小児がんと向きあう方々とともに…
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回日韓交流が・・・
2012年11月14日 (水) | 編集 |
みなさん こんにちは~

Iせんせいです

11月も中旬になり、ずいぶん寒くなってきましたし、
木々がきれいに彩られ、とてもきれいな季節ですね

春になったら、可愛いピンク色で癒してくれる桜も
今は葉っぱが一枚一枚 見事に色づいていますね。

暑かった夏から、あっという間に秋も深まりました。


さてさて
このブログが始まって、広まるきっかけとなった日韓交流ですが、

実は・・・・
11月2日から4日に、今年は大阪で開催され、
無事に終了しました~


って、事後報告で
ごめんなさい


2008年1月から、手探りで始まった
「小児がん経験者・関係者たちの、日韓国際交流」は、

昨年から、韓国の白血病協会が関与するようになり、
今年は、がんの子どもを守る会 関西支部・大阪事務局のお世話で、
11月2日から4日 大阪を舞台に行われました。

ビッグママ率いる九州北支部・木曜会のメンバーと
スマイルデイズのメンバーと一緒に
Iせんせいも参加してきました。

ちょっとしたハプニングは多々ありましたが、
無事に、楽しく 終了しました!!

簡単にご報告いたします。




初日(11月2日)は、韓国からの方々を関西空港でお迎えし

時間がないから・・・と、再会のあいさつもそこそこに
バスに乗り込みましたが、

飛行機に忘れ物をしてきた ということで、
予定の時間をオーバーして空港を出発

大阪母子センターに向かいました。

大阪母子センターの先生は、以前よりよく知っていましたが、
私自身が母子センターに行くのは初めてでした。


定期的に活動してくれるクリニクラウンがいたり、
ゆるきゃらがいたり
クリニクラウン

廊下の一部が水族館のようになっていたり
廊下!

放射線治療の装置が・・・
照射の機械(大阪母子センター)

アメリカの病院のような作りになっていました。
母子の病院だからできることではありますが・・・

思わず、負けた!悔しい!と思ってしまいました。

久留米大学病院も、2年前にできた新病棟は相当頑張った!!
と、思っていますが、
大学病院だと、大半は大人が相手なので、こうはいきませんよね


1日目の夜は、お好み焼きのディナーコース?で
おなか一杯になりました。
も飲み放題だったしね



2日目(11月3日)は、朝から
大阪のドーンセンター というところで、ワークショップでした。

昨年もお会いしましたが
韓国の白血病協会の 安会長は、国会議員さんなのです。
大統領選挙の直前にもかかわらず、2日にわたってお付き合いいただきました。

安会長から、がんの子どもを守る会の山下理事長へ
お土産が渡されました。
日韓の理事長

両国の取り組みの報告の後は、
「小児がん経験者」と 「親」 に別れて
さまざまなテーマについて、討論会でした。

日韓の経験者
言葉は正確に伝わらなくても、
気持ちはすぐに伝わります。

経験者も、親も、すぐに意気投合して
「仲間」を感じる時間となったようです。

それを見ている私には、大きな家族 のように
感じました。


2日目の夜は、新大阪のユースホステルで懇親会!

木曜会からのビンゴゲーム!

Smile Daysの会長Nの、マイクの代わりにペットボトルを持っての
韓国語の歌 大熱唱

Oimoくん、まっつん、ゆ~~ちゃんのダンス


と、盛り上がりましたね~

いやぁ!楽しかったです。本当に。


3日目は、大阪城と海遊館(水族館)の観光でした。

大阪城天守閣
お天気にも恵まれて、気持ちよく観光ができました。

海遊館には、ジンベエザメがいました。
ジンベエザメ
沖縄に比べると、少し小さいようですが、
愛嬌のあるお顔は一緒ですね。

わぁ~きれい!と思ったのが、刺されると痛い クラゲです。
ふあふあクラゲ


あっという間に時間は過ぎて、
3日目の夕方には、
私たち九州組は 福岡行きの飛行機
韓国の方々は、ソウルへ・・・

来年、済州島での再会を約束して お別れしました。


私たちにとっては6回目の交流で、
肩の力も抜けて、楽しいばかりでしたが、
今回お世話いただいた 関西支部の方々は、
細かい準備とお気遣いと・・・大変だったと思います。

本当にありがとうございました。
お疲れ様でした!


昨年は、韓国の独立記念館の観光があり
今年は、竹島問題で揺れ動いたりしていて、
外部からは、「大丈夫?」なんて声が
なかったわけではありませんが

この交流で築いたお互いの信頼関係は、とても厚く強く

これからますますの発展が楽しみです


信頼する「仲間」と、
「笑顔」と


私が最も大切だと考えている この2つがあふれた
3日間でした。


以上、Iせんせいより ご報告でした














スポンサーサイト
どうするのかな…。
2010年12月16日 (木) | 編集 |

こんばんは。

どもども、しろ~です。


日韓国際交流を終えて、早いものでもうすぐ1カ月経とうとしてます。

韓国の皆さんから、日本へのお土産にといただいたもののなかに

   ↓↓↓↓↓

kankoku-ichiba_4038.jpg

これが入っていました。

干したタラの身です。


かじって見ましたが、日本のものの様には味付けがされていなくて、

おつまみにするには物足りないのが正直な感想。


そこで、今回の日韓交流にも通訳として参加していただいた、

日本在住で韓国出身のお友達の“姫さん”にレシピを聞いてみました。


プクオクク(干し鱈のスープ)って言うそうです。

とても、シンプルで、簡単にできるようです。


1、まずたらを水につけて柔らかくする

2、柔らかくなったタラをしぼって水切りする

3、水っぽさを無くすためごま油でさっと炒める

※このときに魚臭さも消えるらしい

4、水またはいりこダシ汁を入れる

5、沸騰してきたら塩で味付け

6、後は、好みでネギ入れて、最後にとき卵を入れたら完成!!


お好みで、しょうゆで味を調えたり、

豆腐を入れてみたり…。、


韓国っぽさを味わいたいときは、

にんにくを入れると、塩味が引き立って、

魚臭さが抜けるそうです。

韓国の急ごしらえできるシンプルな家庭料理ですので、


人それぞれで味付けが違うとのことで、

参考までにこちらも↓ご覧ください。


プクオクク(干し鱈のスープ)のレシピ



あ~、食べたくなってきた

※現在、深夜3時



日韓交流後・・・
2010年11月23日 (火) | 編集 |
こんばんは。Iせんせいです。


私は、日韓交流で、2日間みんなと行動を共にしたあと、

3日目の昨日は、熊本で緊張感のあるお仕事でした。


昨朝、雨の中みんなと別れ、香森の館を出て

このまま熊本に行くのはあんまりだろう・・・と、

自宅に着くと、
後部座席に積んでいた 布団袋を車から引きずるように降ろし
必死の思いで、マンションの部屋に運び込んで、

着替え、忘れ物はないかと確かめて、
高速道路で熊本へ向かいました。


疲れもたまっていましたから、
気を抜くと眠たくなるので、

目覚ましのために、カ○○えびせんを、
一つ一つ、懸命に食べながら・・・

これって、Iせんせい流の目覚まし法です

一気に食べてしまうとダメなので、
助手席にスナック菓子を置いて
一つ一つ取り出しながら、口に運びます。


この方法で、行きは眠くならずに熊本に到着

無事に、緊張感いっぱいの仕事を終えて

夕方、再び高速道路にのると・・・・


たまりにたまった疲れと、
緊張から解放された安堵感で、
えびせんをボリボリ食べていても、

気を抜くと、ふっと眠くなります


限界だぁ~と、サービスエリアに車を止めて、
シートを倒して・・・

気がつくと2時間くらい経っていました。


消灯間際に、病棟にたどり着くのがやっとでした

今日は病棟の拘束で、一通り仕事を終えた後、
帰って
テレビをつけると、

ニュースで、ハングルの驚くニュースが!!!


言葉は違っても心が通じ合った

韓国の人たちが帰って、一日も経たずにおこった出来事です


北朝鮮が、韓国の島(ソウルから90kmの)に砲撃


・韓国のすごく広い道路は、
戦闘機が滑走路として使えるように・・・とか、

・第3トンネルを見たときのショック・・・とか、

・今回の日韓交流で聞いた、

「2年の兵役も大変だけれど、
兵役前の6週間の訓練が本当に大変だった」

と言うお話・・・



などなど、

見聞きした日本にはない苦悩が、

ぐるぐる頭を廻ります。


こうやって実際に砲撃を受けると・・・


平和な日本に生まれ育ったことに感謝する

とともに、


韓国が・・・、というか、全世界が、

安全で平和に・・・

争いで傷つくことのないような、

世の中になるように、心から願います。


一刻も早く、事態が収束します様に・・・



<追記>
記事を出した翌日、Y園のO先生から質問が・・・
「なんで、布団袋を抱えて???」

すみません、説明不足でした
通常は、香森に宿泊するときに、
お布団が足りないなんてことはないのですが、
今回は、1日目は13人が宿泊
お布団が足りないことが予想されたので、
しろ~くんから
「お布団持ってきて」命令が下ったのでした。

はじめの二日はとてもお天気が良かったのですが、
最終日は朝から雨でした・・・


いよいよ明日から・・・
2010年11月20日 (土) | 編集 |
こんばんは。Iせんせいです。


明日からの「第4回 小児がん関係者の日韓国際交流」

を前に、その他もろもろ・・忙しすぎて、ボロボロです。

(ボロボロの中身も、記事にしようと思ってはいるものの、
ぜんぜん書く時間が持てなくて、ごめんなさい。
もう少しお待ちくださいね~!)


韓国語の勉強も進んでいないし、

憂鬱な気持ちだったのですが・・・


日韓交流のことを思い出すうちに、

初心に戻ったような、さわやかな気持ちが出てきました。


そうなんですよね・・・・

今回で、4回目の日韓交流(今回はお迎えする側)なのですが、

第1回は、約3年前のソウル・・・


遅れていった私は、朝食会場のレストランで、

しろ~くんがわからなかった!

そう・・・・、師匠の細谷先生に聞かれて、

あの人は、別の団体です!と言ってしまいました

何しろ、10年ぶりくらいの再会でしたからね・・・


そして、できて約半年の

このブログに、どっぷり浸かりだしたのも、

この第1回の日韓交流のときから・・・


いろんな意味で、大きな変化をもたらしてくれた

ソウルでした。


初心のような、曲がり角のような、

大きな大きな節目を作ってくれた、日韓交流の始まり・・・


毎年毎年、いろんな出会いがありますし、

参加者一人一人にとって、

なにかのきっかけになってくれるような、

そんな気がしています。


今回、韓国からおいでいただく35人の中の

15人は小児がん経験者!(サバイバーです)

中には、プロのマジシャンもいて、

入院中の子ども達に、マジックを披露してくれる機会もあります。


参加する一人一人にとって、

かけがえのない交流、

一日一日となりますように。



日韓交流 番外編 part 2
2009年12月14日 (月) | 編集 |
Iせんせいです。

前の「風のかたち」の記事を書きながら・・・・、

『や~っぱり、今年もSMSキャンプの記事が完結してないよ~

そういえば・・・、日韓交流の記事は・・・、

完結どころか始まってもない~

番外編しかないよぉ~

あっ、書きかけの番外編がもう一つあった~Luckey


と、眠っていた番外編を掘りおこしたIせんせいでした。




今回の、日韓国際交流・・・・、2回目の訪韓!

いつもながら、ビッグママのご苦労は計り知れません。

そして、SmileDaysのリーダーとなって、初の国際舞台!

しろ~くんのプレッシャーも大きかったことでしょう。


特に、前リーダー、現代表のN氏が、直前に発熱で倒れ、

訪韓にドクターストップをかけられてしまい(私に)・・・・

ポーカーフェイスは崩しませんでしたが、

しろ~くんには、いろんなプレッシャーがあった・・・・ハズ・・・



と・・・・・、




私はあまり実感してませんでした。


だって、相変わらずのやんちゃ坊主で

みんなに激辛のしし唐を食べさせて泣かせては

喜びまくっていたんだもん!!



ソウルでの全日程が終了して、

仁川国際空港を離れるとき、

私は時間を惜しんでバタバタと、免税品店で必要な物品を購入しました。



免税品店には、タ○○の表示がたくさんあります。

もうすぐ値上がりするといわれているタ○○



帰りの飛行機に乗った後、当然ながら、たくさん購入しているだろうと、

しろ~くんに尋ねると・・・・・


みんなを誘導するので精一杯で、一箱も買ってない!」というのです。

ええぇぇぇぇぇ・・・・

 うそやろ~っ・・・・・・

 信じられない!!!!

 

うそじゃないよぉ

 先生正座して反省しなさいっ



と、・・・言われてしまいました


飛行機の中では、シートベルトがあって、正座できず、

この記事は、正座をして書きました



そして、

今も・・・・正座しながら修正してます

ははは・・・・


ごめんね。


と、と、とりあえず、

番外編でした。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。