FC2ブログ
小児がんと向きあう方々とともに…
まずは、大分・・・!
2009年06月14日 (日) | 編集 |
こんばんは。Iせんせいです。
今、東京から帰りつきました。

しろ~くんも、いろいろと~忙しそうだし~、
飛行機の中で、ボチボチ書いたのをアップしますね。





先週末、大分の緩和ケア研究会に呼ばれて、
小児がんの緩和ケアについてお話する機会をいただきました。


緩和ケア・・・治らなくなって始めるものではなく、
病気がわかって治療を始めるときから併せて行っていく、
大切なケアです。

できるだけ、苦痛をとって、笑顔で日々をすごせるように。


そのために一番重要なのは、
コミュニケーションをしっかりと取り合うことだと思います。

親子間でのコミュニケーション、
夫婦間でのコミュニケーション、
医療スタッフとのコミュニケーション、
医療スタッフ間でのコミュニケーション・・・・

わかっていても、
お互いに余裕がないと、いらぬ苦痛まで与え合ってしまう。

ちょっとした思いやりや気づかいによって、
気づかされることが多々あります。


これは、普段の生活においても同じですよね。
いつも、ちょっとだけ、心に余裕を持たせておきたいものだと、
自分自身の反省もこめて、思いました。



それにしても、司会をしていただいたY先生は、
大人の緩和ケアをされている方で、
今回初対面だったのですが、
私の生まれ年まで調べておられました
テレビの字幕で実年齢が出たとき以来のショックでしたね

っていうのは、私には笑えない冗談ですが~

緩和ケアに対して、大変熱い気持ちを持っておられ、
しっかり通じるものがありました。

成人を診る先生が小児をサポートしてくれる
というのは、大変珍しいことですし、感謝!感謝!でした。

先日、ビッグママからも、がん対策の予算から、
小児がんが外されそう!というような
ショッキングなニュースを聞いたばかりでしたしね。

私も、ボチボチですが~
頑張りますよ~っ

[READ MORE...]
スポンサーサイト