小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いま同志社大です。
2009年02月28日 (土) | 編集 |
20090228151520
会場入口でーす。

いま、素敵な記念公演を拝聴しました。

にゃおたんさんや、はなさんにもお会いできましたぁ(*^_^*)
スポンサーサイト
いま、JRにのってますぅ~
2009年02月28日 (土) | 編集 |
フェリーは大阪・泉大津に着岸して、私は泉大津駅から
JRで京都に向かってます。
なんば行きの急行に乗って、堺でどどどっ!と乗ってきた関西のおっさんの集団にかこまれてますぅ。

関西のおっさんたち、たわいもない話してるけど、聞いてたらおもしろくて( ̄ー ̄)

俺はポーカーフェイスで腕組みしながら、心の中で、おっさんの会話にツッコミいれてます…。

また、のちほど!
おはようございます!
2009年02月28日 (土) | 編集 |
20090228085137
20090228085132
みなさま、あ、みなみなさま。
おはようございます(*^_^*)
今朝はとっても清々しい、良い目覚めでした。
朝日がとってもキレイでした。
(睡眠時間は2時間でしたが…)
先ほど、明石海峡大橋を通過しました。

大阪・泉大津まであと1時間です。

しかし、外(甲板)寒ぶっ!!
ワケあって…
2009年02月28日 (土) | 編集 |
20090228030017
みなさま、夢の中かな?
ワケあって、この時間まで起きてました。
…てか、日頃からヨフカシしてるから、ぜんぜん眠くないです(゜-゜)

まぁ、そういうワケで、船内の写真を撮ってみました。(写真は、ホテルでいうフロントにあたる場所です)
しかし、もう布団に入らないと、先週の東京では、
徹夜で行ったために、いろいろとご迷惑をかけた
ので、もう寝ます。

おやすみなさい。

また、明日をお楽しみに!
私の部屋でぇ~す。
2009年02月27日 (金) | 編集 |
20090227204135
私はお恥ずかしながら、
いびきがうるさいんです。
スマイルデイズのみなさまは、周知しています。

んで、今日の船旅は、洋室の一人部屋にしました!

このお部屋、通常10000円弱ですが、WEBで予約すると20%オフです!
快適ですよ~(*^_^*)

あ、鏡になにか映ってる!!
とうとう
2009年02月27日 (金) | 編集 |
20090227202741
出航しました!
海の上です!
いま、すごいことに気づきました。

私、泳げません…。

また、のちほど!
いま、船です。
2009年02月27日 (金) | 編集 |
20090227194631
どもども。しろ~です。
いまフェリーに乗船しました。
初めての長距離フェリーです。
ドキドキで~す。
部屋(船)の中がまだわからないから、いまから冒険しま~す!
今夜…
2009年02月27日 (金) | 編集 |

しろ~です。

今夜、20時の阪九フェリーに乗って、京都行ってきます。



小児がん ゴールドリボンキャンペーン2009 in Kyoto

に参加するためです。


先週は東京、今週は京都、来週は我が家の引っ越し…。



休む間がりませんがなぁ~

ということで、私のいない間、

ボスの犬、よろしく! ←指名です。








ん~
2009年02月26日 (木) | 編集 |

しろ~です。

とても体がダルいです。

今夜はもう寝ます。


おやすみなさぃ。



…なんてね。


眠いし、怠いし、疲れが抜けてないけど、


今夜もやることたくさんだぁ~~!!!!






ひさびさですが
2009年02月25日 (水) | 編集 |
カウント33333をゲットするのは誰かな??

おおっと、そこのあなた
何度も、クリックしてカウント稼いじゃダメですよ~



幸福感の伝播…経験者の持つ力
2009年02月24日 (火) | 編集 |


こんばんわ。 しろ~です。

無事に帰国(東京から)しました。

そのときのお話はまた後日しましょう。



今日は、幸福感の伝播と、経験者の持つ力について

お話をしたいと思います。

12月7日のAFPの記事のなかに詳しい内容がありましたので、

リンクを貼っておきます。→「幸福感は伝染する」



この記事を読んで、私が感じたことは、

記事の内容の本質とは少し離れますけど、

私たち小児がん経験者が病気を乗り越えて、

一生懸命に生きている姿や、強い心(命)、

人生を楽しんでいる生き方に触れて、

私たちの仲間だけに限らず、病気と闘っている人や、

医療従事者、身の回りの人々にも、与えている影響は

とても大きいと私は感じています。


特別なことをする必要はないけど、

悩んでいたり、苦しい思いをしている人がいれば耳を傾け、

手をさしのべて、励ましてあげたり、支えてあげたりすることが、

その相手に笑顔を与えるだけに限らず、その人の身の回りの

人にも伝播してゆくということです。


医療従事者のみなさまも、関係者の方々も、

私たちの弱さの方にばかり目がいってないかな?

なんて疑問に思ったりすることもありますが、

私たちの存在をもっと活用してほしいのになぁ~と

最近思います。


たとえばの話ですが、小児がん治療をしている病棟に、

社会復帰している小児がん経験者が月に一度くらい訪問して、

告知をうけている治療中の患者さんや、そのご家族の親や兄弟、

治療に携わっている医療従事者のみなさん、院内学級の先生、

医学生、看護学生の悩みや疑問を聞くと言ったことができれば、

それぞれの方々のQOL(クオリティオブライフ)にも、そしてなにより

経験者本人にとっても、自分の存在の大切さを再確認出来て、

全体的には良い方向へ変化をもたらす可能性が高いのでは?

と考えるのです。(もちろん、良いことばかりではないかもしれませんが)


とくに、経験者も20代後半から30代になると考え方や、

社会での経験も豊富になっていて、相手の気持ちをとらえて、

自分の意見や、答えを出すこともできると思うのです。


病院と医療従事者と経験者の関わり方も、近年変わりつつあります。

医療の技術の進歩に追いついていないソフトの部分である

心のケアの分野に、病院は最近になって力を入れていますが、

医療従事者だけでそれをやろうとしているところに私は限界が

あるのじゃないかな?と思うのですが…。


この記事を読まれた全国のみなさま。

よろしければご意見(コメント)をお待ちしています。


ボス( I せんせい)、はどう思う?



おめでとう!!18歳!
2009年02月21日 (土) | 編集 |
今日、めだたくお誕生日を迎えたのは~・・・


 SmileDaysの元気印・・・・

 新宿で3万歩 歩いても疲れな~い・・・

 半分の肺活量でトロンボーンを吹く~・・・・

 大学病院受診の後は、必ず「ゆめタウン」に行く~・・・・
  (そういえば・・・
 今日は、高○質屋に行くよぉ~ ってときもあったなぁ・・・)

 ゆめタウンに行かないときは、調子が悪いとき~・・・・

 注射は、・・大大大きらいだった~
  (マルクするのを忘れてあげている・・・優しいIせんせい

 お買い物 だ~いすき・・・
  (SMSキャンプのときも、羽田を出るまで買い物してる~)

 甘いもの だ~いすき
  (清里のおすすめお土産は、この人に聞くべし!) 

 4月から~、花の女子大生~

 夢はチャイルドライフ・スペシャリスト~

・・・といえば、
わからない人はいませんね。

そう、今日は 可愛い娘 まっつんの 18歳のお誕生日です


Happy Birthday To MATTUN~


本当に、高校の3年間での成長が目覚しく、
  ハハとしても大変喜んでおります

大学生になっても、まっつんらしく前進してね

ハハはいつも、応援してますよぉ~・・・



by Iせんせい
明日から…
2009年02月21日 (土) | 編集 |
明日から少し旅に出ます。

とても遠い旅です。

いろいろと、考えることがあって…。

いろいろと悩むこともあって…。

少し、自分を見つめることも必要かと…。

ひとりで旅に出ます。




んで、日曜日の深夜に帰る予定です。

きっと、ブログの更新や管理をする時間がありません。



んなわけで、私以外の管理人さんヨロシクおねがいします!


しろ~より。




上記の文の意味

明日から少し旅に出ます。(ちょっと用事がありまして…)

とても遠い旅です。(関東方面に…)

いろいろと、考えることがあって…。(空港から目的地への行き方とか…)

いろいろと悩むこともあって…。(右も左もわからないのでところに行くので…)

少し、自分を見つめることも必要かと…。(完璧に迷ったら携帯のGPS使って現在地を確認)

ひとりで旅に出ます。(単独で行くので心細いです…)

ということですよ~。


スマートムンストンキャンプのご案内
2009年02月16日 (月) | 編集 |

ブログの訪問者数

“もうすぐ3万件だ~!!” と思ってたのも束の間(´・ω・`)

この数日の間に3万件突破して、もう既に600件超えてるの?!
多少トラブルの影響もあるとは思いますが、
毎日70件近くのご来場、本当にありがとうございます。
今後とも変わらぬご支援、ご声援をよろしくお願いいたします。






さてさて、本日は

スマートムンストンキャンプ

(通称;スマムン)のお知らせです。

スマートムンストンキャンプについては

2007年6月29日の記事をご覧ください。

先日、がんの子供を守る会より今年度のスマムンキャンプの

お知らせが届きましたのでお知らせします。

以下、キャンプ参加者募集要項です。




スマートムンストンサマーキャンプ2009

  場   所:清里キープ自然学校(山梨県清里)

  参加資格:病名の開示と病気の説明を受けている小学校高学年以上の本人

  日   時:2009年7月25日(金)~27日(日)

  募集人数:約40名

  参加費用:30,000円予定

  募集期間:2月下旬募集開始 ~ 4月末日締め切り
 
                      スマートムンストン2009サマーキャンプご案内より



  ~お問い合わせ~
   がんの子供を守る会 までお願いいたします。



記:なおちゃんより


とりいそぎ…
2009年02月15日 (日) | 編集 |
30000アクセス!!みなさま、ありがとうございました!
今日は仕事していますので、携帯からとりいそぎの御礼を失礼します。
St.Valentine's Day に・・・心をこめて
2009年02月14日 (土) | 編集 |
みなさん、こんばんは。
Iせんせいです。

今日は、2月半ばとは思えない陽気で・・・
St.Valentine's Dayでしたね

どのように、お過ごしでしたか?


私は、東京での会議に出席するため、
早朝の飛行機で上京し、
東京での滞在・・・約6時間の後、
雲の上で夕焼けを見ながら福岡に帰ってきました。
羽田空港で、たくさんの義理チョコを手に入れて

13日の金曜日に落ち込んだ記事を書いて・・・、
昨日から今日にかけて、みんなからたくさんの
励ましや愛を感じるコメントをもらって、
本当にうれしかったです

心から・・・“ありがとう”

やっぱり、本当の意味での小児がんの治療は、
医療者だけではダメで、
みんなで協力してやっていくものだと
しみじみ感じました。

みんながいてくれるから、
「手ごわい」と思っていた晩期合併症も
突破口がみえてくるように思いました。

本当は、
一人ひとりに心のこもったチョコレートを
渡したいのだけれど、
無理だし・・・・、

代わりにきれいな富士山を見せたかったのだけれど、

なんせ、私の座席は羽根の上で、
ズッコケ写真になってしまいました。
(笑ってやってください
ズッコケ富士山



これからも、課題や困難に向って
みんなの、一人ひとりの幸せのために、
一生懸命頑張っていきたいと思いますので、
力を貸してくださいね。


い~っぱいの
感謝の気持ち+愛 をこめて



Iせんせいでした

[READ MORE...]
*続・続*おくればせながら・・・・
2009年02月13日 (金) | 編集 |
た~いへん遅くなりました。
Iせんせいです

1月31日の九州北支部 交流会の記事ですが、
もともとは、私が書くつもりだったのですが、
自分自身の気持ちの整理に時間がかかってしまって、
なかなか書き出せなかったのです。
ごめんなさい。

なおちゃんがステキにまとめてくれました。
ありがとう


この交流会を通して、
医師として、
スマイルデイズを応援するサポーターとして、
いろいろと悩み、考えるところがありました。

・・・そんなことを話していたら、
“是非、その先生の気持ちを書いて欲しい・・・”
と、複数の人に言われ、思い切って
ありのままの気持ちを書くことにしました。
(いつもにも増して、長くなりました。 ご了承ください)



まず・・・・

今回私は、初参加の中学3年生を連れて行きました。

思春期で 闘病・長期の入院を経験したことがある人たちが
口をそろえて言うように、
彼女も、
他のクラスメイトと違う自分、
他の人に理解してもらえない自分に
自信をなくし、先が見えないようでした


「家族以外の人と半日以上も出歩いたのは初めて!」
と、言っていましたが、会が終わった後、
何も言わなくてもわかってくれる場所に出会えた
という感動にあふれていました。
また、
「初めてのところに行くので、きっと一人ぼっちだろうなぁ、
と思っていたけれど、
そうじゃなくて、みんなが話しかけてくれたので、驚いた。
とてもうれしかった・・・・。」
と、別れ際に話してくれたのが、とても印象的でした。

彼女も、4月からは高校生。
長かった外来での治療ももうすぐ終わります。
明るい高校生活となることを願ってますし、
少しずつ、自分の将来のことも考えて欲しいな・・と思いました。



交流会~懇親会のあと・・・
彼女を、おうちの近くの駅まで送っていって、
一人になった電車の中で・・・・・、
その日の交流会について、いろいろと考えているうちに、
私は、ドドドド~ッと、落ち込んでしまいました。



小児がん経験者が
自分のこと、経験や気持ちを、きちんと冷静に話せることを
それぞれが立派に成長している過程で身につけていて、
以前から、とても感心していました。
それは、今回も「すごい」と感動するばかりでした。

・・・以前の支部の交流会なら、ここまででした。

今回の支部交流会には、13名の小児がん経験者が参加しており、
それぞれ、苦しみながら、どうにか前に進もうという経験をしてきた
人たちでした。

なおちゃんも書いてくれたように、
親御さんや医療者が多い会では、いまだに
「告知について・・・」
などの質問が出ることが多いのですが、
今回はストレートに、本人にとっての一番の悩み・・・
晩期合併症について、が、話題の中心になりました。

学業の問題、就職の問題、結婚の問題・・・
そして、子孫(ができるのか)の問題・・・

人によって、
病気の種類や病気ができた部位によって、
また、受けた治療によって、
晩期合併症の出方は違うので、
一概には言えませんが、

そのリスクが高い場合には、
小児がんを克服してきた人たちに、
次の難題を突きつけることになってしまいます。

晩期合併症も、
・治療法があるもの、
・周りの応援で対応できるもの、
・現時点では治療法がないもの・・・・
と、いろいろです。

また、小児がんが治るようになって
やっと30年が経過したくらいなので、
今の時代になって判明したものが多いですし、
50年後は? 60年後は?
と、聞かれても、答えようがありません。

加えて、病気や治療によるもののほかに、
加齢や生活習慣の影響もあるし、
まだまだわからないことばかりです。


会場から出た、晩期合併症の悩みは、とても深刻で、
私がそれまで把握してなかった人からも、
深刻な悩みが涙ながらに打ち明けられました。



必死の思いで頑張って、病気を治したのに、
次の深刻な悩みが出てきた・・・・。
そう考えると、私もとても悲しくなってしまいました。

苦しんでいるのに、「大丈夫よ」って言ってあげられない。
ただ、見守るしかない・・・。



一人電車の中で、やりきれない気持ちで、
私自身を冷静に保つことが出来なくなってしまいました。
家に帰り着くと、涙がどんどんあふれてきます。

私は何をしていたのだろう・・・
何のために頑張ってきたのか・・・

   そう考え始めると、どんどん暗くなってしまいます。

何で私がこんなに苦しまなければならないのか、
もう、この苦しみから解放されたい。

   ついにこの日は、ここまで考えてしまいました。


頑張ってるみなさん、ごめんなさいね。
私もこんな風に苦しむことがあるんですよ。

結局、まる1日以上、泣きましたね。
(泣き虫なのは、昔からですが・・・
上まぶたがヒリヒリして、いい加減にしなきゃ。と戒めるくらい。
週末で、人目を避けて、ちょっと病院に顔をだして退散したので、
幸い指摘はされませんでした。
まぶたを思い切り腫らして、元々細い目がもっと細くなって
2月が始まりました。



思い起こせば、若い頃、3日3晩眠れず苦しんだことがありました。
可愛がっていた子どもが苦しみながら亡くなったときです。

助けられなかったこと、
痛みを上手にとってあげることができなかったことに
私自身が苦しみ続けました。

そんなとき、その子が夢に出てきて、
「先生は神様ではないのだから、僕が死んだのは先生のせいじゃないよ」
と、言ってくれました。

「そうか。私は神様ではないのだから、どうしようもないこともある。
では、子どもたちのために、自分にできる精一杯のことをしよう。」
と、決意をすることで、無力感から抜け出し、
頑張る力にかえることができたのでした。



そして、ちょうどしろ~くんの誕生日・・・。
「一生懸命に生きてきた」と胸が張れるしろ~くんに対し、
私は果たして一生懸命に生きてきたのだろうか?
これは、1年前からの疑問でした。

悩んだ末の結論として・・・
こうやって、頑張ってる子どもたちのために私も頑張っていることを、
苦しみながら私も一生懸命に生きていることを、
そろそろ認めてあげよう・・・と思いました。
(自分自身の命を懸けての戦いをしたことがない点が
 違うかもしれないけれど・・・)


私には自分の子どもがいるわけではないので、
本当のところはわからないけれど・・・、
これって、親の気持ちに近いのかな、とも思いました。

もちろん、本当の親御さんの気持ちの何十分の一くらいだろうけど、
子どもが苦しんでいるのを見て、聞いて、
自分が何もしてあげられないのを苦しく思う。

スッと病気が治った子よりも、
苦労して苦労してどうにか乗り越えた、
手がかかった子ほど可愛い・・・のも似ているような。


・・・・・そう考えると、
これでお母さんがつぶれてしまうわけにもいかないし、
また、明日から頑張らなければ と思ったのでした。


た~いへんですたくさんの子どもがいて!!
でも、お母さん、頑張るよ
子どもたちには、負けられん


晩期合併症のことも・・・
その克服に向けて、出来る限り頑張ろうと思います。


この一つの支部交流会で、
ここまで考えさせられるとは思ってなかったのですが、
結果的に、再度いろんなことを確認して、
明日に立ち向かう力に換えれたように思います。

途中、弱気なことをずいぶん書きましたが、
もう大丈夫です

これからも、みなさんの力を借りながら、
頑張っていきたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。


長文を、最後まで読んでいただいて
本当にありがとうございました。

by Iせんせい
*続* おくればせながら・・・
2009年02月11日 (水) | 編集 |
ご無沙汰しております。
なおちゃんです。

1月31日に福岡大学病院にて行われました
支部会のご報告をさせていただきます。
ご報告がホントに“おくればせながら…”で申し訳ない限りです

福大病院「みらい」のブログにも掲載されておりますように、
大変充実した会となりました。
関係者の皆様、大変お疲れ様でした。

詳細を記載することはできませんが、
個人的な感想として書かせていただきたいと思います。




第1部では、福岡大学病院小児科の安元佐和先生より
「子どものアドボケイター(支援者)として-家族と医療者に大切なこと-」
というテーマでのご講演がありました。


キーワードは“病院におけるチャイルドライフ”


病院におけるチャイルドライフとして先生が挙げておられたものは…

○家族との関わり(重要!きょうだい支援)
○心理的プリパレーション
○遊びの重要性
○教育の重要性(院内学級の充実)


中でも入院中の患児にとって“遊び”を保障することは大変重要で、
遊びは子どもの不安を取り除くことができ、
遊びによってニーズの発見にもなり、
治療のアプローチ方法のきっかけにもなると話されていました。

ニーズ発見のできる遊びってどんな遊びなんだろう??
アプローチのきっかけになる遊び?!

と、個人的に少々気になりましたが、
その遊びのスペシャリストはやはり…チャイルドライフスペシャリスト

福大病院にはこのチャイルドライフスペシャリストに匹敵するような
スペシャルな保育士さんがかなり昔(S51年)からいらっしゃいます

病院の紹介では、運動会、お祭り、芋掘り、クリスマス等…
毎月病棟内で行事が行われているとのことで、
子どもにとって必要な“遊び”“楽しみ”が病棟全体で大切にされていました。

また医師、看護師、看護助手に限らず、
臨床保育士、臨床心理士、院内学級教員が福大病院にはいらして、
多職種による子ども中心のチーム医療が行われていました。


個人的な感想として・・・
先生のお話の中で、心理的プリパレーションのお話がありました。
心理的プリパレーション(心理的準備)は、
検査を受ける前の説明等が行われているということでしたが、
子どもにとってこの事は大変重要なことだと思っています。

子どもであってもきちんと説明してほしい!
嘘はつかないでほしい!

心理的プリパレーション。
「処置や検査が必要なことを説明し、
実際の手技を教えて、理解・納得してもらう。
子どもの年齢に応じて人形やおもちゃ等を使って説明すること」
こんな専門職が病棟にいてくだされば、
医療者との信頼関係も作りやすくなるだろうし、
きっと痛い治療でも子どもは前向きになれるのではないかと思います。


先生のお話を聞いていて、
治療以外に心理的側面から常に子ども、ご家族と関わってくださる、
子どもの成長を手助けし支援していく専門職がいらっしゃるということに驚き、感激しました。

また、もっと多くの病院で多職種による
子ども中心のチーム医療が行われる日がくるといいなと、
福大の紹介を聞いていて本当にうらやましくさえも感じた講演でした。




第2部の小児がん経験者を囲んだ講演交流会では、
「小児がん経験者の現在と未来~笑顔の日々を目指して~」というテーマで、
スマイルデイズのメンバーと福大で治療した経験者(各2名)が演者として、
治療中、また治療を終えてからの様々な経験、体験を通じて感じたこと、
考えてきたことについてそれぞれ講演されました。
また今回の特徴として、演者が発表するだけでなく、
ご家族、経験者からの質問や相談に応じながら進めていくものとなりました。

何度かこの支部会に参加させていただいている中で、
テーマとして「告知」に関する内容が多く取り上げられています。
経験者の講演内容としても、どのように告知を受けてきたか、
それぞれの思いや体験等を発表していました。

この度は経験者がメインでそれぞれの闘病体験や思いについて講演し、
また講演後には会場から進学、就職について、
長期フォローアップや晩期合併症等の質問や相談が挙げられました。
治療後の体調はもちろん、患児の心理・社会的な問題など
現在の小児がん経験者が抱える問題そのものでした。

その場ですぐの解決は難しくても、
会場内で問題を共有できたことに意味があり、
今後に繋がっていくのではと思っています。
またこの度は、告知というテーマから
“治った後”という次の段階へと検討することができ、
様々な問題はあるけれども、
小児がんを取り巻く環境の変化に
“時代は変わったな~”と個人的にうれしく思いました。



ご報告は以上です。
長々とスミマセンでした。。



記;なおちゃん




おくればせながら…
2009年02月10日 (火) | 編集 |

去る1月31日

「がんの子供を守る会 九州北支部交流会」

が開催されました。

その記事を書きます!と言ってる当ブログの某管理人が、

まだ記事をUPできていないので、私が先に掲載します。

福岡大学病院 親の会「みらい」さんブログを読みまして、

2月1日の毎日新聞 福岡都市圏版 に当日の模様が紹介されていました。


2月1日の記事を読む


記事を読んで、だれの事かすぐにわかりました

関係者のみなさま、本当にお疲れさまでした


by しろ~

P.S.

私も、参加したかったな~



気づいたら…
2009年02月08日 (日) | 編集 |
みなさま。 ごきげんいかがですか?

私、最近悩みがあります。

みなさまもきっと共感していただけるはず。

気がつけば増えてるのです。

気づいたら、手遅れのときも…。

どうすればいいのかホントに悩みます。

とても深刻な問題です…。






各お店のポイントカード!!





財布の中がポイントカードだらけ

気づいたら、有効期限切れてるし…

先日も、「今日はポイント5倍ですよ

の言葉に乗せられて、一枚お財布の中の

愉快な仲間たちに加わりました

TUT●YAのポイントカードみたいに、

他のお店との提携がもっとあればいいのにぃ~。

全国統一で、交通機関の利用でもポイントの使用や、

加算があればべんりなのになぁ~。

経済産業省さん。

消費者のために、企業を指導してやってください(笑


by しろ~ 



共感した方は、拍手をお願いします
誕生日を迎えて
2009年02月06日 (金) | 編集 |
こんばんわ しろ~です

久しぶりの登場になりますね

恐ろしく忙しかった1月を終えたあとの2月2日。

誕生日の朝、布団から出るとものすごいダルさと、

開かないまぶた、全身に重りが付いたような…

満身創痍? 心神耗弱? ゾンビみたいな状態で

誕生日を迎えました。

※けっしてインフルエンザではありません。 ただの過労です


みなさまからのお祝いのコメントに目を通すも、

返信するためにPCの前に座ることもままならず、

お返事が遅くなりましたことをお詫びいたします

ようやく、コンディションも良くなり、今夜は少し長い

記事を書かせていただきます。



誕生日を迎えて、一年前の誕生日と、その翌日の自分の記事を

読み返してこの一年を振り返ってみました。

30歳の誕生日を迎える前に、ソウルへ国際交流に参加し、

その時には想像出来なかったような、たくさんの出会い、

たくさんの移動、たくさんの対話、たくさんの交流、

ややたくさんの出費…(これはオマケ

スゴイめまぐるしい一年だったと思い出されます。

※詳しくは当ブログのバックナンバーをご覧ください。

このブログで書いた記事も、たくさんになりましたね。

私が書いてるこの記事は441号目になります。
(未掲載、お蔵入りも含む)


昨年のお誕生日で宣言した「胸張って一生懸命に生きる!」

それを“有言実行”できた一年…。

 シンプルに言うならば、


“全力しろ~


みたいな感じではないでしょうか…。


その一年の締めくくりにはふさわしい、まさに

ボロボロぶりの誕生日になっちゃいました



今日、仕事でとある中学校に行きました。

作業していた部屋の一室で、中国語で書かれたのと

それを翻訳した日本語のふたつの文章を見つけ、

なんだろう?って何気なく読んでみました。





※一部を抜粋&わかりやすいように、一部編集してます。



君は仕事と生活の中で困難にぶつかった事があるに違いない。

困難は常に君の前に立ちはだかる、そして君の辛抱強さと

勇気を試そうとする。

そのうちに、君は困難がなんと交際好きであるかを知るであろう…。

小さな困難は、より大きな困難を君に引き合わせる。

もし君が、真正面から困難に立ち向かうなら、困難は君に

数々の知識と勇気を与え、ついには君に道を譲るだろう。

気が向けば、君は振り返って困難という名の友をじっくりとみるがいい。

困難に手をさしのべよう。

人生の道で、それは君にとって最高の友(困難)なのだ…。






困難は自分の成長の糧。

困難は幸福の味を引き立てるスパイス。

困難は避けずに、立ち向かうもの…。

困難は、持つべき友人
(つまり、苦労は買ってでもしなさい的な…)

それを改めて教えてくれるとても素敵な文でした。

この一年を振り返ると、この文が真実を述べていると、

私は素直に感じました。




また、誕生日を迎える前のある日、私が社会人になって

いろいろとお世話になった先輩の一人と偶然、

数年ぶりに再会したときの事。

先輩は私に“ひさしぶりだね。いま、なにしてるの?”って聞いてきました。

私は、時間の許す限り先輩に近況を報告しました。

すると、その先輩は私をじっと見つめて、こう言いました。

“お前も、お前の家族も、やっぱりハングリーな生き方を

しないと、本領発揮しないみたいだね。

困難を乗り越えて、乗り越えて、どんどん成長して、活き活きと頑張る…。

これから先も、楽な生き方なんて求めたりせずに、ハングリーな生き方を

してほしいな…。 それこそ、お前らしいじゃないか…。”


久しぶりに再会しておいて、それはキツイっすね

いつも、褒めるよりも、怒る、けなす、キビしい先輩でしたが

相変わらずだな…ってってツッコミを入れたくなりましたが、

見透かすように先輩に言われたその言葉に、私はなんの

違和感も、反感も感じませんでした。 とても嬉しかったです。



私の31歳の一年はまだ始まったばかり。

今年がどんな一年になるかなんてやっぱり想像できないけど、

常に前向きに、常に前進出来るように、日々を大切にしたいです。


実は、身の回りの親しい方たち3人が同じ日に誕生日を迎えました(笑

お互いに、お祝いしあえるのも喜ばしい限りです。

みなさまは、誕生日が同じ知り合いや友人が何人いますか?

たぶん、身の回りで3人は多いよね…


今年も、新しい出会い、新しい感動、新しい交流、新しい発見が

出来るすてきな一年でありますように。

そして、一人でも多くの方の心に希望や勇気を与えられる

自分にもっと成長して、励まし上手になれますように


みなさま、いつもいつもありがとうございます。

そして、これからもよろしくお願いいたします。





2009年 2月 2日  31歳の誕生日によせて

しろ~ より


※2月5日に書きましたけど…




今日は・・・
2009年02月02日 (月) | 編集 |
みなさん、こんばんは!
Iせんせいです。

ごめんなさい。
一昨日の、「がんの子どもを守る会 九州北支部 交流会」の記事・・・。
まだ、書けておりません

申し訳ありませんが、もうしばらくお待ちくださいませ




ところで、今日は、ある人の誕生日です。

去年、誕生日の記事に泣かされて以来、
このブログに、どっぷりと浸かってしまったぁ・・・・・
Iせんせいでした。


この1年間、思えばいろんな涙を流しました。
大人になってから、一番泣いたかもです・・・・
(トシとると、涙もろくなるのかなぁ・・・)


きっと、今年も名言を語ってくれるはず




せ~の~




お誕生日おめでとう



      しろ~くん








 また、泣かせてね




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。