FC2ブログ
小児がんと向きあう方々とともに…
鹿児島訪問記 ~番外編~
2009年06月07日 (日) | 編集 |
しろ~くん。研究会の報告、お疲れ様でした~。

この後は、Iせんせいがお届けします。
お待ちかね(?)の番外編
研究会のあとのお楽しみです~
(すんません。研究会の前も十分楽しんでましたね





午前中の支援の部が終わり、しろ~くんと別れ、
私は世話人会に出たり、師匠の細谷先生と話をした後、
午後の研究会 症例検討の部に出ました。

こうやって、医療者はいろんな症例の経験を発表しあって、
多くの施設で共有し、明日の診療に役立てています。


午後5時半に研究会が終了し、
その後、近くのホテルで懇親会がありました。

今回は鹿児島大学が主幹で、
過去に血液・腫瘍をされていたOBの先生方も集まられ、
昔話に花が咲いていました

午前中の部に出席していた看護師さんや、心理士、教師などは帰った後だし、
師匠の細谷先生も、翌日の仕事に備えて帰られてしまいましたから、
人数は合計で40人くらいでした。

お料理は、和洋中のバイキングで、
各テーブルには徳利 が置いてあります。
ここは鹿児島ですから、
徳利の中身はもちろん 芋焼酎(お湯割)です。
昨夜の夕食時に飲んだ「島美人」が美味しかったし、
ビールでちょっと乾杯  した後は、
普段ほとんど手を出すことのない焼酎を~
私もいただきました


午後7時半ころには、懇親会がお開きになり、
うちのN先生と、Lさんと2次会に行こうかと話していると、
鹿児島大学の先生方から「一緒にいかが~?」とお誘いが
近くの郷土料理のお店に総勢25名ほどで行きました。

二次会というより、夕食の第2弾の始まりです。
そして、ビールでの乾杯  のあとに出てきたのは、コレ
芋焼酎 村尾
芋焼酎 村尾です~

これまで焼酎を飲まなかった私は、まったく知らなかったのですが、
「森伊蔵」、「魔王」とともに芋焼酎の3Mに属する「村尾」
(なかなか手に入らない超人気焼酎なのですね!
楽天市場では3本で6万円!それも、即完売のようです)
水割りにしてもらって、飲んでみると・・・
なんか・・美味しい~・・・・ 2杯いただきました。

次に出てきたのは、「萬膳」
芋焼酎 萬膳
芋焼酎 萬膳
これもとても美味しい!・・・気づくと3杯いただいてました~

焼酎が美味しいと思うようになった・・・
(今まで飲まないのを、不思議がられていたけれど)
まだまだ、私も進化の途中だなぁ・・・

そして、またまたお料理が芋焼酎にとてもマッチして美味しい

きびなご さつまあげ
酢味噌で食べる きびなごのお造り と さつまあげ
鹿児島のさつまあげは、甘くてぜんぜん味がちがいます。
中にいろんなものが入っているので、それも楽しみです。

ごぼ天
ごぼ天です
これがびっくりするくらいやわらかくて、
ピリッとした辛さと、甘みがなんともいえないハ~モニ~

午後10時過ぎまで、楽しく、美味しくいただきまして、
ホテルに帰って、幸せな気持ちで・・、気づくとでした。


そして翌朝、
お土産に、さつまあげ と 黒豚みそを買って、
帰路につきました。
*黒豚みそ;Iせんせいの大好物~!
 ざく切りにしたキャベツをこれで食べると、最高~です。


鹿児島においてもなかなか手に入らないという貴重な焼酎を
ご馳走してくださった 鹿児島大学小児科の先生方、OBの方々に
心からお礼申し上げます。
おかげで・・・焼酎を、美味しくいただけるようになりました。



さぁて、年に1回行われる 九州山口小児血液腫瘍研究会は、
来年は佐賀、再来年は宮崎の予定です。
半日は支援の部です。
今年はしろ~くんに発表してもらって
とても良かったと思いましたので、
ぜひぜひ来年も、みんなでいきましょうね~

ええと・・・来年は佐賀だから・・・
佐賀牛かなぁ



スポンサーサイト