小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆スマートムンストン2007 in KIYOSATO☆
2007年06月29日 (金) | 編集 |
スマイルデイズメンバーのなおちゃんよりお知らせです (^-^*)♪




今年もスマートムンストンが開催されます♪


スマートムンストンとは、キャンプスタッフの医師の名前の頭文字から、細谷亮太先生の(聖路加国際病院副院長・小児科部長)の『細(スマート)』、月本一郎先生(済生会横浜市東部病院こどもセンター)の『月(ムーン)』、石本浩市先生(あけぼの小児クリニック院長)の『石(ストーン)』で、ちょっと短くして「スマートムンストン」。参加者の命名です。


このキャンプは小児がん経験者の子ども達を対象としたサマーキャンプで、病気を経験してきた、そして自分の病気について理解している(病名告知を受けている)子ども達が全国各地から集まり、仲間と一緒に様々な経験や体験をしながら交流を深めるというもので、毎年開催されています。

『病気とたたかってきたみなさんに集まってもらい、自然の中で思いきり楽しみながら、病気について気になっていることを話したり、日頃悩んでいることを語り合うことで、スッっと肩の力を抜いて、ちょっぴり大人になってもとの居場所に戻ってもらおう』という事を主旨としています。
 
参加しているのは小児がん経験者と、報道関係者(新聞記者、キャンプの様子を動くアルバムとして残す為の撮影スタッフ)、医師、看護師、保育士、ソーシャルワーカー、そしてボランティア。近年では、初めは経験者として参加した子ども達が、ボランティアスタッフとして参加しています。


 私は数年前(始めて九州の阿蘇で行われた年)に初めて参加者として参加しました。きっかけはこのスマイルデイズリーダーのN氏。
 スマイルデイズメンバーは2001年(確かこの年くらい??)に行われたキャンプをきっかけに、毎年キャンプに参加するようになりました。私も毎年キャンプに誘われ続けていましたが、2003年に初めて念願のキャンプに参加することができました。初参加の時に比べたら、少しは私もボランティアスタッフとして成長できたのでしょうか??現在ではスマムンキャンプに参加できることが、私にとって最大の楽しみとなっていて、ほぼ毎年参加させていただいています。



《スマートムンストンの歴史》
ここで、スマートムンストンの歴史をご紹介させていただきたいと思います。

◆1998年 神奈川県三浦ふれあいの村
 第1回目がスタート。キャンプの名称「スマートムンストン」が決定。
◆1999年(第2回) 神奈川県三浦ふれあいの村
 SMSのロゴが決定。また、この年からみんなの記録を動くアルバムとして残せるように、10年計画で映画を撮ることとなりました。
◆2000年(第3回) 山梨県清里キープ自然学校
 場所を三浦海岸から山梨の清里へ。参加者全員の手形をハンドプリントした大きなSMSの旗を作成。
◆2001年(第4回) 山梨県清里キープ自然学校
 ボランティア、参加者全員でやり遂げた2泊3日のキャンプに。キャンプ最終日にはキャンプの思い出を一人一句短冊に書き、すだれに掲げる。
◆2002年(第5回) 山梨県清里キープ自然学校
 新しいメンバーもたくさん加わり、またひとつ成長を遂げたキャンプに。最終日には各自思い出のキャンドル造りで締めくくる。
◆2003年(第6回) 熊本県休暇村南阿蘇
 日本航空システムの協力により、JASチャリティーマイレージを利用し、熊本県阿蘇のふもとにある休暇村南阿蘇で開催。スマイルデイズメンバーもキャンプ開催に向けて準備を手がけました。キャンプ中ずっと雨に降られましたが、雄大な自然と大地に囲まれ、おいしい空気をいっぱい吸った3日間でした。
◆2004年(第7回) 北海道滝川市丸加高原
 「病気とたたかう子どもたちに夢のキャンプを創る会(そらぷち・キッズ・キャンプ)」の協力で、そらぷちのプレキャンプとして開催。グライダーにカヌー、ジンギスカンにサッカー、乗馬に酪農体験、そしてキャンプファイヤー。イベント盛りだくさんでしたが、北海道の雄大な土地と空気に触れ、手が届きそうな星空を見上げながら語ったり歌ったりした4日間でした。
◆2005年(第8回) 岐阜県トヨタ白川郷自然学校
 山登りやハイキングに挑戦し、自然の産物を使った物づくりも体験しました。自然に深く包まれた施設で、のんびり、たっぷり過ごした4日間でした。
◆2006年(第9回) 山梨県清里キープ自然学校
 6年ぶりに山梨県清里にて開催。6年前に参加者だった人たちがボランティアとして清里に戻り、成長を実感するキャンプでした。

そして2007年(第10回)。。。


                            ※『スマートムンストン2007』しおりより





キャンプに参加するボランティアが同じ様な病気を経験した元患者であるということ、日頃も各地の医療現場にて小児がん患児と日々関わられている様々な関連職種の方々が参加されているということもあり、キャンプ中の何気ない会話の中では自然と病気に対する思いや悩みを話すことのできる、とても安心できる空間です。同じ体験をしてきた仲間同士の出会いや交流は、私にとって病気に対する考え方に大きな影響を与えてくれました。
 今後もひとりでも多くの小児がんを経験する子ども達がこのキャンプの存在を知り、参加し、たくさんの仲間達と出会い、交流することによって、病気に対して前向きとなれるきっかけとなって欲しいと思います。

 今年も7月下旬に山梨県清里高原にて第10回のスマートムンストンサマーキャンプが開催されます。今年は記録映画の撮影も節目の年です。



※今年のキャンプの申し込みは締め切られました。
 みなさん、来年のキャンプ(開催は未定ですが…)には参加されませんか?






スポンサーサイト
今日から管理者の仲間入り
2007年06月29日 (金) | 編集 |
しろ~さんと共同管理をすることになり、初めて書き込みます。
隠れスマデメンバーのなおちゃんです。

昨夜久々にきららビーチ(地元の海岸です。ローカルでスミマセン。。)へ行って参りました。
海に浮かぶ満月(?)を撮ってみました。


きららビーチの夜景

※写真はクリックすると拡大されます。
※拡大した写真をクリックすると、元の縮小サイズに戻ります。



なおちゃんからの報告。
2007年06月27日 (水) | 編集 |
~記:なおちゃん~

先週末、がんの子供を守る会本部(浅草橋)にて行われた、スマートムンストンのボランティアミーティングに行って参りました。

久々にメンバーと再開できて、充実した、あっという間の2時間でした。

私は毎年、中高生グループの担当が多かったのですが、今年は初めて最年少グループ担当ということで、これまで以上に気合いを入れて、一緒に楽しみたいと思います。

今年はどんなキャンプになるのでしょう。今から楽しみです


ミーティングでの内容の報告については、ブログ又は個別にお知らせしていきたいと思います。


※(しろ~記)
スマートムンストンについては、Googleさんなどで検索をしてみてください
また、スマートムンストンのことについて、なおちゃんが記事を作ってくれてるので、後日掲載予定です。お楽しみに

がんの子供を守る会 浅草橋

※写真はクリックすると拡大されます。
※拡大した写真をクリックすると、元の縮小サイズに戻ります。

100名突破しました!
2007年06月26日 (火) | 編集 |
ブログの開設から19日目の昨日(日付がかわってしまったぁ~)100名突破いたしましたぁ~
ちなみに、コメントではなく、私宛にメールで報告をいただきました。
誰だか気になるっすか? 教えられません
今日までブログをご覧いただいた皆様に感謝です
そしてこれからもお付き合いのほどよろしくお願い致します

先日、仕事先でトンボの羽化を目にしました。
ヤゴの抜け殻はとっても小さいのに、出てくる成虫はすっごい大きいんです。
まさにイリュージョン
夏に向けて、昆虫たちも準備中の様です。
私の家の近辺はシロアリが来襲しております。
シロアリは、梅雨の豪雨が降る前に羽のついたオスとメスが一斉に空に飛び出すんですよ。
つまり、もう少ししたら、雨も勢いを増してくるって事…になるのかなぁ(ここまで書いておいて確信はあまり無い)

みなさんも夏支度できてますかぁ
トンボの旅支度


わおぉ!!
2007年06月23日 (土) | 編集 |
キリ番の100人目はいったい誰になるんだろ~
気になってブログ開いたら、自分だったりしてぇ~
スマデメンバーへお知らせとお願い
2007年06月23日 (土) | 編集 |
ブログの開設から18日目を迎えようとしています。
いまのところ、数名の方からは連絡やコメントをいただいてますが、
まだ、メンバーの中にブログの存在を知らない方もかなりいらっしゃると思います。

今一度、ご覧いただいてるメンバーの中で、他のメンバーをご存知の方は、
ブログの事を教えてあげてください。

なお、パソコンからの閲覧をお勧めします。

それと、メンバーのみなさまともっと連絡を取り合えるようにしたいと
思っています。
メンバーのなかで、メアドや電話番号が変更された、引っ越した!などの連絡を代表者N氏に通知されてない方、最近スマイルデイズの定例会に参加されてない方、またそのご家族や友人の方などいらっしゃいましたら、
しろ~宛のメールフォーム(ブログトップページ右下)

にて、送信する本文の中に、

1、お名前
2、連絡先(メアドのみでもOK)
3、近況や、自分のプロフィール、メンバーへのコメントがあれば記入されてください。

※管理者(しろ~)のみにメールは送られてくるので、個人情報の公表、公開はいたしません。

みなさん、よろしくお願いします。

スマデブログ初!リンクを貼りました!
2007年06月23日 (土) | 編集 |
このブログに初めてリンクを貼りました!!
これも隠れスマデメンバーことなおちゃんの情報提供とアポのおかげです。
感謝

たにやんのホームページ 2007~病気の子どもと家族の支援を考える~
というサイトです。

スマデの活動とも関連するホームページです。

リンク先に行けば、私達が説明するよりもよくご理解いただけると思うので、
スマデメンバーのみなさんや、関係者の方はぜひご覧くださいね
また、メンバーのみなさんからも、なおちゃんみたいに他のメンバーにみてほしいサイトがあったら、しろ~のメールフォーム(ブログ右下)から投稿していただければリンクを掲載しますよ

※当然ながら、リンク先の管理者の同意を必ずいただいてくださいね。
これ、マジですごくないっすか!??
2007年06月20日 (水) | 編集 |
四葉のクローバーを見つけて、ラッキー
まだあったりしてぇ…あっ、あった!
もう、さすがにないやろ~…はっ!!あったぁ~!!
すげーっ!3つも同じ場所に…はあああぁ!!またあった!
やべー!ちょっとこれ有りすぎやろ!!
ありがたみもなくなるばいねぇちゃぁ~×□○◆etcまた見つけてしもーたーあああああああっ!!!

ウソのような話ですけど、わずか15分ほどで、5つも同じ駐車場で見つけてしまいました…
採りすぎてごめんなさい…
友人と、犬の散歩がてら足元みたらあったんです。

一度にこれだけ見つけたの初めて…。
きっと、こういう事はもう一生無いかもね



よっ…四つ葉のクローバー

※写真はクリックすると拡大されます。
※拡大した写真をクリックすると、元の縮小サイズに戻ります。

高塔山へ…
2007年06月19日 (火) | 編集 |
少し前に紹介した紫陽花の名所、高塔山へ写真を撮りに行ってきました
ちなみに、今日は購入した新車の納車日で、初ドライブしてきました
スゲー数の紫陽花に男でありながら興奮してました(笑)
私が行った時間は、あちこちの老人介護サービスの遠足や、
デイサービスのツアーでごったがえしており、
彦○呂風に申しますと“お年寄りと紫陽花のコラボレーションや~”と言った状況でした(失礼)

まだまだ見ごろです。
是非、お時間があれば行ってみて下さい

ちなみに、車で行かないと、徒歩じゃキツイですよ~。




※写真はクリックすると拡大されます。
※拡大した写真をクリックすると、元の縮小サイズに戻ります。


ひと段落
2007年06月16日 (土) | 編集 |
二日間も更新して無かったことにいま気づいた
今週末は忙しい日が続いて、ようやくひと段落です
今日も朝からバタバタと用事をこなし、17時過ぎに帰宅。
それから飯塚のコスモスコモンまで演劇を観にいきました。
みなさん、演劇を観たことあるかな?

TVなんかじゃ無くて、目の前で役者さんが芝居してるの。
時代劇?とかよく聞き返されたりするけど、違いマース
今日の芝居はホームドラマでした。
幻想的なものや、サスペンスがあったりと、演劇も楽しいですよ。
北九州の小倉にリバーウォークというのがありまして、北九州市が創った
芸術劇場という舞台があります。
北九州の文化事業のひとつですが、普段TVに出ている有名な俳優さん
たちが公演に来たりもしますよ。
芝居を観たことが無い方は、是非、生涯で1度くらいは生の演劇を観てもらいたい
ですね。
時々、セリフをかむ役者さんがいたりすると、ニヤッってしてしまう
縁がないと、やっぱりなかなか観にいく機会もないのも仕方ないけど。


紫陽花のシーズン到来
2007年06月14日 (木) | 編集 |
梅雨入りした途端からまーよく降る雨だこと。
けど、中途半端だった紫陽花の花もようやく見ごろを迎えれましたね。
北九州には、紫陽花の名所で、若松区の高塔山という展望台のある夜景もきれいなスポットがあります(夜景は写真を参考)
なんとその株数は約3万7千株
彦○呂風にいうと…やっぱヤメタ
17日の日曜日はアジサイ祭りがあるそうです。

詳しくはSunflower-manさんのブログの記事に書いてあります。
Sunflower-manのこみみ情報局
http://blog.goo.ne.jp/nq1229/e/c2ebeaf7a9845e21af7eb73f4bf06480


梅雨の時期の楽しみ方って、趣味の多い人はあるでしょうけど、
考えても私は写真を撮る以外にあまり思いつきません…

みなさんは何か遊びとか、過ごし方とかをお持ちですか
あったら、コメントに残してください

※写真はまだ暗くない時間に撮ったから、夜景とはいえませんね



※写真はクリックすると拡大されます。
※拡大した写真をクリックすると、元の縮小サイズに戻ります。

訪問者数が50人を突破いたしました!!
2007年06月14日 (木) | 編集 |
このブログへのアクセストータルが50名を突破いたしました
ひとえに、支えてくださった訪問者の方々、スマデメンバーのみなさま、そして友人のみなさま等々、本当に感謝です
そして、企画の時から協力してくださってる“なおちゃん”にも感謝
みなさん、ありがとうございます。
もっともっといいブログになるように頑張ります
さてさて、北部九州も平年より8日遅い梅雨入りとなりましたね。
雨は好きだけど、豪雨や洪水やジメジメは嫌い
だけど、梅雨時期ならではの景色も楽しまなくちゃ

雨上がりの滝はちょっと怖いけど、水の流量が増してダイナミックなんです
彦○呂風に言うと、“マイナスイオンのフェスティバルや~”みたいな感じ。
轟く滝の音も最高ぉ~

滝を見てたら、いつも考えます。流れる水は腐らない。
自分も毎日様々な事にチャレンジしてるかな~って。
人間は立ち止まったら停滞じゃなく、退化するとも聞いたことがある…。
そうそう、停滞といえば、怪我したりして体が動かせなくなると筋肉は
わずか1日で退化すると、N○Kの某国営放送のドキュメントで言ってた。
だけど、運動出来なくても、イメージトレーニングするだけで、筋力に
トレーニングとして反映されるそうです。
ギブスしてる方は、イメージトレーニングで運動しましょう
同じ放送で病気も、イメージトレーニングで改善できるとも言ってましたよ。
放送の中で、手術の出来ない箇所に腫瘍ができた患者さんが、薬と放射線治療を試したけど効果が無かったから、同じ治療を続けながら、今度は自分が戦闘機に乗って、敵の要塞(自分の腫瘍)を倒しに行くって毎日イメージトレーニングをしたら今度は効果があって、腫瘍がとても小さくなったとも放送してました。
いつもポジティブな気持ちでいることは大事だなーって、感じる内容でした。

あっ、話がだいぶ反れましたけど、明日もポジティブで行こう
訪問者100人目って誰だろ~。楽しみぃ



天ヶ瀬・桜滝.jpg

※写真はクリックすると拡大されます。
※拡大した写真をクリックすると、元の縮小サイズに戻ります。

気づいてるかな~
2007年06月13日 (水) | 編集 |
ブログの管理ってやると面白いけど、難しい問題にブチあたると痛い
HTMLの知識もほとんど無く、なんとなくこうしたら色が変わるかな~とか、こうしたら文字の大きさ変わるかな~とか…
行き当たりばったりな事ばかりだけど、少しずつ、ページの構成が変化してる
事に、気づいてくれているかな~

想像してみてくださいょ~。
夜な夜な暗い部屋で、パソコンの画面にボワァ~って顔が照らされてるなかで、カチャカチャとキーボードを叩く姿を…。不気味
あ~眠い…。
顔が、に○かせんべいみたいになってきたァ~…おやす…



む、難しいぃ~
2007年06月11日 (月) | 編集 |
SMILEDAYSのメンバーだけが使用できる、このブログの運営サイトでFC2のSNS(ソーシャルネットワークサイト)つまり、mixiさんみたいなページを作っているが、ブログのように簡単じゃない
あたまいてぇ~(笑)

ブログを作れたんだから、できると思ったら大間違いやった
誰か、私に教えてくださいムリ


ブログのプラグイン追加しました。
2007年06月10日 (日) | 編集 |
TOPページに時計や天気予報や、占い、QRコード等など追加しました。
是非、利用してくださいね
ホタル~
2007年06月10日 (日) | 編集 |
しろ~です。
先週、ホタルを3日連続で観に行きましたぁ
気づいたらもうピークは過ぎてたけど、まだまだ観れます
今週半ばから雨が降る予報なので、いまのうちがチャンスですよ
皆さんもホタル狩り(ほんとに狩っちゃダメ)に行きましょう
注意:夜は冷えるので、長袖で行きましょうね。
鼻水写真その2
2007年06月10日 (日) | 編集 |
月への道

※写真はクリックすると拡大されます。
※拡大した写真をクリックすると、元の縮小サイズに戻ります。

この写真は、北九州の門司にある柄杓田(ひしゃくだ)というところで撮影しました。
3月の初旬、大きな満月が海からコンバンワしてきて、おおっ!っち思って、
海岸へ。
ひたすらシャッターを切りまくって、鼻水たらしながら(またか!)指がかじかんでいうこと聞かんくなるまで撮り続けたんです。
※6/9掲載の満月も、このとき撮ったんです。

穏やかな暗い海に、月の光が一本道になって水平線まで続いてる…。
感動しました

写真に撮れた事は良かったけど、やっぱり自分の目で、耳で、心で感じれる
事が何より素敵。

晴れた日の満月の夜は、東の海に行ってみましょう!
ちなみに、いまの時期は、柄杓田より、新北九州空港の手前にある長~ぃ橋の付近から同じような景色が観れますよ~。(こないだ観たばかり)

撮影するなら、三脚を忘れずに
SMILEDAYSブログいよいよ始動!
2007年06月09日 (土) | 編集 |
なおちゃんからこのブログのURLをSMILEDAYSメンバーに送信していただきましたので、ボチボチですが、SMILEDAYSらしい事を始めるとしましょう。
みんなが参加してくれないと、しろ~の個人ブログになってしまうので(笑)

SMILEDAYSのメンバーの皆さん、見てますか?(読んでいますか?)
コメント欄に、SMILEDAYSでやってほしいことや、みんなに知ってほしいイベント、Drや、代表者Nさんへのメッセージなども自由に書き込んでくださいね。

それと、SMILEDAYSメンバーはブログに訪問したら、一言でいいのでコメントを残してくれたらうれしいです。
※管理者は、カウンターの数が増えても、メンバーからのメッセージが無いと悲しいので

ココで注意ですが、このブログは一般に公開されてますので、コメントのやりとりのなかで、プライバシーに関わるような発言なんかは控えて(っていうかしたらダメ)ください。

後々ですが、SMILEDAYSメンバーのみがアクセス可能な許可制ブログ
(ウラブログ)も作る予定です。
内容の濃い話なんかはそこでやりとりしたいと考えています。
それまでは、
内容の濃い話や、人に見られたくない相談事等は《□管理者にだけ表示を許可する》の□にチェックを入れて、管理者にのみ送信してくださいね。

それと、SMILEDAYSメンバーで、ブログへ自分も投稿をしたい方は、好きなところでいいので、コメント欄の《□管理者にだけ表示を許可する》の□にチェックを入れて、メールアドレスを入力して、管理者にのみ送信してください。
管理者から詳しい事は連絡させてもらいます。

遠慮なんてせず(笑)、ドンドン遊びに来てくださいね





梅雨がぼちぼちやってくる…
2007年06月09日 (土) | 編集 |
20070609063509.jpg

※写真はクリックすると拡大されます。
※拡大した写真をクリックすると、元の縮小サイズに戻ります。

そろそろやってくる(はず!)梅雨。
の降る前にたちこめる、雨の匂い(わかるかな?)が俺は好き。
だけど、星や、夕焼け、月なんかがしばらくお預けになるのはちょっとさみしい。
空を雲が覆って何も見えなくなっても、雲の上にはいつだってあるのにね。
こんな↑満月が見える日がくるまで、しばらくの辛抱。
梅雨の終わりには、稲光の写真でも撮ってみよう…。雨上がりに虹が出るといいなァ


ブログへのコメント投稿方法について
2007年06月08日 (金) | 編集 |
コメントの投稿方法ですが、

パソコンから閲覧してる方は以下の手順です。

1、Neme=ニックネームでいいです。

2、Subject=自分のコメントの件名(書かなくてもOK)

3、Comment=コメントの本文

この3つを記入して送信ボタンを押す。

上記の3つだけ記入すればコメントの投稿は完了です。



ケータイから閲覧してる方は以下の手順です。

1、ニックネーム=素直にニックネームを記入する。

2、タイトル=自分のコメントの件名(書かなくてもOK)

3、本文=コメントの本文

の3つを記入して⇒投稿するボタンを押す。

上記の3つだけ記入すればコメントの投稿は完了です。

コメントの送信画面に並んで出てくる

Mail
URL
PASS

↑の3つは無視していいです。

なお、管理者のしろ~(携帯では管理人と表示)だけに
個人的に相談や、意見、コメントしたい時は、

パソコンの場合=□管理者だけに表示を許可するの□にチェックを入れる

携帯の場合は=公開コメントとかいてあるボタンをクリックすると、
       その下に管理人への秘密コメントと出てくるので、
       そちらを選択してください。

拍手ボタンは、押してもらえると管理人が喜ぶ!ただそれだけです(笑)




 








北九州に来たら…
2007年06月08日 (金) | 編集 |
皿倉山からの夜景です。
聞いた話によると、日本の新三大夜景のひとつ?だそうです。
まだ寒い時に夕暮れから待ち続けて、鼻水垂らしながら撮った写真です(笑)
北九州に来た時は、是非山頂まで行ってみてください。
ケーブルカーもあるんで、頂上付近には楽して行けます。
ただ、ケーブルカーの山頂駅から、以前はリフトが頂上まで
運行してましたが、現在、スロープカー(だったかな?)という新しい
乗り物に移行する為の工事があってます。
いま現在は、ケーブルカー山頂駅から徒歩で5~10分程階段を昇って
しか頂上には行けません(残念だけど)
でも、ハァハァ言いながら昇り終えて見る夜景もサイコーですよ。
夏季は7時過ぎの日没頃に行けば、一番きれいかも。
(街の明かりが一番多いから)
山頂は今の季節、まだ寒いので、上着も忘れずに。


20070610185607.jpg

※写真はクリックすると拡大されます。
※拡大した写真をクリックすると、元の縮小サイズに戻ります。

急遽ですみません
2007年06月07日 (木) | 編集 |
もともと,LOVELOGというブログで立ち上げたのですが、このFC2ブログに引越しをしました。

コメントの投稿ですが、タイトルとニックネームと本文だけを打って、送信
すれば入力できます。(PCと携帯共通)

携帯版の画面ではすべてのページの“ブログでSMILEDAYS”のタイトルのすぐ下に広告画面が出ていますので、気をつけて、サイトの中を楽しんでください。
とても素敵な日
2007年06月07日 (木) | 編集 |
6月3日に、スマイルデイズのみんなと、ソフトバンクホークスVS中日ドラゴンズ戦を観戦しました。
試合も連敗ストップの記念すべき日で、初めて行ったけど、良かったぁ~(*^_^*)そして、CMでお馴染みのホワイト選手(本物だけど、選手じゃないよねぇ)にも会えました。
ホワイト選手です

※写真はクリックすると拡大されます。
※拡大した写真をクリックすると、元の縮小サイズに戻ります。
ようやく開設!
2007年06月07日 (木) | 編集 |
ついに出来たよ!
スマイルで伊豆…違ぅ!SMILEDAYSのブログサイトが(笑)
まだ作ってる俺が慣れてないから、ちょくちょくいじるけど、みんなが気軽に参加できるコミニュティーサイトになればいいなぁ。
とりあえず、ブログだから、掲示板とはちょっと違うけど、
記事の内容に目を通してもらって、コメントで返事してもらったり、誰かの質問や、意見を僕が自分の記事に反映して、みんなに見てもらったり。
背景に飽きたら、すぐ変えるしぃ~(笑)
意見があれば、どしどしください(^o^)
しろ~の写真集その2
2007年06月03日 (日) | 編集 |

写真の枚数が多くて閲覧が大変ですので、
写真集その2を作りました。

ご覧になりたい方は、“カテゴリー検索”で
“写真集”をさがしてください。

このページは、当ブログで過去に掲載して、
評判の良かった写真たちを閲覧しやすくした
カテゴリーページです。

写真は全て、クリックすると拡大して、
もう一度クリックしたら元のサイズに戻ります。

ちょっとした写真集にしました
こちらとあわせて、“写真集その1”もヨロシクお願いします。



セミの羽化

よっ…四つ葉のクローバー

IMG_5410_640.jpg

IMG_5433_640.jpg

IMG_5454_640.jpg

IMG_5507_640.jpg

IMG_5639_640.jpg

IMG_5675_640.jpg

IMG_6017_800.jpg

IMG_6027_800.jpg

水鳥





当ブログを応援してくださる方へ

FC2ブログランキングに参加しています。応援の“ポチっ”をおねがいします。⇒

ブログ村の病気ブログにも参加してます。応援の“ポチっ”をおねがいします。⇒にほんブログ村 病気ブログへ
本日はアニバーサリぃ~
2007年06月03日 (日) | 編集 |
しろ~です。

今日は私の記念すべき誕生から11111日目です
※だからどうしたぁ~って、言わないでぇ~

リンクに張っているkeisan(計算サイト)にて、自分が今日まで
“何日生きてるか?”を計算できます。

毎日、充実した日々を送ることは、努力なしには難しいですし、
かといって、努力すれば思うようになるわけではなく、
自分の力ではどうしようもない事があったり…。
そんな時もありますよね。

私の好きな言葉のひとつに、
『良いことばかりが続くなんて事は、不思議な事と思いなさい。
 世の中は乱れていて、悪い事が多くて当たり前なのだ。』
というのがあります。
うーん、なんてポジティブなんだろう。
 
今日で11111日目迎える事を前々から
知っていましたが、私は今日までいったい何日を自分のためだけに使ったか?
何日、人のために動いたのか?何日、生き方を迷ったのか?等など…。


今日は、そんなことを考えてもみるわけです。

過去を振り返ると…

楽しかった出来事は、振り返ってもあまり残ってないこと。

人からされた冷たい仕打ちは、今も胸に傷が残ってること。

人の心を傷つけてしまったことが、今でも悔いに残ってること。

自分のコンプレックスに押しつぶされそうになって振り回されてたこと。

あきらめる事が当たり前になってしまっている自分になってること。

弱い心に支配されて、自分に自信が持てなくなってしまってること。

肝心なときに勇気が出せない、ため息のでるような自分になってること。

10代~20代半ばまで、けっこうネガティブだったんです。私。
※暗くなってごめんなさい

『病気が治っても、なんでこんなに毎日が苦しいんだ?
 なんで俺は今も生きてるんだ? 力がなくて何もできないじゃないか!
 俺にいったい何ができるっていうんだ!!…』

心の中で、毎日そう想い苦しみながら過ごしてました。

今思えば恐ろしいことですが、心が荒んでしまって、
私は自分の体を刃物で傷つけた時期もありました。

この頃は、正直言って、生きることに希望が持てなかったんです。


でもある日、私の知人から連絡があり、
『病気で悩んでいる人がいるから、あってほしい』と、その方の
ところへと連れて行かれました。

私は、最初にその人の顔を見て、『俺に触るな!』って目を
コチラに向けたのを感じました。

心が孤独になってしまった人なんだと思って、私は
開口一番に『病気が怖いですか?』って聞きました。

相手の方は『ハァ?』って拍子抜けして、驚いていましたが、
自分の今日までのことを順番に話してくれました。

向かい合っての対話は数時間になりました。

私も、自分の闘病の話をしました。

その方は、最後に私にこう言ってくれました。

『今日は、お話ができてうれしかったです。
 健康な人から頑張れって励まされても、
 私にはイヤミにしか聞こえない心になって
 いました。でも、
 しろ~さん、あなたと話してたら、こんなにも
 気持ちの通じる人がいたんだ。って、思えて
 心のつっかえが取れました。
 私も、自分と自分の病気にちゃんと向き合います。
 あなたは、私の希望です。』

そう言われて、私は心の底から嬉しさがこみ上げてきました。

その帰り道、連れて行ってくれた知人が口にしたのはこんな言葉でした。

『ずっと話を聞いてたけど、 あなたと、あの人だからできる
話なんだって感じて、話に入る余地が私には無かった。
病気や環境が違っても、通じ合えるんだね。
あなたを連れてきて正解だった』

私も、一人になってからこの出会いを振り返って、
自分にひとつ答えが出ました。

『ありのままでいいんだ。このままの俺でいいんだ。
 背伸びなんかしなくていいんだ。大したことが
 なーんにできないでも俺にしかできないことってあるんだ!』って。

私はその出来事で、ネガティブな自分から抜け出すことができました。

それから、いきなりポジティブになれたワケではなかったけど、
私は、それから積極的に悩みを抱える人の話を聞くことにしました。

一緒に悩んで、あげると苦しみが分かち合える。
相手も、心の痛みが軽くなる。
乗り越えたときは、私も心から一緒に喜べる。
自分が経験しない事も、自分の事のように体験できるという
事で、心の成長が早くなるんだなって感じて。

私は最近、目の前にいる人を笑顔にする!って心に決めて、
人に会うように心がけています。

相手がどんなに落ち込んでいても、暗くても、私がそれに引きずり
込まれなければいい。
反対に、私の心が楽観的だと相手も次第にそれにつられて
最後は笑ってくれるんです。

笑顔って大切です。
病気を乗り越える力にもなるって研究でわかってるほどです。

でも、笑えない世の中の事情がいつも私たちにはあります。
毎日、悲惨な事故や事件、自殺の報道を見ると私は、
ほんとに悲しくなります。

今、病気や飢えで、一日でも長く生きたいと願う人がいる現実と、
人を、命を大切にできない人、欲で人を不幸にする人がいる現実と
この世界にはそのどちらもがあることを実感します。

命を大切に…。この言葉

別に、スケールの大きなことではないと私は思います。

そばにいる家族や、愛してる恋人、大切な友人へ想う
愛情や友情が、もう少し広がって、すれ違う人、触れ合う人、
同じ乗り物に乗る人、職場で会う人、近所の人にまで
エゴを乗り越えて少し出せたら自分の心も豊かになって、
お互いに大切にできるのに…。

そう想います。

私には、辛いことや、悲しいことがたくさんありました。
でも、その経験が人のために役立つんだと実感できるようになって、
今はそのおかげでポジティブな自分になれました。

過去のつらいことや悲しいことを振り返れば、それらが心を
強くする材料になってくれていると、感謝しています。

まだまだありますよ。私の心に残っているもの。

さりげない温かい言葉が、私を支えてくれてること。

私の笑顔が、相手の顔にスマイルをメイクできること。

私の生きてる姿を見て、希望を持つ人がいること。

こんな私でも、私にしかできない使命があること。

そしてそれは私だけでなく、誰もが本当は持ってること。

命が、持ってる力はめちゃくちゃスゲーんだってこと…。



話がだらだらと、長くなってしまいましたね


次のキリ日は…15000日目かな…。

この日を迎えるときは、もっとたくさん経験を積んで、
よりポジティブに、より成長した自分でありたいと
願ってます

俺は何歳になってるかな?計算しなくちゃ



 I 先生お気に入りの記事 その1
2007年06月03日 (日) | 編集 |

久留米大学病院でのオリエンテーション その2
からの続きですよ~。





オリエンテーションを終えて、
講堂の外へ出て一息つくと
S記者がこちらに歩み寄って

S記者:「しろ~さんは北九州のどちらにお住まいですか
しろ~:「八幡東区ですが…」
S記者:「お兄さんは、もしかしたら○○さんでは
しろ~:「なんでご存知
って、やりとりがありました。

実はS記者さん、
兄と同じ大学出身の後輩で、
同じ寮に住んでいて、
仲がとても良かったとの事。

二人で笑いながら
「世間が狭っ
って言い合いました。

兄から私の私の事もチラッと聞いていたみたいで、
しかも、八幡にもしばらく居たそうです。

私は家に帰ってから家族に話したら、
他の兄弟やおふくろもみんな
S記者のことは知っているそうで…。
知らなかったのは私だけ…

これからもお会いする機会がある事でしょうから、
良い交流ができればと挨拶を交わしてお別れしました

さてさて、用事のあるビッグママとも
ここでお別れして、ボスとメタボNと、
OKAっPIKIとしろ~の濃いぃ~4人で
夕食の席へ移動する事に。

道の途中でオリエンテーションに
参加されてた学生さんとすれ違う時に、
「今日はありがとうございました!共感できました!」
って感想をいただいて、照れくさいながらもこちらも
「ありがとうございました」ってこちらも返礼をしました。

1人でも、今日の出会いが良い縁であった!
と思っていただければこちらも幸いです

私の車にボスが同乗して、
お店までちょっとしたデート気分で移動。

いままで二人とも、なかなか会う事も、
ゆっくりとお話する時間も無かったので
会えるとウレシイんですよねぇ

お店までの道中、関西弁をしゃべる私のカーナビに
面白いって笑ってるボスに、
私もニコニコ

目的地付近に到着して、
車を降りてお店までテクテク。
先に着いてたOKAっPIKIと
合流したけど、メタボNの姿がない。

ボスが「あれぇNくんは
って心配をしてたら、
遠近法を無視したかの様に腹部に存在感ありありの
メタボNがこちらへのしのしとやってくる。
近くで立読みしてたそうな
これで全員そろい、お店へ。

今回、食事をしたお店はボスのチョイス!
ステキな和食系の創作料理屋さんって感じ。
ボス、ぐっじょぶ

2階の座敷に上がり、
4人は再会と今日の労いの
乾杯をしました。

珍しくて、美味しい料理に獣のように…
あっ、ふさわしくないね
お腹の空いてた私たちは、
次の料理がくる頃には、
キレイに食べていました

キャイキャイ言いながら、いろんな会話が
とめどなくメタボNから出てくる出てくる
それをニコニコしながら聞いてるボス。
それにテンポ良くツッコミいれてる、しろ~。
そして顔色変えず、黙々と食べながら静観するOKAっPIKI。
※わかる人にはわかるはず、この雰囲気がっ

みんなで、20年ほど前の病院での話や、
若い頃のキャピキャピだった頃のボスの話、
しろ~の当時のやんちゃ武勇伝のこと、
病院のそばにあった江口食堂(今はもう空き地ですけど)
での店主奥様の夫婦ゲンカの話、
メタボNの看護婦さんへの淡い恋心や、
高校教師メタボNと教え子OKAっPIKIの
いまだから言えるぶっちゃけ話などなど。

サイコロ振らなくても、話題は尽きない

特に、メタボNが今まで経験した
どんなことよりもショック
を受けたと言う、

ボスからの優しいセリフ

「Nくん、体重計にのろっかぁ~」

で、みんな大爆笑

メタボNは、これでしばらく寝込むほど
だったとか…(ウソ)

ちょっとここらで、
メタボNこと、SMILEDAYSのリーダーのことに
ついて、知らない方のためにも
私の推測の範囲で少しご紹介しましょう。

1、Nくんは、推定体重85キロ前後。
2、高校教師より、福岡吉本の方がお似合いかも。
3、しろ~と同じ時期に入院してた。
4、治療の苦しみより、恋の悩みがツラかった?
5、一度もハゲにはなってない。
6、食べるの大好き
7、イタイの大嫌い
8、特にとがった物がイヤみたい
9、写真を撮ると、「ん~マンダム」のポーズをするオヤジ体質
10、外国語のような八女弁の使い手
11、もう書く事無いなぁ~。
↑追加・変更あり!

と、言った感じでしょうか。
我ながら良く書けた
ボス、こんなもんでいかがでしょうか

SMILE(笑顔)DAYS(日々)のリーダーらしい
そんなキャラです

話が盛り上がってるところで、ふすまが開き、
店員さんから
「お客様、そろそろ看板をさげますが…」って。

言われて時計を見ると22時を過ぎて、
3時間以上も話してました

私たちは残ってる最後の客のようで、
慌ててお店を出ました(ごめんなさいね)

お店の外に出て、ここで解散。

Nくんから、
「オモシロい記事を書いたら、
コメントを入れてあげる!」
なんて挑戦状を渡されてしまい、

この記事をせっせと書いています。

私はボスのはからいで、お店のそばの
ビジネスホテルで1泊させていただきました。

シングルの部屋を予約してましたが、
フロントで「広めのお部屋になってます」
と言われて、部屋に入るとツインベッドが

かなり広い部屋で、男一人。
ん~、さっき解散した時も淋しかったけど、
この部屋がもっと淋しさを増してくれました
どっちのベッドに寝ようかな…。
そんな悩みを抱えながら、
私の濃い1日が終わりました。





久留米大学病院でのオリエンテーション その翌日

にまだまだ続く…。



 I 先生おすすめの記事 その3
2007年06月03日 (日) | 編集 |

しろ~です。
先日、病気ブログを通して、現在ガンと闘病をされている方のブログの記事を読んで、
私がコメント欄に以下のようにメッセージを送りました。
そして、そのコメントへのお返事を戴きました。

とても大切なやりとりだと感じて、SMILEDAYSのブログでも
ご紹介しようと思いましたので、転載させていただきます。







こんばんわ、はじめまして。しろ~といいます。
私は6歳の時に小児急性リンパ性白血病を発症し、
当時は不治の病と言われたなかで、克服したものです。

私は、病棟の中で沢山の友人が亡くなるのを、経験してきました。

今も思い出せば涙が出てきます。(もう30歳の男なのに)

先日、プロジェリア患者のアシュリーの
ドキュメントをTVで観ていて、
彼女の先輩で他界したジョン・タケット君の言葉に
すごく感銘をうけましたので、●●さんにもご紹介したいと思いました。

プロジェリアは、10倍の速さで老化する病。
ジョン・タケット君はこの病気で15歳で生涯を終えた。

「人生はどう生きるかなんだ
長さは重要じゃない
こんな病気で僕って
何てかわいそうと思いながら
一生悲しいパーティーを
続けるのか
それとも前へ進み
人生を意味あるものにするか
僕は自分の命を最大限に生きたい」


わずか15年の短い生涯だったけど、彼のこの言葉は、
メディアやネットを通して今もなお発信されています。
病と老化と死を真正面から受けきっていく彼の生き様の中に、
生命の輝きはあるんだな、そして、これからも彼のメッセージが、
後世にわたって、人々の心に生き続けていくんだな。と、俺は感じました。

俺も病気を通して、
大きく価値観が変わりました。

病気を克服した事について、人から「運が良かったのね」って
言われる事があるけど、運が良かったら最初から病気なんか
しませんよ。って言いたい。

病気は、生き抜くことの大切さを教えてくれた。
病気は、自分にしか出来ない事を学ばせてくれた。
人の心の痛みを感じれる自分に変えてくれた。
人生の価値観を大きく変えてくれる大切な経験です。

事故で突然命を失う事と比較してはいけませんが、
病気で死を迎える事は限られた時間を知る事で
自分と向き合う時間を大切に出来るという事。

誕生の喜びは人を笑顔にするだけですが、
死は残されて生きていく人の心の中に大きな影響を与えるのです。

「●●さん、あなたの様に私も精一杯生きていこう!自分らしく輝いて生きよう!」
って、これからも一人でも多くの方に
言っていただけるような人生であってほしいと思いました。

私も、病気を克服して23年になりますが、
今日までのんびり生きた事はありません。
病気で不安をぬぐえない人や、諦めた人に、
希望になるように、笑顔を与えられるように、
必死で生き抜いて、たくさんの方たちと対話をしてきました。

「抜苦与楽(ばっくよらく)」
私が大切にしてる言葉です。
自分の存在が、苦しむ人、悩む人の心に
希望となり、出会えた事を喜んでいただける
自分になろうと思った言葉でした。

いままで辛い事が多かったからこそ、
些細な事でも幸せを感じて喜べる。
そう、つくづく感じます。

●●さん、頑張って!って言われると、
もう頑張ってます!って言いたくなる事ないですか?

あなたに縁する人たちが、日々、
あなたから大切な事を学んでいますよ。
忘れないでくださいね。

偉そうに突然来て、いろいろ言ってごめんなさい。

でも、どうしても伝えたくて。
明日も笑顔で過ごせますように。

※以上のようなお話を、コメントとして投稿させていただきました。
 翌日、お返事が、コメントに掲載せれましたので、以下にご紹介します。

  





しろ~さん、はじめまして。こんばんは☆
コメント、ありがとうございます。
「抜苦与楽」、とても素晴らしい言葉ですね。しろ~さんの志も。
しろ~さんが生きてこられた30年間は、とても密度の濃い年月だったと思います。
私なんてちっぽけで、足元にも及びませんが、その思い、気持ちはしっかりと
受け止めさせていただきます。私に何ができるかわかりませんが、
少しでも何か伝えることができればいいなと思っています。

私もたぶん同じ番組だと思いますが、見ました。プロジェリアという、
こんなにも残酷な病気があるのだということにも驚きました。
なのにふたりはあんなにも前向きに、真摯に生きていて・・・
その姿に涙が止まりませんでした。

>人生はどう生きるかなんだ
>長さは重要じゃない

彼はたったの15歳で、心も大人にならなきゃいけなかったんですね。
重い言葉です。

しろ~さんが病気を克服されたのも、きっと何か意味のあること。
たくさんの人に伝えるべきことがあるだろうと生かされたのかもしれませんね。
>病気を克服して23年になりますが、今日までのんびり生きた事はありません。
・・・わかるような気がします。
私にも伝えてくれてありがとう!!ぜひまたいらして下さいね。

by●●さん


------------------------------------


私のブログの記事から抜粋して送ったコメントでしたが、
改めて、病を経験したもの同士にしかわからない気持ちというか、
心と心のやりとりだな。って感じました。

相手の方とは病気の種類は違いますが、ちゃんと心は通いました。
私は、今まで幾人もの闘病者の方と対話をしてきました。
SMILEDAYSのメンバーだからと言う前に、一人の経験者として、
これからもこうした対話をやりつづけることが、自分らしい生き方なのだと
改めて感じました。

本日も、2人の方と直接お会いして、対話をする機会がありました。
お一人は肝臓に疾患のある方。
もう一人は、10代前半から様々な病と合併症を経験して、
現在、社会復帰を果たした方です。

お二人とも、病気に押しつぶされそうになりながらも、
必死で乗り越えてる方たちでした。

私も、自分の体験を通して、たくさんお話をしました。

私は、貴重な経験を積ませていただいてるな。と、感謝。

どうか、お二人とも病気に負けないで。

そして、元気になって再会しましょう!!












 I 先生おすすめの記事 その2
2007年06月03日 (日) | 編集 |


ボスをはじめ、テケt、なおっぺ、物部っち、
他みなさん祝ってくれて
ありがとー

今日は、ほんとにブログ以外でも
たくさん、たくさーんの人に
お祝いしていただきました。
ありがとうございます

うれしいです。こんなに大勢の人に
祝っていただいたのは、初めてです。

ウレシくて、















なんてね
今日は、ゆっくりはおろか、
泣くヒマも無いくらいに
メチャクチャ忙しかったんよー
俺の誕生日がぁ~~~~~~

朝一番におふくろに「生んでくれてありがとう」
親父に「種くれてありがとー」(笑)
って挨拶するのが、いつからか
これが我が家の慣わしですがな

今朝も、おふくろに挨拶して、仏壇に直行。
すでに他界した親父にも挨拶をしての1日の
始まりでした

仕事に向かう途中にTELがあって、
今夜お通夜が1件…。

生死って、ほんとに深い事を考えさせてくれる。

話は変わって、
俺の誕生日は雪がよく降るんです。
昨年は、チェーンをつけて仕事に行ったくらい。

今年は降らないかもねーって思ったら、
ちょっとそこの奥さん!
20時頃に雨から霙(みぞれ)に、そして雪に
なったのよ~

いろんな意味でミラクルな1日でしたよ

改めて、今日まで生きてこれた事へ
感謝できた1日でした。

通夜の席で、

生きていく事って、生まれた瞬間から
迷いや苦しみの連続。
死を迎えるまでにどれだけ
悔いの無い生き方をしたか。

短くても、
長くても、
辛くても、
楽しくても、
生涯を一生懸命生きる事しか、
自分の歩く道は無いなって、
感じました。

「人は、生きてきたようにしか死ねない」
って言葉を聞いた事があります。

今日までの自分を振り返って、
いろいろあったけど、一生懸命生きたよ
って、胸を張れます

1年後、どんな経験を積んで、
どんな自分になってるかなんて
わからないけど、1年後も
「一生懸命生きたよ!」って、
胸を張れる生き方を続けますね。

とにかく、みなさんに感謝




 I 先生おすすめの記事 その1
2007年06月03日 (日) | 編集 |


しろ~です。

先日、プロジェリア患者のアシュリーの
ドキュメントをTVで観ていて、
彼女の先輩で他界したジョン・タケット君の言葉に
すごく感銘をうけましたので、ご紹介したいと思いました。

プロジェリアは、10倍の速さで老化する病。
ジョン・タケット君はこの病気で15歳で生涯を終えた。

「人生はどう生きるかなんだ
長さは重要じゃない
こんな病気で僕って
何てかわいそうと思いながら
一生悲しいパーティーを
続けるのか
それとも前へ進み
人生を意味あるものにするか
僕は自分の命を最大限に生きたい」


わずか15年の短い生涯だった彼のこの言葉は、
メディアやネットを通して今もなお発信されています。
病と老化と死を真正面から受けきっていく
彼の生き様の中に、生命の輝きはあるんだな、
そして、これからも彼のメッセージが、
後世にわたって、人々の心に生き続けていくんだな。
と、俺は感じました。


俺も病気を通して、
大きく価値観が変わりました。

病気を克服した事について、人から「運が良かったのね」って
言われる事があるけど、運が良かったら最初から病気なんか
しませんよ。って言いたい。

人生はたしかに楽しい事ばかりじゃない。

だけど病気で、苦しい事や、辛い事を乗り越えていくと、
それが大きな成長の糧になることを改めて最近感じます。

当たり前の日常が、とても大切な時間であると気付いたり、
生も死も隣り合わせで自分のそばにあることを感じたり、
ささいな事が幸せで楽しめる価値観を得たり、
人の痛みがわかる優しい自分に変わったり、
深い感謝の気持ちが素直に出せたり…。

そして、成長した自分を通して、家族や、
また自分の人脈にも大きな影響を
与えていくんです。

勉強が追いつかなかったり、体力が無かったり、
コンプレックスも確かにありました。

だけど、それに負けてばかりな自分はイヤなので、
様々な事へ果敢に挑戦してきました。

そうした経験が、人の役に立ち、
自分の存在価値を高め、
人に頼られる自分へと変化を
もたらしてくれました。

病気をした経験に、俺は感謝してます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。