小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウィーツカクテル☆彡 
2008年07月31日 (木) | 編集 |
ではないですョ(^^;)







DSCF2581_640.jpg

でも 美味しそうでしょ??





みんな植物たちです

7月23日の福大病院で行われた活動内容の記事を観て
なんだかとっても楽しそうで、
植物をこんな風にアレンジする方法があるのか?!と初めて知り、
驚いたのと、“いつか自分も機会があれば作ってみたいな~”と
思ってしまいました

福大病院の小児病棟では、親の会の親子さん達が中心に、
毎月子ども達と一緒に創作活動をされているようです。
素敵な活動ですよね
うらやましい限りです
私もいつか参加してみたいものです


そんな病棟での活動のことも、
韓国での国際交流の際にOimOくん、某Hさん、某Nさんと出会い、
旅をご一緒させていただき、交流も深まり、
現在はブログと通じてお互いに情報交換をさせていただいてます。

詳しくは、当ブログのリンク先
“福大病院 親の会「みらい」”をご覧ください





今回作成したお花たちの準備の買い出しも結構楽しかったです
でも、ホントはこんなにたくさん出来上がるハズでは全くなかったんです・・・

気に入った瓶を集めたり~
ゼリーの色を選んだり~
植物を選んだり~と夢中で仕入れてこんな結果に・・・

さあ作ろう!と思ったら、また追加でまたお花を買いに行ったりと・・・
そんなことをしてたらホントたくさんになってしまいました。。。




今回私が作った?植えた 植物たち。
DSCF2589_640.jpg



最近我が家ではガーデニング??とまでは言えませんが
“土”“植物”イジリが流行っていて、
先日、母親が 「日差しよけで、窓辺に植えると涼しくなるから」と
急にゴーヤを買ってきて植えてました
注:食べれるかどうかは別問題ですョ


もうグングン勢いよく育っていて、
既に地面から2階まで到達しています
伸びるのが早い早い
窓の外は日中、緑がキラキラしています


また一昨日は、一度植えたら毎年のようにずっと咲き続けるという
花の苗(←名前をど忘れしてしまいましたが・・・)をもらってきて植えてました。
→→追記;名前は「琉球アサガオ」またの名を「オーシャンブルー」というそうです。
        ゴーヤや琉球アサガオだなんて、ウチは沖縄ブームらしいです

そして今日も、職場にあったアサガオを拝借してきた(←許可もらってます)ようで、
それを植えていました。。。


ガーデニングといっても、
我が家は毎日手入れをするというマメな週間は苦手な一族でして
“植えるとずっと咲き続ける”のや、
“勝手に育ってくれる”等の手のかからないタイプを好みます


今回作った植物たちも、
水を毎日あげなくていいし、綺麗で観賞用で、
枯らす心配もないということで、我が家にはありがたいありがたい
植物が家の中にあると明るくなります


DSCF2602_640.jpg





今のところ、自分の体調は日によってさまざまで、
昨日は歩くのも呼吸すらキツかったのに
今日は全く平気で いつもの“ポジティブな引きこもり”です


仕事から帰宅した母は
“いったい何の教室がはじまったのか?!”と
並んだ植物たちをみて驚いていましたが、
どうやら気に入ってくれたようでした(o^口^o)



突然作りたくなって 意欲が湧いてきて
買い出しに車を走らせウロウロして
創作に熱中してました

瓶を並べ、いろんな色のゼリーを入れていって
植物を植えていく作業はかなりおもしろかったです。
でも・・・お花も観葉植物のように簡単に済むだろうと考えていたら
これが結構時間と頭を使いました。

学生時代(もう10年近くも前ですが・・・)の時に、
自由科目で修っていた“華道”を久々に思い出しました。
芯・添・体?? だったっかどうだったか・・・(*u_u)

組み合わせや、生けるバランスって
単純に考えていたけど意外と難しい。。。
花器(水の中)や険山でもないので
今回使用したゼリーみたいなのが、安定が無くて結構苦労しました。。。

にしては~
かなり単純で、何の変哲もない生け花( のはしくれ)です。




次は何を作ろうかな~

明日も何か作るかもしれません



大した内容ではないのに、長々とスミマセン
読んでくださった方、ありがとうございました



7月25日に“冬眠報告”をしたハズなのに、
ツイツイ記事を書いてしまったなおちゃんでしたm(_ _)m



スポンサーサイト
今夜はかなりウトウトしてます。
2008年07月31日 (木) | 編集 |
しろ~です。

正直いいます。

今夜は…

かなり眠いです(笑)

ブログの記事って、他のサイトの管理者の方たちは

どのくらいの時間で書き上げるのかわかりませんが、

しろ~ & なおちゃん は一記事に平均1時間前後

の編集時間を費やしています。

写真が入るとなおさら時間がかかっちゃいます。

さて、昨夜の工場火災。

今もまだ、消防職員は交代で警戒活動中のようです。
※ほんと、おつかれさまです。

今回の火災は、CO2がいっぱい発生しただろうな…。

個人や企業が努力してCO2を減らしても、こうした災害があると、

本当にCO2って地球規模でちゃんと減っているのか?

と疑いたくなります。

気温の上昇とともに、自然発火による山火事とか、
こうした可燃物の火災等のリスクは上昇するけど、
温暖化シュミレーターは、こうした計算をきっとでき
ないんじゃないだろうか?

だとすると、もっと温暖化は加速するのかな??

手軽に私にできるCO2の削減…

ため息をつかないことでしょうかね…。



さてさて、話をガラッと変えますが、

今日、仕事先で外国人の男性と会いました。

日本語、ペラペラ。


この外国人の方を見ていて、私は数年前の友人の

結婚式の事を思い出しました。




…チャペル式、直前の控え室。


私は友人のいる控え室に挨拶にいくと、

幸せそうな笑顔で招いてくれて、

ちょっとの間に談笑していたら、

そこに牧師さん登場。

(みんな神父さんって言ってる人多いけど、本当は牧師さんが多いとか)

が打ち合わせに来て、手帳を見ながら友人の新郎と新婦に

ペラっペラっの日本語で名前の確認と少々の打ち合わせをして、

さっと控え室から出て行きました。


さて、いざ式が始まり、牧師さんがセリフを言いはじめました。



「アナタ、ハ…」

…って、おいっ

さっきまで日本語ペラッペラッやったやん

なに?

もしかして、(財)全国結婚式場派遣カタコト日本語牧師会とかがあるの?

カタコトの日本語をしゃべるためのマニュアルとかあるの?

訓練施設とかで過酷なカタコトの日本語をしゃべる訓練でも受けるの?

↑なんていう妄想を頭の中でしてしまったのでした。

なんで、TVで見たことあるようなしゃべり方に、期待をしているんだろうね。

結婚式のウラ側に詳しい方、牧師さんのこのナゾを教えてください。


皆さんにはないですか?

ふと、ツっコミを入れたくなる瞬間が…


そうそう、ある地方議会の選挙のとき。

○○まさたけ 氏 という候補の名前の遊説車が、

「○○マタサケ!○○マタサケ!をよろしくお願いします!!」
って、かなり必死にヤバイ方に言い間違えて叫んでいたな…。


みなさまの、ツッコミを入れたくなる(なった)お話を、

お待ちしてますぅ~。


今夜はこのへんで。

おやすみなさいませ

まだ消えていない…
2008年07月30日 (水) | 編集 |
スマムンのキャンプを終えて、2日間連休だった
しろ~です。

29日の朝、所用があって明け方に寝たばかりの
わたしの携帯がけたたましく鳴り、叩き起こされました。

「新日鉄構内で危険物火災
出動できる者は、車庫で待機」

との指令が入り、消防団の格納庫(消防車の車庫)へと
寝ぼけてるヒマもなく家を飛び出して行きました。

全国規模の報道になってるので御存知の方も
多いと思いますが、私の家から肉眼で黒煙が見える
くらいの距離です。

格納庫へ行くと、みんなでTVの報道と
無線を聞きながら、状況を把握しているところ。


手がつけられない。

ガスが無くなるまで消しようがない。

他の建物への類焼の恐れなし。

救助等の必要なし。


といった事が把握できたので、1時間ほどで
私たちの待機命令も解除されました。

この記事を書いてる今も、鎮火していません。

明け方には燃えている可燃ガスが無くなるであろうとの
見方なので、燃え尽きるまでそのままにするしかないようです。
ただ、誤解していただきたくないのは、放置してるわけではなく、
危険が及ばないように現場では、消防職員の方々が一部の消火活動、
類焼を阻止するための措置をしながら活動しているということです。

新日鉄はCO2をかなり排出してしまいましたね…。


夏は、台風、水害、夏休みに特に多い火遊びによる
失火や漏電火災などなど。

毎年何らかの災害で出動があります。

暑さで頭が回らないときは、ケガや、熱中症をはじめ、
油断からヒューマンエラーもとても起こりやすいので、
気を引き締めて、楽しい夏にしましょうね。

祝!!10000アクセス!!
2008年07月28日 (月) | 編集 |

昨日、ほぼ徹夜明けのままスマートムンストンキャンプから帰宅して、
先ほどまで爆睡していました

目が覚めて、ブログを開いたらしれ~っと10000人を超えてる…。


見逃した

ちょっとクヤしい

でもオメデトウ

そしてみなさま

ありがとう



これからもブログを応援してくださいね

さて、今回の第11回 スマートムンストンに初参加だった私。

しばらくはこのキャンプの内容を中心に記事を

書いていこうと思います。 みなさま、お楽しみに














あちゃ~っ(汗)
2008年07月27日 (日) | 編集 |
20080727162112
ただいまの時刻、15:40です。

13時頃に皆とバスに乗り、清里から東京の新宿へ向けて出発しました(^-^)

いま、ハイウェイは激しい雷雨と、夏休みの日曜日の人出の多さで、大々渋滞しています(=_=;)

20時、羽田発の福岡空港行きの便に間に合うことができるのだろうか!?

マ・ジ・で・不安…。
清里から、中継ですぅ~
2008年07月27日 (日) | 編集 |
20080727073415
オハヨーございます!
スマートムンストンキャンプもとうとう最終日になってしまいました。

昨夜は激しい雷雨でキャンプファイアーも中止になってしまいましたが、屋内でのレクレーションが結構盛り上がりましたから、ほっとしました。

私を含めて何名かは、夜明けまで、起きて遊びました。

…福岡まで、無事に帰れるだろ~か…(汗)

山梨県清里より、しろ~がお届けしました!
山梨・清里から中継です!
2008年07月26日 (土) | 編集 |
スマムンキャンプ2008_640

みなさん、こんばんわ!
いま、スマートムンストンキャンプ2日目のバーベキューをしています!

すっごく食べ物も、水も空気も、美味しいです!

なかなか更新できなくてごめんなさい。

その間に記事を更新してくれた“なおちゃん”ありがとう!
本日より~
2008年07月25日 (金) | 編集 |
大変ご無沙汰しております。
なおちゃんです。

なんとかまだ、記事は打ててる状態です




さてさて、今日から待ちに待ったスマムンキャンプですね(o^口^o)

I先生、しろ~さんを初め、九州組の皆さん
(今年はスマイルデイズのメンバーが8名)も参加しています

今年はスマイルデイズのリーダーのNさんは残念ながら不参加のようです。





スマートムンストンについてのご紹介
 スマートムンストンは、小児がん経験者を対象としたサマーキャンプで、
 病気を経験してきた、そして自分の病気について理解している
 (病名告知を受けている)子ども達が全国各地から集まり、
 仲間と一緒に様々な経験や体験をしながら交流を深めるというもので、
 毎年開催されています。
 そのキャンプが、今年は本日より2泊3日間開催されます。
 
 キャンプには参加者(小児がん経験者の子ども達)、ボランティア、
 スタッフ(医師、看護師、ソーシャルワーカー、報道関係者)が参加しています。
 また、初めはキャンプで参加していた子ども達が、ボランティアとなり
 多くの小児がん経験者がキャンプをサポートしています。
 
 今年参加した九州組(スマイルデイズのメンバー)の中にも、
 約半数以上がボランティアとして参加しています。

 今年のキャンプも、山梨県にある“清里高原”という所で行われます。
 

   キャンプについての詳細は、“2007年6月29日”の記事をご覧下さいm(_ _)m





kiyosato3
*昨年キャンプに行ったときの清里の様子*
 キャンプの行われる会場は緑に囲まれた高原の中にあります。


kiyosato1
*昨年キャンプに行ったときの清里の様子* 
 高原には牛がたくさんいます。
 これはキャンプ会場の建物と近くにあるお土産屋さんまでの通りにある
 “木製の牛”です。



私も今年のキャンプは、諸事情により不参加です(>_<。)
いいなぁ~ 私も行きたかったぁ~(xωx)
みんなに逢いたかったぁ~(>_<)

来年は体調を万全に!、
“スマムンキャンプ”もしくは“もう一つのイベント”に
必ず参加できたらと思います。
(ね、Yさん。この記事、読んでくださっているでしょうか?(^^)
 そちらの今年の活動報告も、楽しみにしていますね


いずれのイベントも、今年もケガ等の無いよう、安全に、
そして自然の中でたくさんの仲間たちとたくさん出会って、会話して、
体験、経験してきてもらえたらと思っています
そのように、本州の端っこで祈ってます




今日から始まるスマムンキャンプは、今朝は朝7時半に新宿に集合、
8時に出発だったように思います

そして今頃行程が順調に進んでいることと思います。
今年はどんなキャンプになるのでしょうか?



kiyosato5
*昨年のキャンプの様子*
 アクティビティ(野外創作活動)のあるグループは、“まきまきパン作り”を体験しました。
 その材料(木の棒)を探しているところです。


kiyosato2
*昨年のキャンプの様子*
 キャンプファイヤー。



現地に向かうバスでの移動

バスレク、初めての顔合わせ

アイスブレーキングを目的とした初めのレクリエーションではワイワイ騒げたかな?

レクは無事できたかな?(←個人的にちょっと心配。。)

清里のお天気はどうかな?

空気はおいしいかな?

清里名物のソフトクリームは食べたかな?

初日のお話会、二日目のお話会はどんなことを話したのかな?

アクティビティーはそれぞれ満喫できたかな?

初めて自分たちで作ったキャンプファイヤーはどうだったかな?

今年のキャンプの記念品は何を作るのかな?

友達はたくさん作れたかな?

懐かしい友達と再会できたかな?

しろ~さんは寝坊せずに集合できたかな?






まだまだキャンプは始まったばかりというのに、
気になることはたくさんですが、
今回の参加した九州組のみなさんに
“きっと”今年のキャンプの模様をレポートしていただけることと思います。

みなさんお楽しみにぃ~



kiyosato4
*昨年の清里の様子*
 清里名物?のソフトクリームを食べた会場
 いつ行っても人気があって、行列です。







記;かなり久々の投稿した なおちゃんでした。
  ホントに申し訳ありませんが、
  またもうしばらく冬眠(←この暑い時期にですが・・・)に入ります





またもや東北で地震…。
2008年07月24日 (木) | 編集 |
明日からスマートムンストンキャンプです。
ここ数日がとても忙しくて、ついさっきまで荷物を
まとめていたところに“東北で地震”の報道が。

東北方面からキャンプに参加する予定の人がいるのか否かを
私は知りませんが、明日のキャンプに今回の地震が影響を
及ぼさないだろうか?と心配になります。

しばらくTVを見ていましたが、深夜の就寝時間帯の大きな地震は、
夜が明けてから被害の全貌が明らかになるので、気がかりです。

被災地の方が無事であることを私は願います。

余震がどうか少ないように。


てくてく…
2008年07月23日 (水) | 編集 |

しろ~です。

さっきまで、友達の家に久しぶり行って、
お酒を飲んでまして、家まで20分の
道のりをてくてく歩いて帰りました。

帰りに飲み足りなくって、フラフラとコンビニへ。
大好きなスミ○フア○スを買って、ボトルをちびちびと飲みながら
歩いていると、セミたちが遠慮がちにささやくように鳴いていて、
空からはポツポツとだけど雨が降るのを肌に感じて、
空へ目をやると稲妻の閃光が曇った夜空を駆け抜けていました。

いつもと変わりない。

ただ蒸し暑い夜なのだけど。

すご~く時間をゆっくりに感じて。

熱なった身体を通り抜けていく、

冷たい喉ごしを感じながら、

私は夏の一夜を満喫しながら帰りました。

普段はあまりお酒は飲まない私が、

こんな日に、こんなときにしか感じれない

特別な時間をもらった気がします。


病を乗り越えて、生きてることへ何か特別な

意味があると思って重荷を感じてしまったり、

大したことができないくせに、いつのまにか自分に

歯がゆいさを感じたりすることもありましたけど、

「背伸びなんかいらない。ありのままの自分で良いんだ!」

そう思えるようになったのは、ほんとにごくごく

最近の事でした。



明日はスマートムンストンキャンプへ出発します。

しかも初めての参加です。

全国から大勢の仲間が集うキャンプです。

ボランティアとして初参加で初スタッフですが、

ありのままの自分で、臨機応変に。

自分にとっても、みんなにとっても楽しいキャンプ
となるように一生懸命頑張ってきますね。

ここで自分では掴めなかった何かを新たに掴めそうな気がします。

私はどれくらい成長することができるだろうな…。


「いのち」を考える ~その1~
2008年07月22日 (火) | 編集 |
今日は、7月15日に行われた医学部1年生の
PBLチュートリアル発表会のことを、書きたいと思います。

えっ?チュートリアルって?
お笑い芸人のことではありませんよ

7~8年前から学生教育に取り入れられた少人数学習法で、
グループに一人の指導の教官(チューター)がつき、
週にまる1日をかけて課題にそって調査と討論を進めていきます。
一つのテーマについて2~3つの課題があり、
それぞれに1日をかけます。

課題が与えられると、どのような方向で調べていくか
などの意見を出し合ったあと、個人で調べ、グループで
話し合い、結論を導きます。

その課題の作成に、私は昨年携わりました。

私に与えられたテーマは「人の死」です。

大変重たいテーマですが、私には思い入れがありました。

身近な死を経験したことがない若者がたくさんいます。
病気を治すために医師になりたい。
と、志すけれど、どんなに頑張っても

「生まれたものは必ずいつかは死を迎える」

という現実がある限り、医師自身が涙を流し、
自分の無力さを悔いる機会は少なくありません。

でも、その結果というものは、私たちは神様ではない
のだから、仕方ないこともあります。

要するに、悔いなく、できることをどれだけ頑張ったか、
心を尽くしたかということだと思うのです。

そこに到達するのに、私は何年もかかりました。

医師になって、自分の無力さに悩み苦しんで、自分を見失う、
ということがないように、学生のうちに自分自身の死生観を
持つ機会を与えたい、心ある医師を育てたい。
と思っていました。

ビッグママやリーダーN、そして今年しろ~くんにも参加してもらった 
新入生のオリエンテーションも、その目的の一つとしてはじめたものでした。

とはいっても、この課題を作るのには、悩みに悩んで、苦しみました。

そして、

1.祖父の死の場面
2.子どもの死とその後
3.生命の環

についての課題を作りました。

学生たちに渡す課題のシートとともに、
チューターガイドという20ページほどの資料も作りました。

開始前に、チューター(指導教官)会議というところで、
課題の説明をするのですが、昨年は、調べることが
難しいこの内容に、厳しい意見がどんどん出て、
私は泣きそうになったくらいでした。

しかし、実際に行い、終了した後には、
チューターからも学生からも高い評価を受けることができました。

そして、初めての試みとして、昨年に引き続き今年もと、
2年連続の採用となったのでした。

昨年の分をそのまま使わせてもらいました。

今年の開始前のチューター会議でも、結構厳しい意見が出されました。
終了後にチューターからもらった意見の中にも厳しいものがありました。
学生の反応は、果たして…。

そして、7月15日の発表会を迎えました。
前期にあった4つのテーマの中から
各グループがそれぞれ1つを選び、発表を行います。

全部で16グループある中、6つのグループが、
「人の死」を選択してくれました。

若い、20歳前後の、身近な死を経験したことのない人が
ほとんどという状況で、いろんな本を読み、先輩医師の話を聞き、
ホスピスや緩和ケア病棟を訪問したりして、一生懸命に、
「死ぬこと、生きること」を考えてくれていました。

この頃コメントをくれているTOM-TOMくんの
グループもその一つでした。

彼は、春の新入生オリエンテーションのあと、
メールをくれたりしていたのですが、この
発表会の前に、話を聞きたい、と連絡がありました。

グループみんなで訪ねてきてくれて、いろいろな話をしました。

私自身、可愛がっている子どもが次々に亡くなっていく中、
顔を上げて歩くことができない日々がありました。

辛くて、苦しくて。

何度逃げ出したい、辞めたい。と思ったことか。
(特に、私が若かった頃は、まだまだ治らない時代でした)

そんな時にはいつも、頑張っている子どもたち、お母さんたちが助けてくれたこと。
私は神様ではないのだから、すべての命を救うことはできないけれど、
自分にできることは、すべて行うように努力すること。

亡くなった子どもたちは多くのことを遺し、教えてくれたこと。
そして「(一生懸命に生きた末に訪れる)死は敗北ではない」と
言い切れるようになったこと。


私は、これらのことを、実際の現場で学んだのだけれど、
学生のうちにこの準備をしてもらいたい、という思いから、
このテーマで課題を作ったこと。
(この課題作成者が私であることを知らずに訪問した彼らは、
ビ~ックリしていました)


発表会当日、私は教務課からの案内で、課題作成者として、
「人の死」を選んでくれた6つのグループの発表を聞きに行きました。

10分間のpower pointを用いた発表と、5分間の質疑応答。

身近な死を経験したことのない若者たちが、
こんなにたくさんのことを調べたり考えたり、
話し合ったりして学んでくれたんだ~。

どの発表も、とても、すばらしく、感動的でした。

中でも、TOM-TOMくんたちのグループの発表はすごかったです。

みんなで2日間徹夜をして~。と、聞いていましたが、
私が話したことの何十倍も、勉強し、考え、
悩んでくれたのがよくわかりました。

そして、発表の仕方もとても上手でした。
大変感動しました。

その場でも何度もコメントをしたのですが、
こちらの方が、みなさんに感謝!でいっぱいでした。
1年生の学年担任のY教授のご配慮もうれしかったです。

発表会が終わったあとの夕方、
TOM-TOMくんが、グランプリの賞状を持って、
笑顔で病棟を訪ねてくれました。

全体の評価で、見事優勝したそうです。
努力が実って本当によかったね。
「おめでとう!」そして「ありがとう!」

「心ある医師を育てたい。」
私の思いを、後輩たちがしっかり受け取ってくれたようです。
周りの気温に負けないほど、心が熱くなりました。

みんなで「いのち」を考える、良い機会になりました。
あの発表会に参加していた人は、
決して自分で命を絶ったりはしないだろう。
と確信することができたのもうれしかったです。

これからも、このような機会を増やしていくように、
頑張っていきたいと思います。

7月15日には、丁度 しろ~くんが
「悲しくてやりきれない」
という命を考える記事を書いてくれていて、
最初はそれにコメントする形でと、
思ったのですが、ずいぶん遅くなったし、
長くなったので、記事にしてもらいました。

長文を最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。




投稿 : I 先生(ボス)
編集 : しろ~

今日はこの人の誕生日!
2008年07月21日 (月) | 編集 |

本日はSMILEDAYSのメンバーで、
当ブログの平日の日中限定コメンテーターで、武道家で、
久留米大学病院 小児科医局 小児がん
晩期合併症の長期フォローアップコーディネーターで、
佐賀県付近に生息している、最近車を買い換えて、
ミソジデイズの領域へ一歩近づいた。

OKAっPIKIくんの2●才のお誕生日です


オメデトーございます




○○さん、タレコミをありがとう!

七夕会が無事に終了。
2008年07月20日 (日) | 編集 |
昨日(7月19日)は、小児科病棟のたなばた会でした
えっ、“たなばた”って、ずいぶん前だったんじゃない
って、お思いでしょうが、病棟医長(私)の
勝手な都合により、今日になってしまいました~

開始1時間前の午後1時に行ってみると、
昨日暗幕が張られた病棟のプレールームには、
星の飾りがきれいに付けられており、
セッティングはすでに完了

七夕会会場

午後2時前には、みんな集合し、院内学級の子ども達による
「はじめのことば」に引き続き、学生のブラスバンドサークル
による演奏が始まりました。

いろいろな楽器を使って、みんなの大好きな
「トトロ」や「千と千尋」などの
テーマ曲を演奏してくれました

演奏

そして、院内学級の子ども達の出し物は
「三線(さんせん)」の演奏。
とてもきれいな音が出ていました

三線

看護学生・医学生も楽しい芸を披露してくれ、
看護師、研修医・医師の芸、と、普段から
想像できないような一面を見せてくれまし

2時間弱の時間、大笑いをした後、一旦終了。

今度は、プレールームに、巨大なブルーシートを敷いて、
「スイカ割り大会」が始まります。
入院中のYくんのおうちから、
みんなで食べるための甘いスイカ6個と、
スイカ割り用のもの8個を提供していただきました
(本当にありがとうございました

子ども達は、じゃんけんで順番を決め、
タオルで目隠しをして、2~5回まわって(人によりハンディあり)、
みんなの指示の元、棒を持ってスイカへ突撃します。

すいか割り1

「みぎ~」「ひだり~
「そのまますすめ~」「よし、いけ~」と、
私も夢中で大声で叫んでいたら、
シャッターチャンスを逃してしまったり、
頭部が切れた写真になったり、
ごめんなさい
ひどい写真ばかりになってしまいました。

でも、次々に命中して、スイカが気持ちよいほど割れていきます。
子どもも、応援している大人たちも大喜び

スイカわり2

と、そこで、「I先生もやってみてよ!」と、思いがけずリクエストが
やっぱり大人は、10回くらいまわってみなくっちゃ!
と、頑張ってみたものの、3回くらいで、フラフラ、ヨロヨロ状態!
それでもなんとか10回まわったあと、
子どもたちの声を頼りに、進んでいきます。
もう、そろそろというころに、「さぐって~、さぐって~」と、
子どもたちに許していた、棒で床をさぐる動作(反則)を勧める声が。
「えっ、私もしていいのかな?」なんて思いながら、
探すと、スイカがある
よし、ガツーン
命中はしたものの、子どもたちほどは割れてない
(あ~、やっぱ、私って、か弱いのね)
↑異議ありっ(by しろ~)
大盛り上がりで、スイカ割りが終了しました

そして、夕方からは、花火大会です
前日の天気予報では、夕方まで雨、の予報でしたが、
昼過ぎから、青空が広がって、ちょっと風は強いものの、
花火大会ができそうです
実は、この花火大会を誰よりも楽しみにしていたSくんが
2日前にお星さまになり、今日がお葬式でした。

『きっと、空から見てくれている』

という思いもありましたし、
どうしても実行したかったので、
今日の青空は、Sくんからの贈り物のように感じました。

危なくないような、一角にみんなで移動して、
花火大会が始まりました。

みんなでどんどん花火をしていくと、
たくさん準備していたはずの花火が、あっという間になくなりました。

花火1

すると、副病棟医長のO先生が、たくさん花火を差し入れてくれました

長い筒状のものに、火をつけてみると、
「バン!!」と、
ものすごい音をさせて、上にあがっていきました。
突然の大きな音に、みんなビ~ックリ

あと2発残っていたのですが、
他の病棟から苦情がでてもいけないので、
その花火はやめることにしました。

でも、あの大きな音、Sくんに届いた気がして、
私はとてもうれしくなりました

最後の線香花火を、Yくんが上手に最後まで輝かせてくれて、
すべての花火が終了。

花火2

きれいに片付けて、みんなで病棟に戻りました。

七夕会~スイカ割り~花火大会と、たくさん笑った一日でした

後片付けの最後まで、手伝ってくれた
学生さんたちにも感謝!感謝!でした。

そして、お疲れ様の乾杯をしに、繰り出したのでした。

子どもたちの笑顔、素直さ、元気に、こちらの方が元気づけられるよね
と、言いながら、おいしいビールをたくさんいただきました。

ありがとう。

また、明日から頑張れる力をいただきました




投稿: ボス( I せんせい)
編集: しろ~

※写真はクリックすると拡大します。
  拡大した写真をクリックすると、元に戻ります。

あれが食べたいな…
2008年07月19日 (土) | 編集 |
どもども、しろ~です。

なおちゃんとさっき、電話で話をしてたら、
食べ物の話になりました。

食べ物って言っても、甘いもの。
最初に出てきた食べ物は
5センチくらいのハニードーナッツ。
ココアや、メープル味…、食べだしたら止まりません。
まぁ、食べ過ぎて気持ち悪くなったりもしますけど。
そんでもって、明日、このドーナッツの製造工場に仕事に行きます。

すごい小さい生地が油に入るとすごい膨らむのが見ものです。

そんなドーナッツの話から変わって次に出てきた話は。

忘れちゃならない銘菓

ビスコ

私はビスコが大好きなのだが、いつかのホットケーキの
話でおわかりのように、私はシャイなので、
ビスコをお店で見ても手に持つことができないのだ。

おいしいとわかってるのに手が出せない。
恥ずかしくてレジに持っていけない。

頭をフル回転させてこんなことを考える。
『子供がいるパパのフリをすれば…』

でも、見透かされそうで、やっぱりできない

食べたい、でも買えない…。

そんなジレンマを感じさせるお菓子だ。

誰か、私にビスコを差し入れしておくれ~。


んで、次の食べ物。

りんごのパン。スーパーとかのパンコーナーにある、
一個60円くらいかな?
いまでいうブッセ風の、クリームがサンドしてある
ドラヤキみたいな感じのあれです。
冷やして食べるとかなりおいしいですよね。

あぁ~、食べたくなってきた…

みなさんのお勧めのお菓子や、食べ物があったら、
コメントで教えてね

先ほど帰りつきました
2008年07月18日 (金) | 編集 |
こんばんわ。 しろ~ です

今日は、昼も夜も仕事だったので、先ほど帰ってきました。
この暑さに、もぉ~汗だくです

私の携帯はDoCoMoのF906i、指紋認証つきの携帯です。
この携帯、ウォーキングチェッカー(つまり万歩計)が付いています。

身長と歩幅をセットすると、歩数がカウントされます。

この3日間、平均13000歩くらい仕事で歩いてます。
今日は、20000歩近く歩いてます。

なのに…。

体重があまり変わりません

自分の燃費の悪さにがっかりですよ

さて、先日もお話しましたように、記事の更新はややペースダウンしてます。

記事の更新の無い日は、最近ブログへ訪問してくださるようになった皆様には、
ぜひ、過去の記事をご覧いただければと思っています。

カテゴリーで記事を選んでいただければ、記事の繋がりも
よくわかると思いますので
過去の記事へのコメントも受け付けてますので、
遠慮なくどーぞ


とうとう出てきた!
2008年07月16日 (水) | 編集 |

しろ~です。

昨日はたくさんの方が訪問されて、驚いてます。

さて、仕事を終えて家に帰り着くと、家の前の花壇に
アブラゼミの幼虫が土から出てきてしがみついてました。

これから脱皮して、キレイなエメラルドグリーンの羽を乾かして、
大空へ飛び立つ…。

そして!

集団で鳴いて、私たちの不快指数を大幅UPしてくれます

アブラゼミって、夏の暑さを増幅させるよな鳴き方が
『油で揚げるような暑さをイメージさせるから』
その名前がついたとか…(ほんとかな…?)

最近、毎日チェックしていて、今日初めて土から出てきたので、
これから2週間くらいは観察できそうです

セミの羽化なんて、なかなか見れないですから、
写真が撮れたら掲載しますね。
※今夜は撮影できないようなとこにいましたので。

いよいよ真夏になりますね。

地球温暖化が進むと、100年後には4月~10月まで、
およそ半年間は真夏日が続くそうだとか…。

恐ろしいことです。

だって半年間、毎日セミが鳴いてるんですよ。

そんなのイヤです

みんなで、二酸化炭素を減らしましょう!

セミの羽化

※ちなみに、コレは昨年の写真です。お食事中の方、ごめんなさい。



悲しくてやりきれない
2008年07月15日 (火) | 編集 |

今日、消防団で打ち合わせをしている最中、
消防無線の一報が飛び込んできました。

『救急指令 本件、自損行為(自殺) CPA(心肺停止)の疑い』

聞いた瞬間、胸の奥から熱いものがこみ上げてきました。
無線の向こう側では、緊迫したやり取りが続いていました。
その帰り道、私は涙が止まりませんでした。

私は『人の命を守る、救う仕事』をしている立場でもあり、ましてや、
小児がん経験者の一人として、一日でも長く生きたいと
願っていても、星になってしまった子どもを見てきました。

どうしてなんだ…。

怒りとかではなく、ただただ悲しさがこみ上げてきます。

私も、生き方に迷ったときに、自分を傷つけることがありました。
でも、命は捨てられませんでした。

苦しくない人生なんて無い。
順風満帆の悩みの無い生き方なんか無い。

人それぞれの生き方があるにせよ、どうしてそういう人が
誰にも相談できないのか、誰も気づいてあげられなかったのか、
なにより、自分を愛せなかったのか…。

そのことが、いま頭の中を巡っています。

どんな人だって他人を愛して、自分を愛する可能性を持っているはずなのに。

背伸びなんかしなくていいから、起用じゃなくてもいいから、
生き方がヘタクソでもいいから、一生懸命生きててください!生き抜いてください!

そんなことを想いながら、家に帰りました。

これを読んでいて、
自分の生き方に自身をなくした人。
生きることがつらい人。
悲しさに心を支配された人。
孤独を感じる人。

もう一度、冷静になって考えてほしい。

あなたは、絶対に一人じゃない。

必ず、どこかに理解をしてくれる人がいる。
あなたを温かい言葉で励ましてくれる人がいる。
あなたを愛してくれる人がいる。

どうか、自分自身を大切にしてください。

あなたにしかできない事が、必ずあります。

人生を、自分を、あきらめたりしないで。


おおっと!
2008年07月14日 (月) | 編集 |
気づいたらもうすぐカウント9000ですね。
最近、訪問者が増えて、ウレシイです

9000の次は、いよいよカウント10000ですね(そりゃそうだけど)
皆様の訪問、いつも感謝しています

ありがとうございます!

さて、ここでちょっとお知らせです。

しばらくの間、もう一人の管理人のなおちゃんが、
少し早いですが、夏休みに入ります。

この間、私が一人でこのブログを管理しますが、
実はしろ~、仕事の都合で毎年受けてる国家試験が来月控えていて、
(注:7つの免許の種類があって、けっして毎年落ちてるワケではないです)

私も勉強する時間を必要としますので、少々忙しくなります。

ブログの更新がここ最近は毎日できてましたが、しばらくの間、
少しペースダウンしちゃいます。

毎日見てくださってる読者のみなさま、ご理解のほどをよろしく
お願いしますとともに、今後もどーぞ、お楽しみに


昨日は…
2008年07月13日 (日) | 編集 |
しろ~です。

昨日、久留米大学病院の筑水会館にて、

 「小児脳腫瘍の放射線療法」についての講演と、  
  
その後、 
ドクターを囲んで病気や治療のこと、不安や悩み事などの
質疑応答と、意見交換の交流会が行われました。

わたしたち、SmileDaysのメンバーも数名参加して、
会場の運営をお手伝いさせていただきました。

※その模様は、また後ほどの記事で。


みなさんが帰ったあと、SmileDaysで久しぶりに
臨時定例会(←意味がおかしいけど)を開催しました。

話の内容は、リーダーNくんの体重計との向き合い方についての話。
俺のお腹はメタボでなくて、晩期合併症なんだという話。
とかもありましたけど、その話はどっかに放っといて、

9月に行われる『SmileDays 10周年特別企画』についての
お話がありましたが、なかなか個性豊かなメンバーが揃ってる
SmileDaysは、まじめに話が進みません
まぁ、久しぶりに会うことのできた仲間と楽しいひと時を
過ごせたと思います

SmileDaysに新たなメンバーも加わって、また新鮮な
活動ができそうな予感

リーダーNくんは、
『どこかに所属することは、さほど重要じゃない、つながりができることが大切』
と申しておりました。(ごもっとも)

しかし、九州は経験者の会が少なくて、こういう場が欲しいと
望んでいてもなかなか進展しない。
なにより、たくさん悩みを抱えた経験者が、寂しい想いをしている
という事実があるということも、ある人から聞きました。

このブログが新たなつながりや、そうした経験者の活動の
参考になればいいなと思ったりします。

それと、『院内学級とSmileDaysの関わりも積極的に』との
話も出てきました。

万華鏡のゲストティーチャーをして以来、院内学級のこどもたちの
事が気になって気になって。

そうそう、昨日院内学級の先生から院内学級の文集をいただきました。
ありがとうございます。

院内学級のこどもたちが5年、10年、15年と経てば、私たちの後輩に
なるんだということに、私たちは新たに取り組まねばならない事が
あるなと思っています。

『次のゲストティーチャーは、Tくんで』という事になりそうです。
院内学級のY先生・M先生、よろしくお願いします。

2時間の定例会も、あっという間。

別れ際、なかなかみんなも帰ろうとしません。
また会えるとわかってても、ちょっと寂しい気持ちになります。

昨日は、みんなに会えたボスの嬉しそうな笑顔がとても印象的でした



さて、今月下旬はいよいよスマートムンストンキャンプです。

ぼちぼち、その準備もしなくては


明日は…
2008年07月11日 (金) | 編集 |
こんばんわぁしろ~です。

明日は、久留米大学病院で行われる講演と交流会に
出席します。

その模様は、このブログになおちゃんが書いてくれるはずなので、
(とくにそんな約束はしてないが)みなさま、お楽しみに

明日は、久しぶりにSmileDaysの定例会にもなりそうです。

さて、この記事。
今書いてるこれ。

なんと、記事番号が

第250号

と、なりました。

いやぁ~。我ながらすごい

正直言いまして、連日の更新は、ひとつに、
けっこう時間を費やします。

やっとできたーっと思って、記事を投稿したら、
ちゃんとUPできてなくて、文章が消滅したことも、
何度かあったし
そういうハプニングに見舞われて、パソコンの前で
泣きそうになった事も多々あります。

でも、連日60~80名くらいの方々に読んでいただいている
ことで、私も元気をいただいています。

少しずつですが、ブログのおかげで新たな出会いや、
新たな交流もはじまっています。

300号の記事を書くその日、もっと良いブログになっていることを
思い浮かべながら、これからも頑張ります

記:しろ~

のぞみ訪韓団4日目 最終回
2008年07月11日 (金) | 編集 |
しろ~です
今日7月11日は、のぞみ訪韓団の訪韓初日の
1月11日からちょうど半年の節目です。

長い月日もあっという間で、連載していたのぞみ訪韓団の報告も、
今日で、一応のフィナーレを迎えます。

当初は、こんなに引っ張るつもりはまったく
無かったのですが、他の記事の更新とかの
影響もあって、どーせなら今日をゴールに
しちゃおう。

って、言うわけで、続きをどーぞ。



訪韓から4日目。
口の中がパッサパサになったOimOくんとしろ~の二人
前日の飲みすぎもあるが、さすがに最終日はいろんな
意味で朝からダルい寝起きだった

目が覚めたのは10:30ごろだっただろうか。
別の部屋からふんばりや、Uくん、たっちゃん、OKAっPIKIたちが
次から次へとやってくる。

窓の外は、この4日間で一番の晴れ
街角では、赤いもので統一した100人くらいの人だかりが
デモをしていました。

リーダーNくんから、今日の昼食は男だけでどっかに行こう!
という行き当たりばったり的な計画を提案されて、
私たちは身支度を整えて、昼食に行きました。

ホテルから歩いて3分ほど。
焼肉店を探して数件尋ねて、ようやくメニューが日本語で
書いてある看板を発見!

『ここにしようか?』と、お店の人に日本語が通じるのか聞こうと
思ったら、お店の人から招かれてそのまま座敷へと案内されました。

メニューが日本語で書いてるから、きっと日本語が通じると思ってたら、
お店には誰一人として日本語の通じる人がいませんでした

どうしようかな…、って韓国語の本をめくってたら、リーダーNくんは、
おかまいなく地元の八女弁でお店の人にいろいろ言っている
『それで通じるの?』って聞くと、リーダーは、
『バンクーバーで外国人に八女弁で怒ったら、言葉はさておき、感情は通じたったい』
って、言っておりました
私たちSmileMens7(スマイルデイズのむさい男7人)は、焼肉をつっつき、
石焼ビビンバをほおばり、青とおがらしで口の中がフィーバーするランチを
おいしくいただきました。

IMG_4094_640.jpg
こんな感じの料理です。

とてもおいしかったです。

そして、お店の店員さんにお願いして、SmileMens7は
田舎もの丸出しで、記念撮影もしました

ホテルに戻り、帰りの身支度を整えて部屋をかたづけ、
忘れ物が無いかをチェックして、お世話になった部屋に
別れの挨拶をしました。
IMG_4091_640.jpg
部屋を出る時に撮った最後の1枚

一階のロビーに行くと、みんなも部屋を出てきてて、
チェックアウトをしていました。

その私たちの元へ、今回お世話になった韓国のオウさんたちが
仕事の合間にお見送りに来てくださいました。

出発前にビッグママは、リーダーNくん、なおちゃん、オウさんとしろ~を
お供に、すぐそばにある福岡県ソウル事務所のYさんのところへ挨拶に行きました。

今回の国際交流の御礼とこれからも交流をしたいとの想いを伝えて、
ホテルに戻り、私たちはバスに乗り込み、オウさん達から見送りを
していただいて、ソウルをあとにしました。

仕事をわざわざ抜け出して最後まで見送ってくださった、
オウさんたちに感謝してますカムサハムニダ

私たちは、ツアーのパックに含まれてる免税店へと途中下車しました。
ここのお店は店員さんの対応が横着だったので、この4日間の中で、
嫌なことなんかひとつも無かったのに、みんなも機嫌を悪くしてしまったね

来たときは雪景色のソウル。

今日は、ホントに気持ちのいい青空のソウル。

任川国際空港までのバスの車内はまるで遠足気分
後部座席の私たちは、お菓子を回してワイワイ言いながら、
旅の思い出を語りました。

IMG_4146_640.jpg
韓流ドラマや映画に出てくる現代社の高層マンション群

IMG_4151_640.jpg
漢江(ハンガン)を見るのも今日が最後

空港が近くなると、もう日本に帰るんだな…と、寂しい気持ちに
なってしまいました。
みんなも急に静かになったので、きっと同じようなことを思ってる
んだろうなと、思って見渡すと…寝てるや~ん

IMG_4164_640.jpg
空港が近くなると、バスの中は静まり返った…

いよいよ、日本に帰るんだな…。帰りたくないな…。
このままソウルに住みたいな…。

そんな気持ちになりました

IMG_4162_640.jpg
君たちはどこへ帰るの?私たちは、これから日本に帰るんだよ…

空港へ着き、運転手さんにお礼を言って、
ガイドのパクさんの案内で搭乗手続きへ。

空港のロビーは、さすが国際空港。
多国の人々がごった返しています。

私たちのそばでは、中東あたりの衣装を着た団体さんが、
ロビーでみんなでランチタイムしてました。
きっと、長い旅なんでしょうね。

私たちは、搭乗手続きを終えて、4日間ガイドをしてくださった
パクさんとも、ここでお別れ。
パクさんは見えなくなるまでお見送りしてくださいました。
パクさん、カムサハムニダ

さて、免税店でお土産でも買おう!!って思ってたら、
すぐに搭乗が始まり、お土産も買えないまま飛行機に乗り、
あっという間に飛行機は離陸体勢。

飛行機が滑走路から浮いた瞬間、私は心の中で
『また、必ず来るからね』って、韓国の地へ別れを
告げ、横にいる てけてけmt さんを見ると…寝てました…

1時間ほどのフライトで、福岡へ到着。

福岡が1月なのに少し暑いと感じるほどの温度差。

私たち、のぞみ訪韓団一行も、ここで解団。

ひとり、またひとりと帰っていく仲間たちを
なおちゃんとOimOくんとしろ~の3人は見送り、
私たちも、再びの再開を約束して解散しました。

空港からの帰り道。

なおちゃんを横に乗せて、北九州までの道のり。

さすがにくたびれた私たちは、口数も少なくなってましたが、
今回の国際交流で得たさまざまな体験と出会いをこれからも
大切にしていきたいね。そして、ブログでみんなとの交流を
続けていこうねと話をしました。


北九州にたどり着き、なおちゃんと別れて家に到着。

くたびれまくった私を一人で留守番していた母は笑顔で
迎えてくれました。

『韓国、どうだった
その笑顔は、韓流ドラマ、映画大好きの韓国に行った事のない
母の興味津々の好奇心の表れ

へとへとの私を、母は拷問のように2時間も捕まえて、
質問攻めにしましたとさ…
お・し・ま・い





…余談ですが、そんな母も6月に初のソウル旅行に行きました。
あの百万人デモの最大結集の日の夜に、母たちも紛れて?
迷って?群集の中にいたそうです。(おいおいっ…)

キャンドルをもった群集に一生忘れられない思い出ができたと
喜んでいました。





連載シリーズ『のぞみ訪韓団 国際交流』いかがだったでしょうか
大切な出会い、そして笑いあり、涙ありのほんとに有意義で貴重な経験でした。
ビッグママをはじめ、国際交流実現のために協力をしてくださった
多くの皆様に、参加者のひとりとして本当に感謝をしています。

この場をお借りして、お礼申し上げます。

ありがとうございました&カムサハムニダ


そして、本年10月は、韓国から福岡へ国際交流パート2として、
総勢25名ほどの方々が来福されます

オモニたちとの再会が楽しみです
これから忙しくなるぞぉ~


はじめて見ました
2008年07月10日 (木) | 編集 |
みなさんは“山笠”を見られたことってありますか?

福岡を初め、九州在住の方はご存じかもしれませんが
県外(本州でも端っこですが・・・)の私は、
実は最近まで全く見たことがありませんでした(^^;)。


先日、受診の為福岡に行って来ました
その時の出来事を書きます。


その日は午前中に受診が終わり、
検査の為、朝食は絶食だったので速効でランチを


そして午後からどうしようかと・・・



「そうだ。アーケードをのんびり歩いてキャナル※に行こう
と思いつき、動きました
(※“キャナルシティー”という福岡の中州という所にある大型商業施設。
“キャナル(運河)”沿いにホテルやお店などが並び、
キャナルからは巨大な噴水が高く噴射されるという観光?スポットです。)


地下鉄に乗って中州川端で下車


体力も回復し、だいぶ単独行動もできるようになりましたが、
やはり階段や電車に乗ったり、
長距離を歩くのに少々バテました(*_*)
この日はかなり蒸し暑かったし・・・


駅について、階段を上がると中洲川端の商店街のアーケードの端っこに出ます。
右へ曲がると博多リバレイン(←歌舞伎などのお芝居が見れるところ)。
左へ曲がるとアーケード。
アーケードをずっとまっすぐ歩くとキャナルに辿り着きます



先日、地下鉄の改札を出て、駅の階段を上って地上へ出て、左へ曲がった瞬間・・・


ん?!( ☉_☉)


ド・・・ドラえもん( ☉Д☉) 

yamakasa1_640.jpg

私の目の前に巨大な物がそびえ立っていましたΣヽ(゜Д゜; )ノ=3 



初めてお目にかかった、飾り山でした。
商店街の中にあった山笠をご紹介します。

yamakasa2_640.jpg

yamakasa3_640.jpg


表と見送り、両面それぞれが全く違ったコンセプトで作られていることにも驚きました。
天井にまでそびえ立つその山を観に見物客がポツリポツリ。
観覧用の木の椅子に腰掛けて観ていらした方も。

アーケード内ではお盆に備えた商品が並べられていたり
風鈴の音が響いていて、そんな中に大きな山が(*´∪`*)

yamakasa5_640.jpg




そしてこんなお店も発見
yamakasa6_640.jpg

なぜかコリアンショップが


なんだかいつもと違った、何とも不思議な雰囲気のアーケードでした。





そして目的のキャナルに到着。
するとココにも

yamakasa13_640.jpg

地下の広場からそびえ立つ飾り山


そして、時刻はピッタリ2時となり・・・




たくさんの噴水が舞い上がりはじめました
(キャナルでは1時間毎に噴水のパフォーマンスが行われています)


飾り山と噴水のコラボ
なかなか見れる物ではないかもしれません
飾り山より高く舞い上がるたくさんの噴水は、
見ていてかなり楽しめました

yamakasa9_640.jpg

yamakasa10_640.jpg





最近、受診でまた頻繁に行くようになっている福岡ですが、
今まで十年以上も通っているというのに
この日まで一度も“山笠”を見たことがありませんでした


これまで入院期間や受診日が
山笠の時期と重ならず見る機会もありませんでしたが、
今回は偶然にも、しかもナマで見ることができました




ところで、この山笠ってどんなもの?
 いろんな言い伝えがあるみたいなんですが・・・

  伝承によると、鎌倉時代の1241年夏、
  博多で疫病が蔓延し多くの人々がその犠牲となりました。 
  このとき、宋から帰国してきた承天寺の開山聖一国師弁円が、
  町人達のかつぐ施餓鬼棚に乗って町内を練りまわり、
  疫病封じの祈祷水をまき清めたとされます。
 
  この施餓鬼棚が発展して山笠の形となったともいわれていますが、
  それについては他にも諸説があり、その起源は定かではありません。
 
  毎年7月1日から15日までが山笠の期間であり、
  その間、博多の町のいたるところに「飾り山」が建てられ
  行き交う人々の目を楽しませてくれます。

  1日には当番町、9日に全流れによる筥崎浜でのお汐井とりが行われ、
  10日夕刻の流舁きから舁き山笠が動き出す。
  11日早朝は朝山、12日午後は追い山ならし、13日午後は集団山みせ、
  14日の流舁き、そして15日早朝の追い山で全行事を終わります。

博多祇園山笠講座より




TVのニュース等で少し見たことはありましたが、
今回ナマで見て、そしてネットで少し調べてみて、
初めて知ることばかりでした。

福岡というと・・・「博多!」「天神!」「都会」っていう
イメージがありますが、
そんな中でも地域独自の伝統的な行事が
今でもず~っと行われているんだなぁと思うとうれしくなりました

期間中は、普段の福岡の街中のあちこち
(博多駅前、天神、中州周辺、県庁前等)に飾り山があるようで、
初めて見た私にはどれも迫力満点でビックリでしたが、
(ひとりでパシャパシャと携帯を片手に歩いてました
福岡の皆さまにとっては生活の一部
「今年もこの時期が来たな~」って感じなのかな?

それにしてもどの山も凄かった (^-^*)♪


今年の飾り山やこれまでの飾り山、歴史等が
掲載されているホームページを見つけたので、
興味のある方は覗いてみて下さい。

リンク貼ってなくてごめんなさい。
 検索キーワード;“博多祇園山笠”で探してみて下さい。

私が撮った画像よりも迫力あるものがたくさん紹介されてますょ



福岡のみなさんは、追い山等を
実際にご覧になられたことってありますか?

今回紹介したこの巨大な山笠が動くとなると、
かなりの迫力でスゴそうですね
動かすのも一苦労だと思いますが、男性陣の熱気も凄そう

見物の人も当日は多そうだし、私なんかだと潰されそう・・・(;・∀・)



記;なおちゃん




追加~~

今日、TVを見てたら山笠のことやってました
しかも、私が行った商店街で生中継

私が書いた記事で、
「山笠(飾り山)を動かすのは大変そう・・・」って書いてましたが、
後から読み返してみて
「ん? 飾り山って大きいし、重たいし、
あんなに立派な人形達がお祭りに出て大丈夫なの??
もしかしてお祭りでは運ばないのでは??」
って思ってたのですが、
TVの解説を見てみると、どうやら飾り山も動かすようです(^-^)v

お祭り用の小さめ(でも重そう)の山笠が主に使われてるみたいですが、
そんな中で飾り山も「走る飾り山」として、お祭りで使われているようでした。
やはり、小さな山笠に比べ迫力が違うみたいです (^-^*)♪

しかも、その飾り山は商店街にあった山笠が毎年使われるみたいです
福岡市内のアチコチに飾られている山笠の中で、
唯一、商店街に飾られている飾り山笠だけが
動く仕組みになっているようです
そして、あの巨大な山笠が、毎日少しずつ商店街の中を、
櫛田神社まで少しずつ動かしているんだとか(;・∀・)


初めて知ることばかりでした。


のぞみ訪韓団3日目その5
2008年07月09日 (水) | 編集 |

忘れた頃にやってくる、のぞみ訪韓団もいよいよ大詰め。
帰国前夜のお話です。




私たちは夕食に“山村”というお店に向かいました。

このお店、ニューヨークタイムズだったか、ワシントンポストだったか、
もう忘れてしまいましたが、そういったメディアにも紹介されてる
お寺を改造した、精進料理を出すお店です。

しかも、サプライズイベント付き

私たちはお店に向かう途中、奇妙なロボットに遭遇しました。
 
IMG_3855_640.jpg
なんだ?コレ?

横にはTVで、このロボットの出ているCMが流れていました。

私たちは、ロボットと一緒に記念撮影もしました。

“山村”に着くと、お店の前には石の鉢に花が浮かんでいて、
とても綺麗だったのですが、なんか様子が変。

ハッ

水も、花も凍ってる

そりゃそうです。連日氷点下ですからね。

IMG_3858_640.jpg
凍ってます。

お店に入ると、ほんとに寺の造りでビックリ。

席の周りは、綺麗な照明がたくさんありました。

IMG_3874_640.jpg
うちにもひとつ欲しい…

目の前には、たくさんの精進料理が出されて、マッコリ(発泡酒)とビールが
とてもおいしい夕食の時間の始まりです。

乾杯の挨拶が済むと、みんな食べる食べる

いやーっ、おいしかったよ。

マッコリをボトル2杯分くらいと、ビールを一本くらい飲んだかな。

食事が出てから1時間ほどして、突然部屋の照明が消えました。

すると、音楽とともに、男性が現れて、なにやら書道のパフォーマンスが
はじまりました。

次々といろんな人が現れては消え、舞踊や太鼓の演技が続きます。

IMG_3990_640.jpg
ビューティフルです。

IMG_3997_640.jpg
ダイナミックです。
IMG_4029_640.jpg
もう、圧巻です

これらの演技が終わると、場内は拍手拍手

そして、トイレへと駆け込む人の渋滞発生。
(演技の間、席から立てなかったから)

男・女とも、トイレはひとつずつ。

私は、あるご婦人が我慢の限界を訴えていたので、

『男子トイレに入っていいですよ、私が見ておきますから』と

言うと、ありがとーって行ってダッシュで

駆け込んでいきました。

そこへ、扉を開けようとする白人の男性が1名。

私は英語が苦手なので『すとっぷ!れでぃー、いん!』って

言うと、その男性は『OK!』って言って、私と一緒に

トイレの前に向かい合って出てくるのを待ちました。

私が、その男性にジェスチャーで『ガマンできる?』って

聞くと、『イエス!』って答えてくれました。

そこへ扉を開けて先ほどのご婦人がすっきりした様子で、

『はぁ~、間に合ったぁ~。しろ~くん、ありがとう!』

って言って、出てきました。

私は、先ほどの男性に先をゆずり、紳士な振る舞いで

順番を必死に待ちました…

さて、お店を出てから、写真なんかを撮ってたら、

みんながなにやら屋台で買っています。

どうやら、ホットックのようです。

IMG_4065_640.jpg
えっ!まだ、食べるの

※ちなみに私は前日のロッテワールドにて、オモニから
  コレを食べさせていただきました。

みんなあれだけ食べてまだ食べてる

よく入るねぇ~、まったくって言いながら、

わたしは通訳のYさんに初日から食べたい!って言ってた

トッポギの屋台を教えてもらい、2000ウォンで買って

食べていました(人のこと言えない…

私たちはそれぞれ、最後のソウルの夜を見物しながら、

ホテルへと戻ることにしました。

帰り道、ビッグママやボスたちへ私からの提案で、

『私の部屋でみんなで飲みませんか?』ってお誘いしたら、

『それ、いいねーっ』ってことで、

ボスのおごりで、コンビニでお酒とおつまみを買い、

私とOimOくんの広い部屋が狭く感じるくらい、

総勢10名ほどの2次会が始まりました。

今回の旅の感想から始まって、意見が進むにつれて、

私たち経験者が今日までどんな思いで生きてきたか、

治療の中で、失った仲間へどう思っているのか、

病気へ対して、今は感謝してることや、これからの

あり方等々、数時間のお話があっという間に過ぎたと

感じたぐらい、内容の濃い話をいっぱいしました。

この2次会が、親の会(木曜会)、ボス、院内学級、

そして私たち経験者たちの連帯の輪を広げる重要な

出来事になりました。

今回の、訪韓で一番交流をもてたのは、他でもない、

私たち訪韓団メンバー自身だったと、今は思います。

そして、夜も更けて、私の部屋にはSmileDaysのメンバー

だけが残って、さらにさらに飲みました…。


私の部屋から、みんなが自分の部屋に戻ったあと、

私はろれつが回らないくらい酔ってしまい、一生懸命

感想文を書いてるOimOくんの背中を見ながら、

ゆっくりまぶたを閉じて寝ました…。

そして、翌朝…。


バスタブにお湯を張るのを忘れてた私たちは、

モーレツに乾燥してガビガビになった口を開けて、

“アアぁ゛~
って叫びながら、洗面台に駆け込みましたとさ…。

おしまい




次回、いよいよ感動のフィナーレ!

のぞみ訪韓団 4日目 最終回の巻へと続く…。





久留米大学病院 小児科のホームページリニューアル!
2008年07月09日 (水) | 編集 |
しろ~です。

久留米大学病院の小児科のホームページがリニューアルしました

ボスから、リンクよろしく

との事ですので、掲載しますね。

小児科ホームページはこちら→久留米大学医学部小児科学教室

  
そして、

  その中の専門グループ紹介の中の、
           ↓
    血液・腫瘍グループの中の、
           ↓
         小児がん

のところに、スマイルデイズのブログのことが

紹介されてます

見てみる→小児がんのページ 

これはボスの企み…イヤ、おはからいです。

ボス、ありがとう


なんだこりゃ!いきなりメチャクチャ暑いぞ!!
2008年07月08日 (火) | 編集 |

しろ~です。
とてつもなく暑いですね

メチャクチャ暑い

こんな日に限って、カンカン照りの屋上で作業してきました。

こんな日は、何を書けばいいの

って思っていましたら、さっき下校途中の小学生が

紙飛行機を公園で飛ばしているのを見ました

そーいえば、昔は病棟で紙飛行機を作って飛ばしては、

先生や、看護師さんにメチャクチャ怒られてたな…。

…と、いうことで

今日は、暑い夏でも、夢中になれる。

紙飛行機の作り方をリンクします

こそーっと、紙飛行機を作ってみる→ 紙飛行機の作り方

さぁ、そこのあなたも、この暑さや嫌な事や、むしゃくしゃすることを
紙飛行機に乗せて、飛ばしましょう!!

…今度ブーメランを、作ってみよっと



追記:今日、今年初めてのセミの鳴き声を聞きました。



梅雨明けしたので…
2008年07月07日 (月) | 編集 |
しろ~です。
北部九州が梅雨明けしましたので、ブログのデザインを
夏バージョン(ハワイアン風)に変えました

暑い暑い、夏到来!!

冷たい麦茶?麦酒?でも飲みながら、
ブログをお楽しみくださいませ

自分を知るために…性格診断!
2008年07月07日 (月) | 編集 |
みなさんは、“エゴグラム”っての、ご存知ですか

エゴグラムは、50項目の質問に答えることで、
243パターンに分類された性格のどれに自分が
当てはまるかというものを診断してくれます。

占いとかと違って、自分の考え方や、価値観、
生き方、人との接し方など。

現実的な自分の事を教えてくれる簡単にいえば、

性格診断です。


エゴグラムをやってみる→エゴグラム

ちなみに、私は職場に新人が入ると、
このエゴグラムをやらせます。
※もちろん意味を説明した上で、同意をもらって。

私の仕事は、チームワークや責任能力、危険察知、
瞬間的な判断力等が必要とされるため、新人が
こうした能力を持ち合わせているか、不足していれば、
どうフォローするか…。
そういう管理者としての立場からも、とても参考になる
診断結果が出てきます。

私がつべこべ言うよりも、一度、お試しあれ
そしたら、私の言ってることもわかるはず

ちなみに、リンク先のエゴグラムは無料です。

自分では気づいてない自分を知ってしまうかも

ちなみに、しろ~ は1年前の結果と、今回の結果に
変化がありました。

やっぱり、これ、おもしろい。

記:しろ~

追記

本日は七夕ですね。
例年曇りや雨で、なかなか天の川が見れないけど、
今夜は見れるかな…?



ブログの参加者について
2008年07月06日 (日) | 編集 |
しろ~です

最近、ブログをご覧になってる方々からのご意見で、
コメントをされてる人が、誰が誰だかわからない
といった話をよく聞きます。

たしかに
毎日ご覧になってる方はわかると思いますが、
最近になってブログをご覧になる方には、
ややこしいかもしれません

そこで
今日は簡単にですが、スマイルデイズのブログに参加されている
関係者の方々で、誰がどんな人かをご紹介できる範囲で、紹介しますね





現在までに、主にブログへ参加されてる方々。
※ブログのコメント等からわかる範囲で()の中に説明を入れますね。

SmileDaysのメンバー(小児がん経験者)は…
しろ~
(ブログ管理人・北九州在住)
なおちゃん(ブログ管理人・山口在住)
OKAっPIKIくん(久留米大学病院の長期フォローアップ コーディネーター)
てけてけmtさん(ミソジ(三十路)デイズのリーダー・宮崎に潜伏)
ふんばり温泉くん(ブログ:ふんばり温泉の主パンヤの管理人)
OimOくん(福大病院 親の会『みらい』のブログ管理人)
プルンさん(スマイルデイズの新メンバー)
さわちゃん(スマイルデイズに近日復活)

そして、我らがリーダーの
リーダーNくん

そして、久留米大学病院・小児科ドクターで、SmileDaysの生みの親
 I せんせい(ボス)


関係者のみなさま…

ビッグママさん
(親の会=木曜会のメンバーで、(財)がんの子供を守る会の九州北支部の理事)

step by stepさん
本年3月末まで、久留米大学病院小児科の院内学級の担任の先生をされてた。

はなさん
輝くこどもたち天使になった子供たち等の
小児がん関係のサイトをたくさん運営されている経験者のママさん。


と、いった方々がいらっしゃいます。

まだ、ほかにもコメントをしてくださる読者の方々がいますが、
あくまで“関係者”という範囲で、ご紹介できる範囲で紹介
しましたので、ご了承くださいませ。


これで、私たちのブログもなんとなく読みやすくなったでしょうか…


本日はアニバーサリーぃ~
2008年07月05日 (土) | 編集 |
しろ~です。

今日は私の記念すべき誕生から11111日目です
※だからどうしたぁ~って、言わないでぇ~

リンクに張っているkeisan(計算サイト)にて、自分が今日まで
“何日生きてるか?”を計算できます。

毎日、充実した日々を送ることは、努力なしには難しいですし、
かといって、努力すれば思うようになるわけではなく、
自分の力ではどうしようもない事があったり…。
そんな時もありますよね。

私の好きな言葉のひとつに、
『良いことばかりが続くなんて事は、不思議な事と思いなさい。
 世の中は乱れていて、悪い事が多くて当たり前なのだ。』
というのがあります。
うーん、なんてポジティブなんだろう。
 
今日で11111日目迎える事を前々から
知っていましたが、私は今日までいったい何日を自分のためだけに使ったか?
何日、人のために動いたのか?何日、生き方を迷ったのか?等など…。


今日は、そんなことを考えてもみるわけです。

過去を振り返ると…

楽しかった出来事は、振り返ってもあまり残ってないこと。

人からされた冷たい仕打ちは、今も胸に傷が残ってること。

人の心を傷つけてしまったことが、今でも悔いに残ってること。

自分のコンプレックスに押しつぶされそうになって振り回されてたこと。

あきらめる事が当たり前になってしまっている自分になってること。

弱い心に支配されて、自分に自信が持てなくなってしまってること。

肝心なときに勇気が出せない、ため息のでるような自分になってること。

10代~20代半ばまで、けっこうネガティブだったんです。私。
※暗くなってごめんなさい

『病気が治っても、なんでこんなに毎日が苦しいんだ?
 なんで俺は今も生きてるんだ? 力がなくて何もできないじゃないか!
 俺にいったい何ができるっていうんだ!!…』

心の中で、毎日そう想い苦しみながら過ごしてました。

今思えば恐ろしいことですが、心が荒んでしまって、
私は自分の体を刃物で傷つけた時期もありました。

この頃は、正直言って、生きることに希望が持てなかったんです。


でもある日、私の知人から連絡があり、
『病気で悩んでいる人がいるから、あってほしい』と、その方の
ところへと連れて行かれました。

私は、最初にその人の顔を見て、『俺に触るな!』って目を
コチラに向けたのを感じました。

心が孤独になってしまった人なんだと思って、私は
開口一番に『病気が怖いですか?』って聞きました。

相手の方は『ハァ?』って拍子抜けして、驚いていましたが、
自分の今日までのことを順番に話してくれました。

向かい合っての対話は数時間になりました。

私も、自分の闘病の話をしました。

その方は、最後に私にこう言ってくれました。

『今日は、お話ができてうれしかったです。
 健康な人から頑張れって励まされても、
 私にはイヤミにしか聞こえない心になって
 いました。でも、
 しろ~さん、あなたと話してたら、こんなにも
 気持ちの通じる人がいたんだ。って、思えて
 心のつっかえが取れました。
 私も、自分と自分の病気にちゃんと向き合います。
 あなたは、私の希望です。』

そう言われて、私は心の底から嬉しさがこみ上げてきました。

その帰り道、連れて行ってくれた知人が口にしたのはこんな言葉でした。

『ずっと話を聞いてたけど、 あなたと、あの人だからできる
話なんだって感じて、話に入る余地が私には無かった。
病気や環境が違っても、通じ合えるんだね。
あなたを連れてきて正解だった』

私も、一人になってからこの出会いを振り返って、
自分にひとつ答えが出ました。

『ありのままでいいんだ。このままの俺でいいんだ。
 背伸びなんかしなくていいんだ。大したことが
 なーんにできないでも俺にしかできないことってあるんだ!』って。

私はその出来事で、ネガティブな自分から抜け出すことができました。

それから、いきなりポジティブになれたワケではなかったけど、
私は、それから積極的に悩みを抱える人の話を聞くことにしました。

一緒に悩んで、あげると苦しみが分かち合える。
相手も、心の痛みが軽くなる。
乗り越えたときは、私も心から一緒に喜べる。
自分が経験しない事も、自分の事のように体験できるという
事で、心の成長が早くなるんだなって感じて。

私は最近、目の前にいる人を笑顔にする!って心に決めて、
人に会うように心がけています。

相手がどんなに落ち込んでいても、暗くても、私がそれに引きずり
込まれなければいい。
反対に、私の心が楽観的だと相手も次第にそれにつられて
最後は笑ってくれるんです。

笑顔って大切です。
病気を乗り越える力にもなるって研究でわかってるほどです。

でも、笑えない世の中の事情がいつも私たちにはあります。
毎日、悲惨な事故や事件、自殺の報道を見ると私は、
ほんとに悲しくなります。

今、病気や飢えで、一日でも長く生きたいと願う人がいる現実と、
人を、命を大切にできない人、欲で人を不幸にする人がいる現実と
この世界にはそのどちらもがあることを実感します。

命を大切に…。この言葉

別に、スケールの大きなことではないと私は思います。

そばにいる家族や、愛してる恋人、大切な友人へ想う
愛情や友情が、もう少し広がって、すれ違う人、触れ合う人、
同じ乗り物に乗る人、職場で会う人、近所の人にまで
エゴを乗り越えて少し出せたら自分の心も豊かになって、
お互いに大切にできるのに…。

そう想います。

私には、辛いことや、悲しいことがたくさんありました。
でも、その経験が人のために役立つんだと実感できるようになって、
今はそのおかげでポジティブな自分になれました。

過去のつらいことや悲しいことを振り返れば、それらが心を
強くする材料になってくれていると、感謝しています。

まだまだありますよ。私の心に残っているもの。

さりげない温かい言葉が、私を支えてくれてること。

私の笑顔が、相手の顔にスマイルをメイクできること。

私の生きてる姿を見て、希望を持つ人がいること。

こんな私でも、私にしかできない使命があること。

そしてそれは私だけでなく、誰もが本当は持ってること。

命が、持ってる力はめちゃくちゃスゲーんだってこと…。



話がだらだらと、長くなってしまいましたね


次のキリ日は…15000日目かな…。

この日を迎えるときは、もっとたくさん経験を積んで、
よりポジティブに、より成長した自分でありたいと
願ってます

俺は何歳になってるかな?計算しなくちゃ



もうそろそろ?
2008年07月04日 (金) | 編集 |
昨日、天気予報を見ていたら
明日以降“九州・山口”はず~っと晴れ(のち曇り)。

もうそろそろ梅雨明けするのでしょうか?


「今年、そんなに雨降ったっけ??」
って母に尋ねたら、

「あなたはずっと家にいるから分からんのやろ」
「たくさん雨降ってたよ」
と言われてしまいました・・・


諸事情により只今、日中は引きこもり中な私です
時々は外に出てますが夕方から行動中
あまり外の状況が分かってないのかも・・・。


そろそろ、私の苦手な蒸し暑い季節がやってきそうです


そして、このブログのデザインも梅雨も明けて
“カエルさん”から“夏バージョン”??に変わるのでしょうか?
まだ、それどころじゃないのかな・・・


私がこのブログ内の設定が分かればいいのですが・・・、
ここは師匠におまかせすることにしましょう


いつになるかは未定ですが、
そんな話しを過去にしろ~さんが話していたので、
みなさまお楽しみに~




記;なおちゃん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。