんを克服した私が、一人の少年との約束から、

小児病棟を訪問するクラウン(道化師)になったいきさつを

ドキュメンタリー番組として、放送をしていただくことになりました。


この、11月中旬から~年末まで、

ちょこちょこと取材を受けていました。


相方のマルコさんとの打ち合わせや、

北九州にて現在、公演をされているドリームサーカスの

クラウン・アラン&ペドロのコロンビア人のクラウン兄弟との交流、

家での練習風景などの撮影や、私のクラウン武者修行の様子を

ぺっとりと、取材クルーのみなさまから密着していただいてます。


その、取材のロケのために、本日はリバーウォークにて、

クラウンシロップがグリーティングをします。
(クラウンが歩きながら、すれ違う人たちとコミニュケーションをとるかたち)


NHKのSディレクターさまとも、取材クルーのみなさまとも、

一緒に過ごす時間が長くて、ずいぶんと親しくなっていると

勝手に思っています。


そして、きたきゅうたいむの放送後は、

1月30日に、マルコさんと再び久留米大学病院の小児病棟を

訪問する予定でして、その様子まで収録が終わったら、

その様子とこれまでのVTRを再編集していただいて、

福岡県全域で2月上旬に、改めて放送をしていただく予定です。


TVで放送されるのは、初めてのことではありませんが、

10分以上の映像になるのはさすがに初めてです。


カメラの前では、熱い九州男児も、緊張のあまり、

口数がとても少なく…なってないな…うん。


ということで、このブログをごらんの方で、北九州市内に

お住まいの方、お時間と興味がありましたら、

シロップのテンパッてる姿を観に来てみてくださいね。


もし、私とお話ができそうでしたら、ぜひ

“ブログを観て来ました!”って言ってください。

バルーンを使って、ちょっと凝ったものでも作って、

差し上げますから。



今日まで、人の集まってるところや、会社の忘年会程度でなら、

10回以上は、クラウンとしてパフォーマンスをさせていただいてますが、

ショッピングタウンの中でというのは、さすがに初めてです。

カラ回りしないように、ちょうどいい感じにがんばりたいと思います。

天気が悪くて、寒いのだけが心配ですが、

みなさま、応援をよろしくお願いします。



そして今年も、Smile Daysとこのブログのことを

なにとぞよろしくお願いいたします

※下記リンクに、放送予定の内容が掲載中です。
NHK北九州 きたきゅうたいむ HP









きたぁ~!!登録20年目で!?
2011年01月03日 (月) | 編集 |
あけましておめでとうございます。

今年も、どうぞよろしくお願いいたします


Iせんせいです。

クリスマスバージョンのまま迎える新年は、
大変心苦しいのですが

しろ~くんは、きっと・・・
クラウンシロップの特訓・その他に大忙し・・・

もう少し、お待ちくださいね~

このご挨拶も、1月3日ですからね、
本当に申し訳ありません



・・・で、タイトルの・・・
何が来たかと申しますと・・・



私は、12月31日と1月1日が病棟の拘束でした。

大晦日の夕方、帰ろうとしているところに、
重症貧血の緊急入院があり、

いろんな検査・処置をして、
自宅に帰りついたのは午後10時半

自宅のポストをのぞいて見ると、
なにやらオレンジ色の封筒が・・・

それも、速達で来ています。

差出人は「骨髄移植推進財団」!!


えっ!?
も、も、もしかして・・・???



・・・でした。


平成3年、まだ九州骨髄バンクの頃に登録して以来、
初めてきました!!

「骨髄ドナーコーディネートのお知らせ」
・・・この度、貴方様と骨髄バンクの登録患者さんの
HLA型が一致し、ドナー候補者のおひとりに
選ばれました。・・・・



普段、患者さんを登録する側の私は
ある程度知っていることですが、
送られた資料を読んでみますと・・・

骨髄ドナーには、いろいろな条件があります。

1)登録年齢 18歳から54歳
2)健康な方
  ・病気治療中または服薬中でない方
  ・
  ・
  ・
4)骨髄提供について家族の同意を得ている方
・・



・血圧の薬を飲んでいれば、
 血圧は高くないんだけどなぁ・・・

・う~ん、家族には、ドナー登録していることも
 言ってなかったかも・・・20年も前のことだし・・・



血圧のことは正直に書いて、
それで不適格となれば仕方ないかなあ・・・
そうそう、近々歯のインプラントをすることも書かなきゃ。

家族の同意・・・
短い休みだし、混雑する中帰省するのはやめようかと
思っていたけど、
同意をもらいに帰らなきゃ!


と、
急遽、1月2日に日帰りで里帰りすることにしました。

いえ、たかが高速道路で1時間ちょっとの距離ですが、
さすがに今日は、混んでいましたね


両親に会うと、新年の挨拶もそこそこに、
骨髄バンクドナーの話をしました。

「えっつ、そんな見ず知らずの人のために!?」
「後遺症は大丈夫なの?」
「腰痛が残ったりしたら?」

と、母。

「う・・・ん。あまり好い気はせんなぁ・・・」
と、父。


私は日ごろ全く逆の立場で、
見ず知らずの人の善意をお願いしている・・・

全身麻酔だし、危険性がゼロとは言えないけれど、
今まで相当な数の採取がされていて、
重症の合併症はごくわずか!


と、必死で説得(いえ、説明)。

ようやく納得し、同意してくれました。


その後、私からのお年玉をもらいに、
甥っ子と姪っ子、弟夫婦が現れ、

骨髄バンクの話から、
脳死の臓器提供のことまで話すことができ、

それぞれの考えを聞き
大切なことを語り合う、とても良い機会となりました。


患者さんを登録する側としては、
コーディネートがすすまないとやきもきして、
ぼやいたりしていたのですが、

ドナーとなる側の苦労も
ちょっと理解できたように思います。

移植のことをよく知っている私だから
家族への説明もある程度スムーズに行きましたけど、

一般の方の場合、難航することも容易に予測できます。


私の場合は、血圧・降圧剤内服で、
不適格!となる可能性も大きいので、
大それたことは言えませんけど。


ドナーの負担(肉体的だけじゃなくて、精神的にも)、も、
ちょっと皆さんにもご理解いただきたいなぁ・・・

と、思ってのIせんせいからの記事でした。


また、ちょこちょこ記事が書けるように、
頑張りますね~!

今年もどうぞよろしくお願いいたします!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。