小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万華鏡の作り方講座
2008年06月17日 (火) | 編集 |
しろ~です。

以前から話題になってる万華鏡の作り方を今回は
ご紹介しましょう。

お待ちどーさまです!

まず、材料を用意しましょう。

必要な材料
にんじん…1本
たまねぎ…中1/2玉
ジャガイモ…メークイン中2個
牛肉…高いのか安いのかわからない、黒毛和牛の肩の切り落とし200g
固形カレールー…中1箱


って、それ、カレーのレシピやぁ~ん。


------------------------
やりなおして…

必要な材料

※¥100SHOP硬質カードケースB4サイズ×1枚(ミラーに使う)
※キッチン用アルミテープ(幅50mmで、鏡面光沢のあるものミラーの元です)
※¥100SHOPのすきまテープ
※紙筒・長さ13cm(ラップの芯や、手芸屋さんからもらったもの)
※セロハンテープとガムテープ
※¥100SHOPで売ってる筒の大きさに合う透明なボトルや、
   小物入れケース。
  
具の部分の材料
※ビーズ(大きめ)やホログラムのシート、アルミ箔、
 など、光を反射するものがいいです。
※ヤシノミ洗剤(オイルの代りに。透明なので)
※洗剤が嫌な人は、水でもOKです。

作成に必要な道具
※カッター
※はさみ
※プラパンカッター(ホームセンターで購入)
※カッターマット
※定規

と、こんなもんです。材料は、以下の写真を参考に用意してください。

IMG_6594_640.jpg

材料と道具たち


IMG_6598_640.jpg

まず、カードケースの端を3箇所切り落として、2枚にします。


IMG_6599_640.jpg

そして、カードケースに、アルミテープをキレイに貼ります。
※このときに、空気が入っても、あまり気にしなくていいです。



IMG_6601_640.jpg

アルミテープを貼ったカードケースを2cm×10cmのサイズで3枚切ります。
コレでミラーができました。



IMG_6602_640.jpg

3枚のミラーの間に1mmくらいの隙間を開けて、
ミラーの裏側にテープを貼ります。(きれいな方に貼ってはダメ。)



IMG_6603_640.jpg

貼り合わせたら、△になるように折り曲げます。
※キレイなほうが内側です。
※空気は、針で穴を開けて抜き、汚れはしっかり拭いてください。



IMG_6604_640.jpg

△型にあわせたら、ぐるりとテープで全体を固定します。


IMG_6605_640.jpg

三角柱方の三面鏡が出来たら、テキトーに廻りの物を覗いて見ましょう。
中に見える像が万華鏡のようになってればOKです。
OKだったたら、この三面鏡にすきまテープを貼り付けます。



IMG_6606_640.jpg

すきまテープを貼り付けたら、あらかじめ用意した筒の中に三面鏡を入れます。


IMG_6607_640.jpg

端を片方そろえて、筒の中に三面鏡を収めます。


IMG_6608_640.jpg

覗き穴を作るため、片方に筒の大きさよりひと回り大きいガムテープを貼ります。


IMG_6609_640.jpg

筒の輪郭にそって、ガムテープを切り落とします。


IMG_6610_640.jpg

コレで、筒の完成です。





ちょっとここらで休憩しましょう!





津屋崎海岸

休憩がてら海辺まで走って「太陽なんて大嫌いだぁ~とか言っちゃいましょう!」
ごめんなさい。悪ノリしました。




IMG_6370_640.jpg
こんな風にボトルに具を入れて、水やオイルを入れましょう。
※蓋がきちんと締まるものであれば、ヤシノミ洗剤のようなとろみのある透明な
液体や、オイル(水でもOKです)の中に、ビーズや、ホログラムシートの切れ端を
たくさん入れましょう。


IMG_6376_640.jpg

立てや横にしてみて、覗いてみましょう!
これで、万華鏡の完成です。太陽の光で見ると、1番キレイです。


IMG_6473_640.jpg
覗くとこんな感じです。

この説明でわかりますかね??

わかりにくかったら、もうちょっと記事の内容や、写真を変更します。
質問のある方も、ご遠慮なく。
コメント、お待ちしてます



手タレ=step by step先生・院内学級の子どもたち・しろ~ でした



スポンサーサイト
SMILEDAYSと院内学級と万華鏡と私と子どもたちと愉快な仲間たち。(タイトル長っ!)
2008年06月06日 (金) | 編集 |
5月27日に院内学級の生徒さんと一緒に、
万華鏡”を作りました。

OKAっPIKIも協力してくれて、今回は
私個人というより、SMILEDAYSの活動の一つとして
取り上げたいと思います。

その模様をご紹介いたします。





前夜に準備をしていて、てけてけmtさんからアドバイスのあった
“小さい子どもにはキラキラボトルがいいよ”って言葉を思い出して、
家にあった携帯用の透明なシャンプーのボトルを見つけて、
それでキラキラボトルの試作品を作った私は、
あまりのキレイさに「万華鏡で見たらもっとキレイかな?」
と、万華鏡のミラーに近づけて覗いてみた。


あれ、コレ、イケるんちゃう!?
メチャメチャきれいやしぃ~



万華鏡のために用意していた紙筒にボトルを何気なく差し込むと
“ピッタリとスッポリ!”

行き当たりばったりの思いつきではありましたが、
予想以上の万華鏡の試作品が完成して、
一人で喜んでいました。

ヨシ、コレを明日みんなと作ろう!

そう思って、急遽材料の変更をしたため、準備が終わったのは、
朝の4時過ぎでした…。

翌日…。

午後、院内学級の先生方に挨拶に向かい、
教室に入るとホワイトボードには

“ゲストティーチャー ●●しろ~先生”と書かれてあり、
準備もきっちりされていました。

「いやぁ~、照れくさいなぁ~」なんて思いながら、
先生方に“万華鏡”の試作品を見ていただくと、
「ぬぉおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ」って感じのリアクション。

しろ~:「どーですかね?

先生方:「子どもたちは喜ぶと思いますよ

ってな感じで、つかみはOKって感じでした。

いつもカメラマンをする事が多い私に代わって、
今回はOKAっPIKIが、カメラマンをしてくれるとの事で、
私も“授業”へ集中できそうです。

13:30 授業開始時刻。

まだ子どもたちが来ません

あらぁ~?興味ないのかなぁ~?
って、ちょっと不安げに思っていたら、
廊下を大声ではしゃぎながら駆けてくる
子どもたちの声が聞こえてきました。

いたずら好きな私は、今から子どもが開ける扉の前に
しゃがんで、彼等の目線に顔を下げて、扉が開いた瞬間
「ワッ!!!!」って驚かすと、みんな
「ビックリしたぁ!!」って笑いながら、
久しぶりに彼等と再会しました。

少し遅れて、授業開始。

授業ですから、万華鏡の歴史について少しばかり説明しよう。
とあらかじめ用意していたプリントをえらそぉー出して、よく見ると、
今夜泊まるホテルの宿泊予約表でした
「アレレレ??」っと、先生方に間を繋いでもらい、
必死に探すけど、見当たらない。
どーやら、駐車場の車の中に忘れた様子

出鼻をくじかれつつも、頭に入れてた記憶を頼りに、
プリント無しでお話をしました。

~万華鏡は日本の工芸品と思われがちですが、
1816年にスコットランドのデイビッド ブリュースターさんという
物理学者の人が”Kaleidoscope”という名前で特許を申請したのが起源です。
このブリュースターさんが、灯台の光をより遠くまで届かせるために
鏡の組み合わせを工夫している最中にこの万華鏡(kakeidoscope)を偶然にも
発明しちゃったようです。

”Kaleidoscope”はギリシャ語を元にした造語で、
”Kalos”=美しい、”Eidos”=形、模様、”Scope”=見るもの
の3つの言葉を合わせたもので、ブリュースターさんによる造語だそうです。
この発明後、3年ほどして日本でも万華鏡は作られていたそうで、
明治時代には、「百色眼鏡」 (ひゃくいろめがね)という名前で
親しまれていました。~

↑こんな感じの説明をしようと思ったのですが、プリントが
無いものですから、年号も、作った人の名前も言えなくて、
なんかもう、わやくちゃでした

万華鏡の歴史←詳しくはコチラ。作り方も掲載されてますよ。

さて、本題の製作に入ります。

まずは、万華鏡の命とも言うべき、3面鏡の作成です。
鏡を使うのが最もキレイですけど、ケガをしてはいけませんので、
今回使用したのは、硬質のカードケースに鏡面に近い
キッチンアルミテープを貼ったものを用意しました。

大人の私でも、このミラーを△形に組むのは難しいのですが、
子どもたちは大丈夫かな??
って思っていましたけど、ちゃんと貼り合わせて、できました。

それを筒の中に入れて、覗く穴を開けて、ひとまずここで
その辺にあるものを覗いてもらいました。

ミラーが貼り合わさると、どんな模様になるだろう?
っていう学習の意味を理解してくれてるかな?
なんて思いながら。

そして、例のキラキラボトルを作ります。
みんな、ビーズやホログラムシートやらを
好きな色を集めて作ってます。

CIMG2736_640.jpg
どんな色にしよっかな

IMG_6370_640.jpg
テーブルの上はもうガチャガチャです。

CIMG2737_640.jpg
すごい真剣な感じ


みんな、ボトルに具ぅ~を入れたら、水を注いで完成。


IMG_6376_640.jpg
こんな感じのボトルです

太陽の光で見るのが、1番キレイだよ。って教えると、
さっそく子どもたちは窓際に走り、窓を開けて光にかざします。

子どもたち:「うぉ!すげー!キレイ!」 

こんなセリフを待ってたんだよ~、やった甲斐があったよ。
と、心の中でガッツポーズをする私。
万華鏡を覗いてるキミたちの笑顔の方が輝いてるよ
なんて思いながら…。

IMG_6373_640.jpg
太陽の光にかざして見ると…キレイです。

今回の授業は、なんとか成功したようでした。
小学生の子どもたちだけでなく、中学生の生徒さんも、
ときおり笑ってくれて、微笑ましい時間となりました。
…たぶん

CIMG2749_640.jpg
全員完成して、記念撮影 
1番奥の黒のポロシャツが私(しろ~)


IMG_6473_640.jpg
ちょっとわかりにくいけど、覗くとこんな感じです。

今回は授業として、私も取り組ませていただきましたが、
なんせ、初ティーチャ-。
不慣れな点も多かったし、プリント忘れるしで、
みんな、どうだったかな??って思いながら、
授業の締めに、一言だけ彼等にお話をしました。

しろ~:「万華鏡は、たくさんの模様が出てくるから、万華鏡と
     名前がついてますけど、私は万華鏡でなく、無限華鏡
     と思っています。
     わたしたちの生きてるこの場所や、今という時間、そして
     この瞬間に一緒にいる皆さんは、まさに万華鏡と同じで、
     二度と同じ模様ができない様に、私たちの一瞬一瞬は、
     二度と同じ時間はありません。
     どうか、これからひとつひとつの出来事、出会いを大切にして
     いただきたいなと願います。
     そして、みなさんもひとりひとりが無限大の可能性を持っています。
     あきらめなければ、夢も実現します。
     自分らしく、人生を歩んでほしいです。 」



どーっすか?ちょっと言ってる私も照れくさいけど、大事な事だと
思って言ってみちゃいました。(恥ずかしいっ

こうして授業も終わり、片付けも済ませ、私はみんなと笑顔
別れ、教室を後にしました。




これで、話が終わったわけではないです。

とりあえず、記事はここまで。
続きをお楽しみに。

安い、早い、カッコイイ(ホントに?)の3拍子揃った
しろ~流・万華鏡の作り方も、
近いうちにご紹介しますね。

たくさんのコメント待ってますよ~

※材料やアイデアの提供や、製作にご協力いただいたみなさまに、
  この場をお借りしてひとまずお礼を申し上げます。
  お世話になりました、ありがとうございました。 
  



※今回使用した写真は顔はNGという約束の元で、
  ご紹介させて戴いております。ご了承ください。

       記:SMILEDAYS しろ~

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。