小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交流会のおしらせ
2010年08月10日 (火) | 編集 |
夏休み中のなおちゃんです。
一学期の疲れでダウンして、
回復仕掛けでそのまま上京してプチ同窓会(大学時代の友人達との再会)があったり…
帰ってきたらいつもの体調ダウン 今回は数日間高熱にうなされ…
治りかけの状況で母親の研修の引率の旅に出るという強硬スケジュール
アチコチ連れまわされ、先日帰ってきました

走行距離 700キロ
私のチビカー、よく働いてくれました

私の夏休みも大きなイベントは残すところ~“にこスマキャンプ”のみかな??


さてさて、来月行われる予定の交流会のお知らせです




     がんの子供を守る会 九州北支部 
      第32回 交流会のお知らせ


  猛暑の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。
  さて、九州北支部第32回交流会を下記の通り開催致します。
 今回は、小児がん経験者の長期フォローアップの研究に取り組まれている、
 聖路加国際病院小児科の石田也寸志先生と、自らの小児がんの経験を生かし
 大学講師の傍ら小児がん支援活動をされておられる、小児がんネットワークMN
 (みんななかま)プロジェクト代表の小俣智子先生にご講演をいただきます。
  講演と同時進行で個別相談も行いますので、ご希望の方は別紙にてお申し込み下さい。
 ご多忙とは思いますが、皆さまふるってご参加いただきますようご案内申し上げます。

                           (財)がんの子供を守る会・九州北支部
                                      代表幹事 高橋和子



【日時】平成22年9月11日(土) 13:00より受付開始
【会場】国立病院機構 九州がんセンター2F 会議室A

      福岡市南区野多目3丁目1番1号  ☎092-541-3231


 プ ロ グ ラ ム
 <開 会> 13:30
 <講演1> 13:40~14:20
      演題 『小児がん長期フォローアップの現状と課題~成人医療移行の問題』
      講師 石田也寸志先生  聖路加国際病院小児科医長
        (プロフィール)
         1983年愛媛大学医学部卒。卒後国立がんセンターで研修を受け、
         10年前から小児がん患児・家族のQOL、最近では小児がん経験者の
         長期フォローアップに関心を持っている。
 
 <講演2> 14:30~15:10
      演題 『小児がんと私~小児がん経験者としての活動』
      講師 小俣智子先生  武蔵野大学人間関係学部社会福祉学科専任講師
        (プロフィール)
        13歳で小児がん発症。7年間の闘病生活の経験を生かし、小児がんに関係する
        活動を1991年より続けている。
        現在は、成人した小児がん経験者へのサポート等を行っている。

 <質疑応答及びディスカッション> 15:20~16:00

 <個別相談> 13:30~15:30
         相談医 岡村 純先生 (九州がんセンター小児科)
         相談医 稲田浩子先生 (久留米大学病院小児科)

         
 
 ご不明な点、お問い合わせ等につきましては、
 下記までご連絡ください

 
【連絡先】
  〒839-1304 うきは市吉井町千年675 
  携帯090-3012-6440 
  自宅0943-75-2687  高橋和子



※次回(第33回)は、11月に大分大学にて開催予定です







スポンサーサイト
第31回支部会のお知らせ
2010年06月18日 (金) | 編集 |
しろ~です。

明日は下記の支部会がありますので、
再びUPしました。


明日は早起きして行かなくちゃ!




がんの子供を守る会 九州北支部 支部会のお知らせです


新緑の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。
第31回九州北支部交流会を下記のように開催致します。
今回も久留米小児脳腫瘍研究会のご厚意で講師に
招聘の細谷亮太先生にご出席いただくようになりました。

又、がん患者を体験し再就労で苦労されNPOを設立し、
就労支援活動などで奔走されている桜井なおみさんに
ご講演をお願いしました。

講演と同時進行で個別相談も行います。
個別相談には、事前申し込みが必要です。

以上、ご多忙とは存じますが、
ご出席いただきますようご案内申し上げます。

        (財)がんの子供を守る会・九州北支部
                  代表幹事 高橋和子




日 時 : 平成22年6月19日(土) 9:30より受付

会 場 : 久留米大学病院地内 筑水会館 中ホール

      久留米市旭町67番地  TEL;0942-35-3311

 
 
プログラム

  <開 会>
    10:00     
 
<講 演>
    10:00~11:00
       演題

     「小児がんが治るようになった時代に」
      講師  細谷亮太 先生
 
          
     聖路加国際病院 副院長/小児総合医療センター長
              
(ご講演後、個別相談)
 
     11:00~12:30
       演題 「がん罹患と就労」
     講師  桜井なおみ 先生
  
              HOPE★プロジェクト理事長

  *プロフィール*
  2004年、働き盛りの37歳にがん診断を受ける。
  2006年5月より小児がん・子育て世代のがん患者・家族支援活動を始める。
  2007年にNPO法人化
  職場の理解や就業規則の違いによる、がん体験者再雇用、就労継続の難しさを
  自ら体験したことをきっかけにCSRプロジェクトを立ち上げ、奔走中。
   
(ご講演後、質疑応答)

≪個別相談≫
10:00~12:30
相談医  細谷亮太 先生 
     稲田浩子 先生(久留米大学病院小児科)



ご不明な点、お問い合わせ等につきましては、
下記までご連絡ください

  問い合わせ等連絡先
〒839-1304 うきは市吉井町千年675
    ℡(携)090-3012-6440
       (自)0943-75-2687  橋和子
   



公開シンポジウムのお知らせ~
2010年01月10日 (日) | 編集 |
こんにちは。 Iせんせいです。

今、羽田空港でこの原稿を書いています。

本日、東京の聖路加国際病院で、
3年間協力者として携わってきた
「小児がん治療患者の長期フォローアップと
その体制整備に関する研究(藤本班)」

総括の会議に出席したのでした。


長期フォローアップ・・・

3年前には、
「なんで必要なの?」「研究材料?」
な~んて声も聞かれていましたが、
随分意識が変わってきた(医療者も、患者・家族も)
ように感じます。


でも、3年という短期間で終了してよいはずがない。


平成22年度からどのような形で続けられるかはまだわかりませんが、
何とか続けられるように検討中です。


で、今日はみなさんにお知らせを!



2月11日(木;建国記念日)13時から17時
聖路加看護大学で

「小児がん患者・家族および
子育て世代のがん患者・家族への支援をどうするか?」


という公開シンポジウムがあります(参加費無料。定員300名)
(厚生労働省科学研究補助金 がん臨床研究事業 真部班主催)


第1部;班会議成果報告1(13:00-14:15)
(司会;藤本純一郎 国立成育医療センター研究所副所長)

1)小田 慈(岡山大学大学院教授)
小児がん拠点病院の基準についての考察

2)細谷亮太(聖路加国際病院副院長)
小児がん長期生存者を対象とした民間保険加入に関する研究

3)武田鉄郎(和歌山大学大学院教授)
復学問題

4)堀部敬三(名古屋医療センター臨床研究センター長)
小児がん患者の復学支援システムの確立

5)的場元弘(国立がんセンター医長)
がんに関する臨床情報のネットワークの確立


第2部;班会議成果報告2(14:30-15-45)
(司会;細谷亮太 聖路加国際病院副院長)

1)樋口明子(がんの子供を守る会ソーシャルワーカー)
小児がん経験者の社会復帰

2)高橋 都(独協医科大学准教授)
小児がん経験者の成人医療への移行に関する研究

3)押川真喜子(聖路加国際病院訪問看護ステーション所長)
小児がん患者の在宅ターミナルケアの体制と医療チームの役割の考察

4)鈴木伸一(早稲田大学人間科学学術院准教授)
小児がん長期寛解者の心理社会的問題の解明と支援のあり方に関する研究

5)上別府圭子(東京大学大学院准教授)
小児がん患者のスムーズな復学のための準備的研究



第3部 パネルディスカッション(16:00-16:50)
 テーマ「若いがん患者のこどもたちのケア」
 司会;真部 淳(聖路加国際病院小児科医長)

1)中村清吾(聖路加国際病院乳腺外科部長)
現状について

2)大沢かおり(東京共済病院がん相談支援センター医療ソーシャルワーカー)
Hope Treeについて

3)小澤美和(聖路加国際病院小児科副医長)
チャイルドライフスペシャリストによる介入研究

4)Free Discussion

<参加に関するお問い合わせ先>
聖路加国際病院 教育・研究センター研究管理部
Tel:03-5550-2423、E-mail;listnerkenkyu@luke.or.jp



とても興味深い内容ですし、
メンバーもその分野のスペシャリストです。

日帰りでの上京になりますが、私もぜひ参加したいと思います。

「風のかたちー小児がんと仲間たちの10年」上映会のお知らせ
2009年12月13日 (日) | 編集 |
こんばんは・・・。というか、
おはようございます!・・・というか・・・

Iせんせいです。

昨日の、こども健康科学会 シンポジウムは、
おかげさまで大好評のうち終了しました。

学会会長の 津田 彰先生、
ビッグママはじめ、ご発表いただいた方々、
参加いただいた方々、
その間ブースでカレンダーやゴールドリボンの
販売をしていただいた方々・・・

本当にありがとうございました



一つ終わると、次のイベントが・・・

というわけで、

次のイベントのご案内です。


来年になりますが・・・

がんの子供を守る会 九州北支部交流会が

平成22年1月16日(土)午後1時半より

西南学院大学 コミュニティーセンターホール
にて

行われます!


まず、平成21年度 文化庁映画賞を受賞した

「風のかたち -小児がんと仲間たちの10年ー」

の上映会・・・・

第2部では、

聖路加国際病院副院長の細谷亮太先生を招いて、

映画に登場したメンバーによるトークショーがあります。


な~んと、参加費は無料!!

(さすが北支部! 太っ腹です!!

代わり・・といっては、何ですが・・・
募金 を よろしくお願いします~



「風のかたち」については、以前も何度か記事にしましたが、
↓(過去の記事をみる)
お知らせ「風のかたちー小児がんと仲間たちの10年」


ヒューマン・ドキュメンタリーの伊勢真一監督が、

ご存知 スマートムンストン キャンプを 10年にわたって

撮り続けた 感動的な記録映画です。

そのうち、10年分をまとめたものが今回の上映作品です。

小児がんに関わりのある方はもちろん、
関わりなく、詳しくご存じない方も、

ぜひぜひ観ていただいて、
「いのち」を感じていただきたいと願うのです。


応援ブログもあります。

「風のかたち」応援ブログ


*入場は無料ですが、席には限りがありますので、
満席になり次第入場をお断りすることになりますので、
どうぞご了承くださいね。

では、会場でお会いできるのを、楽しみにしています


PS.この記事の番号・・・700番!
 キリ番いただき~


「子ども健康科学会 in 久留米」のお知らせ~!
2009年12月03日 (木) | 編集 |
Iせんせいです。

みなさんにご連絡するのが、とても遅くなってしまいました。

来週の週末、12月12日(土)~13日(日)に、

久留米大学 御井キャンパスで、
(大学病院のある方ではなく、久留米インターの近くです)

日本子ども健康科学会 第11回学術集会が行われます。



学会のテーマ; リサーチと実践の包括ケア

大会長;津田 彰先生
(久留米大学文学部心理学科 教授)

*参加申し込みは、すでに締め切られているのですが、
 今回、私たちが関与する シンポジウムは、ビッグママのおかげで、
 小児がん関係者なら、会員でなくても参加可能となっています。


この学会唯一のシンポジウムを、
がんの子供を守る会 九州北支部の 高橋和子さんが、企画されました。

日時;12月12日(土)15:50-17:50
場所;久留米大学 御井キャンパス 800号館 82A


*久留米大学病院とは、まったく違うところです。
 アクセスは、↓の御井キャンパスの項目を、ご参照ください。
  久留米大学 交通アクセス

                                

シンポジウム「小児がんのトータルケア」

           司会;高橋 和子(がんの子供を守る会 九州北支部)
               稲田 浩子(久留米大学 小児科)


1)張 光陽(がんの子供を守る会 九州北支部・理事)
 「小児がんの子を持つ親の立場から」

2)延 哲也(小児がん経験者の会 Smile Days代表)
 「小児がん経験者として」

3)伊藤 智美(久留米市保健所)
 「小児慢性特定疾患児の家族支援~行政の取り組み~」

4)神田 美子(京大小児科ボランティアグループ にこにこトマト代表)
 「活き活き生きてこそ『生活』」

5)野々村かおり(がんの子供を守る会 ソーシャルワーカー)
 「病気の子どもの心を考えるー小児がんのトータルケアー」



                               
 

久留米でこのような会が開かれることは、めったにありませんし、
みなさん、ぜひおいでください。 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。