FC2ブログ
小児がんと向きあう方々とともに…
あららぁ・・・・
2009年06月23日 (火) | 編集 |
こんばんは。  Iせんせいです。

この頃、むちゃくちゃ忙しい
走り回って仕事した後、週末は出張の連続!

今週末までは、ゆるして~!!

って、思ってましたが、

なかなか管理人が動けず、記事が出ないと、
私の元気もでないよぉ~

ということで、ちょっとだけ今日の出来事を書くことにしました。
が嫌いな人は、みないでね~!)





外来で、患者さんを診ていると、受付から連絡が!

「Iせんせいが診ている Tくんが、
腕をガラスで切って、救急車で来るそうです
血は止まってるみたいですけど」

Tくんは、血小板減少で5年以上私が診ている小学生です。

わざわざ大学まで来んでもいいのになぁ・・・

と思いながら、患者さんを診てました。


「せんせ~っ!来ましたよぉ~!」
トーンがいつもより高めで、看護師さんが呼びに来ました。


救急隊の方・・・
「2か所、ざっくり切れてます・・・」
と、巻いたタオルは真っ赤っか
タオルの下には・・・・

「外科のせんせ~呼んで~
これは、私の手におえないよ~

幸い、小児外科の先生が3名、
駆けつけてくれました。

タオルをとると・・・・・・

 ぎゃお~

もう、私には見れません。




逃げました


他の用件をすませて・・・・

戻ってみたところ・・・

血まみれ状態の中、

丁寧に丁寧に・・・・
キズを縫合してくれていました。

私はといえば・・・・・

Tくんの無事な方の手を握っていただけ・・・。



実は、
私は血液を専門にしていますが、
苦手なんです・・・・。


血がぁ~


な~にも、血が好きで、血液をやってるわけではございません。


学生時代にやった カエルの解剖、ミミズの解剖・・・いやでした。

解剖の実習・・・
全体を見ず、その場所だけ見て、どうにか・・・。

手術の見学もしますが、
最初、メスを入れる瞬間はいまだに見れません



Tくんは、友達とふざけていて、窓ガラスが割れ、
ついた左手が、ガラスでざっくり・・・・

15cmほどの、筋肉まで達する傷、
8cmほどの、深くない傷、
そのほか3cmと2cm・・・

4か所のキズを縫合するのに、1時間半かかりました。

その間 Tくんは、じっと耐えています・・・。
(局所麻酔だけでした)

Tくんの血小板・・・
長い間、2万以下でしたが、
この頃は5万近くに増えていたのが幸いしました。
縫合を始めてからは、新しい出血はほとんどありません。
血小板の威力を、実感~



ようやく、縫合が終わって、包帯が巻かれ・・・

「よく頑張ったね~っ!!
ごめん、せんせいはキズを見きらんかった

「ボクも見れんかったよ。
外科の先生・・・すごいね!

その言葉に、私もうれしくなりました。
自分のことを褒められるのは、そりゃ~うれしいですが、
仲間のことを褒められると、もっともっとうれしいですね


みなさん、

けがをするのも、ひとつの大切な経験だと思いますが、
血を見るのが嫌いなIせんせいとしては・・・・
叫びます~。

気をつけてね~っ




スポンサーサイト